記事更新日:

評判のいいローコスト住宅メーカーは?選び方のポイントを詳しく解説!

マイハウス建築は一生に一度の買い物とよく言われますが、それでもできることなら費用を少しでも抑えたいと考える方が大半ではないでしょうか。最近ではそういった希望に合わせて、ローコストでマイハウスを建築することもできる住宅メーカーが増えてきました。

ここでは評判のいいローコスト住宅メーカーをご紹介します。おすすめポイントや選び方についても詳しくまとめていますので、是非一度覗いてみて下さい。

評判のいいローコスト住宅メーカーは?

評判の良いローコスト住宅メーカーについてご紹介します。どういった基準でローコストと呼ぶのか、そしてローコスト住宅メーカーにはどういった名前があるのかをチェックしてみましょう。

ライフルホームズでハウスメーカーのカタログを比較してみよう!

日本最大級の不動産・住宅情報サイト「ライフルホームズ」では、ハウスメーカーのカタログをまとめて取り寄せることができます。色んなカタログを見比べることで、自分が住みたい家・理想の家のイメージを具体化し、ある程度候補を絞ることで効率的に家を建てることができるでしょう。

また、無料カタログを取り寄せた方全員に、「はじめての家づくりノート」をプレゼントしています。家づくりノートは、自分や家族が住みたい家のイメージを明確にするためのノートです。

家を建てる際に必要な情報、かかるお金やローンのこと、気をつけたいポイントなどが分かり、間取りや家具の配置など、気になったことを細かく書き込むことができます。よいと感じるものを盛り込んでいくことで、理想とする家の情報をまとめた一冊ができあがり、ハウスメーカーとの打ち合わせの時に大きく役立つはずです。

「そろそろ家を建てたい」「どんな家がよいか分からない」そう思ったら、まずはライフルホームズで気になるハウスメーカーのカタログを入手することから始めてみましょう。

ライフルホームズで無料カタログをお取り寄せ

ローコスト住宅とは?

ローコスト住宅の定義からご説明いたします。ローコスト住宅とは、通常の住宅よりも安く建設することができる住宅のことをさします。一般的に坪単価は50万円~60万円程度のことが多いのですが、ローコスト住宅の場合は30万~50万円まで下がります。

これはかなり大きな違いで、例えば40坪の家を建設した時で比較してみた時、通常は2,000万円~2,400万円必要になります。しかしローコスト住宅の場合、1,200万円~2,000万円に収まるということなのです。

ローコスト住宅メーカー顧客満足度ランキング

最近はローコスト住宅メーカーもずいぶん増えました。そこでここでは、ローコスト住宅メーカーの顧客満足度ランキングを発表します。

情報量の多さやスタッフの対応の良さ、価格、デザイン、外観、内装、建築技術、保証サービス、アフターサポート制度など、トータルに見て判断した上位10社となっています。

  1. ユニバーサルホーム
  2. タマホーム
  3. アイフルホーム
  4. レオハウス
  5. へーベルハウス
  6. アイダ設計
  7. クレバリーホーム
  8. アキュラホーム
  9. スウェーデンハウス
  10. 清水ハウス
注文住宅なら【LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)】

ライフルホームズで無料カタログをお取り寄せ

ローコスト住宅はなぜ建築費が安いのか?

ローコスト住宅だとかなり費用を抑えれるというのが分かりましたが、では一体なぜここまで安くなるのでしょうか。その答えは1番に経費の削減が理由に挙げられます。作業の合理化で人件費をカットし、広告費をカットしています。

住宅メーカー側の大量発注により材料費は抑えられますし、工事の仕様が一定化することで作業の効率化UPに繋がり、少人数で家を建設することができるということになります。

ローコスト住宅のコスト削減の取り組み

ローコスト住宅は少しでも安く提供するために、広告費や人件費、諸経費を必要最低限に抑えています。間取りをシンプルなものにしたり、部屋数を少なくしたりなどして、作業の効率化を図ることでコストの削減を実現させます。

こういった努力により、通常よりも安い価格で家を建てることができるという流れになっています。つまりローコスト住宅であっても、家そのものの機能性や利便性は従来の家と何も変わらないということなのです。

ローコスト住宅の注意点

ここではローコスト住宅を依頼する前に注意しておきたいポイントをご紹介します。費用を安く抑えることができるのが最大の魅力と言えますが、そこには意外な落とし穴がある可能性もあるということを覚えておいて下さい。

注意点①標準仕様のものがオプション

契約を交わす前に契約書や設計図をよく確認してください。ローコスト住宅メーカーでたまにあるトラブルなのですが、標準仕様に必ずプラスしないといけないオプションがセットになっている場合があります。

