電動ノコギリ【小型】でおすすめのものは?女性でも扱いやすい充電式!

電動ノコギリ【小型】でおすすめのものは?女性でも扱いやすい充電式!

引用:Amazon

手でノコギリを扱うと時間と手間がかかって大変…電動ノコギリなら、全然時間がかからないってホント?

まさに電動ノコギリは手動と違い、大幅な時間短縮と作業の負担が軽減されます。

とはいえ、

  • 電動ノコギリってどれを選んだらいいの?
  • おすすめの機種って結局どれ?

と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

そこで当記事では、「女性でも扱いやすい充電式の電動ノコギリ」についてまとめました。

初心者の方でも、読んでいただければ「どの電動ノコギリを選んだらいいか」が手にとるようにわかりますよ!ぜひ参考にしてくださいね。

ほかにも電動ノコギリを比較したいと思う方は、下記記事を参考にしてください。

電動ノコギリとはどういうもの?DIYで力を発揮する優れたアイテム!

電動ノコギリとはどういうもの?DIYで力を発揮する優れたアイテム! 引用:Amazon

電動ノコギリとは、刃を電力で動かして切断する電動工具のことです。

刃を付け替えると木材だけでなく、金属の切断もできます。

電動ノコギリはたくさんありますが、DIYには手軽に使えるものがおすすめです。

DIYで力を発揮する電動ノコギリとは

電動ノコギリには、大きくわけて2つの大きさがあります。

  • 大型
  • 小型

大型タイプは、両手でしっかりと持って使う大きさの電動ノコギリです。

大型タイプは扱いが難しく、電動ノコギリに慣れている方向き。

ボディがコンパクトな小型は、片手で持って作業ができます。手軽に使えるのも小型タイプの魅力です。

電動ノコギリの種類はどんなものがある?

電動ノコギリは3つの種類があります。

  • セーバーソー(レシプロソー)
  • ジグソー
  • 丸ノコ

セーバーソー(レシプロソー)は、刃を前後に動かして切断するタイプの電動ノコギリです。

「電動ノコギリ=セーバーソー(レシプロソー)」とイメージする方も多いでしょう。

セーバーソーは手ノコ(手動で切断するノコギリ)と同じような感覚で使えるため、DIYにピッタリです。

扱いもかんたんで、電動ノコギリに慣れていない方でもラクに扱えます。詳しくレシプロソーを知りたい方は、下記の記事が参考になるでしょう。

ジグソーは本体から下向きに刃をセットし、上下に動かして切断するタイプの電動ノコギリです。

細い刃で、直線よりも曲線の切断が得意な特徴があります。

切り口もきれいに仕上がりやすいです。ジグソーについて詳しく知りたい方は、下記記事を参考にしてください。

丸ノコは、円盤状の刃を回転させて切断する電動ノコギリを指します。直線の切断がきれいにできるのが特徴です。

しかし丸ノコは扱いが難しく、おもに本格的なDIYや業務用で使用されます。

丸ノコを詳しく知りたい方は、下記にまとめた記事がありますので参考にしてください。

用途や扱いやすさを考えて、自分に合ったものを選びましょう。

電動ノコギリ【小型】を選ぶ理由!充電式ならメリットも多く使いやすい

電動ノコギリ【小型】を選ぶ理由!充電式ならメリットも多く使いやすい 引用:Amazon

DIYで使うなら小型の電動ノコギリがかんたんかつ、手軽でおすすめです。

そしてコンパクトな電動ノコギリは、収納場所にも困りません。

電動ノコギリには、

  • 電源コード式
  • 充電式

の2つがあります。

日常のDIYでは、手軽に使える充電式がおすすめです。

充電式ノコギリのメリットとは?こんな方におすすめ

充電式ノコギリには3つのメリットがあります。

  1. 電源がない場所でも使用できる
  2. 手軽に持ち出して作業を始められる
  3. 電源コードがじゃまにならない

適度なパワーと扱いやすさがあり、

  • 初めて電動ノコギリを使う方
  • 工具になじみがない方

でもかんたんに作業ができておすすめです。

充電式ノコギリは電源を必要としないので、場所を問わず使用できる魅力があります。電源コードのわずらわしさもなく、コードに引っかかる心配もありません。

小型の充電式ノコギリは操作もシンプルなものが多く、扱いもかんたん。

コンパクトかつ、軽量な本体は力に自信がない方や女性でも楽に使えます。

電動ノコギリ【小型】で充電式か電源コード式か迷った場合の選び方は?

