クレジットカードのキャッシング枠の審査方法は?申請のタイミングと注意点

急な出費に便利なクレジットカードのキャッシング機能。利用可能枠は審査によって決定されますが、どのような流れで決められるのでしょうか。今回はクレジットカードのキャッシング枠の審査の流れや、審査後のキャッシング枠の増額方法についてご紹介します。

クレジットカードのキャッシング枠の審査について

クレジットカードのキャッシング機能とは、簡単に言うと「お金を借り入れることのできる機能」です。キャッシング枠があれば、急な出費があっても、簡単に借入ができます。

キャッシング機能は、買い物に使えるショッピング機能とは別で、付帯するかどうかを発行時に利用者側が選ぶことができるのが特徴です。また、カード発行後に追加でキャッシング枠を申し込むこともできます。

キャッシング枠とショッピング枠の審査は別物

クレジットカードを作る際、キャッシング枠をどの程度に選択するか迷われる人もいるかもしれません。中には「キャッシング枠を多めに申請すると、ショッピング枠の審査に営業するのでは」と不安になる人もいるでしょう。ですが、通常キャッシング枠とショッピング枠の審査は別々に行われます。

キャッシング枠に申し込んだからといって、ショッピング枠の審査が通過できなくなったり、逆にショッピング枠の審査がキャッシング枠に審査に影響したりすることはないでしょう。したがって、ショッピング枠が通ってもキャッシング枠の審査は通過しない、という審査結果になることもあります。

また、キャッシング枠が申請より減額されて通過するケースもよくあります。ただ、キャッシング枠だけ通過して、ショッピング枠が通過しないパターンはないようです。

工具男子新聞がオススメするキャッシング会社10選

安心優良キャッシング会社10選!

キャッシング枠の審査に通過するには

キャッシング枠の審査でチェックされるポイント

キャッシング枠の審査では、主に次のポイントをチェックし、点数化して融資が可能か、いくらまで貸せるかを審査されます。

  • 職業(勤務先や勤続年数)
  • 年収
  • 個人信用情報の確認

クレジットカードの審査でキャッシング枠を得るには、自分自身が働いていることと、安定した収入があるのが重要と考えられます。勤続年数がある程度あり、収入も安定していれば、アルバイトやパートなどでも、10万円程度のキャッシング枠なら通過する可能性があります。反対に、学生や専業主婦の場合、パートやアルバイトの仕事がないと審査に通過するのは難しいと考えられます。

キャッシング枠の審査で、特に注意したいのは、個人信用情報の確認が行われることです。個人信用情報はクレジットヒストリー、通称クレヒスとも呼ばれ、信用情報機関で管理されている信用取引に関わる履歴のことです。例えば過去に長期延滞や返済の遅れ、債務整理などの金融事故を起こしていないか、利用したクレジットやローンの支払いはきちんと行っているかなどです。

さらに、ショッピング枠ではあまり借入状況は重要視されませんが、キャッシング枠の場合、他社からの借入状況や返済状況もチェックされます。例えば現在消費者金融やカードローンなど他社から借入をしているか、借入れがある場合金額や返済状況なども確認されます。個人信用情報の照会では、携帯電話やスマートフォンの支払い履歴もチェックされるので注意しましょう。

その他、既存の借入残高が100万円を超える場合や、50万円を超えるキャッシング枠を希望する場合は、収入証明書の提出が必要になります。カード会社に「利用者の年収把握義務」が発生するからです。収入証明書の金額は、ショッピング枠の審査でも参考にされます。

審査基準はカード会社ごとに設定が異なります。そのためA社では審査に通らなくても、B社では通る可能性があります。

キャッシング枠は他カードと合算で年収の3分の1以内

キャッシング枠で注意したいのは、借入できる限度額が他のクレジットカードやカードローンとの合算で判断されることです。貸金業法の総量規制が適用され、年収の3分の1までと決められているからです。個人信用情報で、他社からの借入状況をチェックされるのも、このためです。

年収の3分の1以内が他との合算で判断されるため、別のカードやローンで、すでに3分の1近くまで借り入れがある場合は、新たなキャッシング枠の審査を通過する可能性は低いでしょう。例えば、Aさんの年収が300万円だとすると、他社から借入がない状況で付与されるキャッシング枠は最大100万円ということになります。ですが、B社から50万円、C社から40万円の借入がある場合、Aさんには年収に対し、残り最大10万円分しかキャッシング枠が得られないということになります。

キャッシング枠の審査は、3件以上の借入があると通過するのが厳しくなるといわれています。複数社から借入がある場合は、新たに審査を受けるのに注意が必要でしょう。クレジットカードによっては、あらかじめキャッシング枠の審査に通るか、確認できるものもあります。不安な人は先にチェックしてみるといいでしょう。

また、もしキャッシング枠が必要ない、もしくはキャッシングをしている状態でどうしても新たにクレジットカードを作りたい場合は、カードの申し込みでキャッシング希望枠を0円、もしくは最低金額にして申請しましょう。キャッシング希望枠を0円や低い金額で申請することにより、「私は資金繰りに困ってカードの申し込みをするのではない」というアピールになるはずです。

ちなみに、総量規制はショッピング枠に適用されることはありません。収入証明書もショッピング枠だけの申し込みであれば提出する必要はないでしょう。ショッピング枠の審査は、基本的に個人信用情報に照会し、過去に延滞などの問題がなければ、作れることが多いからです。

ただし、銀行系など審査の厳しいクレジットカードは、現在の支払い状況に問題があると審査に通らないこともあります。ゴールドカードやプラチナカードなど、一般に高ステータスと呼ばれるクレジットカードについても、年収や勤務先まで厳しく審査され、作れないことがあります。とはいえ、ゴールドカードやプラチナカードの場合も、個人信用情報に問題がなければ一般カードなら作れることもあります。

