インパクトレンチはタイヤ交換に使える?仕様の見方や選び方まで解説

引用:HiKOKI

F1などのカーレースのタイヤ交換で活躍しているインパクトレンチ。そういったシーンを見て、「うちのクルマのタイヤ交換にも使えるかな?」と思ったことはありませんか?実際、クルマの整備工場などでは使われていますよね。

しかしドライバーと違って使う機会が少ないことから、「インパクトレンチについてよくわからないことが多い」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回はインパクトレンチの基本から、仕様の見方や選び方などについてご説明します。工具にあまり詳しくない方にもよくわかるようにご説明しますので、ぜひご覧ください。

インパクトレンチとは?

インパクトレンチとは一体どんな工具なんでしょう?インパクトドライバーとはどう違うのでしょう?まずはインパクトレンチの基本をご説明します。

インパクトレンチとは?

引用:HiKOKI
六角ボルトを回す道具のことを「レンチ」といいます。そのレンチに回転機能と打撃機能がついて、強力に締めることができる工具がインパクトレンチです。

インパクトレンチを駆動方式でわけると、電動式とエアー式があります。さらに締め付けるボルトのサイズやトルクに応じた機種があります。このように多くのメーカーから多様なインパクトレンチが販売されています。

どんな用途で使う?

インパクトレンチは、六角ボルトやナットの締め付けや緩めに使います。そのため建築現場など連続してボルト締めを行う場面で使われることが多いようですね。

またクルマのタイヤ交換にも使われ、その回転力によって圧倒的な作業時間の短縮を図ることができるんです。

エアー式は工場での締め作業にも使われるなど、ボルト・ナットの締め付けについて広い範囲でインパクトレンチは使用されています。
引用:ココミテ

インパクトドライバーとの違いは?

インパクトレンチとインパクトドライバーのしくみは同じです。どちらも回転機能と打撃機能がついており、締め付けを行います。違うのは本体の先端です。

インパクトレンチの先端は、先が四角い「角ドライブ」になっています。これはネジ回しがメインのインパクトドライバーよりも、ボルトを強力な力で回転させる必要があるためです。
引用:ボッシュ

こちらがインパクトドライバーの先端です。スリーブとよばれる先端に、用途に応じてドリルやドライバーのビットを取り付けて使用します。
引用:ボッシュ
ただしこちらのボッシュの製品のように、インパクトドライバーとインパクトレンチが兼用になっている製品もあります。インパクトドライバーのスリーブの中に角ドライブがあり、ソケットやビットを取り付けられます。

ボッシュ コードレスインパクトドライバー GDX18V-180
ボッシュ コードレスインパクトドライバー GDX18V-180

定格電圧:DC18V
最大トルク:160Nm(ビット)/180Nm(ソケット)
回転数:0-2,800回転/分
打撃数:0-3,200回転/分
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

インパクトレンチの仕様

インパクトレンチのカタログを見ても、見慣れない名称が多くてわかりづらいですね。ここではインパクトレンチの仕様に記載される名称などをご説明します。インパクトレンチの細かい仕様を理解していきましょう。

締め付け能力とは?

インパクトレンチのカタログには「締め付け能力」という項目があり、「普通ボルト:M10〜M20(mm)」などと記載されています。

この「M10mm」とは「ボルト径が10mm」ということです。

この場合は、「ボルト径10mm〜20mmの六角ボルトを締め付けるのに適しており、これ以下のボルトは締めすぎになりやすく、これより大きいボルトは回らない」という意味になります。
引用:ココミテ

差込角とは?

インパクトレンチの角ドライブの大きさを「差込角」とよびます。インパクトレンチ用ソケットをインパクトレンチに取り付ける際には、この差込角の値が同じものを使用します。
引用:KTC
差込角には次の5種類の大きさがあります。
①6.3mm
②9.5mm
③12.7mm
④19.0mm
⑤25.4mm
ソケットを選ぶ際には、まず手持ちのインパクトレンチの差込角が何mmかを確認します。そしてその差込角のサイズの中で必要なボルト径を選びます。差込角とボルト径を区別して覚えましょう。

インパクトレンチ用ソケットは何が違う?

