【永久保存版】電動工具買取店選びから相場より高く売るコツまで解説

引用:pixabay
レンチやインパクトドライバー、レーザー測量機など、工具はハンドツールも電動工具も種類がたくさんあります。また近年はDIYの流行もあり、ドライバードリルやセット工具なども人気を集めているようです。

しかし中には、そろそろ新しいモデルに買い換えたい、初心者向けの工具は使わなくなってしまったから買い取ってもらいたい…と考えている方もいらっしゃると思います。

そんな時に、まず思い付くのがリサイクルショップではないでしょうか?ですが、ちょっと待ってください。工具には、買取専門業者が存在することをご存知でしょうか?

専門知識を持ったスタッフが工具の値打ちを正確に見極めてくれるため、高額で買い取ってもらうことができます。そこで今回は、どのような業者が相場より高く売れるのかご紹介したいと思います。

電動工具買取の専門店があることを知ろう

電動ドリル引用:pixabay.com
一口に工具と言っても用途によってさまざまな種類がありますし、大きさや価格も違います。家庭用もあればプロ用の工具といった違いもありますね。

また使っている中で、傷がついてしまったり、故障してしまうこともあります。こうしたジャンク品や故障品は、一般的なリサイクル店では買い取ってくれないことも。宅配で送れない大きなアイテムも、受け入れてくれるお店が少ないのが現状です。

しかし工具専門の買取業者であれば、大型の建機でも、大量の資材でも、1本のハンドツールでも買い取ってもらえることがほとんど。一般のユーザーを相手にしているリサイクルショップと違い、買取専門業者は建設会社をはじめとした法人のユーザーが多く、欲しい人が見つかることが多いので、買い取ってもらえるのです。

電動工具買取業者を正しく選ぼう

川越店のツールセットリサイクル店と電動工具買取業者の大きな違いは、専門知識を持っているかどうかという点です。一般的なリサイクル店では、工具の専門知識を持たないスタッフがほとんどです。そのため、本来は価値ある品であってもマニュアルに沿った査定しか行われず、低い査定額になってしまうことも。

その点、専門業者の場合は、常に工具を扱っているので、適切な査定額を出すことができるのです。もちろん価格の相場も知っていますので、査定額の交渉も可能になります。

また、工具は重い物が多く、実店舗に持っていくのも面倒になることがありますが、買取専門業者なら出張や宅配で買い取ってもらうこともできます。

工具買取専門店ではどんな電動工具でも売れる?

工具は屋外の作業などハードな使い方をすることが多く、傷んだり汚れたりします。新品はともかく、傷付いたり、汚れてしまった工具でも売れるのか心配という人もいるかと思います。

実際にリサイクルショップでは、状態の悪いものは買取不可と言われることがあります。また、電動工具の買取はするけれど、ハンドツールなどは買取れないというお店もあります。それに比べ、工具専門の買取業者であればほとんどのアイテムが買取対象となります。

ただし、取扱説明書や箱が無いと査定が下がったり、有名メーカーでないと買取してもらえなかったりという場合もありますので、お店選びが大切です。

プロが教える電動工具買取業者の選び方

工具を売りに出す場合は、業者の選び方が重要になります。

  • ・専門知識を持つスタッフがいるか
  • ・適正な査定ができる
  • ・処分に費用がかかるかどうか
  • ・自分に合った買取方法がある(店頭、宅配、出張など)
  • ・査定料やキャンセル料
  • ・宅配買取に必要なダンボールを無料でもらえるか

…などは、必ず事前に調べておきましょう。

業者や店舗によって買取の基準が違いますので、メーカーやアイテムごとに買取価格の相場を調べることも必要です。良い買取業者は、売るときに費用がかからず、手間をほとんどかけさせないことが特徴です。

電動工具を相場よりも高価買取してもうらう4つのコツ

ドリルビット引用:pixabay
できれば1円でも高く、相場より高く買取してもらいたいですよね。そうなれば、新品の工具を購入するための元手にもできます。そこで次に、工具を高く買い取ってもらうコツをお教えいたします。

電動工具買取はフリマアプリの方が高いの?

