初心者もOK!業界のパイオニア「DJI」のドローン比較!おすすめ6選

引用:pixabay

ドローン業界のトップを走る「DJI」というメーカーをご存じですか? 最近のドローンは、初心者向けのものからプロ仕様のものまで、はば広い種類のモデルがそろっています。そして、ドローンはいろいろなメーカーから発売されていますが、「DJI」は世界中のドローンユーザーから支持されているメーカーなのです。そこで本記事では、DJIの魅力や、初心者でも操縦できるおすすめの機種をご紹介しましょう。

ドローン業界でトップシェアを誇る「DJI」とは?

引用:/pixabay

「DJI」は、どのようなメーカーなのでしょうか?その魅力をご紹介します。

ドローン業界でトップシェアを誇る「DJI」とは?

引用:unsplash

「DJI(ディー・ジェイ・アイ)」は、2006年に設立された、民生用ドローン(マルチコプター)およびその関連機器の製造会社です。本社は、「中国のシリコンバレー」と呼ばれている広東省深圳市にあります。

DJI は、2009年に自社初の製品となる「XP3.1フライトコントローラーシステム」をリリース、2012年にDJIの代名詞「Phantom」シリーズの第一弾を発売しました。日本では、2014年発売の「Phantom2」が爆発的ヒットとなり、その名を知られることとなったのです。

DJI は、2016年に日本初となる正式販売店を新宿にオープンしています。現在では、日本・米国・ドイツ・北京・上海・香港まで拠点を拡大し、民生用ドローン市場では「世界シェア7割」を誇っているメーカーへと成長したのです。

米国史上最大のドローンの緊急出動で活動に協力

引用:unsplash

2018年11月、カリフォルニア州過去最悪の山火事となった「キャンプ・ファイア」では、米国史上最大のドローン緊急出動を行う事態となり、DJIのドローンが使用されました。

同社の公共安全対応部門ディレクターによると、「マルチローターによる作図」としては、人類史上最大規模だったそうです。現場では、消防ヘリが高度150mで飛んでいるために、DJIのドローンは高度約90mに保たなければならず「神経がすり減る思い」だったとか。
また、DJIは、最近「行方不明者の捜索に、当社の最新鋭ドローン『Mavec Enterprise』が使える!」とPRしています。

「DJI」のドローンを使った空撮映像を見てみよう!

引用:pixabay

DJIは、世界最大規模の空撮写真・映像コミュニティサイト「SkyPixel(スカイピクセル)」を運営しています。さらに、空撮映像コンテストを開催し、定期的にプロの写真家・映像作家・空撮ファンなど広く作品を募集しているのです。
「SkyPixel」では、大自然・都市・スポーツシーンなど、壮大で美しい写真や動画を見ることができます!

SkyPixel↓
https://www.skypixel.com/

「DJI」ではどんな製品を作っているの?

引用:unsplash

DJIの製品や人気のドローンには、どのようなものがあるのかご紹介しましょう。

「DJI」の代表的な製品

引用:dji

DJIでは、主に、以下の製品を展開しています。

【一般向け製品】:折り畳みできる・コンパクト・多機能など、さまざまな特徴を持つドローンシリーズと、送信機などのアクセサリー類など

【プロ向け製品】:プロ映像制作者用のドローンや搭載型カメラ類・撮影をサポートするアクセサリー類など

【産業用製品】:業務効率化をサポートするドローンや搭載ツール、ソフトウエア、アクセサリー類など

「DJI」で 人気No.1!一般向けのドローンシリーズ

DJIの『一般向け ドローンシリーズ』をご紹介しましょう。

【MAVIC シリーズ】

引用:dji

「MAVIC シリーズ」は、コンパクトに折りたため携帯も楽にできるボディ・4K撮影・手頃な価格が特徴です。操作する際には、「DJI GO 4」というアプリをスマートフォンやタブレットにダウンロードしてください。ドローンに搭載しているカメラ映像が写り、操縦の設定もできます。「DJI GO 4」は、DJIのダウンロードセンターでダウンロードできます。

DJIダウンロードセンター↓
https://www.dji.com/jp/downloads/djiapp/dji-go-4

● MAVIC PRO:
ドローンブームの火付け役となった「DJIの名作」で、最初に発売されたベーシックモデルです。安定した飛行と4K撮影が可能で、一般人からプロカメラマンまではば広いユーザーに愛用されています。

● MAVIC2 PRO:
商業広告などに使われる高級中判カメラとして有名な、「Hasselblad(ハッセルブラッド社)」製のカメラを搭載、超高画質の映像撮影が可能になりました。

● MAVIC2 ZOOM:
24〜28mm光学ズームカメラでフレキシブルなズーム撮影ができます。MAVIC2 PROとは、機体自体は同じでカメラが違うだけです。