電動ノコギリ【小型】で充電式か電源コード式か迷った場合の選び方は? 引用:Amazon

充電式と電源コード式には、それぞれメリットがあります。

どちらを選ぶか迷ったら、自身の使い方や使う場所に合わせて選ぶと良いでしょう。

かんたんな作業や電源がない場所での使用なら充電式

かんたんな作業や電源がない場所で使用する場合、充電式がおすすめです。

充電式は、あまりパワーを必要としない作業に向いています。

  • かんたんな木工
  • 木の剪定(せんてい)
  • 家具の解体

ちょっとした作業や、さまざまな場所で使用する場合は充電式を選ぶと良いでしょう。

パワーや作業量を求めるなら電源コード式

電源コード式は、以下の場面で使用するときにおすすめです。

  • パワーが必要な作業
  • 作業量が多い

電源コード式は高い電力が使えるためパワフルで、固いものの切断もしっかりできます。

作業の幅を拡げたい方、パワー重視の方におすすめです。

電源コード式は使用時間の制約がなく、充電切れの心配がありません。

作業量が多いときは電源コード式がおすすめです。

電動ノコギリ【小型】でおすすめのものは?充電・電源ともに7種の紹介

電動ノコギリ【小型】でおすすめのものは?充電・電源ともに7種の紹介 引用:Amazon

電動ノコギリを選ぶときは、「切断能力」という項目を一つの目安にすると良いでしょう。

切断能力を基準に選べば、余裕のある性能を選べて失敗が少ないです。

電動ノコギリ充電式のおすすめ3種

・マキタ JR101DW

マキタ レシプロソー充電式10.8V差込式バッテリ対応 JR101DW
マキタ レシプロソー充電式10.8V差込式バッテリ対応 JR101DW

切断能力(mm):パイプΦ50、木材50
ストローク数:0~3300回/分
ストローク(mm):13

JR101DWは軽くてパワーもあり、作業がしやすい機種です。

切断能力が高く、木材も金属もしっかり切れます。

木材 厚さ152mmまで対応
軟鉄パイプ 直径50mmまで対応

本体に搭載されているバッテリーと合わせて、重さ1.1kgと軽量です。

・高儀(タカギ) EATH MAN DN-144LiAX

高儀 充電式電気のこぎり EARTH MAN
高儀 充電式電気のこぎり EARTH MAN

木材・枝の切断に
塩ビ・プラスチック・竹の切断に
一般金属の切断に

DN-144LiAXの切断能力は、木材・鉄材から塩ビパイプまでしっかりカットできるパワーをもっています。

木材 厚さ55mmまで対応
軟鉄パイプ 直径32mmまで対応
塩ビパイプ 直径60mmまで対応

また本体一式を揃えても1万円ほどなので、とてもリーズナブルです。

重さは1.0kgと軽量かつコンパクトなので、収納場所にも困りません。

DN-144LiAXのバッテリーと充電器はEATH MANシリーズに対応しており、流用が可能です。

・KIMO(キモ) QM-23201

KIMO 12V 充電式レシプロソー 充電式のこぎり
KIMO 12V 充電式レシプロソー 充電式のこぎり

ハイパワーであれもこれも高速切断
12Vリチウムイオンバッテリー搭載
軽量コンパクトでバランス良い

切断能力は、下記の表を参考にしてください。

木材 厚さ100mmまで対応
軟鉄パイプ 直径100mmまで対応
鉄材 厚み3mmまで対応

KIMOのQM-23201は、一式揃えても1万円までで購入できます。

豊富な刃がセットになっているので、充電してすぐに使用できるのが嬉しいポイントです。

安全ロックボタンを押さないと、スイッチが引けない安全構造になっています。

刃の交換も工具がいらず、とてもかんたん。コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

電源コード式のおすすめ2種

・BOSCH(ボッシュ)PFZ500E

BOSCH(ボッシュ) 電気のこぎり PFZ500E
BOSCH(ボッシュ) 電気のこぎり PFZ500E

・製造国:ハンガリー
・適用交換刃:木材荒びき
・生木150mmまで、木材150mmまで

