冷風機おすすめ20選、コロナ、ダイソンなど電気代が安いモデルもランキング!

引用:写真AC

最近の夏場は、異常に暑い猛暑日が続くことがあり、室内にいても熱中症対策をしておく必要があります。クーラーを使いたいけど、電気代が心配という方には「冷風機」がおすすめで、部屋全体は冷えませんが局部的に、ご自身の周辺だけを冷すことができますので、思った以上に快適に使うことができます。そんな冷風機の選び方をはじめ、有名メーカーやおすすめ20選をご紹介します。

冷風機ってなに?

冷風機はスポットクーラーとも呼ばれ、ご家庭や職場で使われているクーラーと同じ構造、機能を有しており、簡単にいうと室内機と室外機が一緒になった「移動ができる小型クーラー」と考えてもらえばよく分かると思います。

ただ密閉した室内で使うと、排熱の影響で逆に暑くなってしまいますので、使い方には注意が必要です。また水の気化熱を利用したり、氷を使って冷たい風を送る「冷風扇」とは、機能的に異なりますので、ご家庭で購入する際には注意が必要です。

冷風機はどう選ぶ?

View this post on Instagram

2017 7/25 1日暑い部屋で18時間ミシン頑張ったけど、夏の旅行にフルコットンのテントは重いし暑いしで、完成間際で諦めました。めまい、吐き気、頭痛、高体温と闘った日曜のことは忘れて、さっそく次のモノを 灼熱のワーゲンバス車中泊をいかに快適するか、に夢中です。まずはスイデンのコンパクトスポットクーラー。これの良いところは、コンパクトタイプなのに排気ダクトを取り付けられ、その向きも変えられること。ヤマハの小型発電機でも稼働できること、かな ウォークスルーに置くための滑り防止ベースをこしらえました。あとは、窓のアタッチメントを作らないと ランタンハンガーも作った~💦 え? 何で暑い思いして海キャンプするかって? だって、海が好きなんだもん #キャンプ旅行 #ワーゲンバス 熱中症 #エアコン無し #スイデン #スポットクーラー #コンパクトタイプ #車中泊 #海キャンプ #瀬戸内海 #工場 #工業用 #ランタン #ハンガー

A post shared by Dr.ホッピー (@dr_hoppy) on

冷風機は、さまざまなメーカーが製造、販売しており、購入するときに何を基準にして良いか分かり難いこともありますので、簡単に冷風機の選び方をご紹介します。

冷風機を使う場所やスペースは?

冷風機を購入する際に、どんな場所で使うのかを考えておくことが大切で、基本的には通常のクーラーが設置し難い場所で使うことが前提となりますので、冷風機が置けるスペースがあるかどうか使用場所を考慮する必要があります。

また通気、換気ができる場所かどうかも大切なファクターで、冷風機はクーラーの室内機と室外機が合体した構造となっていますので、前面からは冷気が出ますが、後部からは廃熱の熱気がでますので、換気の悪い場所だと逆に熱気が逃げずに暑くなる可能性がありますので注意が必要です。

冷却性能で選ぶ

冷風機は、スポットクーラーとしての冷房機能が充実していて、冷却能力が高いタイプを選ぶことをおすすめします。カタログに記載されている冷風時の消費電力を確認すると、「○○kw」と記載されていますので、この数値が大きい方が冷却能力も高いといえます。ただ冷却能力が高いということは、その分、電気消費量も多いので電気代が高くなりますので、ご自身の使用環境を考慮して選ぶ必要があります。

機能で選ぶ

最近の家庭用冷風機には、局部的に冷たい風を吹き出す基本機能の他に、除湿(DRY)機能や衣類乾燥機能などを合わせて搭載している多機能タイプのものが数多くリリースされています。特に夏に入る前の梅雨時期など、冷風機能よりも除湿(DRY)機能や衣類乾燥機能の方が重宝されることもありますので、多機能タイプの冷風機を選ぶことをおすすめします。