最近は、フリマアプリがオークションに並んで人気を集めています。スマホで写真を撮り、アップして買い手を待つだけという手軽さが受けているようです。

言い値で売りに出せるのは魅力ですが、デメリットもあります。一般的に人気のある商品はフリマアプリでも検索されることが多く、買い手もすぐ見つかるかもしれません。

しかし、工具などの場合、送料が掛ることもあり、思うように言い値で売買することが難しいケースもあります。これはフリマアプリだけでなく、オークションでも言えることです。工具は重量が重くなりがちなので、送料がデメリットになることもあるのです。

売りたい電動工具の買取相場の調べ方

リサイクルショップや買取業者に査定を依頼して提示された金額が、本当に適正なのか心配な人は、比較サイトなどを活用してみましょう。また、フリマアプリやネットオークションの過去の取引を調べるてみるのもいいですねも。ただしこの場合は買取業者が落札している場合もあるので、参考程度にとどめておくことをおススメします。

一番良いのは、2社以上で査定を出してみることです。LINE査定を行っている業者なら、一度写真をスマホなどで撮り、同じものを2社以上に送って査定してもらえば良いので、大きな手間にはなりません。

電動工具買取業者が高価買取したくなる4つのコツ

1.出来るだけ早く売る

電動工具など、次々に新しいタイプが出るアイテムはできるだけ早く売った方が高い査定額になります。中には古くても、部品が手に入らないので欲しいという人もいますが、一般的には新しいほど高価買取になるケースの方が多いです。

2.付属品は取っておく

取扱説明書や外箱など、購入時に付いていた付属品は可能な限り保存しておきましょう。外箱は汚れていても、一緒に査定に出すことをおすすめします。商品の情報が記載されているほか、見栄えがするという理由もあります。

3.きれいに掃除してから売る

工具に限らず、買取に出す商品は掃除してから売るようにしましょう。ホコリだらけのままよりも、水拭きやウエスで拭き取りをした後で油を差したり、ネジの緩みを調整したりするだけでも、査定額に差が出ます。

4.買取業者を正しく選ぶ

これが一番重要です。せっかく手間をかけて掃除をしたとしても、買取するお店が適切な査定額を出してくれなければ価値が下がってしまいます。店によってはジャンク品や故障品、修理歴があるもの、メーカー不明のものは買取できないということもあるので、お店選びは慎重に行いましょう。

プロ厳選の電動工具買取店5社を徹底比較

川越店査定中工具を売りに出すときには、買取専門業者に依頼することが重要である理由はおわかりいただけたと思います。しかし、ネットで調べると、どのお店も似たようなことが記載してあり、どの業者が良い業者なのか判断に迷ってしまうこともあると思います。そこで、工具買取専門店を5社比較してみましたので、ぜひご参考にしてください。

おススメ業者1位:工具男子

工具の専門知識を持つスタッフが各店舗に常駐しているので、安心して売りに出すことが出来ます。買取の種類も多く、店舗に持ち込めば初回特典も受けられます。工具男子の強みは、故障していて動かなくても買い取ってくれる点です。

宅配ならダンボールも無料で送ってもらえる、店舗なら価格交渉や工具の疑問もスタッフに相談できるなどといったメリットがあります。状況に応じて、買取方法を使い分けることができるのもいいですね。

専門性
LINE査定
買取方法 店頭、宅配、出張
金額交渉
電話受付
来店特典

工具男子の買取はこちら

おススメ業者2位:TOOL OFF

工具の買取に定評がある業者です。店舗数も多く、LINE査定も行っています。ただし、買取品は正常に動作確認ができたものだけなので注意が必要です。

専門性
LINE査定
買取方法 店頭、宅配、出張
金額交渉 ×
電話受付
来店特典

TOOL OFFの買取はこちら

おススメ業者3位:アクトツール

買取方法も豊富で、査定もスピード感があります。宅配買取の場合、自分でダンボールの準備をする必要があり、自分で準備しても査定額がアップしないのがデメリットと言えるかもしれません。

専門性
LINE査定
買取方法 店頭、宅配、出張
金額交渉 ×
電話受付
来店特典 ×

アクトツールの買取はこちら

おススメ業者4位:電動工具のリサマイ

店舗数の多いため、実店舗がお近くにある人には便利なお店です。また、他店より1円でも高く買い取ってくれる努力をしてくれます。ただし、値の付かないものは買取不可ですので、この点は注意してください。

専門性
LINE査定 ×
買取方法 店頭、宅配、出張
金額交渉
電話受付
来店特典 ×

電動工具のリサマイの買取はこちら

おススメ業者5位:大黒屋

工具だけでなく、ブランド物の買取や電化製品など多くのジャンルを取り扱っている業者です。いろいろな物をまとめて売りたい方におすすめです。また、無料でダンボールも送ってくれます。破損があったり、きちんと作動しないアイテムは買取できないので、確かめてから売りに出すようにしましょう。

専門性 ×
LINE査定
買取方法
金額交渉 ×
電話受付
来店特典 ×

大黒屋の買取はこちら

工具はもっと高く売れる!

お店によって買取方法やメリット、デメリットに違いがあることがおわかりいただけたでしょうか。後は、使っていない工具類を掃除して買取業者に査定してもらうだけです。

一番のおすすめは、故障品でもジャンク品でも買い取ってくれる工具男子です。ぜひ一度お試しくださいね。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事