はんだごての使い方を知ろう!注意点や用意するもの、使用例をご紹介!

『はんだごて』という工具をご存知でしょうか。学生時代に授業で使ったという方も多いことでしょう。はんだごては電子製品の基盤のはんだ付けに使われる工具です。電子工作に役立つアイテムで作業や趣味に持っておくと便利です。今回ははんだごての使い方や注意点、使うときに用意するものを紹介します。はんだごての使用例も紹介します。

はんだごてってどんな工具?

はんだごてとは、金属を溶かす部分とプラスチック製などの持ち手が組み合わさった工具です。主に電子製品の基盤において、金属を溶かし、金属同士を溶着させるはんだ付けに活用されます。電子工作の際に基盤部分の制作に使ったり、故障した電子機器の修理をしたりでき、日常的に使う場面がある工具と言えます。はんだごてには2つのタイプがあります。使う場面を想像しながら使い方や注意点に進んでいきましょう。

はんだごてには2つのタイプがある

はんだごてのこての部分に熱を伝えるヒーターのタイプによって、大きくニクロムヒータータイプ、セラミックヒータータイプに分かれます。熱の伝わり方や構造の違いがあるため、使う場面や頻度などを参考に2つのタイプのはんだごてから選んでみましょう。

ニクロムヒータータイプ

ニクロムヒータータイプのはんだごてはニクロム線をこて先に巻いて、こて先の外側から加熱していきます。金属に接する部分を直に加熱するため、熱量が高く、溶着の質が高い点が特徴です。持ち手とこて先の距離が離れていることもあり、万が一のやけどの可能性を軽減してくれます。安全な使い心地は子供の電子工作にも役立ちます。熱量の高さや安全性を重視する方にはニクロムヒータータイプをおすすめします。

セラミックヒータータイプ

ニクロムヒータータイプは外側からの加熱でしたが、セラミックヒータータイプはこて先の内側のヒーターで加熱していきます。内側からの熱がこて先の温度を安定させるため、電気が逃げないようにしっかりとはんだ付けをすることができます。セラミックヒータータイプのはんだごてはこて先と持ち手が近いため、作業する場所を的確に熱しやすい使い心地です。電気が逃げない絶縁性の高さや持ち手による使いやすさは、より細かい電子工作に適しています。作りたいものや修理するものに合わせて、はんだごてのタイプを使い分けてみましょう。

はんだごてを使う際に必要なものを準備しよう

 

View this post on Instagram

 

こないだ断線したのん悔しいからくっ付けたった٩( ‘ω’ )و #はんだごて

Tsuto Chihiroさん(@chihirotsuto)がシェアした投稿 –

はんだごてとはんだ付けしたいものが手元にあったとしても、そのまま作業してはいけません。はんだごては非常に高温であり、扱いには注意が必要です。またはんだ付けをする基盤などは精密機械であるため、しっかりと作業環境や道具を万全な状態することが大切になります。はんだごてを使う際に必要なものをチェックしていきましょう。

こて台

はんだごてを立てたり、一時的に置いたりすることができるスタンドが必要です。こて先は高温であるため、持ったまま他の作業をしたり、床などにそのまま置いたりするととても危険です。こて先を差し込むタイプのこて台は誤って触れてしまうことを防ぐため、子供と一緒に電子工作をするときには欠かせないでしょう。

はんだ

溶着するためにははんだが必要です。固定したい部分にはんだごてではんだを溶かして使います。市販されているはんだは太さの違いや鉛が入っているかなどの素材の違いがあります。0.6mmや0.8mmなどのはんだがあるため、作業したい箇所のスペースの大きさなどによって、太さを選ぶことが大切です。

はんだ吸い取り器・はんだの吸い取り線

はんだ付けは細かい作業であり、少しのミスでも機械の動作に影響がでることも考えられます。はんだごて初心者の方は特に、はんだの溶かしすぎや溶着させる部品の間違いなどがあるため、修正のためにはんだを吸い取ってくれるはんだ吸い取り器があると便利です。細かい箇所の修正にははんだ吸い取り線が活躍します。どのような修正にも対応できるように両方あると安心です。

スポンジ

スポンジはこて台に付属している場合もありますが、ない場合は別に用意しましょう。こて先を汚れとるために活用します。乾いていると汚れを取りにくいため、水を含ませておく必要があります。より精度の高い作業に大切なアイテムであり、家に必ずあるものでもあるため、忘れずに用意しましょう。

