記事更新日:

【クレバリーホーム】の口コミ・評判がやばい?クレバリーホームの特徴を徹底調査!

広告

マイホームの建築をする際に、展示場に行って様々なメーカーのモデルハウスを見学される方が多いはずです。建築メーカーの1つに、クレバリーホームという会社があります。

ここではクレバリーホームの特徴や口コミをご紹介していきます。初めて名前を聞く方やクレバリーホームで家を建てるか検討中という方はぜひチェックしてみてください。

クレバリーホームってどんな会社?

クレバリーホームはハウスメーカーで、メーカー名を初めて聞く方もおられるかもしれませんが、コマーシャルや住宅展示場などで見てご存知の方も多いでしょう。まずはクレバリーホームがどんな会社なのか、概要をご紹介していきます

クレバリーホームの概要

クレバリーホームの商号は株式会社 クレバリーホームで、2022年4月に株式会社 新昭和FCパートナーズから改称しています。新昭和グループホールディングスが組織改編しているので、設立は2016年11月となっていますが、クレバリーホーム1号商品の発表とモデルハウス1号店がオープンしたのは1997年4月なので、誕生から20年以上が経過しています。

翌年には全国に向けクレバリーホームフランチャイズ展開をスタートさせ、2016年には全国47都道府県にクレバリーホーム住まいづくりの拠点が誕生しています。本拠地は千葉県君津市です。

HOME4U家づくりのとびらで希望のプランを提案してもらおう!

HOME4Uの公式サイトのTOP画像

引用:HOME4U

初めての家づくりは、分からないことが多く悩みが付きもの。そんな時に味方になってくれるのがHOME4U家づくりのとびらです!

HOME4U家づくりのとびらは、20年以上にわたり不動産系比較サイトを運営し、サービス全体の累計利用数は45万件以上を誇ります。全国に対応しており、提携ハウスメーカー・工務店はなんと120社以上。

プラン作成を依頼することで、メリットが盛りだくさん!「間取り図プラン」「資金計画プラン」「土地探し」と家づくりに大切なことを、コーディネーターがサポートをしてくれるので、カタログでは得られない、あなただけの理想のお家づくりプランが詳細に取得できます。

無料でプラン作成ができるためおすすめですよ。

もちろん、独自の審査基準をクリアした優良企業を厳選して案内してくれるため、安心して利用できます。

最初に何をすればいいのか分からない

プロに手取り足取り教えてほしい

予算内に収めるのが難しい

と考えている方は、ぜひHOME4U家づくりのとびらで無料のプラン作成をしてみてください。きっと満足できる提案・サポートをしてくれますよ。

無料で間取りプランを作成してみる

クレバリーホームの商品ごとの坪単価は?

クレバリーホームの商品ごとの坪単価を見て行きましょう。レギュラーモデルはCXシリーズとVシリーズの2つがあり、CXシリーズがクレバリーホームのNO1モデルとなっています。どちらも間取りを自由に決められる自由設計です。Vシリーズはトップグレードモデルなので、CXシリーズに比べると坪単価も高くなっています。

しかし大手ハウスメーカーの坪単価に比べると比較的低い単価設定で、ローコスト住宅と言えます。他にも2世帯住宅向けのmadoi、セミオーダー住宅のクレバコ+、ペット共生住宅のinumoなど、様々な商品がラインナップしています。

商品モデル 坪単価
CXシリーズ 45~55万
Vシリーズ 50~60万

クレバリーホームの注文住宅の特徴は?

ここからはクレバリーホームの注文住宅の特徴をご紹介していきます。クレバリーホームの住宅をあまり知らないという方も、特徴を掴むと希望の条件が叶うかや自分好みの家が建ちそうかも分かります。クレバリーホームの魅力とも言えるので、マイホームの建築をお考えの方は要チェックです。

特徴①外壁タイルが使われたハイクオリティな家

特徴1つ目は、外壁タイルが使われたハイクオリティな家です。クレバリーホームは外壁タイルが標準仕様という大きな特徴があります。他のメーカーでは標準仕様になっていないことが多く、外壁でタイルを選ぶと高額になるため、標準仕様でタイルが選べるのは金額面でも大きなポイントです。

外壁タイルは外観が良くなるだけでなく、汚れが付着しにくく耐水性もあるので、豪雨からも守ってくれます。また、サイディングなどに比べると傷も付きにくく、耐傷性も高いでしょう。外壁がタイルだと、一般的なアクリルなどの塗装に比べると劣化や退色もあまりないため、クオリティの高い家と言えます。