静音性能で選ぶ

幾らしっかりと冷気を出して、室温を下げてくれる冷風機でも稼働音が大きいと、休日にお昼寝をする時や、夜の就寝時に気になって寝れないということもありえます。実際、稼働音が気にならない環境で使用する場合が多い工業用冷風機は、思った以上に音がする場合が多くあります。冷風機を購入する際は、実際に実物を見て稼働音が静かなタイプを選ぶと安心です。

操作性で選ぶ

通常のクーラーと同じように多機能になっている冷風機ですが、便利なリモコン付きのタイプは少なく、本体パネルを使って温度設定や除湿(DRY)機能などを操作する必要があります。昼間であれば、確認して操作できますが、夜間の就寝時には、ボタンを押し間違えたり不便な面が出てきますので、操作パネルが比較的大きく、操作のし易いモデルを選ぶことをおすすめします。

基本的な選び方をご紹介しましたが、ご自身の使用用途に合わせて、冷風機を選ばれることをおすすめします。

冷風機の有名ブランド

冷風機を製造しているメーカーは数多くありますが、知名度の高いメーカーブランドをご紹介します。

1:株式会社コロナ

金物の街である新潟県三条市に本社を構える「株式会社コロナ」は、石油ストーブやファンヒーターなどの暖房器具メーカーとして知名度が高いですが、エアコンや冷風機をはじめ、給湯器や温水器なども製造、販売しているメーカーです。またヒートポンプ技術を利用しお湯を沸かすエコキュート技術などを有しており、世界で初めてエコキュートを販売したメーカーでもあります。冷風機では「どこでもクーラー」シリーズとして、冷風機能以外に、除湿(DRY)機能や衣類乾燥機能などを備えた2機種が販売されており、こちらでも知名度があります。
メーカーウェブサイト:https://www.corona.co.jp/aircon/

2:株式会社トヨトミ

愛知県名古屋市に本社を置く「株式会社トヨトミ」は、トヨストーブで知られる石油ストーブやファンヒーターをはじめ、加湿器や冷房製品などを製造、販売しており、日本トップクラスの暖房器具、空調機器メーカーです。省電力設計の「エコバーナー」や燃焼ガスを再度、燃やして燃焼効率を上げる「ダブルクリーン」などの独自技術を有しており、数多くの特許も取得しています。冷風機は「スポット冷風機」の名称で、季節商品として取り扱っており、ノンドレン機構などと搭載しており、人気があります。
メーカーウェブサイト:http://www.toyotomi.jp/

3:株式会社ナカトミ

長野県上高井郡に本社を構える「株式会社ナカトミ」は、遠赤外線ヒーターや業務用扇風機などの工業用冷暖房器具をはじめ、空気工具など各種設備類を製造、販売している会社で、「安全性・使いやすさ・品質にこだわること」をコンセプトに物作りを行っています。「スポットクーラー」の名称で業務用冷風機をメインに製造していますが、家庭用100V電源でも使える小型のタイプも数種類リリースしています。
メーカーウェブサイト:http://nakatomi-sangyo.com/index.html

4:株式会社スイデン

大阪府大阪市に本社を構える「株式会社スイデン」は業務用扇風機をはじめ、送排風機や遠赤外線ヒーターなどを製造、販売しているメーカーです。創立は1947年の老舗メーカーらしく、「快適を『かたち』にする」をスローガンに物づくりを行っています。スポットクーラー(冷風機)も基本は工場などで使う業務用が主ですが、その中でもご家庭で使用できるものもあり、省スペース、省エネといったタイプなどもあり、使い勝手が良いのも特徴の一つです。
メーカーウェブサイト:http://www.suiden.com/

5:株式会社山善

大阪に本社を構える「株式会社山善」は1947年に創立され、現在では東証、大証の一部上場の専門商社となります。工作機械をはじめ、住設建材や家電、インテリアなど、さまざまな分野の商品を取り扱っており、Qriom(キュリオム)やキャンパーズコレクションなどの自社ブランドも持っています。家電分野では照明器具や暖房器具をはじめ、電動工具、空調機器など多岐に渡り、特に扇風機の取り扱いが多いのが特徴です。工業用の冷風機(スポットクーラー)を主にリリースしていますが、ご家庭で使える小型のスリムタイプもあります。
メーカーウェブサイト:https://www.yamazen.co.jp/japanese/