例えば家以外の家電や家具(テレビやアンテナ、照明、網戸)を家を建設する時に一緒に注文しないといけないケースには要注意です。せっかくローコスト住宅にしても結果的に高くなってしまったなんていうこともありますので、事前にしっかり確認するようにしましょう。

注意点②自由度が低い

ローコスト住宅は材料費を最小限に抑えるために、ある程度間取りや部屋数を決められている規格住宅の場合がほとんどです。そのため自分の思い通りの間取りにできなかったり、部屋数が少ないといった不満が出てくることもあるでしょう。

自由度の高い家づくりを希望する方は、規格住宅ではなく注文住宅の方がおすすめです。ただしローコスト住宅ではまだ注文住宅は少ないので、そこも把握しておく方が無難です。

ローコスト住宅メーカーの選び方ポイント

失敗しないためにも、ここではローコスト住宅メーカーの選び方をご紹介します。ローコストで建設できる以外にも知っておいて損がない情報をお伝えしますので、将来のためにも是非こちらをチェックしてみて下さい。

ポイント①保証期間の長さ

新築のうちは問題ないのですが、10年、20年と経過していくうちに家もどんどん劣化していくものです。そこで注目しておきたいのは、家の保証期間が長期間約束されているものなのかどうかということです。

メンテナンスを含めアフターサポートは万全であるのに越したことはありません。特にローコスト住宅の保証期間は短めに設定されている会社が多いので、少しでも保証期間が長いローコスト住宅メーカーを選ぶようにしましょう。

ポイント②デメリットも説明する会社

安く建設できるのが大きなメリットと言えますが、メリットだけではなく、デメリットについても詳しく説明してくれるかはとても重要です。例えばローコスト住宅の種類にもよりますが、外壁や屋根の劣化が早く、修理が必要なケースも中にはあります。

こういった最悪の状態を事前に教えてくれるかくれないかで、後々のトラブルにも繋がります。そういったデメリット面をふまえた上で建設するのか、そして保証がどうなっているのか等、詳しく丁寧に説明してくれるメーカーを信頼するようにしましょう。

ポイント③予算だけでなくデザインや仕様

ローコスト住宅は規格住宅であることが多く、そのメーカーから提案されたデザインの中で選ぶ形になります。家を建てる時は自分の中である程度の理想ができあがっているものではないでしょうか。そこから依頼するローコスト住宅メーカーを選んでみて下さい。

例えば「外壁タイルにこだわりたい」という場合は外壁素材が豊富なメーカーを選ぶようにしましょう。ローコスト住宅メーカーの中でもデザイン性が高いメーカーは確かにあります。もちろんデザイン性からではなく、標準仕様を選択すれば基本が整っています。

そこからオプション次第で自分の理想のマイホームに近づけることもできるので、それも1つの方法です。しかしオプションは付ければ付けるほど費用が高くなるので、そこは注意が必要になります。

注文住宅なら【LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)】

ライフルホームズで無料カタログをお取り寄せ

ローコスト住宅の口コミ・評判や実例は要チェック!

どこのローコスト住宅メーカーに依頼するか悩んでいる場合は、気になっているメーカーの口コミや評判をチェックしてみましょう。ネットで検索すればリアルな声をたくさん知ることができます。

家を建設して良かったことや悪かったこと、色々な情報を知ることで自分に合うメーカーがきっと見つかるはずです。中にはローコスト住宅メーカー自ら口コミ・評判を公開してくれているケースもあります。

自分が不安に思っていることがそこで解決することもあるので、契約をする前に必ずそのメーカーの評判を読んでおくようにしましょう。

ローコスト住宅の種類

ローコスト住宅メーカーは3タイプに分けられます。大手メーカー・工務店・設計事務所に分けられますので、ここではそれぞれのメーカーの特徴を見てみましょう。

まず大手メーカーからご説明いたします。大手メーカーは規模が大きい分、自社工場で建材を生産したり、作業の効率化・スピードアップ化など、作業に無駄がありません。もちろん住宅の機能性も高く、基盤がしっかりしていることがメリットです。

規格住宅のケースが多いのですが、オプション次第で更に家を自分の思い通りに変えることも可能です。ただしオプション料で建設費が高くなることも考えられますので、そこはバランスを考えましょう。

工務店は地元密着型というケースが多く、腕の良い職人さんや丁寧な作業が魅力です。予算も融通が利くことが多いため、相談もしやすいです。ただし大手メーカーのように家の設備や性能、外壁や内装の仕上がりのシステム化はされていません。

そのため打ち合わせや設計図の段階で、入念に話し合って意見を交換し合う必要があります。設計事務所は設計に自由性があるため、理想のマイホーム像に近づけることができます。素材選びにこだわることもできるので、他にはない家づくりが実現します。

ただし施工会社は設計事務所と別になるため、費用は割高になる可能性が非常に高いです。施工会社の技術や評判も別にチェックしないといけなくなりますし、時間も手間も費用もかかります。