特徴②住み始めてからのコストを削減できる

コスト削減

続いては、住み始めてからのコストを削減できる点です。どうしても住宅価格や土地価格など、家を建てる際にかかる費用に目が行きがちですが、住み始めてからも家にかかる費用と言うのは様々な物があり、そのコストの事まで考えて建築するのが後々楽になります。

家を建てた後にかかるのは水道や光熱費など、日々の暮らしで必要なエネルギーコストで、毎月数万円程度でも、30年40年分と考えると結構な金額を払うことになります。クレバリーホームでは建物全体で断熱性能があるため光熱費が少なく、LED照明を使用して省エネにするなど、光熱費が抑えられる住まいです。

また、家のメンテナンスも年数が経ってくると必要で、特に大きなものは外壁の塗装や屋根の塗装や葺き替えです。一般的な外壁塗装は10年程経過するごとに塗り替えが必要になり、塗装に合わせて樋なども交換すると1回で100万円以上かかる場合もあるため、かなり高額な出費になるでしょう。

しかし外壁タイルと陶器瓦のクレバリーホームでは、経年劣化しない外壁タイルのためメンテナンスコストがぐっと抑えられ、家を建ててから50年間にかかるメンテナンス費用は一般的なサイディングの外壁に比べると6割程少なく済むなど、圧倒的な差が生まれます。

住み始めてからかかる費用もしっかり考えておかないと、大きな出費に頭を悩ませてしまうかもしれませんが、クレバリーホームならその心配が少なくて済みます。出費に悩まず住みたい方には、大きな安心材料でしょう。

特徴③災害に強い「プレミアムハイブリット構法」を採用

最後は災害に強い「プレミアムハイブリット構法」を採用している点です。土台から軒まである通し柱をグリッドごとに使用し、1階と2階を一体化した強固な構造躯体のSPG構造(ストロング・ポスト・グリッド)を採用しています。

また、一般的な在来工法では地震などの力のかかり方によって建物のねじれが起きやすいですが、床と壁、天井の6面すべてを構造用耐力面材で構成し、建物のねじれを防ぐだけでなく激しい揺れに抵抗するモノコック構造も取り入れています。耐震壁は、壁の強さを表す最大壁倍率は最高レベルの4.9~5.0倍なので、かなりの強度です。

SPG構造とモノコック構造の2つを組み合わせることで、エネルギーをバランスよく受け止める地震に強い構造になっています。


無料で間取りプランを作成してみる

クレバリーホームは本当にやばい?良い口コミ・評判

良い口コミ

ハウスメーカーの口コミを見てみると、良い口コミもあれば悪い口コミもあります。家を建てると言うのは一生の中でも大きな買い物となるので、周りの方の意見も気になるものです。

口コミの中には展示場の見学のみの方の意見もありますが、実際にクレバリーホームに依頼して家を建てた方の中で利用して良かったという口コミ・評判をご紹介していきます。依頼するか迷っている方は、ぜひ参考になさってみてください。

良い口コミ・評判①

一番の決め手は外壁タイルが標準仕様という事。設計士の方やコーディネーターの方も親切で 間取りの自由度も満足。何度も納得いくまで修正を重ねて完璧な間取りができました。引用:Googleマップ

良い口コミ・評判②

初めの出会いから家の完成まで、親切に対応していただけ、大満足です。耐震構造や基礎もしっかりしており安心です。また、スタッフさんの知識が豊富で、こちらの相談にもスムーズに対応していただけ、応対面も素晴らしいです。引用:Googleマップ

良い口コミ・評判③

クレバリーホーム さんで新築し2年ほど経ちますが、大変満足しています。こちらの希望にも応えてくれる姿勢も、対応もバッチリでした アフターフォローも丁寧にしてもらっており、安心しておススメできる会社さんです。引用:Googleマップ

クレバリーホームはここが残念!悪い口コミ・評判

悪い口コミ

クレバリーホームの口コミの中には、ここが残念という悪い口コミや評判もあります。クレバリーホームだけでなく他メーカーにおいても、店舗によって対応が悪い、見積もりが高いと言った悪い口コミは少なからずあります。しかしクレバリーホームで家を建てて起きたことを書かれているものもあるので、そうなる可能性も否定できません。

家を建てた感想として良くなかったと言う場合は残念であり、クレバリーホームを選んだことに後悔もあるでしょう。悪い評判も確認した上で、依頼するかを考えてみてください。