6:sharp(シャープ)

家電製品を製造、販売している専門メーカーで、日本国内で知らない方はいないと思います。液晶テレビなどの映像音響機器をはじめ、エアコンや冷蔵庫などの生活家電などを製造、販売しており、現在は台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業のグループ企業となっています。白物家電を製造していたことで、冷風機や除湿器、冷風扇などにシャープ独自のプラズマクラスターを搭載したタイプなど、数多くのモデルがリリースされています。
メーカーウェブサイト:http://www.sharp.co.jp/

7:ダイソン

イギリスに本社を置く「ダイソン (Dyson Limited) 」は、世界で初めてサイクロン方式の掃除機を開発、製造、販売したメーカーとして有名で、日本の表参道に世界初の旗艦店をオープンしています。掃除機のメーカーとして有名ですが、ハンドドライヤーや羽の無い扇風機(エアマルチプライアー)など、独創的な家電製品を作り出しています。また冷風機ではないですが、冷風モードを搭載したDyson Hot + Cool ファンヒーターを販売しています。
メーカーウェブサイト:https://www.dyson.co.jp/

8:株式会社デンソー

愛知県刈谷市に本社を構える「株式会社デンソー」は、トヨタグループの一企業であり、日本でも有数の自動車部品メーカーです。自動車のイメージが強いデンソーですが、工業用の冷風機を中心に床置きタイプをはじめ、天井から吊り下げるタイプなど数多くリリースしています。ご家庭でも使える100V電源の冷風機もありますが、稼働音が大きいため、室内よりもガレージなどでの作業時に使うことをおすすめします。
メーカーウェブサイト:https://www.denso.com/jp/ja/

次ページから、家庭用冷風機のおすすめ10選をご紹介します!

冷風機おすすめ10選をご紹介!(家庭用編)

ご家庭で使える「冷風機」のおすすめ10選をご紹介します。

冷風機自体、通常のエアコンよりも消費電力が少ないため、電気代の節約や熱中症対策として有効なので、猛暑のときに役立ちます。

1:コロナ どこでもクーラー CDM-1418

コロナからリリースされている「どこでもクーラー CDM-1418」は、冷風、除湿(DRY)、送風、衣類乾燥の4つの機能を搭載した1台4役をこなせる冷風機で、一番のおすすめモデルです。

ツインロータリーコンプレッサーを搭載したことで、1日約14Lの強力な除湿性能や、使用環境である室内温度から-11℃下げた冷風を吹き出せるなど、高い性能を備えていながら、稼働時の騒音を約38dbと低くすることに成功しています。

また本体サイズは幅250×奥行386×高さ600mm、重量は13.5kgと冷風機としては軽量コンパクトにできており、さらに4個の自在キャスターを標準装備していますので、ご家庭のどこにでも気軽に移動させて使うことができます。

コロナ どこでもクーラー CDM-1418
コロナ どこでもクーラー CDM-1418

本体サイズ:幅250×奥行386×高さ600mm
電源:AC100V
消費電力(50/60Hz):除湿時=300/330W、冷風時=330/370W
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

2:コロナ どこでもクーラー CDM-1018

先にご紹介したコロナ社の「どこでもクーラー CDM-1418」と同様、冷風、除湿(DRY)、衣類乾燥、送風の4つの機能を搭載しており、木造家屋であれば11~13畳、鉄筋コンクリート家屋であれば23~25畳の部屋を除湿したり、冷やしたりするのに適したモデルとなります。

風量を弱中強の3段階に変更が可能で、さらにワイド、スポットなど3つのスイングパターンを備えており、部屋の何処にいてもしっかりと部屋を冷やしてくれますので、気軽に使えます。