ボッシュの電動ノコギリは、切断能力の高さが魅力です。

木材 厚さ150mmまで対応
塩ビパイプ 直径150mmまで対応
鉄材 厚み10mmまで対応

500ワットのモーターを搭載しているので、パワーの必要な作業で活躍します。

本体の重量が2.0kgと、充電式よりもやや重いです。

刃の付け替えもワンタッチでかんたん。作業量が多い方におすすめの機種です。

・リョービ(RYOBI) ASK-1000619700A

リョービ(RYOBI) 電気ノコギリ ASK-1000 619700A
リョービ(RYOBI) 電気ノコギリ ASK-1000 619700A

切断能力:(庭木)径45mm、(木材)厚さ40mm、(軟鋼板)厚さ3.5mm、(塩ビパイプ)径120mm
ストローク数:0~4,500min-1
ストローク量:10mm
電源:単相100V

ASK-1000619700Aの切断能力は、下記のとおりです。

庭木 径45mmまで対応
木材 厚さ40mmまで対応
鉄材 厚み3.5mmまで対応

操作がシンプルなので、扱いもかんたん。

ASK-1000619700Aの特徴であるワークホルダーは、作業時に本体や材料を固定しながらカットできます。

1万円までで購入でき、手軽に使えるのが魅力です。

金属も切れるパワーを求めるなら!充電・電源式の2種

・HiKOKI(ハイコーキ・旧日立工機)CR13VBY2

<br />
HiKOKI(ハイコーキ) 旧日立工機 電子セーバーソー

HiKOKI(ハイコーキ) 旧日立工機 電子セーバーソー

切断能力(mm):[鋼管]外径130・[塩ビパイプ]外径130・[木材]厚さ120・[軟鋼材]厚さ19
電流(A):15
ストローク数(min-1):0~3,000
ストローク量(mm):32

金属も切断できるパワーを求めるなら、ハイコーキのCR13VBY2がぴったりです。

木材 厚さ120mmまで対応
鉄材 厚さ19mmまで対応
鋼管 直径130mmまで対応
塩ビパイプ 直径130mmまで対応

本体の重さは4.5kgとやや重いですが、金属もしっかりと切断できます。

・マキタ JR184DRF

マキタ レシプロソー充電式18V JR184DRF
マキタ レシプロソー充電式18V JR184DRF

マキタ
18V
リチウムイオン3.0Ah
レシプロソー刃&ジグソー刃 (Bタイプ)使用可能

JR184DRFは、マキタの充電式電動ノコギリです。

切断能力は、下記のとおりです。

木材 厚さ50mmまで対応
塩ビパイプ 直径50mmまで対応

ほかにも石こうボードや銅管の切断もできます。

リチウムイオンバッテリーを搭載しており、1.7kgと本体も軽量なので楽に作業が行えます。

パドルスイッチとトリガスイッチを搭載しているので、作業性の高さも特徴。

充電式電動ノコギリで、パワーを求める方におすすめの機種です。

電動ノコギリの使い方!注意すべき点や必要なアイテムをご紹介!

電動ノコギリの使い方!注意すべき点や必要なアイテムをご紹介! 引用:Amazon

電動ノコギリは専用の刃に替えることで、いろいろな材料の切断ができます。

DIYのどのようなシーンで、電動ノコギリを使うのかわかりにくいですよね。

実際に使う例とともに、使用上の注意点もご紹介します。

電動ノコギリを使ったDIYの例

手作業で切っていた木材の切断に電動ノコギリを使うと、「短時間かつラク」に作業が行えます。

電動ノコギリをDIYで使う場合、以下のようなシーンで活躍してくれます。

  • 木材や鉄パイプの切断
  • 板を直線や曲線に切る

電動ノコギリは木材以外にも、刃を替えると鉄パイプや鉄材の切断が可能です。

機種によって切断できる太さや厚みが違うので、使う前に確認をしましょう。

また直線を切断する際は、ソーガイドを使うとかんたんに真っ直ぐきれいに切断できます。

Z ソーガイド・ミニ 30104
Z ソーガイド・ミニ 30104

ソーガイド・ミニ
本体:アルミ 付属品:アルミ・炭素工具鋼5種(SK5) 鋸:炭素工具鋼5種(SK5)、ABS樹脂
本体、45°カット金具、平行スライダー、ダミープレート

