ピカール金属磨の最強の使い方、黄ばみ、曇りサビが一瞬で落ちる!?

出典:Amazon

「金属のサビ取りならピカールが一番」
このような事が言われていますし、実際ピカールは非常に優秀な金属用洗剤です。

けれども
・どんな金属に使っていいかわからない
・サビ取り以外に応用できるものはあるの?
という方も多いかと思います。

そこでこの記事では、そんなピカールに関するお悩みを実際に使用している視点からご紹介します。

具体的には、
・そもそもピカールとはなにか
・ピカールの種類
・具体的な使い方
・売っている場所

以上の点を重要なポイントを紹介していきます。自転車のサビ取りなどで、ピカールの購入を検討している方は是非とも参考にしてみてくださいね。

ピカールってなに?

ピカールとは

出典:Amazon

ピカールはそもそもホームセンターなどで、たまに見かけることもあるかもしれませんが、多くの方にとってはそう使わないものではないでしょうか?実際に名前だけは聞いたことあるという方も多いでしょう。

そんなピカールですが、簡単に言えば金属用の研磨剤です。若干異なりますが、グラインダーや紙やすりなどの親戚みたいなものです。昔から金属用の研磨剤として広く知られており、簡単に手に入ることもあって人気の商品です。

くすみや汚れなどもコレ一本ですぐに新品同様にきれいになるため、研磨したいものがある場合は1本は常備しておいて、メンテナンスの時に使うと金属製品は非常に長持ちせてくれるすぐれものなのです。

使用用途

ピカールは大まかに言えば液体型のヤスリです。そのため、主な使い方は金属を研磨してメンテナンスをするのに使用します。例えば、ステンレス製のシンクに使用して曇りをとってピカピカにしたり、自転車なんかにも使用します。

他にも錆取りにも使えるため、チェーンやホイールのサビ取りとして活用する人もいます。けれどもメインは研磨ですのでサビ取りはあくまでおまけと考えておきましょう。金属によって効果も異なります。

基本的には金属に対しては概ね使うことができるので、メンテナンス用として、掃除用として使います。1本備えておくとメンテナンスなどには重宝します。特にバイクや自転車のメンテナンスには欠かせない1品です。

どういった成分?危険性は?

出典:photoAC

ピカールは液体の金属磨き剤です。中身としては3ミクロン以下のとても細かい研磨剤に灯油と乳化剤を混ぜたものです。こうやって聞くと体に悪そうですが、人体に有害というわけではありません。

間違って飲んだりしない限りは基本的に無害です。しかし、やはり臭いは決していいとは言えないため、ゴム手袋や人によってはマスクをしながら、作業したほうがいいかもしれませんね。

手にピカールがついた場合は、しばらく匂いが残ることもあるため作業時には普段着ではなく、作業着でピカールを使うことをおすすめします。しかし、人体には特に影響しないためどなたでも普通に使うことが出来ますよ。

研磨剤の大きさは?

出典:Amazon

研磨剤にはその目の粗さによって、番手と役割が変わってきます。例えば粗目の紙やすりならば削り、目が細かいものならば仕上げと役割は変化します。

代表的なものとして包丁がありますが、包丁を研ぐ場合の砥石ははじめから細かいものではなく、粗目の砥石で刃がかけた時の修正をしたあとに切れ味を調整し、仕上げにより切れ味を高めるようにします。

その時に使う砥石はすべて粒度といって、表面の感触がことなります。粒度は数字が小さいほど荒く、ゴツゴツしています。反対に数字が大きいほど表面が細かく仕上げに適しているのです。

これは研磨剤やヤスリでも同じで、ピカールはどの程度の粒度なのかと言えば3ミクロン程度です。これでは少しわかりにくいですね。ヤスリで言えば4000番付近の粒度です。粒度は細かいほうなので仕上げようとして適しています。

そのため、本格的なサビ取りには向きません。軽いサビ取りなら問題ないのですが、本格的なものになるともっと荒く削る必要が出てくるため、サンドペーパーなどでペーパーがけをまずする必要があります。

反対に表面をキレイにしたいときには有効で、軽く研磨する場合などはペーパーよりもピカールのほうが向いています。

どんな金属でも使えるのか

出典:pixabay

ピカールは日常生活でよく使うようなメジャーな金属にはだいたい使うことが出来ます。
具体的には、以下の金属には問題なく使うことが出来ます。ただし、研磨用のため前述の通りサビ取りがメインではありません。