運転停止後には、熱交換器や通風路など各部を乾燥させて、カビや雑菌の繁殖を防ぐ内部乾燥モードを搭載していますので、いつでも清潔に保つことができます。

コロナ どこでもクーラー CDM-1018
コロナ どこでもクーラー CDM-1018

本体サイズ:幅25×奥行38.6×高さ60cm
電源:AC100V
消費電力(50/60Hz):除湿時=205/215W、冷風時=220/240W
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

3:トヨトミ スポット冷暖エアコン TAD-2218W

ご紹介する「スポット冷暖エアコン TAD-2218W」は冷風機能だけでなく、冬場にも使うことができる温風機能がついているのが、他の冷風機とは大きく異なるところで、トヨストーブで有名なトヨトミらしいモデルです。

また冷風、温風のほかに除湿(DRY)機能と送風機能を搭載しており、1台4役をこなし春から冬までのオールシーズン使えるのが最大の特徴です。

本体サイズは幅440×奥行320×高さ690mmとコンパクトですが、重量が約26kgと少し重たいため、自在式のキャスターを標準装備しています。また吸い込み口に抗菌フィルターを設置するようになっており、室内の除菌を行うことが可能になっています。

トヨトミ スポット冷暖エアコン TAD-2218W
トヨトミ スポット冷暖エアコン TAD-2218W

能力(50/60Hz):冷風2.0/2.2kW、温風1.7/1.9kW
除湿量(50/60Hz):36/42L/日
消費電力(50/60Hz):冷風590/690W、温風600/730W
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

4:トヨトミ スポット冷風機 TAD-2218

トヨトミ社からリリースされている「スポット冷風機 TAD-2218」は、先にご紹介した「TAD-2218W」から温風機能を外したモデルで、冷風、除湿(DRY)、送風の3機能に特化しており、春から秋口までの3シーズンで使用することができます。

本体サイズは幅315×奥行395×高さ770mmと「TAD-2218W」よりも少し小さくなっており、通常のエアコンが設置し難いキッチンやガレージなど、気軽に移動させて使うことができます。

ただし完全なスポットクーラーなので、ご自身に冷風が当たるように風向の調整が必要となります。

トヨトミ スポット冷風機 TAD-2218
トヨトミ スポット冷風機 TAD-2218

本体サイズ:幅315×奥行395×高さ770mm
重量:24.0kg
冷風能力:2.0kW/2.2kW(50/60Hz)
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

5:エスケイジャパン 冷風機 SKJ-ST20

福岡県筑紫野市に本社を構える「エスケイジャパン株式会社」からリリースされている「冷風機 SKJ-ST20」は、冷風の吹き出し口がジャバラになっており、使用している方が局部的に涼しくなるタイプの冷風機です。

冷却時に発生するドレン水をタンクに貯めて、自動的に蒸発させるノンドレン方式となっており、排水パイプなどの設置も必要なく、気軽に使えます。

本体サイズは幅476×奥行358×高さ780mmと大きめなので、設置する場所を考慮する必要があり、さらに稼働音が52~53dbと思った以上に大きいので注意が必要です。

エスケイジャパン 冷風機 SKJ-ST20
エスケイジャパン 冷風機 SKJ-ST20

冷房能力:2.1kw
本体サイズ:幅476×奥行358×高さ780mm
重量:24kg
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

6:ナカトミ ミニスポットクーラー SAC-1800N

業務用冷風機を製造、販売している「ナカトミ」からリリースされている「ミニスポットクーラー SAC-1800N」は、形状は工場で使用するようなジャバラが付属する冷風機ですが、本体サイズが幅475×奥行275×高さ610mm、重量が約23kgとコンパクトで4つの自在型キャスターを標準装備していますので、ご家庭での使用も出来るおすすめモデルです。

また冷房能力1.7~1.8KWと十分な性能を備えながら、消費電力が600~675Wと比較的小さく、省エネ設計となっていますので、1時間フル稼働させた際でも、電気料金は16.2円~18.2円とコストパフォーマンスに優れたモデルです。

