電動工具トリマー

引用:Youtube by カズチャンネル/Kazu Channel

記事更新日:

おすすめ電動工具トリマーを厳選!DIYでの使い方・選び方やルーターとの違い、人気メーカー・マキタなど

広告

工具の先端にビットという刃物を取り付けて、木材などに溝加工が施せる工具をトリマーと言います。

刃物を変えればいろいろな溝加工ができますが、主な用途は面取り、溝掘りです。ビットには数種類の形があり、掘りたい形状に可能できる便利な電動工具です。

ルーターと同じような機能を有していますが、実は全くの別物。トリマーは鉛筆のようにもって使う電動工具で、ルーターの能力を抑えて小型化したものです。片手で手軽に加工ができることから、近年DIY工具としても人気が上がってきています。

今回はこのトリマーに焦点を当てて基本的な使い方から用途、選び方、さらにはルーターとの違いまで解説します。

またおすすめのトリマーメーカーから商品をいくつか紹介していますので、お買い物の前にチェックしてみてください。

そもそも電動工具のトリマーとは何か?基本的なトリマーの概要について

電動工具のトリマーとは何か? 引用:Youtube by cainz corporation

先端のビットを取り替えることで、溝加工や面取りができる工具のことを指します。

ノミやカンナでも溝を掘ったり面取りをすることは可能ですが、均一に作業をするには長年の経験を積まないと難しい作業です。

そんな面倒な作業を電動トリマーは楽々こなしてくれます。

電動工具のトリマーの基本的な使い方は?

電動工具のトリマーの基本的な使い方は? 引用:Youtube by zuiun1943

トリマーで切削する操作は、付けるビットやガイドの種類でかなり違ってきます。簡単ですがビット交換から調整方法まで解説します。

ビット交換

ビットを交換する時は、必ず電源を抜いて行ってください。不意な事故を防ぐためです。

そしてビットの交換は購入時に、専用のレンチがついてきます。

そのレンチを使い、チャックにビットを差し込みます。この時、底に当たるように取り付けてください。中途半端に取り付けると使用中に外れて大変危険です。

差し込んだらレンチで締めます。この時もしっかりと締めてください。

切削深さの調整

トリマーのベースからどれだけ刃を出して削るかを調整できます。

機械によって操作方法は違うのですが、どの機械でもベース側を緩めて突き出しを調整可能です。

ベース位置には目盛りが付いている場合が多いので、それを目安に突き出し量を決めてください。

突き出し量が決まったらベースを固定します。この時もしっかりと固定するようにしてください。

木にあてて試し掘りする

突き出し量が決まったら試しに掘ってみましょう。木をしっかりと固定して、トリマーをゆっくりと乗せるように当てます。

一度外して任意の量に掘れているか確認して、作業を進めて行ってください。最初は少しづつ、慌てないように作業するときれいに仕上がります。

回転工具なので、安全作業を第一に楽しんでくださいね!

電動工具のトリマーはどんな時に使うの?

トリマーは面取り工具です。木材に溝を掘ったり、飾りの面取りをしたりと多岐に渡ります。

そしてトリマーは、ビットという刃物が付いて初めて仕事が可能です。

刃物の使える種類は使用するトリマーによりますが、基本的に溝掘り用のビットと面取り用のビットがあります。

いくつも揃えておくと飾り気のない木材に溝を掘ってデザインできるので面白いですよ。

ただ、回転工具なので木材に切り込む際は結構な衝撃があります。安全を確保した上で作業してくださいね。

電動工具のトリマーの選び方は?

トリマーの選び方のコツは、目的用途に合わせて選ぶ事です。どの電動工具にも言えるのですが、ホームセンターに行くとプロ用とDIY用と別けられています。

DIY用途で軽く使うのであればプロ用のは高価だし、機能も沢山付いている物もありますが、それら全てを使いこなすのには経験が必要ですね。

逆にDIY用のトリマーは必要最低限の機能がついていて、誰でも安全に使いやすく作られています。片手で操作できるものもあるので、手にとって選んでみてください。

トリマーにはビットという刃物を取り付けて使います。このビットの種類も価格の安いトリマーだと数種類しか使えないトリマーもあり注意が必要です。

選定の際にはこの工具がそれだけ使えるのかも気にして選ばれるといいです。

また、刃物を回して切削する工具になります。きちんとした安全装置の付いている工具を選ばないと、思わぬ事故に繋がります。

おすすめの電動トリマーを3点ご紹介!信頼ある3メーカーのトリマー!


引用:Instagram by electrictoolboy2017
やはり日本の電気工具メーカー大手3社のトリマーが使いやすい、と口コミにありました。

工具のブランドメーカー大手だけに信頼性は抜群。

アフターフォローも全国のホームセンターで受けられるので安心ですね!

マキタ トリマー6mm 3709
マキタ トリマー6mm 3709
チャック孔径(mm):6
回転数(min-1)[回転/分]:30,000
電源(V):単相100
電流(A):5.3
消費電力(W):500
質量(kg):1.5
コード(m):2.5
日立工機 トリマー 軸径6mm 45゜傾斜可能 スピンドルロック付 M6SB
日立工機 トリマー 軸径6mm 45゜傾斜可能 スピンドルロック付 M6SB
付属品:ストレートビット(超硬6×6mm)、スパナ(両口17×19mm)、トリマガイド、ストレートガイド、テンプレートガイド、取扱説明書
電流:4.6A 回転数:30,000min-1(回/分)
コード:3芯・2.5m
リョービ(RYOBI) 電子トリマ TRE-60V 軸径6mm 628616A
リョービ(RYOBI) 電子トリマ TRE-60V 軸径6mm 628616A
サイズ:長さ113.5×幅90.0×高さ191.4mm
重量:1.2kg
カラー:グリーン
取付ビット軸径:6mm
無負荷回転数:16,000~30,000min-1

まとめ:トリマーを使いこなしてDIYの作業を効率よくしましょう!

数ある電動工具の中でも、特殊な使い方をするトリマーをわかりやすく解説しました。

このトリマーが1台あれば手作業でこなしていた事が電動化できて、効率がアップすること間違いなしですね!

あなたもぜひトリマーを手に入れて、もっとDIYを楽しんでください!

トリマーについてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もぜひご覧ください。


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。