  • ・真鍮
    ・銅
    ・ステンレス
    ・アルミ
    ・スズ
    ・鉄

銅や真鍮の場合はピカールでも十分に錆取りは出来ますが、その他の金属の場合はペーパーや錆取り用の材料を使うのが無難です。

では、反対に向いていないものはどうなのでしょうか?それは主に以下の通りです

  • ・塗装・コーティング
    ・金銀メッキ
    ・表面加工してあるもの

このような特殊な加工を金属に施している場合には、向いていません。ピカールは研磨剤のため金属を傷つけながら磨いています。そのため、塗装や特殊加工を施している場合などはその加工が研磨によって剥がれてしまうので向いていないのです。

そのため、塗装やメッキしてあるものに関しては一度塗装を剥がして、再塗装の必要があります。テフロン加工しているフライパンなども基本的にはピカールで磨くことは出来ません。

プラスチックにも使えるのか

 

 

View this post on Instagram

 

アルト ワークス 完成! こだわりのカーコーティングなら POLISHGARAGEまで、お気軽にお問い合わせ下さい。 株式会社クリンテックサービス 【屋号】POLISH GARAGE 経営理念:物を大切にすることで生まれる笑顔と感動を提供し続けます。 【行動指針】 一つ、お客様からたくさんの”ありがとう”をもらえる企業を目指します。 一つ、素直な心と仲間を大切に誇りを持てれる企業を目指します。 一つ、高い技術力と思いやりを通じてカーオーナー様に感動と安心を提供する企業を目指します。 現在、問い合わせNO,1 CeramicPro 9H 【セラミックプロ9H】 驚きの硬度をご覧ください。【動画↓】 https://www.youtube.com/watch?v=UJbWw_9vrPs レザーコーティング柔 YAWARA 最新性能動画⬇︎【ブガッティ】 https://www.youtube.com/watch?v=kSKol3BhJOE 【PPF】 Yes!PPFグループ プレカット作成 【動画】 https://www.facebook.com/…/vb.23116635694…/909256339131764/… POLISHGARAGE 名西店 【ポリッシュガレージ 名西店】 名古屋市西区香呑町2-81 052-523-7155 POLISHGARAGE 名東店 【ポリッシュガレージ 名東店】 名古屋市守山区薮田町816 052-799-2888 ポリッシュガレージ HP:http://polishgarage.com/ Email:info@polishgarage.com フリーダイヤル 0800-111-7155 名西店 Tel/052-523-7155 Fax/052-529-3013 名東店 Tel/Fax 052-799-2888 【コーティング相談・web予約専用】 https://airrsv.net/polishgaragewest/calendar #ポリッシュガレージ #polishgarage #コーティング #車磨き

POLISH GARAGEさん(@polishgarage2011)がシェアした投稿 –

ピカールは金属専用のため、プラスチックは対象外ですが一応使えます。具体的には凹凸の無いものや平面上のものには使うことが出来ます。車のヘッドライトに使用するケースが一番多い傾向があります。

プラスチックの場合は、ピカールで磨いてからコンパウンドで仕上げるとよりキレイに仕上がります。

ガラスにも使えるのか

出典:pixabay

ピカールでは、ガラスはNGです。通常のピカールの場合は金銀、ガラスは余計に傷をつけてしまうため逆効果になります。絶対に止めましょう。ガラスを磨く場合は専用の研磨剤を購入するかピカールにもガラス専用があるため、そちらの購入をおすすめします。

PiKAL ガラスクリーナー
PiKAL ガラスクリーナー

サイズ:126×63×63㎜
内容量:360g

ピカールは3種類あります

液状、クリーム状、練り状の3種類

ピカールの形状は主に3種類あり、それぞれ特徴や向いているものが若干異なります。液状型、クリーム状、練り状の3種類があるため、用途に合わせた使い方をすると効果を発揮します。

液状タイプの特徴

出典:Amazon

ピカール 金属磨き
ピカール 金属磨き

サイズ:6.3×6.3×12.6cm / 内容量:300g
けんま材20% 脂肪酸、有機溶剤

最も一般的なピカールと言えばボトルタイプのピカールです。こちらは液体になっており、比較的広範囲で売っているため非常に手に入りやすいです。用途としては金属の食器やアルミ、ステンレス磨きなど金属磨き全般に使えます。

仕上げや艶出しに用いるのが一般的なため、軽いサビ以外の錆落としとしては不向きです。使う際はウエスに少しだけ付けてこすればOKです。終わったら別の布で拭き上げて完了です。ガラス用ピカールもこの液体型です。