ナカトミ ミニスポットクーラー SAC-1800N
ナカトミ ミニスポットクーラー SAC-1800N

本体サイズ:幅47.5×奥行27.5×高さ61cm
電源:単相100V 50/60Hz
消費電力:600/675W
冷房能力:1.7/1.8kW
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

7:BIANCO 3way スポットクーラー EJ-CA035

BIANCO(ビアンコ)からリリースされている「スポットクーラー EJ-CA035」は、冷風機能だけでなく、除湿(DRY)機能と送風の1台3役をこなせるスポットクーラーで、本体サイズも幅310×奥行310×高さ640mmとコンパクトで、自在型キャスターが付属していますので、気軽に動かして使うことができます。

冷却時に発生するドレン水を、タンク内で蒸発させるノンドレン方式となっており、お手入れも簡単ですが、梅雨時期など湿度の高い時に使用する場合には、処理が追い付かないことがあり、その際にはドレンホースを使って排出する必要があります。

消費電力は冷風モードの強風で、最大710Wとなり1時間当たり電気料金は約19.1円ほどになります。

BIANCO 3way スポットクーラー EJ-CA035
BIANCO 3way スポットクーラー EJ-CA035

本体サイズ:幅310×奥行310×高さ640mm
重量:約21kg
消費電力:冷風/約最大710W(1時間あたり19.1円)
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

8:スイデン ポータブルスポットエアコン SS-16MXW-1

「ポータブルスポットエアコン SS-16MXW-1」は、本体サイズが幅519×奥行225×高さ675mm、本体重量が約22kgと薄型タイプとなり、さらに排気方向を縦横のどちらにも変更出来るため、設置場所や用途によって気軽に変更することができるようになっています。

本体サイズはコンパクトですが、冷房能力は1.4~1.6kwとしっかりと冷やしてくれ、タイマー運転機能やドレン水の量によって自動停止してくれるなど、機能面も充実しているのが特徴です。

操作も本体上部に設置されたパネルで簡単にできますので、お年寄りやお子さんでも気軽に操作できますので、熱中症対策に最適なモデルです。電気代は1時間フル稼働させた場合で、約12.2~15.1円ほどでコストパフォーマンスも優れています。

スイデン ポータブルスポットエアコン SS-16MXW-1
スイデン ポータブルスポットエアコン SS-16MXW-1

電源: AC100V
消費電力: 50Hz 450W/60Hz 560W
風量調節: 送風/冷房
消費電力:450~560W
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

9:SHARP 「冷風・衣類乾燥」除湿機 CV-Z100-W

ご紹介する「CV-Z100-W 」は、浮遊ウイルスやアレルギー物質の分解、除去を行う「プラズマクラスター」を搭載した衣類乾燥・除湿器に、冷風機の機能を搭載したモデルとなります。

スポット冷風機能では、使用環境の室温から-9℃~-11℃の室温差を作れるようになっており、例でいうと27℃の室温であれば16~18℃の冷風をだすことができるということになります。

最大使用電力が305Wと省エネ設計となっており、1日2時間、強風でフル稼働させた場合でも電気代は11円と安く、ご紹介した家庭用冷風機の中では、最も電気代が安いモデルとなります。またメイン機能である除湿機能は、11畳~最大25畳が適用面積の目安となり、1日9~10Lの除湿ができます。

SHARP 冷風・衣類乾燥除湿機 CV-Z100-W
SHARP 冷風・衣類乾燥除湿機 CV-Z100-W

サイズ: 372×235×560mm
本体重量: 約12.8kg
除湿能力(50/60Hz): 9/10L/日
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

10:ダイソン Pure Cool TP00 WS

ダイソンからリリースされている「Pure Cool TP00 WS」は冷風機ではありませんが、空気清浄機能が付いた扇風機です。ダイソン独自のジェットフォーカステクノロジーを採用しており、遠くまで風を送ることができるため、暑い夏でも涼しく快適に過ごすことができます。

また通常の扇風機のような羽が無く、PM0.1レベルまで除去する空気清浄機能が付いているため、小さなお子さんがいるご家庭では、ケガをさせずに綺麗な空気を保つための安全対策としてもおすすめです。本体サイズは直径196mm×高さ1,022mmとスリムな形状なため、どんな所にも配置することができます。

ダイソン Pure Cool TP00 WS
ダイソン Pure Cool TP00 WS

本体サイズ:幅196mmx奥行196mm×高さ1,022mm
重量:3.72kg
最大消費電力:56W
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

次のページでは業務用冷風機のおすすめ10選をご紹介します!