キャッシング枠の審査申し込み方法

カードの申し込み時にキャッシング枠も申請する

キャッシング枠の審査は、クレジットカードの申し込み時に同時に申請が可能です。申し込んだ場合は、クレジットカードの発行審査とキャッシング枠の審査とが一緒に行われます。カードによっては新規入会とともにキャッシングに申し込むと特典がついてくる場合もあります。

カード作成後にキャッシング枠を追加で申し込む

クレジットカードのキャッシング枠は、カード発行後に追加で申し込み、審査を受けることもできます。とりあえずカードだけ作りたい場合は、あとから追加を検討してもいいでしょう。

カード発行後にキャッシング枠の追加審査を申し込む場合は、カード会社の指定された方法に従って申し込みを行いましょう。よくあるのは、インターネットの会員サイトや、スマホのアプリから申し込む方法や、電話で申し込んだ後、書類を郵送する方法です。インターネットやスマホから申し込める場合は、24時間受け付けていることも多いため、手軽に申し込みができるでしょう。

キャッシング枠を追加で申し込む場合も審査が行われます。審査には、借入額に応じた書類が必要になります。一般的にキャッシング希望枠が50万円までのばあいは、運転免許証や健康保険証などの公的機関が発行し、住所と生年月日が明記された身分証明書を用意します。インターネットの会員サイトやスマホのアプリから申し込む場合は、書類をスキャンしたり、携帯のカメラで撮ったりしたものを、アップロードやメールに添付して提出できることも多いです。

キャッシング希望枠が50万円を超える場合は、身分証明書に加え、源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書が必要です。収入証明書は、発行されるまでに時間がかかることもあります。なるべく時間的余裕を持つか、あらかじめ準備してから申し込みをするほうがスムーズでしょう。

カード作成後にキャッシング枠の増額・減額を申し込むことも可能

クレジットカード作成後は、キャッシング枠の追加審査を受ける以外に増額や減額を申請することもできます。海外旅行に行く場合や、急な出費に備えて増額したいという場合は申請をしてみるとよいでしょう。

増額の申請は、自分から申請することもできますし、クレジットカード会社側からキャンペーンの案内があれば活用するのもよいでしょう。ただし、増額できるのは、総量規制である年収の3分の1以内となります。また、増額の際も個人信用情報やカードの利用状況、支払い能力の確認などの審査が行われます。利用状況では、支払の遅延がないかをチェックされる以外に、これまで一度もカードやキャッシングを利用していない場合も不利になることがあります。「本当に必要なのか」と思われるかもしれないからです。増額できないこともあるので注意しましょう。

反対に、ある程度クレジットカードやキャッシングを利用しながら、延滞などせずきちんと支払いや返済を続け、実績を積んでいれば増額審査も有利に進められるでしょう。また、これまでキャッシングが必要なく使ってこなかった場合でも、「今後海外出張が増えるので増額したい」など正当な理由があれば、増額してもらえる可能性はあると考えられます。その他、申し込み時より年収が上がったなどの有利な情報は、あらかじめ伝えておきましょう。

工具男子新聞がオススメするキャッシング会社10選

安心優良キャッシング会社10選!

キャッシング枠の審査に落ちた場合の注意点

キャッシング枠は、審査で希望通りの額が通るとは限りません。もし審査に落ちた場合でも、他社とも合算して年収の3分の1までは再申し込みが可能です。

ただし、通知があってから半年間は、再申し込みを控えるのが無難です。再申し込み以外も、他のカード会社に申し込むのも控えましょう。6か月程度は、個人信用情報機関に申込情報や利用記録が残るからです。他社へ申し込みを行った場合も、すべて情報が残るので、短期間に何件も申し込むことは審査をより厳しくする可能性が高いです。

一度審査に落ちたときは、期間を置き、その間に少しでも利用履歴を改善して審査が通りやすくなるよう心がけましょう。

クレジットカードのキャッシング枠以外にカードローンの検討も

クレジットカードのキャッシング審査に落ちた場合は、再申し込みする以外にカードローンを検討するのも選択肢のひとつです。カードローンの審査はクレジットカードと異なるため、クレジットカードのキャッシング審査に落ちた場合でも、カードローンの審査は通過する可能性があるからです。

カードローンは銀行系や消費者金融系などがありますが、中には最短で即日審査が可能なローンもあります。急ぎで借入が必要な場合も、審査に通過すれば頼もしい存在となるでしょう。ただし、カードローンの場合も総量規制の対象となるため、クレジットカードのキャッシング枠と合算し、年収の3分の1以内でしか融資は受けられないので注意しましょう。

まとめ

クレジットカードのキャッシング枠の審査は、カード発行時に申し込むか、後から追加で申請する方法もあります。また、作成後にキャッシング枠の増額を申請することもできます。いずれのタイミングで申し込む場合も、職業や年収、個人信用情報などがチェックされます。審査により、キャッシング枠が認められる場合も総量規制により、ほかのクレジットカードやカードローンとも合算し、年収の3分の1以内の限度額になります。

キャッシング枠の審査に落ちた場合は、再申し込みができます。ですが、個人信用情報に履歴が残るため、6カ月程度は再申し込みやほかのカードの申し込みは控えるのが無難です。

利用目的によっては、クレジットカードのキャッシング枠より、キャッシングができるカードローンのほうが使い勝手がいい場合もあります。キャッシング自体は非常に便利なサービスですが、個人信用情報に傷がついていざというとき困らないよう上手に活用しましょう。

工具男子新聞がオススメするキャッシング会社10選

安心優良キャッシング会社10選!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事