チェック①アイフルホームの特徴

アイフルホームは株式会社LIXILが運営しているハウスメーカーです。ローコスト住宅にも着工しており、費用は1,000万円~1,499円とかなりリーズナブルです。しかし家の性能は素晴らしく、耐震性能(耐震等級3対応)、耐久性、断熱性、省エネ仕様になっています。

保証期間が30年ついているなどアフターサポートも万全なので、安心できる面も多いです。

実例

実際にアイフルホームで建設実例をご紹介します。ローコスト住宅とは考えられないようなおしゃれな家づくりに成功されています。

白と黒をテーマにした、おしゃれなモノトーンスタイルの住宅です。ローコスト住宅とは思えないようなスタイリッシュな仕上がりに驚かれる方も多いのではないでしょうか。

内装もモノトーンでまとめ、シックで上品な仕上がりになっています。4LDK33坪の住宅で空間をスッキリと広々と使用していますし、お部屋の中でも洗濯物が干せるようにサンルームを設置するなど、おしゃれなだけではなく、住みやすい環境を作っているのが特徴です。

口コミ・評判

アイフルホームに寄せられた口コミや評判をご紹介します。意見を取り入れながら、そして予算に合わせた家づくり、アフターフォローなど、とても満足されているご家庭が多いようです。

私がアイフルホームを選んだのは、ネットでの評判が良かったことと、コストやアフターフォローなどとても満足したと勧められたからです。実際に相談してみると、料理の際の水回りについて何度も質問しましたが、丁寧に説明してくださいました。 出典:みん評

 

他社と比べてアイフルホームさんは予算に合わせた家づくりをしてくれるので、予算内で理想とする家を作っていただき感謝しています。 出典:みん評

 

間取りから内外装全てにおいて一つ一つ選択することができました。オリジナリティーの高い注文住宅を望まれる方には相性の良いハウスメーカーだと思います。アフターフォローもしっかりしていますので好印象です。 出典:みん評

チェック②タマホームの特徴

全国でも有名な大手メーカー・タマホームでもローコスト住宅の建築は可能です。価格も1,000万円代のモデルが多くとても良心的ですが、「とにかく費用を抑えたい」という希望通り、999万円以下で家を建設したご家庭もあります。

建築方法は木造軸組在来工法を採用しており、基礎や地盤からしっかり固め、衝撃に強い家づくりをモットーとしています。

実例

タマホームでの実例をご紹介します。ゆったりとくつろげる空間づくりを叶えた住宅です。明るい空間、住みやすい環境は、家族の満足感をより高めます。

オシャレな外観がパッと目を惹きます。屋根には太陽光パネルを設置し、省エネ仕様にしています。窓も大きく、光を充分に取り入れることができるため、家の中が明るいのです。

スッキリとしたスキップフロアは開放感があり、部屋の空間をより広く見せることができます。光がたくさん入るため、書斎としても活用されています。

口コミ・評判

タマホームに寄せられた口コミや評判をご紹介します。値段が安いのはもちろんですが、内装や設備がしっかりしていることで評価が非常に高いです。

図面うちわせの際も親身に要望を来てくれましたし、現場監督も気さくな方で引き渡しまで特に問題なくいいお家づくりが出来ました。 出典:みん評

 

他のハウスメーカーは、まず家を決めて、オプションをプラスすることで価格が上がっていくという形でした。しかし、タマホームは全てが標準装備。しかもその標準装備は決して安っぽいものではなかったです。 出典:みん評

 

選んだ理由はズバリ値段の安さです。タマホームは知人から値段が安いから壁が薄いなどと噂を聞いていましたが、実際に展示場を見学してみてその心配はすっかりと無くなりました。値段が安いのにも関わらず、標準設備がとても充実しています。 出典:みん評

チェック③ユニバーサルホームの特徴

ユニバーサルホームはフランチャイズシステムを導入することで、大手メーカーだけではなく全国の工務店と融合、そして40,000棟以上の実績を誇ります。コストを削減しながら耐震性・耐久性・耐火性・遮音性など機能性を損なうことはありません。

特に「ユニバの床」は、購入者満足度第1位を獲得するなど、非常に評判が良いです。

実例

ここではユニバーサルホームでの実例をご紹介します。外観も内装もおしゃれで機能性も高く、素晴らしい家づくりであることが分かります。

床暖房のおかげで冬の間はほとんどエアコンをつけることなく過ごせました。細かいところまで相談に乗っていただいたのでとても満足のいく家になりました 出典:ユニバーサルホーム