冷風機おすすめ10選をご紹介!(業務用編)

工場などで使う業務用の冷風機でのおすすめ10選をご紹介します。

1:ナカトミ 排熱ダクト付スポットクーラー(自動首振り) N407-TC

ナカトミからリリースされている業務用冷風機「N407-TC」は、冷風の吹き出し口に自動首振り機能(75度)が付いており、決まった範囲に効率良く冷風を送ることが可能で、冷房能力も2.2~2.5kwあり、先にご紹介した「ナカトミ ミニスポットクーラー SAC-1800N」の1.7~1.8KWと比較しても十分な能力を備えています。

消費電力は最大で1,005Wと大きいですが、1時間あたりの電気代は18.5~23円と安くコストパフォーマンスに優れています。

また本体サイズは幅400×奥行430×高さ820mmとコンパクトに作られており、100Vの家庭用電源も使えるため、業務用としてだけでなく、ご自宅のガレージで作業をする場合などにも場所を取らず、気軽に使うことができるのも特徴の一つです。

ナカトミ 排熱ダクト付スポットクーラー N407-TC
ナカトミ 排熱ダクト付スポットクーラー N407-TC

本体サイズ:幅400×奥行430×高さ820mm
電源:単相100V(50/60Hz)
消費電力(50/60Hz):強=810W 弱=770W/強=1005W 弱=945W
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

2:ナカトミ トリプルダクトスポットクーラー SAC-6500

ご紹介する「トリプルダクトスポットクーラー SAC-6500」は3相200Vの電源を使用しており、冷房能力は6.5KWと家庭用の冷風機と比較しても約3倍近くの能力を備えていますが、全閉型のロータリーコンプレッサーを採用することで、冷却効率が高く電気代は1時間あたり25.1~31円と低く抑えることができているモデルです。

冷風の吹き出し口は3つあり、それぞれにフレキシブルホースが付属しているので風向きを自由に変更することが可能で、広範囲に効率良く冷風を送ることができます。

またドレン水を溜めておくタンクが内蔵されており、容量は25Lと大きく取り出し易く作られていますので、メンテナンスも比較的楽に行うことができます。

ナカトミ トリプルダクトスポットクーラー SAC-6500
ナカトミ トリプルダクトスポットクーラー SAC-6500

本体サイズ:幅560×奥行620×高さ1,270mm
重量:約99kg
電源:三相200V 50/60Hz
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

3:ナカトミ 業務用移動式エアコン MAC-30

ご紹介する「業務用移動式エアコン MAC-30」は、先にご紹介した同社冷風機のようなフレキシブルホースがなく、通常エアコンのようなルーバー式の吹き出し口になっており、広範囲に冷風を出すような構造になっています。

電源は3相200Vを使用しており、冷房能力が3.2~3.5kW、消費電力は1,370~1,340Wと能力が高いですが、電気代は1時間フル稼働させても18.8~19.2円と安く、能力とコストのバランスが取れたおすすめの冷風機です。

また稼働温度が異常上昇した場合など、コンプレッサーを保護するためのサーマルプロテクターなどの安全装備も搭載しており、安心して使うことができます。

ナカトミ 業務用移動式エアコン MAC-30
ナカトミ 業務用移動式エアコン MAC-30

電源:三相200V50/60Hz
電流(強):6.2~6.4A
消費電力(強):1370~1340W
冷房能力:3.2~3.5kW
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

4:スイデン 業務用スポットエアコン SS-25WH-1

通常モデルの対応室温が25~45℃なのに対し、ご紹介する「SS-25WH-1」は、室温10~45℃の範囲でも使用可能となっているモデルで、ワイドレンジタイプとよばれます。