● MAVICAir:
折り畳むと手のひらサイズになるコンパクトさが特徴です。3軸ジンバル(※)が本体に格納された、DJI史上最も優れた携帯性を誇るドローンで、抜群に安定性のある撮影が楽しめます。

※ドローンの機体が傾いても、カメラを水平に保つ仕組みの部分。2軸ジンバルは、2方向の揺れを感知、3軸は3方向の揺れを感知する

● MAVIC PRO PLATINUM:
洗練された流線型のフォルムが特徴で、従来品と比べると飛行時間は30分伸び、飛行ノイズも60%制御。DIJ史上最高レベルのドローンです。

【SPARK シリーズ】

引用:unsplash引用:unsplash

手のひらサイズの小さなボディながらも、便利な機能が満載の「SPARK シリーズ」。携帯性に優れ、障害物検知・パーム離陸・ジェスチャーコントロール・編集&シェアなど、多彩な機能が魅力です。背面のボタンを押すと、カメラがユーザーの顔を認識し、手のひらから離陸します。そして、SPARKに手をかざすことで直感的に制御できるのも特徴です。スマートフォンも送信機も使わずに撮影できるため気軽に使えます。

【PHANTOMシリーズ】

引用:pixabay

「PHANTOM シリーズ」は、プロ級の空撮が可能なフラッグシップモデルで、最新機は「PHANTOM 4」となっています。最初のモデルからコンセプトは大きく変わっていませんが、最新モデルは洗練されたデザインに進化しているのが特徴です。「PHANTOM4 PRO V2.0」「PHANTOM4 ADVANCED」「PHANTOM3 SE」(日本未発売)があり、操縦する際には専用の送信機を使用します。(PHANTOMシリーズは、現在生産を終了しています)

「DJI」のドローンを選ぶポイント


DJIのドローンは、いろいろな種類があるので、初心者は何を選んでいいのか迷ってしまいますよね。自分の目的にあった製品選びのポイントをご紹介しましょう! 参考にしてみてくださいね。

😊多機能かつリーズナブルで、持ち運びが楽なものがいい!

おすすめDJIドローン【MAVIC Air】

引用:dji引用:unsplash

ハイスペックながらも、ほかの機種と比較するとリーズナブルです。また、機体が揺れても写真や動画がぶれない・なめらかな映像が撮影できる・スローモーションが可能など、初心者でも空撮を楽しむことができます。折りたためば、スマートフォンほどのサイズになり、旅先など気軽に持ち運びできるのも魅力でしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nebula Momentsさん(@nebulamoments)がシェアした投稿

😊どうせ買うなら長く使いたいから高性能のものがいい!

おすすめDJIドローン【MAVIC2 Pro】

引用:dji

「プロ」の名前が付いているものの、一般ユーザー向けに作られています。最新モデルは、旧モデルよりもバージョンアップし、1080pの動画を最大5kmの距離で伝送できるようになりました。ドローンを遠くに飛ばしても、大きく遅れることなく、撮影した映像を手元のスマートフォンで見ることが可能です。「映画のように美しい映像が撮影できるドローンがいい!」という人にはぴったりでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

teOChnologistさん(@teochnologist)がシェアした投稿

😊操作が簡単で、旅行に持ち歩きできる軽くてコンパクトなものがいい!

おすすめDJIドローン【SPARK】

引用:dji

SPARKは、機体が軽く手のひらサイズのコンパクトさが魅力です。アウトドアはもちろん、海外旅行などにも気軽に持ち歩きできます。操作も簡単なために、初心者でも問題なく使いこなせるでしょう。「皆でBBQをやっている風景を撮影したい」など、手軽に空撮を楽しみたい人におすすめです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Naoki importadosさん(@naokiimportados)がシェアした投稿

😊ズーム撮影を楽しんでみたい!

おすすめDJIドローン【MAVIC2 Zoom】

引用:dji

基本は、MAVIC2 Proと変わりませんが、こちらは光学2倍ズームレンズを搭載し、デジタルズームと合わせると最大4倍までズームすることが可能です。広角・中望遠写真撮影や超高解像度写真の撮影が可能で、繊細な画像が楽しめます。ズーム撮影を楽しみたい人におすすめの機種です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

さん(@news.drone)がシェアした投稿

😊飛行時の安定性やカメラ性能に優れているものがいい!

おすすめDJIドローン【PHANTOM】
引用:dji

PHANTOMは、飛行時の安全・安定性やカメラの性能が優れています。「DJIといえばPHANTOM!」といわれるほどの人気シリーズで、最新の「PHANTOM 4」は、赤外線センサーによる障害物の探知もできます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

DJIさん(@djiphantom)がシェアした投稿

😊まずは、ドローンというもので遊んでみたい!

