初めてのキャッシング~クレジットのキャッシング利用方法とおすすめ3社

キャッシングサービスはお金を借りるサービス全般を指しますが、主にクレジットカードによるキャッシングとカードローンとがあります。クレジットカードのキャッシングはサービスがカードに付帯していることが多いですが、利用したことがない人の中には、具体的なサービス内容や、どのように利用すればいいか分からない場合もあるのではないでしょうか。今回はクレジットカードのキャッシングについて基本的な利用方法と、おすすめのサービス会社についてご紹介します。

キャッシングサービスの概要

クレジットカードによるキャッシングは、「キャッシング利用枠」と呼ばれるサービスで、ATMなどから現金を借りられる機能です。クレジットカードに付帯していることが多く、カード申込時に、上限額を希望すると、「ショッピング利用枠」とともに審査によってキャッシングの利用可能枠が決められます。

キャッシングの申込み自体は、クレジットカードの申し込み後でも審査は受けられます。クレジットカードによっては、キャッシング枠がショッピング枠の一部として組み込まれるケースもあります。

ただし、一部のクレジットカードにはキャッシング機能が付いていない場合があります。また、審査によって利用上限額が0円になっている場合は、キャッシングは利用できません。キャッシング利用枠については、クレジットカード送付時の台紙や、毎月の利用明細票で確認できるほか、電話で確認できることも多いです。

キャッシングサービスのメリット

キャッシングは急に現金が必要になったときに便利なサービスです。「借金」のイメージがあり、あまり良くない印象があるかもしれません。しかし、急な出費があって、一時的に借入が必要になったとき、クレジットカードのキャッシング機能があれば、ATMなどから現金を手に入れ、乗り切ることができるでしょう。

また、海外旅行でも、現地通貨の持ち合わせが足りなくなったときにキャッシングが役に立ちます。近くに両替所がない場合や、営業時間が終了している場合も、ATMがあればキャッシングが利用できるからです。時には、両替するよりキャッシングを利用するほうが、手数料が割安になる場合もあります。

工具男子新聞がオススメするキャッシング会社10選

安心優良キャッシング会社10選!

キャッシングサービスの利用方法

クレジットカードのキャッシングは、銀行や郵便局、コンビニなど提携金融機関のATMや、提携会社のキャッシュディスペンサーを通じて利用できます。

ATMやキャッシュディスペンサーからキャッシングする際の、主な手順は下記の通りです。

  1. 画面上のメニューから「お引き出し」または「クレジットカード」を選択する(ATMによっては最初に「取引開始」を押す)
  2. クレジットカードを差し込み口に投入し、暗証番号を入力する
  3. 「お借入れ」または「キャッシング」を選択する
  4. 返済方法を選択する
  5. 借入金額を入力する
  6. クレジットカード、明細票、現金を受け取る

返済は翌月1回払いやリボ払い8残高スライド元利定額方式)が選べることが多いです。1回払いは、翌月に元金と手数料とを一括で返済する方法で、手数料は最低限に抑えられるのがメリットです。一方、リボ払いは月々一定額を返済していく方法です。毎月一定額を返済することにより、計画的な利用が可能です。

借入金額は1万円単位が一般的です。キャッシュディスペンサーの利用時は、手数料が数百円かかります。

注意したいのは、クレジットカードのキャッシングを利用した場合、必ず金利手数料が発生することです。クレジットカードのショッピング利用だと、1回払いのときは手数料無料なので、混同しないようにしましょう。金利手数料は、年15~18%が多いですが、カード会社によって異なります。あらかじめ確認しておきましょう。

また、カード会社によってはインターネットや電話でキャッシングの申し込みができ、直接指定口座に振り込まれるサービスも用意されています。サービスによっては、申し込み後、最短数十秒程度で振り込んでもらえることもあります。

