ワークマンの最強&おすすめ防寒着!イージス・レディースなど人気アイテムご紹介

引用:unsplash

防寒着は、真冬の寒さを乗り切るために欠かせないアイテムです。防寒性・防風性・防水性・透湿性など高機能な素材を使用し、ポケット・袖口や裾の調節ベルト・すっぽりと頭全体を覆うフードなど、寒さを防ぐ工夫が随所に凝らされています。防寒着はいろいろな種類があるので何がいいのか迷ってしまう……という人に向け、防寒着の特徴やメリット、人気のワークマンの最強アイテムなどをご紹介しましょう。自分にぴったりの1枚を見つけてくださいね!

防寒着の重要性を確認しよう

引用:unsplash

「防寒着」にはどのような重要性やメリットがあるのでしょうか?ご紹介しましょう。

寒い冬のお出かけもへっちゃら!

「防寒着」は真冬の過酷な環境でも耐えられるように作られています。素材・縫製・パターン・加工・細かいディティールにいたるまで、「いかに寒さを防ぎ、快適に過ごすことができるか」を考えて作られているのです。

ひとくちに防寒着といっても、「軽防寒」から「重防寒」まで、防寒の度合いは異なります。そして、最近ではより快適な着心地やオシャレなデザインにもこだわった製品も数多く展開されているのです。1つ持っていれば、どんなに寒い日でも「へっちゃら!」な気分で出かけられます。

外の作業も快適にできる

最近の防寒着は、単純に「寒さを防ぐ」だけではありません。防水性が高い素材を使用しているものも多くなりました。防水効果のある素材や防水加工をほどこしているものなら、外出先で突然雨や雪に降られても大丈夫です。屋外での作業も、体が濡れて冷えることなく快適に行えるでしょう。

寒い倉庫での作業にも最適

防寒着は、厳冬期の外での作業・仕事・遊び・スポーツなどに大活躍するアイテムです。さらに、屋内でも活躍してくれます。暖房設備のない倉庫での作業、外よりも気温の低い冷蔵庫や冷凍庫内の作業時には欠かせません。また、防寒着を持っていれば、突然の災害時にも毛布代わりになり身体を冷えから防いでくれます。

アウトドアにも防寒着が便利

防寒着は、仕事や作業だけではなく、アウトドアにも欠かせないアイテムです。水で濡れることもある真冬の釣りや、じっと座っていなければならないスポーツ観戦などには最適でしょう。もちろん、自転車やバイクに乗るときにも重宝します。また、冬のキャンプにも防寒着は欠かせないアイテム!食事やコーヒーを楽しむ時間には身体を包み込んで暖めてくれます。

頼れる防寒着の選び方を知ろう

引用:unsplash

「防寒着」は、作業用・アウトドア用・スポーツ用・タウン用などさまざまなタイプがあります。そして、それぞれ、いろいろな種類があるので、いざ買おうと思うと迷ってしまうものです。そこで、ここでは、作業用・アウトドア用の防寒着を選ぶときのポイントをご紹介しましょう。

暖かさを重視する

当たり前のことですが、防寒着を選ぶときは、何よりも「暖かい」ことを重視しましょう。タウン用の防寒着はウール・ニット・ファーなども使いますが、作業用・アウトドア用の防寒着は、軽量で丈夫なナイロンやポリエステルなどが主流です。また、表地と裏地の間に中綿を挟んで空気の隙間を作り、保温性を高めた中綿加工やダウン加工を施したものもあります。

さらに、防寒着は裏地もチェックすることが大切!フリース地・ボア・裏起毛・アルミ裏地などは、体温を逃がさず蓄熱して服の中の暖かさを保ってくれるのです。

防水性・透湿性で選ぶ

寒い屋外で動き回るような作業をする人の場合は、防寒性だけではなく防水性・透湿性も重視しましょう。屋外で突然の雨や雪に見舞われ濡れてしまったり、作業中に水がかかる可能性もあったりする場合は、防水加工をほどこしている防寒着を選んでください。

さらに動き回って汗をかく作業が多い人は、「透湿性」のある素材であることも大切です。汗をかいたときに、その熱気や水分を外に排出してくれないと、防寒着の内側が冷えてしまいます。

動きやすさで選ぶ

体を激しく動かす作業をする人は、「動きやすさ」も重視したいものです。しゃがむ・かがむ・立つ・両手を上げ下げするなど、始終動く場合は、上下左右の四方向にストレッチ性がある防寒着だと快適に体を動かせます。

価格で選ぶ

有名な海外ブランドの防寒着などは、高機能素材を使用し縫製、副資材(ボタンやファスナーなど)にもこだわっているため高価です。けれども、機能性の高さはそのままに、リーズナブルな価格の防寒着を提供しているブランドも増えています。仕事や作業できる防寒着はできるだけコストパフォーマンスがいいほうがうれしいですよね。デザインやカラーのバリエーションも豊富なのもうれしいところです。

 

View this post on Instagram

 

komaさん(@komacyg)がシェアした投稿

ワークマンの防寒着のここがすごい!

 

View this post on Instagram

 

タクトさん(@takufang)がシェアした投稿


最近、注目を集めている「ワークマン」の防寒着。入荷してもすぐに売り切れてしまうほどの人気の高さを探ってみました。

リーズナブルな価格

ワークマンの最大の魅力は、圧倒的なリーズナブルさにあります。たとえば、ワークマンのプライベードブランドの1つ「イージス」の透湿防水防寒スーツは、アウターとボトムがセットで6,800円。「価格が安いのにしっかり暖かい」とバイカーの間で大ヒットしたアイテムです。通常のバイクショップでは20,000円〜50,000円ほどもする防寒スーツが半額以下の値段で買えるとあって、SNSでも大反響を呼びました。

圧倒的な防寒性能

ワークマンで人気の防寒着は、高い保温性があるだけではなく、耐水性や透湿性にも優れた素材を用いています。また、フロントのファスナー部分や袖口、裾など、雨・雪・風を防ぐためのさまざまな工夫がほどこされているのも特徴です。

用途に合わせた防寒着が揃っている

ワークマンの防寒着は、とにかく種類が豊富!ショート丈の軽防寒着からミドル丈のコートタイプ、上下スーツやつなぎなどいろいろなアイテムを展開しています。そのため、作業用としてはもちろんのこと、バイク用・アウトドア用・釣りなどのスポーツ用ほか、自分が着用したいシーンに合わせたアイテムを選べるのも魅力でしょう。

スポーティーなデザイン

作業着というと、昔はおしゃれとはほど遠い存在というイメージがありました。ところが、それを大きくくつがえしたのがワークマンです。会社で「スタイリッシュ宣言」をし、2017年にプライベートブランドを立ち上げ、オシャレにこだわった作業服や防寒服を展開しています。そのため、作業現場以外でも、タウン・アウトド・スポーツシーンで着用できるデザイン性が高いアイテムが多いのです。

 

View this post on Instagram

 

ワークマンプラス立川立飛店さん(@workmanplus)がシェアした投稿


さて、次のページでは、ワークマンの最強防寒着とほかのブランドの人気防寒着をご紹介しましょう!

1 2

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事