引用:unsplash

初めてだし、とりあえずドローンってどんなものなのか、遊んでみたい! という人におすすめなのが「トイドローン」(※)です。高画質な映像撮影よりも、小型・軽量・リーズナブルさを重視したい人に向いています。まだ、ドローンに触ったことがない初心者にも向いているでしょう。そんな人に人気があるのが「TELLO」です。RYZE社の製品ですが、DJIが技術協力をしています。

※トイドローン:厳密に定義はないが、一般的には1〜3万円前後の値段で手軽に使えるタイプのドローンを指す

 

この投稿をInstagramで見る

 

DRONENERDSさん(@dronenerds)がシェアした投稿

アマゾンでも買える!「DJI」のドローン

アマゾンで購入できるDJIのドローンには、以下のようなものがあります。

【国内正規品】DJI Mavic 2 Pro
【国内正規品】DJI Mavic 2 Pro

離陸重量/907g
機体サイズ(たたんだ状態)/L214×W91×H84mm
機体サイズ(たたんでいない状態)/L322×W242×H84mm
いらない工具・建機を売るなら工具男子!
<br />
【国内正規品】DJI ドローン Mavic Pro Platinum Fly More コンボ

【国内正規品】DJI ドローン Mavic Pro Platinum Fly More コンボ

いらない工具・建機を売るなら工具男子!
【国内正規品】DJI Spark Fly More コンボ(アルペンホワイト)
【国内正規品】DJI Spark Fly More コンボ(アルペンホワイト)

機体重量 300g
いらない工具・建機を売るなら工具男子!
【国内正規品】DJI Mavic 2 Zoom
【国内正規品】DJI Mavic 2 Zoom

離陸重量/905g
機体サイズ(たたんだ状態)/L214×W91×H84mm
機体サイズ(たたんでいない状態)/L322×W242×H84mm
いらない工具・建機を売るなら工具男子!
【国内正規品】 Ryze トイドローン Tello Powered by DJI
【国内正規品】 Ryze トイドローン Tello Powered by DJI

商品の寸法 :9.2 x 9.8 x 4.1 cm
商品重量 :81.6g
いらない工具・建機を売るなら工具男子!
【国内正規品】DJI ドローン Mavic Air
【国内正規品】DJI ドローン Mavic Air

オニキスブラック
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

初心者が知っておきたいドローンのマナーなど

ドローンを使う前に初心者が知っておきたいマナーやルールなどをご紹介しましょう。

航空法に定められているドローンの飛行NG区域

【200g以上のドローン】

● 人口密集地の上空
● 空港などの周辺上空
● 上空150m以上の高さの空域

いずれも、安全性を確保し、許可を受けたら飛行可能です。

【200g未満のドローン】
航空法の適用外なので、どこでも飛ばすことが可能ですが、私有地・公園などは管理者の許可が必要になります。

飛行禁止区域以外で飛ばすために許可・承認が必要になるとき

● 目視外飛行
● 夜間飛行
● イベント会場付近や上空の飛行
● 建物や人物の30m未満の飛行
● 危険物の飛行
● 物の投下

上記のようなときにドローンを飛ばすときには、申請・許可が必要です。申請については、こちらをごらんください。
https://www.dips.mlit.go.jp/portal/

皆が楽しんでいるDJIのドローン!


DJIのドローンを楽しんでいる皆さんの様子を覗いてみましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

aisyoさん(@aisyo.video)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

山本純一さん(@junichi_yamamoto1)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

堀内 千帆༄☺︎ココロ美アドバイザー❤︎さん(@chiho.horiuchi)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

DJI JAPANさん(@dji_japan)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

DJI JAPANさん(@dji_japan)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

DJI JAPANさん(@dji_japan)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

DJI JAPANさん(@dji_japan)がシェアした投稿

DJIのドローンで世界を広げよう!

「DJI」のドローンは、簡単に楽しめるモデルや、プロ並みの動画撮影などを楽しめるモデルなど、いろいろな種類があります。それによって価格も異なるので、「どんな遊び方をしたいのか」をはっきり決めてから選んだほうがいいでしょう。機械操作が得意だったり何度かドローンを操作したりしている人は、最初から性能の高いものを選んでもいいと思います。全く初めての人は、まずは操作が簡単でリーズナブルなものからスタートするのがいいでしょう。じっくり比較検討してみてくださいね。

また、もしドローンを使わなくなったり買い替えをしたりするようなら、ぜひドローン買取専門店「ドローンレンジャー」をご利用ください。ご不要になったドローンを高く買取します!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事