ソーガイドとは、ノコギリで真っ直ぐに切れるように補助する道具のことです。

電動ノコギリで曲線を切る場合、少しずつ切断した方がかんたんにカットできます。

しかし最初のうちは、電動ノコギリできれいに切断するのは難しいです。

慣れるまでは捨てる端材で練習すると良いでしょう。

作業時の注意点!揃えたほうが良いもの

作業時、注意しなくてはいけない点がいくつかあります。

  • 作業前に電動ノコギリの使い方を把握する
  • 適切な服装で行う
  • 作業スペースを整えてから作業を行う
  • 作業はゆっくりと慎重に

電動ノコギリは手軽に使え、便利な道具です。しかし使い方を誤ると、思わぬ事故や怪我の原因になることも。

初めて使うときは、説明書をしっかり読んで使い方を把握しましょう。

初めて使うときは、説明書をしっかり読んで使い方を把握しましょう。 引用:photoAC

また電動ノコギリは、電動で高速に動く刃物です。作業中は衣服が巻き込まれやすく、注意しなければなりません。

  • 服のそで
  • すそ
  • ひも類

上記3つは特に巻き込まれやすいので注意をし、動きやすい服装で作業をしましょう。

ほかにも作業場所が狭かったり、散らかっていたりすると作業がしづらいです。

作業スペースをしっかりと確保し、整理整頓をしてから作業にかかりましょう。

以下の2点は作業中、自分の身を守るために必要な道具です。

ビジョンベルデ 保護めがね
ビジョンベルデ 保護めがね

レンズ色:クリア
レンズタイプ:両面ハードコート
質量(g):28
JIS T 8147規格品
高儀 斬丸 振動軽減グローブ
高儀 斬丸 振動軽減グローブ

草刈機・チェーンソーなど振動を伴う作業に
材質:手の平部/人工皮革、手の甲部/ポリエステル
洗濯OK
本体サイズ:約W16×H22.5×D0.5cm

電動ノコギリを使っているとチリが舞ったり、切りクズが飛んできたりします。目を保護するためにも、保護メガネは必須です。

また電動ノコギリを長時間使用していると、冷えやしびれが出ることもあります。

防振手袋をすると未然に防げるので、こちらも準備しておきましょう。

電動ノコギリは刃物です。少しの注意不足や油断が、重大な事故や怪我につながります。

安全に十分配慮し、気を付けて作業をしましょう。

電動ノコギリはレンタルできる?お試しや使う期間が決まっているなら

電動ノコギリはレンタルできる?お試しや使う期間が決まっているなら 引用:Pixabay

電動ノコギリは購入だけでなく、レンタルも可能です。

レンタルは低価格で電動ノコギリを試せます。短期間の使用ならレンタルがお手軽です。

初めて電動ノコギリを使う方はまずはレンタルでお試ししてみてはいかがでしょうか。

レンタルできる実店舗やネットサービスをご紹介

以下の場所で、電動ノコギリのレンタルが可能です。

  • ホームセンター
  • ネットサービス

ホームセンターで工具をレンタルする場合、

  1. DIYスペースと一緒に工具をレンタルする
  2. 工具のみレンタルする

の2パターンが一般的です。

ホームセンターには、買った材料を自分で加工できるDIYスペースがあります。

DIYスペースをレンタルすれば、スペース内にある工具の使用が可能です。ホームセンターによっては、工具のみのレンタルができる場合も。

工具のみレンタルする場合、料金は1泊2日1000円までの予算で借りられることが多いです。

店舗によって借りられる工具は違うので、事前に確認しておけば間違いがありません。

近くにホームセンターがなくても、ネットで電動ノコギリのレンタルは可能です。送料はかかりますが、全国に配送してくれます。

電動ノコギリをレンタルする場合は、2泊3日2000円ほどが相場。レンタルは少しだけ電動ノコギリを使ってみたいときに、便利なサービスです。

上手に活用しましょう。

まとめ:電動ノコギリ【小型】で選ぶなら扱いやすい充電式がおすすめ!

まとめ:電動ノコギリ【小型】で選ぶなら扱いやすい充電式がおすすめ! 引用:Amazon

DIYで活躍してくれる電動ノコギリは、ラクに作業できるため揃えておきたい工具です。

しかし用途や使用場所によって、使いやすい電動ノコギリに違いがあります。小型の電動ノコギリなら手ノコと同じ感覚で使え、扱いがかんたんです。

充電式なら使う場所を選ばず、気軽に屋外でも使用できるのも魅力。

自分に合った電動ノコギリで、DIYを楽しみましょう。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。