クレジットカードのキャッシング利用時の注意点

初めてキャッシングを利用する場合、不安はつきものです。少しでも不安を解消するために、次の点に注意しましょう。

  • 無理のない返済計画を立てる
  • キャッシングで借入する金額をなるべく少なめにする
  • 余裕があるときは多めに返済する

キャッシングは、なるべく借入額を抑え、しっかり返済計画を立てて利用する分には、そこまで怖がる必要はないと考えられます。

とはいえ、キャッシングは手軽に利用できるからといって、返済の見通しが立たないまま利用するのは、あまりよくありません。安易に借入をすると、返済に苦労することになるからです。リボ払いで少しずつ返済することもできますが、手数料もかかるのでなるべく早めに返済を済ませるのが一番でしょう。

また、キャッシング枠がショッピング枠に含まれる場合は、利用のし過ぎにも注意しましょう。例えば、ショッピング枠が50万円で、そのうちキャッシング枠が30万円ある場合、10万円キャッシングすると、残りのショッピング枠は40万円になります。反対に、ショッピングを10万円分すると、キャッシングは20万円が上限になります。利用枠の上限を常に考えながら利用することが大切です。

工具男子新聞がオススメするキャッシング会社10選

安心優良キャッシング会社10選!

初めてキャッシング付きクレジットカードを選ぶときのポイント

初めてキャッシング付きのクレジットカードを作成する場合は、いくつかのポイントをチェックしながら自分に合ったものを選びましょう。

利率をチェックする

キャッシングで借入をすると、借りた金額に利子をつけて返済しなければなりません。利子は借入金額と借入期間だけでなく、利率によっても変わってきます。返済のことも考慮し、キャッシングの利率はなるべく低いものを選ぶなど、チェックしておきましょう。

利率については、「年利〇%」と表示され、数字が大きいほど利率が高くなります。特にリボ払いだと、利率の違いによっても、支払う利子の総額にも差が出ます。返済する回数が多ければ多いほど、支払う利子の額も大きくなるので、注意したいところです。

その他、クレジットカードの種類によっては、利率を「年利〇%~〇%」と表示していることもあります。「年利〇%~〇%」の表示の場合、必ずしも小さい利率が適用されるわけではありません。他のカードと比較する場合は、利率の大きい方で比較したほうがよいでしょう。

利用限度額

キャッシングの利用限度額も注目したいポイントです。限度額は、「このカードで最大借りられる金額」であり、設定された限度額以上の借入はできません。したがって、キャッシング付きクレジットカードの場合、限度額が大きければ大きいほど、利便性は高まると考えられます。申し込みを検討する際は、利用限度額の上限も他と比較しておくほうがよいでしょう。

ただし、希望した利用上限額が適用されるかは審査次第です。クレジットカードでは、まずカードを発行するかの審査があり、次にショッピング枠の設定がされ、その後キャッシング枠の設定がされます。一部を除き、ショッピング枠を超えたキャッシング枠が設定されることはなく、カードが発行され、ショッピング枠があってもキャッシング枠を得られないこともあります。

また、一般的に貸金業法の適用がされるクレジットカード会社の場合、総量規制によってキャッシング限度枠は年収の1/3以内と定められています。すでにほかのクレジットカードでキャッシングの残高がある場合は、新たに作成する際にさらにキャッシング枠の限度額が限定されることも考慮しましょう。

カードの発行元で選ぶ

審査を通りやすくするには、カードの発行元で選ぶのもひとつです。クレジットカードの発行元は、主に銀行系、流通系、信販系などがあります。銀行系のクレジットカードは、審査は厳しめといわれますが、銀行が発行母体である分ステイタスも高めであることが多いです。銀行系のキャッシングは利率が低めであることが多く、普段から利用している銀行ならクレジットカードも作りやすいです。銀行が発行元で、キャッシング機能付きのカードが一枚あれば、何枚もカードを持ち歩かなくてすむのもメリットでしょう。さらに、その銀行のATMならATM利用料も無料で利用できる機会が多いと考えられます。

流通系は大手ショッピングモールや商業施設が発行するクレジットカードです。他の種類に比べ、特典が多い傾向にあり、審査も比較的通りやすいといわれています。

一方信販系は、信販会社が発行するクレジットカードです。審査の通りやすさは、銀行系と流通系の中間程度といわれています。近年は、「三井住友VISAカード」のように、銀行系と信販系とが組み合わさったカードも多くなっています。

