グルーガンの使い方を基本から応用まで解説!コツや注意点、片付け方も

引用:高儀

短時間で接着ができ、アクセサリーも作ることができて人気のグルーガン。ダイソーなど100円ショップでも販売され、DIYで楽しむ方も増えています。

しかしグルーガンの「正しい使い方」や「コツ」までご存じの方は、少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、グルーガンの使い方を基本から応用まで解説していきます。さらにコツや注意点、片付け方もご説明しますので、これからグルーガンを使ってみたいという方はぜひご覧ください。

※グルーガン(ホットメルト)は工業用にも使われていますが、今回はDIY用のグルーガンについて説明します

グルーガンとは《ボンドとの違いや種類》

まずは、グルーガンの基本についてご説明します。

グルーガンとは

グルーガンとは、棒状の熱可塑性プラスチック(スティック)を溶かして接着する工具です。接着剤としてはもちろん、溶かしたスティックで小物など造形物を作ることも出来るため、DIYのさまざまな場面で使われています。

グルーガンのほか「ホットメルト」や「ホットボンドガン」などの名称でも呼ばれます。

液体ボンドとグルーガンの違い

液体ボンドとグルーガンは、どちらも「材料を接着する」ために使用します。比較すると次のような特徴があります。

  • 液体ボンド:接着強度は強いが、固まるまでに時間がかかる
  • グルーガン:接着力は弱いが、1分ほどで固まる

それぞれのメリットとデメリットを把握して、適した場面で使用しましょう。

グルーガンの種類

一見おなじように見えるグルーガンですが、いくつかの種類があります。ここでは大きく「スティックを溶かす温度」・「スティック径」・「電源」で分けたタイプをご紹介します。

スティックを溶かす温度

スティックを溶かす温度の違いで、2つのタイプがあります。なお、スティックにも低温用・高温用がありますので、購入の際にはよく確認しましょう。

低温タイプ

スティックを溶かすノズルの温度が、約120〜135度と低い温度のグルーガンです。高温タイプより安価ですが、接着力が弱くなります。

ホットメルトグルーガン 低温 軽量グルーガン グルースティック60本付属
ホットメルトグルーガン 低温 軽量グルーガン グルースティック60本付属
商品重量:381 g
梱包サイズ:20.5 x 19 x 5.2 cm
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

高温タイプ

スティックを溶かすノズルの温度が、約160〜180度と高い温度のグルーガンです。低温タイプよりも接着力が強いですが、価格が高くなります。

SK11 ボンドガン ピタガン 木材 紙 皮革 プラスチック用 GM-100
SK11 ボンドガン ピタガン 木材 紙 皮革 プラスチック用 GM-100
サイズ:7.5ΦX100mm
使用電圧:AC100V
ノズル温度:160度
電流ヒューズ:定格5A
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

スティック径

スティック径の違いで、2つのタイプがあります。ちなみに、11mmタイプのグルーガンで7mm径スティックを使うことはできますが、その逆はできませんので注意して下さい。

スティック径7mmタイプ

グルーガンの機種が多いのは、こちらの7mm径タイプです。細いスティックのため、細かい作業に向きます。

TOPELEK グルーガン 小型 20W スティック50本付き
TOPELEK グルーガン 小型 20W スティック50本付き
消費電力:20W
重量:335g
使用スティック:直径7mm
ケーブル長さ:150cm
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

スティック径11mmタイプ

スティック径が、11mmと大きいグルーガンのタイプです。接着剤を多く使う作業に向いています。

高儀 EARTH MAN AC100V BIGグルーガン GG-110
高儀 EARTH MAN AC100V BIGグルーガン GG-110
用途:●木・紙・革・布などの接着に ●広範囲の接着に
セット内容:●本体 ●スタンド ●φ11mmグルースティック×2本
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

電源

電源の違いで、2つのタイプがあります。

電源コードタイプ

家庭用電源を使用するために、本体から電源コードが出ているグルーガンです。最もポピュラーで、多くの機種が販売されています。

SK11 ボンドガン ピタガン 木材 紙 皮革 プラスチック用 GM-100
SK11 ボンドガン ピタガン 木材 紙 皮革 プラスチック用 GM-100
サイズ:7.5ΦX100mm
使用電圧:AC100V
ノズル温度:160度
電流ヒューズ:定格5A
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

乾電池タイプ

電源に乾電池を使用するグルーガンです。コードを気にせず作業ができますが、乾電池を使用するため低温タイプが多くなります。

高儀 EARTH MAN 乾電池式 コードレスグルーガン GG-210CL
高儀 EARTH MAN 乾電池式 コードレスグルーガン GG-210CL
LEDライト:0.1W白色LED×1灯※交換不可
本体サイズ:約高さ165×幅41×奥行152(mm)、質量:約150g(本体のみ)
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

