コンプレッサーならエアーマン!本格的なエアーを使うなら信頼性抜群

引用:北越工業株式会社

本格的なコンプレッサーを使うなら、北越工業のエアーマンが最適です。

  • コンプレッサーってどう選んだらいいの?
  • エアーマンってなにがいいの?コンプレッサーってそんなに違うの?

エアーマンのコンプレッサー導入を考えたとき、このような疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

そこで当記事では、「エアーマンを選ぶメリットとコンプレッサーの選び方」をまとめました。

それぞれ項目として、

  • コンプレッサーの役割
  • エアーマンの信頼性
  • コンプレッサーの選び方
  • レンタルのやり方とレンタル先

の順にご紹介していきます。

コンプレッサーの導入で悩まれている方も、5分ほどで読めて解決できるようにしました。ぜひ参考にしてくださいね。

家庭用のコンプレッサー導入で悩まれている方は、下記記事も参考にしてください。

コンプレッサーの役割とは?購入前に使い方や用途をチェックする!

引用:北越工業株式会社

コンプレッサーの役割は、エアーを使った工具「エアツール」や素材の加工を行う「工作機械」の動力源を供給すること。

コンプレッサーとは、空気を圧縮する機械です。コンプレッサーといえば、一般的には「エアコンプレッサー」のことを指します。

動力源として適した使い方や用途があるので、コンプレッサー購入前に使い方や用途をチェックしましょう。

エアツールに関して詳しく知りたくなった方は、下記記事を参考にしてください。

エアーを使う現場では必須!コンプレッサーの役割

空気を圧縮するコンプレッサーは、エアーを使う作業では欠かせない機械です。

作業現場によって求められる機能が違い、コンプレッサーの大きさも大型から小型までさまざまなものがあります。

業務用の大型コンプレッサーは、工事現場や工場で動力源として活用するのに最適です。

  • 工作機械の動力源
  • 釘の打ち込みや塗装
  • 土木工事の現場で使うエアツール

空気を吹き付けて塗装するエアブラシや、ゴミを吹き飛ばすエアブローはたくさんのエアーを使います。

家庭用の小型コンプレッサーでエアブラシやエアブローを使うときは、機種や使い方により補助タンクの後付けが必要です。

小型のコンプレッサーは、使い方の例として以下の3用途を挙げます。

  • 空気を吹き付けるダスターガンで掃除
  • インパクトレンチでタイヤ交換
  • タイヤやボールの空気入れ

本格的な業務用から持ち運びができる家庭用まで、コンプレッサーはさまざまな用途に利用できます。

エアーマンを販売している北越工業はコンプレッサーの老舗メーカー!

引用:新潟インターンシップ2019

北越工業は創業からコンプレッサーの製造を行っており、約80年の歴史がある老舗メーカーです。

品質と耐久性の高さがユーザーからの信頼性につながり、国内のシェア率もトップクラス。

北越工業のエアーマンを選ぶメリットは大きいため、主力機のコンプレッサーを中心に選ぶべき理由をまとめてみました。

北越工業は歴史があり信頼性も高い

北越工業株式会社は新潟県燕市に本社を置く建設機械、産業機械メーカーです。

1938年(昭和13年)に前身である「株式会社地蔵堂鋳物工業所」を創業。80年の長い歴史を持つ老舗メーカーです。

創業当初からコンプレッサーの製造、販売を行っています。主力の商品は、エンジンを使った「エンジンコンプレッサ」。

創業当初からコンプレッサーに携わっており、国内にとどまらず海外でも使われています。

  • 国内シェア約87%
  • 世界シェア約15%

エアーマン」のブランド名は、1952年(昭和27年)に誕生しました。

長く使われている歴史があるため、日本国内のコンプレッサー市場においてとても知名度が高いです。

実際に会社名よりも、「エアーマン」のほうが通じるほどブランドイメージが出来上がっています。

長い歴史の中で製造されてきたコンプレッサーは、プロからDIYをする人までたくさんの人に信頼されているメーカーです。

主力のエンジンコンプレッサが持つ特徴

エンジンコンプレッサとは、エンジンで駆動するコンプレッサーのことです。

北越工業の主力商品であるエンジンコンプレッサには、長く愛される4つの特徴があります。

  1. 耐久性の高さ
  2. 移動や運搬が可能
  3. 電源がない場所でも使用できる
  4. 電力の削減になる

北越工業のエンジンコンプレッサには、耐久性の高い部品が使われています。メンテナンスがしやすく、長期にわたって使用可能です。

大型のタイヤが付いているエンジンコンプレッサもあり、現場内の移動が楽に行えるのも特徴です。

エンジンコンプレッサは、エンジンでコンプレッサーを駆動します。外部からの電源も必要としないため、独立稼働が可能。

電源が確保できない屋外でも使用できるため、消費電力の削減もできます。

コンプレッサーの選び方!注意点を参考にしながら用途を決めて選ぼう

引用:photoAC

コンプレッサーを選ぶ際、どんな用途に使うのかを決めると選びやすくなります。

注意すべき点もあるため、下記の項目を参考にしながら用途に合ったコンプレッサーを選びましょう。

選び方の注意点と用途の決め方(家庭用と業務用の違い)