インパクトレンチ用ソケットは、手動用ソケットに比べると

  • 大きなトルク
  • 高速回転

という負荷がかかります。そのためインパクトレンチ用ソケットには次のような特徴があります。

  1. 外径が大きく肉厚で強靭
  2. 表面は高速回転でメッキがはがれケガをすることがないように、黒色仕上げや無電解めっきを施している
  3. 回転時にレンチからソケットが外れてしまわないよう、ピンとOリングで角ドライブに固定している

引用:KTC

アタッチメントの種類

インパクトレンチには様々なアタッチメント(先端工具)を取り付けることができます。六角ソケットの他に、アダプタを取り付ければプラスドライバーや木工ドリルを付けることが可能です。

また六角ソケットを使う場合、ユニバーサルジョイントをつければ角度がある場所でも締め付けを行えるんです。

エクステンションバーを取り付ければ、奥まった位置にあるボルトを締めることができます。このように多くの便利な部品が出ていますので、機会があれば活用してみましょう。
引用:HiKOKI

タイヤ交換に使える?

引用:Amazon
インパクトレンチはタイヤ交換に使うことができます。一般的にホイールナットの締め付けトルクは、

  • 普通乗用車:90~110N・m
  • 軽自動車:70~90N・m

といわれます。そのため最大トルクが110N・m以上のインパクトレンチであれば、トルクは足りることになります。

しかしインパクトレンチでは、正確な締め付けトルクが設定できません。そして過剰に力を加えてしまうと、最悪の場合ボルトが折れてしまいます。そのため、インパクトレンチでの締め付けはある程度までの仮締めとして、最後の本締めはトルクレンチ等で行いましょう。

このようにインパクトレンチだけですべての作業が完了するわけではありませんが、使うことでかなりの時間短縮が見込めます。上手に活用して、手早くタイヤ交換を終わらせましょう。

※インパクトレンチを使ってのタイヤ交換については、メルテックの動画を参考にご覧ください。

KTC トルクレンチ 60~300N・m CMPB3004
KTC トルクレンチ 60~300N・m CMPB3004

トルク調整範囲(N・m):60~300
最小目盛(N・m):2.0
全長(mm):480
差込角(mm):12.70
トルク精度:±3%
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

インパクトレンチの選び方

インパクトレンチには様々な種類があります。安く買ったはいいけれど、締め付けトルクが足りなかったなんてことは避けたいですよね。

ここではインパクトレンチの種類をいくつかあげて、その特徴と選び方をご説明します。

エア式か電動式か

インパクトレンチを駆動方式でわけると、エアインパクトレンチ電動インパクトレンチがあります。

エアインパクトレンチは、エアコンプレッサーで圧縮した空気を動力にして駆動します。電動インパクトレンチに比べて小型でパワーがあるのが特徴です。エアコンプレッサーが必要になるため、業務用で使われることが多いです。

電動インパクトレンチについては次項でご説明します。

KTC インパクトレンチ JAP451
KTC インパクトレンチ JAP451

差込角:12.7sq.(ピン穴付)
最大トルク:410N・m
能力ボルト:M16
無負荷回転数:8,100rpm
無負荷空気消費量:0.13㎥/min
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

AC電源かコードレスか

電動インパクトレンチには、AC電源を使用するコードありのタイプと、コードレスタイプの2タイプがあります。

AC電源タイプは、コードレスに比べてバッテリーがないため軽量で、また同等能力でも価格が安くなっています。近くにコンセントがあり、締め付けるボルト数が多い場合にはAC電源タイプを選びましょう。

HiKOKI インパクトレンチ WR14VE
HiKOKI インパクトレンチ WR14VE

締付能力:[普通ボルト]M10~M18・[高力ボルト]M8~M14mm
最大締付けトルク:250N・m
先端形状:四角ドライブ 12.7mm
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

コードレスタイプは現在の電動インパクトレンチの主流といえます。電源コードを気にせず使用できる機動性の良さに加えて、最近はAC100並みのハイパワーをもつ機種が出ているためです。ただしバッテリーが装着されているため重量はあります。

HiKOKI コードレスインパクトレンチ WR14DBDL2(NN)
HiKOKI コードレスインパクトレンチ WR14DBDL2(NN)

締付能力:[普通ボルト]M10~M20・[高力ボルト]M10~M16
最大締付トルク:265N・m
先端形状:四角ドライブ12.7mm
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

締め付け能力と最大トルクで選ぶ

自分が主に、どういったボルトの締め付けに使用するかということが、インパクトレンチを選ぶ最も重要な基準になります。

例えば「クルマのタイヤ交換に使いたい」という場合。クルマのナットのサイズはM10〜M12が多いため(必ず事前にサイズは確認しましょう)、締め付け能力の範囲内にM10〜M12が入っている機種を選びます。