形式番号の末尾が「1」の場合は、電源が100Vの家庭用電源でも対応可能なことを示しており、同一シリーズの中には3相200Vのタイプもリリースされています。

冷房能力は2.2~2.5kw、消費電力は700~870wで従来型と比較すると約3%の省エネ化に成功しており、電気代も1時間フル稼働させても18.9円と安く、ランニングコストを抑えながらも、しっかりとした基本性能を備えてモデルとなります。

スイデン 業務用スポットエアコン SS-25WH-1
スイデン 業務用スポットエアコン SS-25WH-1

サイズ : 390×430×860mm
電源 (V) : 単相100
消費電力 : 700/870W
冷房能力 (50/60Hz) : 2.2/2.5kW
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

5:スイデン 業務用スポットエアコン SS-45DH-3

ご紹介する「SS-45DH-3」は電源に3相200Vを使用しており、冷房能力が4.0~4.5kwと大きく、工場内での使用でも十分に冷えた冷風を広範囲に吹き出してくれるスポットエアコンです。

冷風の吹き出し口は2つで、左右45度で合計90度の自動首振り機能を搭載しており、広範囲に自動で冷風を送ってくれます。また出力0.9kwの全密閉型ロータリーコンプレッサーを採用しており、スポットエアコン内部に粉塵などが入ったとしても問題なく使用できる工夫がされています。

本体サイズは幅520×奥行495×高さ1,090mmとコンパクト設計されており、設置場所を選ばず使用することができます。

スイデン 業務用スポットエアコン SS-45DH-3
スイデン 業務用スポットエアコン SS-45DH-3

電源:3相200V
冷房能力:4.0/4.5kw
重量:63kg
消費電力:1,450/1,800w
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

6:山善 スポットエアコン YS-422D

山善からリリースされている「スポットエアコン YS-422D」は、100Vの家庭用電源を使用するモデルで、業務用からご家庭での使用まで幅広く対応できます。

本体サイズが幅400×奥行470×高さ885mmとコンパクト設計なことで、設置場所を選ばず、どこでも気軽に移動させて使うことが可能です。

冷房能力は2.2~2.5kw、消費電力は840~1,070wで十分に冷たい冷風を送り出すことができ、さらに吹き出し口のダクトを左右100度、合計200度の範囲で自由に回転させることが可能で、使い勝手の良いモデルとなります。またスポットエアコン前面にある運転スイッチを切り替えるだけで、送風の強弱とオン、オフを操作することが可能で、誰でも簡単に操作できます。

山善 スポットエアコン YS-422D
山善 スポットエアコン YS-422D

本体サイズ:幅40×奥行47×高さ88.5cm
本体重量:43kg
電圧:100V 50/60Hz
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

7:デンソー スポットクーラー 10HFP2

デンソーからリリースされている「スポットクーラー 10HFP2」は、工場や倉庫など業務時に使用するスポットクーラーで、電源は3相200Vを使用するタイプです。

冷風の吹き出し口は1ヶ所ですが、フレキシブルホースを採用することで、自由に方向を変更することが可能となっており、冷房能力は2.2~2.5kw、消費電力は710~870Wで、冷房能力と消費電力のバランスが取れており、電気代もフル稼働させた状態で1時間17.1~20.9円と、ランニングコストが安く、おすすめのモデルでもあります。

またドレン水を溜めておくタンク容量も6.2Lと十分な容量を確保しており、満タンになった際には自動停止する安全装置も装備しています。

デンソー スポットクーラー 10HFP2
デンソー スポットクーラー 10HFP2

本体サイズ:幅395×奥行440×高さ985mm
電源:三相200V
消費電力(kW)(50/60Hz):0.71/0.87
冷房能力(kW)(50/60Hz):2.2/2.5
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