悪い口コミ・評判①

一般常識が皆無。挨拶、報連相、言葉遣いは全て学生レベル。社内の人間に対する話で敬語を使う有り様。コーディネーターは知識、経験が浅すぎて話にならない。引用:みん評

悪い口コミ・評判②

アフターがすっごく悪い。点検の日程のハガキを返送して1ヶ月。連絡こなくて担当に連絡したら気づきませんでした、と。お詫びもなし。いい加減な会社です。売る時だけ適度に連絡してきてアフターになったら雑。引用:みん評

悪い口コミ・評判③

壁の色を白っぽいものに希望したにも関わらず、全く違う希望とは程遠い黒っぽい壁にされてしまい、挙句には言いくるめられてしまいました。このようなことが起きるとは信じられず、とてもショックな出来事でした。引用:みん評

ここに注意!クレバリーホームのデメリット

デメリット

良い評判、悪い口コミも見た上でも、クレバリーホームが気になる、家を建てたいという方は、クレバリーホームのデメリットも確認しておきましょう。デメリットも内容によっては気にならなかったり問題にならない場合もありますが、後から知ってショックを受けてしまう場合もあるので、注意が必要です。

デメリット①ウッドショックによって価格が変動する可能性がある

デメリット

デメリット1つ目は、ウッドショックによって価格が変動する可能性があることです。ウッドショックは世界的に木材価格が高騰する現象のことで、実はこれまでも何度かウッドショックは発生しています。原因は様々で、森林伐採や急激な木材の需要の増加などによって起こっています。

最近では2021年からウッドショックが発生しており、様々な世界情勢の影響もあって木材の輸入価格が高騰し、日本国内の木材価格も上昇しています。クレバリーホームの家は木造住宅が主要ですので、影響を受けやすいのです。日本国内の木材自給率は5割いってないので、ウッドショックによっては価格が上がってしまう可能性も否定できません。

また、価格だけでなく木材の不足で納期が遅れる可能性もあるため、これから建築依頼するという場合は、価格と納期をしっかり確認しておく必要があるでしょう。

デメリット②競合に比べて保証期間が短い

デメリット

デメリット2つ目は、競合に比べて保証期間が短いことです。クレバリーホームは30年の保証制度があります。ただし、10年目及び20年目にクレバリーホームが指定する有償メンテナンスを受けることが条件となっており、有償メンテナンスを受けない場合は保証期間は10年ということになります。

有償メンテナンスを受ける場合、建物引き渡しから6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月、5年、その後は5年ごとにメンテナンスが受けられます。防水機能の保証や白蟻防除などが含まれ、完成して30年までは安心でしょう。

しかし大手ハウスメーカーなどは条件はあるものの、永年保証や60年保証などがあるところもあるため、30年と言う保証は他のメーカーも保証しているので、そう長いものではありません。

近年の住宅は30年以上住むのは当たり前で、20代で購入される方は50年以上住むつもりで購入される方も多いでしょう。そう考えると30年の保証は短く不安に感じる場合もあります。

デメリット③デザインの自由度が低い

最後はデザインの自由度が低いことです。様々なモデルのタイプがあるクレバリーホームは、自由設計のタイプもあります。しかし自由設計であっても基本モデルをベースにしているため、デザインによって暮らしやすい動線やエコな形などが固まっているので、自由とはいえ完全に好きなようにとはしにくいでしょう。

クレバリーホームで失敗しないためのポイント

ポイント

ここからはクレバリーホームで失敗しないためのポイントをご紹介していきます。クレバリーホームに限らず、家を建ててから後悔しても後の祭りで、作り直したり選び直すと言うのが多くの場合は難しいでしょう。

多くの方が何十年と暮らす予定で家を建てるので、立ててよかったと思えるように、ポイントをしっかり押さえておきましょう。

ポイント①間取りは普段の生活をイメージして決める

ポイント

ポイント1つ目は、間取りは普段の生活をイメージして決めることです。家の間取りや外観を決める際に、カフェのような家がいいというような理想があったり、書斎がある家に憧れがあるといった希望が人それぞれ持っており、希望を叶えようとする方も多いはずです。しかし理想の家が使いやすいとは限りません。

理想を叶えるために生活同線を二の次にして、生活しにくくなってしまう例も少なくありません。そのためにも普段の生活がしやすい家であることが長く住み続けられる、その家族にとってストレスの少ないベストな家と言えるでしょう。

もちろん住みたい家を建てたいという気持ちも大事ですが、普段の生活を考えるとこの場所に棚があった方が良い、洗面台をここにも作った方が良いなど、違う視点も見えてきます。そしてすでに家を建てた方の間取りや問題点なども参考にするのが、失敗しないためのポイントです。