床暖房を設置した結果省エネにもなり、結果的に電気代の節約にも繋がります。ユニバーサルホームの家は、こういった住みやすい環境づくりもサポートしているのです。

口コミ・評判

ユニバーサルホームに寄せられた口コミ・評判をご紹介します。リーズナブルな価格に満足される方、誠実な対応に満足される方が多い印象でした。

ユニバーサルホームは注文住宅でも坪単価がかなりリーズナブルなのに、営業さんも職人さんもみんな誠実な印象だったので、頼んで良かったと思えています。 出典:みん評

 

22年程前にユニバーサルホームで住宅を購入しました。その理由は求めやすい価格です。自分のような低所得者でも家を持てるのは魅力です。利用した感想ですが、やや強めの地震でも問題ありません。ガス器具などは一流メーカーを使用しているので、長持ちします。 出典:みん評

チェック④レオハウスの特徴

レオハウスはそれぞれの予算に合わせての家づくりが可能です。規格住宅になりますが平屋タイプ、2階建てタイプから選ぶことができるので、ニーズに合わせてセレクトしましょう。間取りは何と48種類とバリエーションも豊富なので、ローコスト住宅には見えないというメリットがあります。

実例

レオハウスでの実例をご紹介します。1,000万円代で建築された家のようには思えないほどの家が完成していました。見た目も可愛く、理想のマイホームに仕上がったご様子です。

赤い屋根がトレードマークの平屋タイプの住宅です。立体感がある造りになっており、家族5人で暮らしてもゆったり暮らせる仕様になっています。

広々としたリビングやキッチンは、家族全員で広く効率よく使えるようになっています。アンティーク調の床材もおしゃれで、こだわり抜いた家であることがよく分かります。

口コミ・評判

レオハウスに寄せられた口コミや評判をご紹介します。対応も良く相談しやすいので、理想の家づくりのサポートを安心して任せられるという意見が多く見られました。

私達が理想を次々と発言しても、なんでも共感して頂き時には提案をして頂いたりと、初めてレオハウスにお会いした日はあっという間に時間が過ぎていったのを思い出します。今思えば、初めてレオハウスさんにお会いした日に私達の家づくりは、すべてこの方にお任せしたいと私達夫婦は強く感じていました。 出典:みん評

 

営業さん、設計士さん、工務担当の方には大変よくして頂きました。他のメーカーさん2社をまわりましたが、対応はよくなく、あまり信用ができませんでしたが、レオハウスさんはいい人揃いで
私たちの気持ちを聞いて理解して納得してくれました。 出典:みん評

 

他のハウスメーカーでは値段も高くてオプションになってしまうものが、レオハウスではちゃんとついていました。木材などもしっかりして、安全性も十分に安心できました。対応も早くて、間取りやデザインも良かったです。 出典:みん評

チェック⑤アイダ設計の特徴

アイダ設計はローコスト住宅の中でも特に安い費用で住宅を建設することができます。安さを追求した結果、555万円の家や888万円の家がプランニングされています。内装や外装はシンプルになっていますが、住みやすい住宅であることには間違いありません。

実例

アイダ設計での実例をご紹介します。二世帯住宅を建設されたご家庭で、快適な住まいづくりを実現されていました。

空間を最大限に引き出し、ゆったり過ごせるスペース、団らんで過ごせるスペース、広々としたキッチン、収納力抜群の収納場所など、大切なポイントをしっかり掴んでいます。2階へ続く階段も幅を広くして昇り降りしやすくするなど、快適になる条件を盛り込んでいるのが分かります。

口コミ・評判

アイダ設計に寄せられた口コミ・評判をご紹介します。親身な対応と熱意で、非常に評価が高いメーカーです。家の仕上がりも素晴らしく、満足された方ばかりでした。

やっぱり決め手となるのは営業マン・監督・その他スタッフの対応だと私は思います。着工前の打合せや工期中の問合せ等、こちらの質問にもすぐ答えてくれて安心しました。最終的に「人」です。 出典:みん評

 

いろんなところで相談を持ちかけましたが、担当者の熱意が伝わり我々の要望などに耳を傾けてくれたのはこちらでした。なので、ついつい理想の住まいについて熱く語ってしまいました。 出典:みん評

 

現在の家族構成や将来を考えて間取りの設計をお願いしました。デッドスペースを利用して幾つもの収納場所を考えてくれ、家の中がスッキリ使えて機能的な住まいになりました。 出典:みん評

いくつかの業者を比較して自分に合った業者を見つけましょう!

ローコスト住宅を建設するのなら1社に絞らず、複数のメーカーに問い合わせたり、比較をして、理想の家づくりをサポートしてくれるメーカーを探しましょう。価格は安くても、良い家を建ててくれるメーカーはたくさんあります。口コミ評価や実例も参考になるので、是非チェックしてみましょう。

注文住宅なら【LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)】

ライフルホームズで無料カタログをお取り寄せ

その他の関連記事はこちらから






※記事の掲載内容は執筆当時のものです。