クリーム状タイプの特徴

出典:Amazon

ピカールケアー 150G
ピカールケアー 150G

商品サイズ (幅×奥行×高さ) :19.4cm×4.2cm×5cm
内容量:150G

磨前に汚れ落とし、錆落としに使うことが多いです。液体のピカールでは使いづらいヶ所には効果的です。

練り状タイプの特徴

出典:Amazon

ピカールネリ 250G
ピカールネリ 250G

商品サイズ (幅×奥行×高さ) :10.1cm×7cm×5.1cm
内容量:250G

練り状タイプの場合はピカール液やクリーム状でも落ちないような、頑固なサビや汚れ落としに適しているため、その際に使います。使い方は同じように少しだけ取って磨くということで共通しています。

しかし、粒度が粗いので仕上げとして使ってしまうと金属が傷だらけになってしまいます。そのため、汚れ落としとして使い、クリーム状で磨き、液状タイプで仕上げるという流れが落ちづらいサビに対しては有効です。

3種類+類似商品との比較(+比較表)

比較項目 ピカール ピカピカン
価格 500~1,000円 900~1,000円
特徴 液体、クリーム、練り状 コットン
容量 150~500g 90g
においの有無 あり なし
向いている金属 金銀メッキ以外 金銀メッキ以外

ピカールの類似品としては、アサヒペンから発売されている「ピカピカン」という商品があります。こちらも仕上げ用の研磨剤でピカールとの違いは研磨剤を染み込ませた綿が入っていることです。

そのため、細かいところには使いやすい反面ですぐに汚れたり量を使えるわけではないです。しっかりと磨きたい場合はピカールを使い、軽く拭き取るように磨く場合にはピカピカンをおすすめします。

小物にはピカピカンを利用、少し大きいものにはピカールなど使い分けて使用するといい感じにピカピカに磨くことが出来ますよ。

比較表に入れる項目は、価格、特徴、容量、においの有無、向いている金属

ピカールの使い方

ピカールの使い方自体は、そこまで難しいものではありません。けれどもキレイになるまでは汚れ具合や金属にもよるので数分から数時間かかる場合もあります。汚れやサビはあらかじめ落としておくのが基本です。

用意するもの

ピカール 金属磨き
ピカール 金属磨き

サイズ:6.3×6.3×12.6cm / 内容量:300g
けんま材20% 脂肪酸、有機溶剤
マイクロファイバークロス
マイクロファイバークロス

バイク・自転車の清掃・メンテ整備・パーツ磨き、洗車のスポンジ代わりとして、
車のボディ・ガラスコーティング・内装用クロスとして

まずは必要最低限用意するものとしては、ピカール本体にウエスがあります。この2つがあれば基本的には磨くことが出来ます。ウエスはできればピカール用と吹上用で2枚あると便利です。

また、新品を買わなくても、家にある使わない古いタオルなどを再利用することで代用もかのうですよ。あくまでもピカールをつけるためのタオルが必要なだけなので、基本的に布ならOKです。

あると便利なものとしては、ポリッシャーに耐水ペーパー、マスキングテープ、コンパウンドなどがあると様々な用途に応用できます。ただし、金属を磨くのにはピカールとウエスがあれば十分です。

金属の磨き方


ピカールの基本的な使い方として、金属の製品に対してはピカールをウエスに少しだけ付けてこすります。なお、汚れやサビなどがある場合には先に水やペーパーなどで洗い流した後に磨かないとピカールの効果は十分に発揮されません。

ステンレス製のシンクや蛇口、アルミ生のフレームやホイールなどはピカールで十分にこすればキレイになります。しかし、ガラスは別物なので専用のピカールを使うことが必要なので注意しましょう。

また、タイヤのホールなどはピカールで磨くことも可能ではありますが、タイヤの場合は手間もかかりますし、専用のものもありますのでピカール以外で磨くという選択も可能です。また、サビの進行を遅らせるためにもワックスで仕上げると錆びにくくなります。

プラスチックの磨き方


プラスチックの場合はピカールでも一応代用は可能です。ただ、欲を言えばプラスチック用の研磨剤を使用することをおすすめします。代用は可能ですが、キレイに仕上げるにはどうしてもプラスチックようのコンパウンドが必要になります。