ポイント②他社との比較をしっかりと行う

ポイント

続いてのポイントは、他社との比較をしっかり行うことです。住宅展示場を見学して、クレバリーホームが一番良かった、周りにクレバリーホームで家を建てた方がいて自分たちも頼むと決めている方などもおられるかもしれませんが、クレバリーホームしか見積もりを取らない、他社のデザインをじっくり見ないなどは危険です。

仮にクレバリーホームで家を建てると心に決めていても、他社の方が同じ間取りや耐震性能などがあったとしても、少ない金額で建つこともあります。他社の方がより理想の形の間取りにしてもらえたり、同じ金額でも性能が優れていたり、保証が付くなどのメリットがあることも少なくありません。

他社だったらもう少し安くなった、保証が付いていたなどを後から知れば、きっと後悔するはずです。比較をした上で選んだのならば、自分たちの建てた家に納得できるでしょう。

ポイント③高くなった場合の見積もりを出してもらう

ポイント

最後は高くなった場合の見積もりを出してもらうことです。見積もりと実際に支払う金額が変わることはよくあり、予想よりも高額になってしまうことも少なくありません。見積もりでは標準仕様のものをすべて選んであっても、壁紙や床材、外構のフェンスなども1つ1つグレードの高いものを選ぶと少しずつ値段も跳ね上がっていきます。

ローコスト住宅と思ってクレバリーホームを選んだ方にとっては、数百万も高くなってしまうと他社を選んだ方が良かったなと感じてしまうことも少ないでしょう。最初から高くなった場合の見積価格を聞いていれば、その点も含めて比較ができ、後から後悔することも減ります。


無料で間取りプランを作成してみる

クレバリーホームで後悔のない家づくりを!

クレバリーホームの口コミや特徴などをご紹介してまいりましたが、デメリットや悪い口コミも知っても、クレバリーホームで家を建てたいという気持ちは変わらないという方も多くいらっしゃることでしょう。クレバリーホームの魅力を他メーカーでは得られないなら、やはりクレバリーホームを選ぶべきです。

クレバリーホーム以外のメーカーを選らんだとしても、家を建てる際に失敗してしまうと何十年と気に入らない家に住まないといけなかったり、何より住みにくい家は生活していて辛いものです。失敗しないためのポイントは、必ず押さえておきたいところです。後から後悔しないためにもポイントをしっかり確認して、クレバリーホームで夢のマイホームを建ててください。

住まい購入を考えている方には”戸建て”がおすすめなワケ

マンションほどではありませんが、近年、不動産価格が上昇しているのが”戸建て”です。2020年まではほぼ横ばいでしたが、以降は右肩あがりで上昇中。

マイホームを手に入れるのであれば、価格の安いとき、つまりすぐに行動を始めた方が良い、ということになります。

ではどんな住宅事業者を選べばいいのか?

結論からいうと、アキュラホーム”がおすすめです。

アキュラホームは創業45周年のハウスメーカーで、ライフルホームズの注文住宅人気ランキングで1位を獲得した実績があります!

1位:高耐久性
2位:耐震性
3位:省エネルギー性

というのも、住宅金融支援機構のデータより、住宅選びで最も重視されているポイントは、”建物の性能“。購入した家を末永く使っていきたいと考えるのは当然ですよね。

そこで、「高耐久性、耐震性、省エネルギー性」のいずれも優れている、というのがアキュラホームの特徴なんです。

じつは、ほとんどのハウスメーカーでは、ある程度つくり(家の形、構成、設計)が決まってしまっており、あなたの思い描くマイホームの”自由な設計”が難しい現実があります……

もし予算の範囲内で自由度の高いマイホームを検討されるのであれば、新築の自由度が高い”アキュラホーム”で一度ご検討されてみてください。

【ZEH住宅】剛木造 超空間の家 スマート

「剛木造 超空間の家 スマート」は、ZEH住宅です。ZEHとはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスのことで、消費エネルギーよりも創エネルギーが上回ることで消費エネルギーをゼロにする仕様で、近年多くのハウスメーカーが取り入れています。

アキュラホームの中でも人気の高い「超空間の家 スマート」は、ライフスタイルに合わせられる完全自由設計!さらに、強固な構造になっており、耐震性、耐風性が高いです。

またオプションになりますが、太陽光発電システムを搭載することで創エネでの自家消費が可能。光熱費を大幅に削減することができるだけでなく、災害時には非常電力として役立ちます。

創業45周年という長年の実績があるアキュラホームは、信頼できるというのもポイント。実際に全国の住宅メーカー・工務店・設計事務所の人気会社ランキングを2年連続で1位を獲得しています。