グルーガンの使い方〈基本編〉

ここからは、グルーガンの使い方をご紹介していきます。まずは基本的な使い方です。

【使い方1】専用スティックを本体に差し込む

引用:太洋電機産業
まずは、グルーガン本体に専用スティックを差し込みます。後ろの穴から、奥まで差し込んでいきます。

【使い方2】電源プラグをコンセントに差し込む

次に、グルーガンの電源プラグをコンセントに差し込みます。機種にもよりますが、5分ほどで専用スティックが溶ける温度になります。

このときスタンドなどを使い、必ずノズルを下に向けた状態で待ちましょう。ノズルを上に向けていると、溶けたスティックが本体を逆流し、故障する恐れがあります。
引用:アストロプロダクツ
また溶けたスティックがたれても良いように、ノズルの下に受け皿やキッチンペーパーなどを敷いておきます。

【使い方3】トリガーを引いてスティックを押し出す

引用:太洋電機産業
トリガーを引いてスティックを押し出すことで、溶けたスティック(接着剤)がゆっくりとノズルから出てきます。

【使い方4】素材を接着する

ノズルから溶け出たスティック(接着剤)を、材料につけて接着します。

完全に固まるには1分ほどかかりますが、数秒で固くなり始めます。すばやく接着していきましょう。

【使い方5】スティックを補充する

引用:太洋電機産業
本体内のスティックがなくなると、トリガーを引いても溶けたスティック(接着剤)は出ません。本体後ろの挿入口から、スティックを補充します。スティックは突き当たるまでしっかりと差し込みます。

またスティックを補充している場合でも、電源プラグはコンセントに差したままで大丈夫です。

グルーガンの使い方〈応用編〉《絶縁・小物作り・ウィッグ・はがす・代用品》

グルーガンには、さまざまな使い方があります。ここでは使い方の〈応用編〉をご紹介します。

基板部品などの絶縁に使う

引用:美晃電子
グルーガンによって、基板部品を固定しながら、絶縁にも使うことができます。スティックは合成樹脂などでできており、電気を通しません。

そのため絶縁にも適していますが、高温になる部品には使用することはできません。

小物・デコレーション・アクセサリー作りに使う

引用:アトリエ

グルーガンは接着だけでなく、小物・デコレーション・アクセサリー作りにも使われます。こちらの方は、グルーガンでアポロチョコを作ってしまいました。

また熱に強いシリコンモールドを使えば、さまざまな形を作り出すことができます。接着だけでなく、このように成型できるのもグルーガンの魅力ですね。
・SETOCO グルーガンでパーツ作り

アシーナ シリコンモールド レリーフ5種 39032217
アシーナ シリコンモールド レリーフ5種 39032217
本体サイズ :縦109×横109×厚さ9mm
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

ウィッグの固定に使う

ウィッグの固定にグルーガンを使う方もいます。接着剤よりも早く固まるため、便利に使うことができますね。

ただし、溶けたスティックは100度以上になりますので、高温に強いウィッグを準備する必要があります。

グルーガンで固定したモノをはがすことはできる?

グルーガンで一度固定したけれど、位置を間違えたのではがしたい場合。材料によっては、はがすことも可能です。

木や布、紙などの場合は、ドライヤーで熱風をあててはがしてみましょう。またエタノールを付けた布を押し付けることでも、接着剤がとれやすくなります。

ただし、布についた接着剤はとることは困難です。グルーガンを使うときは、汚れても良い服装で行いましょう。

グルーガンの代用に使えるモノは?

接着剤としてのグルーガンの代用に使えるのは、一般的な接着剤全般です。接着する速さを求めるならば、瞬間接着剤があります。

コニシ ボンド アロンアルフア プロ用耐衝撃 20g #31701
コニシ ボンド アロンアルフア プロ用耐衝撃 20g #31701
個装形態:ブリスターパック
性状:シアノアクリレート系
種類:化学反応型接着剤
NET(個装):20g /1本
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

補強のためのグルーガンの代用としては、粘土型接着剤がおすすめです。

Sugru 手練り成型粘土型(モールダブル)万能接着剤 高耐久・防水性 5g × 8個 使い捨てパック 黒 SBLK8
Sugru 手練り成型粘土型(モールダブル)万能接着剤 高耐久・防水性 5g × 8個 使い捨てパック 黒 SBLK8
防水性
高温および低温でも安定使用可能(-50ºC~180ºC)
豊富なカラーバリエーション(10色)
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

また、造形に使うためのグルーガンの代用としては、造形ねんどやプラバンがあります。用途に応じて、代用になるものを選んで下さい。

ヒマラヤ 粘土 樹脂粘土 グレー 1kg 造形用粘土 モールド メーカー プラモデル用品
ヒマラヤ 粘土 樹脂粘土 グレー 1kg 造形用粘土 モールド メーカー プラモデル用品
★重量:1000g
★規格:13.5x8x1.4cm
★色:グレー 内容物:本体x説明書付
★用途:彫塑用粘土 、人形造り
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

楽しい工作シリーズ No.126 透明プラバン0.2mm B4 5枚 (70126)
楽しい工作シリーズ No.126 透明プラバン0.2mm B4 5枚 (70126)
商品の寸法: 39 x 27 x 0.2 cm ; 159 g
発送重量: 159 g
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