最近はIT系や交通系などが発行元のクレジットカードも増えています。IT系は発行母体がIT企業、交通系は交通機関によるクレジットカードのことで、Suicaをはじめとする電子マネーが充実しているのが特徴です。IT系と交通系の審査は、流通系と同じか少し厳しめといわれています。

リボ払い専用カードや、ステイタスごとの専用カードにする

審査の通りやすさでいえば、キャッシング機能がついたクレジットカードの中でも「リボ払い専用」は発行されやすいといわれています。ただし、支払い方法がリボ払いに限定されるのに加え、利息の総支払額が一回払いより負担が大きくなる点には注意が必要です。

その他、クレジットカードによっては「年収〇万円以上」「学生専用」「女性専用」など、ステイタスが決められているものもあります。対象となる属性が決まっているカードの場合も、条件に一致すれば審査が通りやすくなる傾向にあります。学生や専業主婦の場合、クレジットカードを作るのが難しいこともありますが、専用カードであればキャッシング機能付きのカードを作れる可能性があるでしょう。

初めてのキャッシングにおすすめのクレジットカード

最後に、初めてキャッシング付きクレジットカードを作る人におすすめの3社をご紹介します。

楽天カード

大手ショッピングモール「楽天」が発行する楽天カード。安定した収入があれば、住宅ローンや車のローンがあっても審査が通りやすいことから人気のクレジットカードです。キャッシング枠は最大50万円ですが、ポイントプログラムなど特典が充実しているのが魅力です。また、楽天をはじめ、楽天が展開するさまざまなサービスを利用すると、さらにポイントが貯まりやすくなります。

キャッシング限度枠 ~50万円(国内専用)
利率 18.0%
系列 IT系
属性 なし
メリット 楽天ポイントプログラム、楽天利用優待、カードあんしん機能など

イオンカード

イオン系列の店舗を利用する機会が多い人におすすめなのがイオンカードです。イオンカードのメリットは、キャッシングの最低利率が7.8%と低く、イオン銀行のATMを利用する場合は、ATM手数料が無料になることです。さらに、WAONがついているカードなので、利用することでWAONポイントも貯めることができます。カードによってキャッシング限度枠も最大300万円となっています。

キャッシング限度枠 ~300万円
利率 7.8%~18.0%
系列 流通系
属性 なし
メリット ときめきポイント、WAONポイントの付与やお客様感謝デー、各店舗優待など

ACマスターカード

ACマスターカードは、大手消費者金融アコムが発行するキャッシング付きクレジットカードです。消費者金融系ということもあり、アルバイトなどの収入でも申し込み可能、審査も比較的通りやすいといわれています。さらに、キャッシング枠が最大800万円、ショッピング枠が300万円と、キャッシング枠のほうが多いのが特徴です。また、アコムの無人契約機ですぐに発行できるなど、利便性も高いカードとなっています。

キャッシング限度枠 800万円(※ショッピング枠最大300万円)
利率 10.0%~14.6%
系列 流通系
属性 消費者金融系
メリット 即日融資可能、リボ専用カードあり

工具男子新聞がオススメするキャッシング会社10選

安心優良キャッシング会社10選!

まとめ

クレジットカードには、多くの場合キャッシング機能がついていて、申し込み時の審査が通れば利用することができます。それぞれの審査に応じて、利用できるキャッシングの限度額は異なります。

キャッシングの機能がついたクレジットカードはご紹介した以外にもたくさんあり、それぞれに利率や利用限度額、また特典も異なります。普段から利用している銀行のクレジットカードを作って統一するのもいいですし、ポイント特典を狙って新たに作成するのもいいでしょう。また、キャッシング機能は後から追加することもできるので、今あるカードに新たにキャッシング機能をつけるのも一つの方法です。

キャッシングというとネガティブなイメージがありますが、急な出費や支払いが必要なときは、すぐに現金を得られる方法として有効な手段です。ただ、借入には違いないので、利息はかかります。安易に高額の借入を行い、返済が滞るなどすれば、他のクレジットカードの発行や、ローンの審査にも影響を与えかねません。キャッシングをする際は、無理のない範囲で借入を行い、計画的に返済できるようにしましょう。

工具男子新聞がオススメするキャッシング会社10選

安心優良キャッシング会社10選!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事