さらにホイールナットの締め付けトルクは、普通乗用車で90~110N・m。つまり110N・m以上のトルクがないと、ナットを緩めることができません。最大トルクが110N・m以上の機種が必要となります。

このようにみていくと、必要な締め付け能力と最大トルクの値がわかります。あなたがどういったことに使いたいか、その作業にはどんなボルトが使われているか確認すれば、間違いのないインパクトレンチ選びができますよ。

メーカー別のおすすめ品

インパクトレンチは様々なメーカーから販売されています。ここでは人気メーカーのおすすめ品をご紹介します。

マキタ

電動工具の国内トップメーカーであるマキタ。電動インパクトレンチのラインナップも豊富です。

そんなマキタからおすすめするのはTW285DRGX。ナット落下防止の逆転オートストップモードが搭載されているため、安心して作業を行えます。

マキタ 充電式インパクトレンチ TW285DRGX
マキタ 充電式インパクトレンチ TW285DRGX

全長147mm。
ブラシレスモータ搭載
防じん・防滴構造
打撃力3段切替
最大締付けトルク260N・m
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

HiKOKI(旧日立工機)

マキタと同様、電動工具の国内トップメーカーであるHiKOKI。電動インパクトレンチもマキタと同等のラインナップを誇ります。

おすすめするのはWR36DA。おすすめする最大の理由はなんと言ってもその最大トルク。充電式どころかAC電源を含めても最強の1100N・mです。さらに防じん・耐水機能付きで作業性の良さはピカイチですね。

HiKOKI コードレスインパクトレンチ WR36DA
HiKOKI コードレスインパクトレンチ WR36DA

締付能力:[普通ボルト]M12~M30・[高力ボルト]M10~M24
最大締付トルク:1,100N・m
先端形状:四角ドライブ19mm
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

アストロプロダクツ

リーズナブルな工具が人気の、自動車整備工具の専門店アストロプロダクツ。

おすすめするのはハイパワーAC電動インパクトレンチです。リーズナブルな製品ですが、最大トルクが510N・mとハイパワーな上に重量3.6kgと扱いやすい軽さになっています。

【アストロプロダクツ】ハイパワーAC電動インパクトレンチ
【アストロプロダクツ】ハイパワーAC電動インパクトレンチ

本体サイズ:W310×D95×H230mm
最大トルク:510Nm
差込角:1/2DR(12.7sq)
無負荷回転数:2200rpm
打撃数:2200min-1
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

KTC

国内工具メーカーナンバーワン。そんなKTCはエアー式と電動式、両方のインパクトレンチを販売しています。

ここでおすすめするのはJTAE472。ホイールナットの仮締めに最適で、締めすぎを防止する「仮締めモード」がある、クルマのタイヤ交換にはピッタリの機種です。

KTC コ-ドレストルクリミットインパクトレンチ JTAE472
KTC コ-ドレストルクリミットインパクトレンチ JTAE472

最大締付トルク(N・m):500
差込角(mm):12.7
差込角:12.7mm
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

TONE

老舗の総合工具メーカーTONE。KTCと同様にエアー式と電動式の両方のインパクトレンチを販売しています。

今回おすすめするのは、エアーインパクトレンチAI4201。驚きなのは、最大トルク700N・mのハイパワーでありながら、特殊強化樹脂ボディを採用し超軽量1.0kgを実現していること。超小型で作業性の良さも格別ですね。

TONE エアーインパクトレンチ(ショートタイプ)AI4201
TONE エアーインパクトレンチ(ショートタイプ)AI4201

出力角(mm):12.7(ピン穴付)
常用最大トルク(N・m):右回転610、左回転700
無負荷回転数(min-1[r.p.m]):10000
使用空気圧(MPa):0.62
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

まとめ

いかがでしたか?今回はインパクトレンチの仕様の見方を中心にご説明しました。その特徴なども理解して頂けたかと思います。

最後に繰り返しますがクルマのタイヤ交換時、インパクトレンチは使っても仮締めまでにしましょう。これはインパクトレンチを販売しているメーカーも警告しています。

適正に使えば、楽にタイヤ交換が行える便利な道具です。使い方を間違えず、安全に使うことを心がけましょう。


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事