あると作業が効率的になるアイテム

電子基盤はデリケートな部品であり、細かい部品も多く付いています。抑えたい時や動かしたい時にピンセットがあると便利です。細かい場所にも触れられ、手で直接触れなくて良いため、安全面でも役立ちます。作業スペースを確保するシートなどもあると整った作業空間で集中してはんだ付けができるでしょう。

【初心者必見】はんだごての使い方

 

View this post on Instagram

 

弟の最近のおもちゃ、てゆーか趣味、はんだごて笑笑 #はんだごて #おもちゃ #弟 #盗撮

かーずーまさん(@pkmn__kz.74)がシェアした投稿 –

はんだごてがどういった工具であるのか、使う際に必要な道具には何があるかを紹介してきました。はんだごてを使う前の知識を身につけたところで、さっそくはんだごての使い方をみていきましょう。初心者の方ははんだ付けの手順をしっかりと覚えておくことをおすすめします。

1.はんだごてを温める

はんだごての電源をコンセントに差し込み、5分ほどこて先を加熱します。5分未満であっても加熱はされていますが、温度が安定しないため、ムラなく作業をするためにはしっかりと加熱することが大切です。またここでこて先の黒ずみがある場合、スポンジを利用して汚れを落としておきましょう。こて先が銀色になっていることが次のステップに進む目印です。

2.はんだ付けをする

はんだ付けをするランドと呼ばれる基盤上の銅色の部分にこて先を数秒押し当てます。こて先とランドの間にはんだを近づけ温めるとはんだが溶け、ランドに流れ込みます。はんだが十分に広がったら、はんだを離します。はんだが冷え、固まるとはんだ付け成功です。ランドは電気を通す部分であり、ランドをはんだが覆っていること、はみ出していないことなどが電子機器の正常な動作につながります。

はんだごてを使う時の注意点を知っておこう

 

View this post on Instagram

 

はんだごての金属の部分持っちまったー(´༎ຶོρ༎ຶོ`) #はんだごて#やけど#夏#月曜日

Kazuhiro Imamuraさん(@kazuhiro_imamura)がシェアした投稿 –

はんだごてを使う時は安全上の注意が必要です。金属を溶かすほどの高温であるため、こて先に触れるとやけどをしてしまうため、はんだ付けをしている時だけでなく、一時的に置いておく時も取り扱いに注意です。はんだごてを使う時にこて台を用意するのが欠かせないでしょう。

また溶けたはんだが飛び散ったり、溶ける時に煙が出たりするため、溶接などで使うメガネやマスクなどで対策をしておくとより安全に作業ができます。手についたはんだを誤って口に触れると薬品が口に入る可能性があります。作業しやすい手袋をするか、手についてしまった場合は洗い流し、むやみに体に触れないようにしましょう。

はんだごてでDIYをしよう

はんだごては基盤のはんだ付けだけでなく、熱を利用して、木製グッズのDIYアレンジにも活用することができます。100均アイテムをおしゃれに可愛くアレンジできるため、金属以外の使い方も要チェックです。

はんだごてでウッドバーニングをしよう

コースターや板などにはんだごてを押し当てることで焼き跡を付けることができます。焼き付けたいイラストなどの下書きを用意し、木製グッズに描くと自分だけのグッズを作ることができ、とてもおしゃれです。木製の食器にも文字やイラストでアクセントを加えることができるので、はんだごてでウッドバーニングに挑戦してみましょう。

レザーバーニングやステンドグラスにもはんだごてが大活躍!

木製グッズに焼き付けるウッドバーニングだけでなく、革に焼き付けるレザーバーニングもはんだごてでできます。ステンドグラスの枠組みを作ったり、金属アクセサリーを作ったりできるなど活用の幅が広くあるのが、はんだごての魅力です。

まとめ

はんだごての使い方や注意点、用意するもの、使用例についての解説いかがでしたでしょうか。使い方はシンプルではんだを溶かし、基盤のランド部分に流し込み溶着させるという方法です。こて台やはんだ吸い取り器などを準備することでより正確に作業ができるため、必要な道具を揃えることも重要です。基盤のはんだづけなどの電子工作だけでなく、ウッドバーニングなどのDIYアレンジにも活用できるため、はんだごての基本の使い方をマスターして、様々な用途に活用してみましょう。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事