8:Haier (ハイアール) スポットエアコン JA-SP25G

白物家電のメーカーである「Haier (ハイアール) 」からリリースされている業務用スポットエアコンがご紹介する「JA-SP25G」です。

100Vの家庭用電源で稼働することができるので、工場などの業務だけでなく、ご自宅のガレージなどでDIYをする時などにも最適で、ドレン水を溜めておくボトルも容量が約20Lと大きいので、メンテナンスの手間も掛からないのも特徴の一つです。

本体サイズは幅390×奥行450×高さ880mm、重量は約38kgとなり、設置スペースを気にせず使用することができ、さらに消費電力が850~最大1,000wと強力で、しっかりと冷やしてくれますので、おすすめです。

Haier (ハイアール) スポットエアコン JA-SP25G
Haier (ハイアール) スポットエアコン JA-SP25G

本体サイズ:幅390×奥行450×高さ880mm
重量:約38kg
消費電力:850~1,000w
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

9:エスコ(ESCO) スポットエアコン EA897SA-100C

各種工具、機器類の卸販売を行っている「エスコ(ESCO)」からリリースされている「スポットエアコン EA897SA-100C」は100V電源仕様となっており、工場のコンセントに差込んで気軽に使うことができます。

本体サイズが幅430×奥行390×高さ860mmとコンパクトで、本体前面に吸気口を備えており、他の3面が壁に近接していても問題なく使用できる「壁ピタ」仕様となっています。

冷風の吹き出し口がフレキシブルホースになっており、自由な角度に調整することが可能で、さらに別売りの延長ダクトを繋げることも可能で、自由度の高いスポットクーラーとなります。また全閉型のファンモーターを搭載していますので、ホコリの多い環境でも安心して使用することができます。

エスコ(ESCO) スポットエアコン EA897SA-100C
エスコ(ESCO) スポットエアコン EA897SA-100C

本体サイズ:幅430×奥行390×高さ860mm
電源:100V単相
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

10:日立 クールショット SR-P20YE6

日立アプライアンスからリリースされている「クールショット SR-P20YE6」は、本体サイズが幅412×奥行454×高さ862mmで、前面に吸気口やドレンタンクなどを配置することで、壁にピッタリとくっつけても問題なく稼働させることができるモデルです。

重さは約33kgですが、キャスター付きで簡単に移動させることができるため、何処でも涼しく作業を行うことができます。

また何等かの原因で、モーターなどに過負荷が掛かった場合に自動検知し自動停止する保護リレーやファン電動機を保護するプロテクターなどを装備しており、安全面でも考慮されたモデルとなります。

日立 クールショット SR-P20YE6
日立 クールショット SR-P20YE6

冷房能力(50/60Hz):2.2~2.5kW
外形寸法(高さ×幅×奥行)mm:862×412×454
質量:34kg
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

冷風機を効率的に使って熱中症対策を!

View this post on Instagram

ついに 買ってしまった #スポットクーラー 的な #除湿機 その名も #どこでもクーラー 寝室クーラー無しで5年暮らしてましたが風呂横で湿度が常時80くらいあるのでキッズがいるのでダニ、カビも心配。 除湿機でも買うかな〜 ついでなのでクーラー機能付きにするか! しかーし、この機械は小売価格3万くらいするし冷えないと評判! 1.5万の除湿機か3万のスポットクーラーか、、、 #コスパの鬼 としては悩ましいところ。 結果、衣類乾燥モードで1日5リットル以上溜まります😲 布団カラカラです😂 クーラーとしては微妙ですが 大満足です😁👍

A post shared by Sumito Zanpats Miyano (@pandemico.co) on

ご家庭での利用をはじめ、工場や倉庫などで使用する冷風機の選び方やおすすめの20機種をご紹介しました。最近は、異常気象と思えるくらい気温が高い日があり、クーラーをつけたいけど電気代が心配という方や真夏の熱中症対策をしたいという方には冷風機はおすすめのアイテムではないでしょうか。実際、筆者も工場勤務をしていた時に、スポットクーラーを使って涼んでいましたので、自信を持っておすすめできます。この機会に、スポットクーラーの購入を検討してみては如何でしょうか。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事