グルーガンの上手な使い方のコツ

グルーガンには独特の使い方のコツがあり、コツを知ればさらに使いこなせます。ここでは、グルーガンの上手な使い方のコツをご覧ください。

糸を引いてしまう場合のコツ

引用:&Reno
ノズルから接着剤を出したところ、糸をひいて、接着場所以外にもついてしまう。グルーガンを使っているとよくあることですが、まず「糸を引かないことはない」と覚えてください。粘度の高い接着剤ですので、必ず糸は引きます。

その上で、できるだけ糸を引かないようにするコツは次の2つです。このとき、糸も高温になっていますので、触れてヤケドしないように注意しましょう。

本体の温度をしっかり上げる

本体(本体内の発熱体)の温度がしっかり上がっていないと、糸を引きやすく(切れにくく)なります。まずは取扱説明書に記載された「温度が上がるまでの時間」を確認して、その時間を待ってから使いはじめます。

流れ出た接着剤から離さずに糸を切る

ノズルから流れ出た接着剤から本体を離していくと、糸が長く垂れるだけです。そこで、できるだけ「出した接着剤」に近い部分で、糸を巻くようにして切ってから本体を離します。

こちらの動画がわかりやすいので、参考にしてみて下さい。

素材が接着できない場合のコツ

後述していますが、グルーガンには接着できない材料があります。まずは材料が接着できるかどうかを確認しましょう。

本来は接着できる材料なのに接着できない場合は、次の点に気をつけることがコツです。

  • 接着する箇所の汚れやゴミ、油分、水分はしっかりと拭き取る
  • 本体の温度をしっかり上げてから、接着剤を出す
  • 接着剤を多めにつける
  • 接着剤が熱いうちに、接着する材料をつける
  • 5分以上は、接着箇所に触らない
  • 高温タイプのグルーガンを使用する

グルーガンが接着できる材料《金属・プラスチックなどは仮止めに》

ここでは、グルーガンが接着できる材料をご紹介します。

グルーガンが接着できる材料

グルーガンが接着できる材料は、次のとおり。表面がザラザラしたものを接着することが得意です。

  • 皮革

グルーガンで仮止めができる材料

グルーガンで仮止めができる材料は、こちらです。表面がツルツルしていると、接着力が弱まるため、仮止めまでの使用にしましょう。

  • プラスチック
  • 金属
  • 陶器
  • ガラス

テフロンやシリコンゴム、熱に弱い材料は接着できない

テフロンやシリコンゴムは、グルーガンでは接着できません。これはグルーガンだけでなく、ほとんどの接着剤でも接着不可です。どうしてもテフロンやシリコンゴムを接着したい場合は、テフロンやシリコンゴムに対応した特殊な接着剤を使用しましょう。

こちらの接着剤は、シリコンゴムも接着可能です。

スコッチ 超強力接着剤 プレミアゴールド スーパー多用途2 透明 20g
スコッチ 超強力接着剤 プレミアゴールド スーパー多用途2 透明 20g
原産国:日本
内容量:20g
色調:透明
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

また、高温になったスティックで接着するという使用上、発泡スチロールやビニールといった、熱に弱い材質も接着できません。

グルーガンを使う際の注意点《火事・下に敷くもの》

グルーガンは本体ノズルが高温になるため、取り扱いには注意が必要です。ここでは、グルーガンを使う際の注意点についてご説明します。

使い終わったら必ずプラグを抜く《火事に注意》

グルーガンを使い終わったら、必ずすぐにプラグを抜きましょう。ここでも本体をスタンドに立てて、ノズルを下向きにして置きます。

また、紙や木など燃えやすい物が回りにあると、火事になる恐れも。周囲にも気をつけて、本体を冷まします。
引用:Amazon

下に敷くものはどんなものがいい?《クッキングシートが便利》

グルーガンを使うにあたって、どんなものを下に敷くと安全なのでしょう?紙では火災の恐れがありますし、プラスチックシートでは溶けてしまいますよね。

実は、クッキングシートが最も適しています。耐熱性があるため、溶けたスティックが落ちても問題ありません。またクッキングシートの表面には、調理の際に材料がつかないように、シリコンやテフロンがコーティングしてあります。

そのため、グルーガンで小物作りやアクセサリーを成型する際にも、クッキングシート上で作ることが適しています。

グルーガンの片付け方

最後に、グルーガンの片付け方をご紹介します。

【片付け方1】コンセントからプラグを抜き、本体を冷ます

使い終わったら、速やかにグルーガンの電源プラグをコンセントから抜き、本体を冷まします。前述の通り、ノズルが下を向くようにして下さい。

【片付け方2】スティックはそのままで片付ける

本体が充分に冷えてから、グルーガン本体を片付けます。

このとき、本体内に残ったスティックは、残したままで構いません。無理に引き抜こうとすると故障の恐れがありますので、気をつけて下さい。

グルーガンの使い方を知って安全なDIYを

今回はグルーガンの使い方やコツ、注意点、片付け方などをご説明しました。接着から造型まで使えて便利な工具ですが、高温になり危険な面があることも理解して頂けたかと思います。

ぜひ、今回の記事で正しい使い方を確認して、安全なDIYを楽しんでもらえれば幸いです。



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事