家庭で利用する場合と業務用途では求められる性能が違うため、選び方も注意が必要です。

家庭で使用するコンプレッサーを選ぶときは、出力消費電力を見ましょう。

100ボルト電源で使用できるコンプレッサーもあります。しかし出力が大きくなると家の配線が損傷し、火災に至ることも。

家庭で使うコンプレッサーの場合、「100ボルト電源で使えるもの」で「出力は2馬力」が目安です。

  • 振動や騒音が小さく静か
  • 耐久性に優れている
  • 運搬が可能
  • 省エネ性に優れている

上記の特徴に合わせて選ぶと判りやすいです。家庭で使えるモデルが気になる方は、下記記事を参考にしてくださいね。

業務用コンプレッサーは、主に機械の動力源として利用します。たとえば建設現場や土木工事の現場では、

  • 削岩機
  • ドリル
  • 地盤改良機

の動力源として利用されることが多いです。

製造業の工場内では、

  • NC旋盤(金属を削ってものを作る機械)
  • マシニングセンター(いろいろな加工を連続で行える機械)
  • プレスブレーキ(薄い金属板を曲げる加工機)

の動力源にコンプレッサーが利用されています。

業務用のパワーを求める場合、用途によって専門的な知識が必要になることが多いです。

扱う金額も大きくなるため販売店の専門家やプロに聞き、状況に合ったコンプレッサーを導入しましょう。

エアーマンのコンプレッサーをレンタルしたい!レンタル先や注意点は?

引用:Pixabay

エアーマンのコンプレッサーは、レンタルもできます。コンプレッサーをレンタルするメリットは、以下の3つです。

  • 低価格でコンプレッサーが利用できる
  • 必要なときだけ使える
  • 購入前に試せる

低価格かつ必要なときだけコンプレッサーが使えるので、短期間の利用はレンタルを選んだほうが良いでしょう。

メンテナンスはレンタル会社が行うため、コンディションが良い状態でコンプレッサーを利用できます。

コンプレッサーのレンタルを行っている会社

株式会社アクティオ

アクティオは、法人だけではなく個人でもレンタルできる会社です。全国各地にある営業所で、レンタルを行っています。

料金の支払いは、レンタルを行った営業所で返却時に清算する流れです。

大型のコンプレッサーから、小型のコンプレッサーまでレンタルが可能。

株式会社レンタルのニッケン

事業内容をそのまま社名にしている「レンタルのニッケン」。

レンタルのニッケンはコンプレッサーだけではなく、さまざまな機械を幅広くレンタルしている会社です。

個人での利用が可能で、エアーマンのレンタルもできます。ニッケンでレンタルをする場合は、まず電話での予約が必要です。

レンタルする際には以下の2点が必要になるため、忘れずに持参しましょう。

  • 本人確認ができるもの(運転免許証)
  • 3ヶ月以内の公共料金支払明細書

南部興産

南部興産は、埼玉県にある重機やコンプレッサーのレンタルを行っている会社です。

業務用の大型コンプレッサーだけではなく、小型コンプレッサーもレンタルが可能。個人へのレンタルも行っている会社です。

レンタルしたい商品は店舗での受取り、利用場所への配送が選べます。

商品や届け先によっては配送ができないものがあるので、電話で確認しましょう。

レンタルの際に必要な書類が法人と個人では違うため、事前確認は必須です。

コンプレッサーをレンタルする際の注意点

コンプレッサーをレンタルする際は、いくつか注意点があります。借りる前に確認しておきたいのは、以下の4点です。

  • コンプレッサーの性能と用途
  • 法人、個人のどちらもレンタルが可能か
  • レンタルできる期間と料金
  • 返却方法

レンタルを行っている会社はたくさんあり、レンタルできるコンプレッサーの種類性能はさまざまです。

用途に合った性能のコンプレッサーを選ぶことが大切。たくさん種類がありすぎて選べないときは、レンタル会社に相談をしてみましょう。

またレンタルを行っている会社は、法人のみレンタルを行っている場合と個人にもレンタルOKな場合とさまざまです。

レンタルサービスの中には、法人のみの貸し出しをしているところもあります。個人へのレンタルも行っているのか、事前に確認をとると良いです。

次に確認しておきたいのが、レンタルできる期間。会社によって借りられる期間が決まっており、最短・最長で何日借りられるのかも確認しましょう。

希望する期間をレンタルした場合、どれくらいの料金になるかも把握しておきます。

レンタル終了時で注意したいのが返却方法です。

レンタルしたコンプレッサーを回収してくれるのか、自分で返却しなければいけないのかもレンタル会社を選ぶ際のポイント。

自分に合った返却方法を提供している会社を選ぶと、次回も利用しやすくなります。

どんな人にオススメ?レンタルを選ぶ理由

レンタルをオススメするのは、以下の2点に合う方です。

  • まずはお試しをしてみたい
  • 使う期間が限られている

購入する前に使ってみたい方は、レンタルを行うことで自分の使い方に合っているか実際に使いながら確かめられます。

頻繁にコンプレッサーを使わない方にもおすすめです。

持っていると便利なコンプレッサーですが、エアーマンをはじめ本格的なコンプレッサーは高価。

購入しても、ほとんど使わなければ費用対効果は薄いでしょう。

コンプレッサーを年間で使う回数が少ない場合、レンタルの利用も検討してみると良いです。

まとめ:コンプレッサーを選ぶならエアーマン!信頼性も高く安心できる

引用:北越工業株式会社

コンプレッサーを選ぶなら、信頼性が高いエアーマンがおすすめ。

エアーマンを販売している北越工業は長い歴史を持ち、ラインナップが豊富です。

仕事で使う方から本格的なDIYを楽しむ方まで、用途や使用場所に合ったコンプレッサーを選べます。

エアーマンは高価ですがレンタルも可能なため、まずはレンタルで使ってみるのも選択肢の一つです。

コンプレッサーの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。