▼ZEH住宅「剛木造 超空間の家 スマート」を詳細をチェック

剛木造 超空間の家 スマートを確認する

平屋を建てたい方おすすめ!剛木造 超空間の平屋

将来を見据えた暮らしができ、子育てがしやすいことから、平屋住宅を建てる人が増えています。

2023年の住宅トレンドは「平屋回帰」。度重なる災害やライフスタイルの変化により、住宅にもミニマムな生活を取り入れる方が増えてきています。さらに、建設時の初期コストや住宅設備の値段が高くなっていることから、コンパクトな平屋のニーズが高まっていることも人気の理由です。

大きな地震で古くなった2階建て住宅が倒壊することが多く、平屋を検討する方が増えている傾向にあります。

他社ハウスメーカーが提案する平屋は、2階建て同様の住宅。基礎面積や屋根面積が増えることで、坪単価が高くなりコスパの悪い住宅になってしまいます。結果、住宅建築費用だけでなく、ランニングコストである固定資産税や修繕費、光熱費の支払い金額も増えてしまいます。

「剛木造 超空間の平屋」は、3LDK/26.05坪のコンパクトな平屋。

1,590万円(税抜)〜から快適な平屋が建築可能。平屋がこの価格で建てられるのは、かなりコスパが高いと言えるでしょう!この価格で実現できるのは、アキュラホームだからこそ。

剛木造 超空間の平屋のおすすめポイント

【ポイント①2.8ⅿの天井高を実現】

日本の住宅の平均天井高は一般的に2300mm〜2500mm程度。アキュラホームの平屋は天井高2800mmなので、開放感があります。

【ポイント②AQ地震建替保証で安心】

ガラス張りの大開口超空間の2階建てから5階建ての純木造住宅の実物大の耐震実験をクリアし、耐震性能に自信があるアキュラホームは、家屋が地震によって全壊・半壊した場合、その修理や建替費用を掛け金不要で上限100%の全額保証してくれます。※期間10年など保証の条件があります。

【ポイント③高気密高断熱の省エネ住宅が1,000万円台!?】

省エネ住宅にすると、建築部材のコストがかかり、断熱材の厚みの影響から大開口・天井高のある空間の両立は難しいとされています。

アキュラホームでは、買う時も買った後も適正価格のコスパの良い平屋を提案してくれます。

▼3LDKのコンパクトな「剛木造 超空間の平屋」詳細をチェック

剛木造 超空間の平屋を確認する

▼無料で資料のお取り寄せ可能(魅力的な建築実例集つきです!!)

アキュラホーム カタログ請求

建築実例集以外にも、平屋建築、3階建て建築、二世帯住宅、ペットと暮らす住宅など、
ユーザーのライフスタイルや環境に合わせた実例集やカタログを用意しております。

・アキュラホームブランドブック
アキュラホームの特徴・取組み、理念や歴史などが分かる総合カタログです。

・WAGAYA -平屋版-
平屋を建てる際のアイデア満載!!写真と間取りで建築実例をご紹介。

・WAGAYA -2階、3階建て-
理想・憧れの暮らしを叶えた世界に1つだけの施工実例&プラン集

・超空間の家スマートカタログ
完全自由設計でお好みの家づくりの秘訣が分かる一冊。

・超空間の家カタログ
アキュラホームだから実現できる超空間×耐震性能の秘密がわかる一冊。

・平屋のある暮らしカタログ
本当に必要な居住空間を集約して平屋の新築一戸建てをもちたい思考の方は必見!

・3階のある暮らしカタログ
都心部で叶える超空間の家、あなたの理想を現実にする秘密を掲載

・ペットと暮らす家カタログ
大切な「家族」と共に暮らす設計や建築のノウハウを掲載。

・二世帯同居の家
親世帯と子世帯がプライバシーを守れる家づくりのコツをまとめた一冊。

・大収納の家カタログ
完全自由設計だからできる空間を有効活用し、収納スペースを創り出す提案例を掲載。

・全館空調の家カタログ
エアコン一台で家じゅう快適な室内空間を実現したい方へ。

・AQレジデンスカタログ
日本の家づくりの伝統を継承した熟練の職人の確かな技術を駆使しプレミアムな住まいを提案

ご家族で理想のマイホーム像を鮮明に、具体的に膨らましていただくためにも、まずは無料で受け取れるカタログを下記より受け取ってくださいね。

希望のカタログを3冊まで無料でお取り寄せ!

タップして自分に合ったカタログを見にいく

▼詳しいアキュラホームの解説記事はこちら
アキュラホームの坪単価は?人気商品の特徴を種類別にご紹介!

【アキュラホーム】の口コミ・評判を徹底調査!価格が安い?!

その他関連記事はこちら



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。