金属用とは粒度が異なるので、傷などがピカールだけだと目立つことがあります。最終仕上げ用として1本持っておくといいかもしれません。

ピカールでプラスチックを磨く場合は、まずついている汚れを水でキレイに洗い流します。この工程をしないと汚れが余計に目立ちます。その後、必要に応じてマスキングなどを行いましょう。

手に取れるサイズのプラスチックならば問題はありません。しかし、車のヘッドライトなどは、ピカールで磨く際に車のバンパーにあたってしまうと塗装を剥がしてしまいます。そうなったら悲惨です。

塗装のやり直しが発生してしまうため、まずは塗装を剥がさないようにマスキングをしましょう。マスキングが完了したらピカールをウエスに付けてゴシゴシ擦ります。この時にヘッドライトなどの場合はポリッシャーを使うと全体に磨けます。

最後にプラスチック用のコンパウンドで磨いてから拭き上げて終了です。ヘッドライト等の場合は最後にコーティングも忘れずにしましょう。あくまでも磨いただけなので時間経過と共にまた汚れてきます。

プラスチックの場合は専用の道具や材料を用意しておくのが最も無難です。

注意点

注意点としては、ガラス、金属、プラスチック共通として汚れやサビは確実に落としてから磨いてください。何度も言っていますが、ピカールはサビ取りにはそこまで向いていません。簡単なサビぐらいにしか効果はありませんので注意です。

サビ取りの場合は防水ペーパーなどで、まずはあら目に磨いてからピカールを使いましょう。そうすることでピカールの真価を発揮できます。

メッキ、塗装、金銀製品には使わないようにしてください。これは前述の通り、剥がれてしまうためです。ピカールでこれらの製品を磨いてしまうと再度メッキや塗装のやり直しになっていましい大損です。

特に銀製品の場合は専用のピカールも販売されていますので、そちらを利用してください。メッキには使わず、塗装の場合は塗装を落としてからピカールで磨くか、塗装部分にマスキングをしたあとに他の場所を磨くようにするときれいに磨けます。

ピカールは洗剤のような見た目をしていますが、中身には灯油や乳化剤などが含まれています。服などについた場合は臭いも汚れも中々落ちません。染み込んでまず落ちないとみていいでしょう。

また、ウエスで磨いているとどうしてもウエスや手が真っ黒になることもあります。そのため、作業着か捨ててもいい服装を着用して、軍手や手袋などをつけてから磨くことをおすすめします。

どこに売っているのか

出典:pixabay

意外と身近のお店で買えます!

基本的にピカールはどこでも売っています。特に液体タイプの場合はホームセンターやドンキホーテなどでも購入できます。ホームセンターの場合はコンパウンドやウエスなどの周辺材料も売っているため、そちらのほうがいいでしょう。

クリームタイプと練り状タイプの場合は、もしかしたらホームセンターにもない場合がありますので、アマゾンで買うと確実です。工具などもアマゾンで購入すれば確実に手に入ります。

ピカールだけならホームセンターだけでも十分です。ウエスは家の奥に眠っている古いタオルなどを取り出せばOKです。なければ、ウエスも一緒に購入すればもう準備完了です。あとはウエスにつけて磨くだけです。

徐々に金属がキレイになっていくのは非常に楽しいですよ。

値段はどれくらいなのか

値段はそこまで高くありません。通常の液体タイプ300gの価格は400円ー900円程度です。金属をたまに磨く程度ならばコレぐらいあれば十分です。

クリーム状のピカールケアは150gで、400円-600円程度、練り状も同様です、ちなみに類似品のピカピカンは900円-1,000円程度の価格帯となっています。ウエスを一緒に購入しても1,000円行くか行かないか程度です。

周辺材料を一式揃えても2,000円程度で揃えられるでしょう。ピカールは開封後1年程度で使い切り交換することが望ましいと言われています。しかし、特に期限などは記載されていないため長く使っても大丈夫です。

頻繁に磨く方は定期的な購入をおすすめします。

まとめ

ピカールの概要から磨き方など総合的にご紹介しました。大切なのはピカールはサビ取りではなく、研磨剤というところです。あくまで磨くものであり、サビを落とす場合は別のものを使う必要があります。

その分金属には万能な効果を発揮します。日常的に磨く場合にはこの1本があれば、全て片が付きます。それだけ優秀な研磨剤なのです。

値段もウエスと合わせても1,000円もしないため、1本買っておいて大掃除のときなどにステンレスの蛇口やシンクなどを磨いてみるというのもいいかもしれませんね。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事