ボッシュの高圧洗浄機は使いやすくて初心者に最適!性能も高く付属品も充実

引用:Amazon

ボッシュの高圧洗浄機は使いやすくて初心者に最適!性能も高く付属品も充実

高圧洗浄機がほしいなら、ボッシュの洗浄機はケルヒャー製よりも安価で高機能です。

でもボッシュってあまり聞き慣れないメーカーですよね?購入しようと検討したとき、

  • 実際のところボッシュの高圧洗浄機ってどうなの?
  • ケルヒャーと比べて優れてる点があれば知りたい
  • 詳しく使い方や付属品の有無も知っておきたい

と疑問や不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでこの記事では「ボッシュの高圧洗浄機が初心者におすすめな理由」についてまとめました。

ボッシュ製の高圧洗浄機を検討中でお悩みなら、4分ほどでサクッと解決できますよ。

ぜひ参考にしてくださいね。

ボッシュの高圧洗浄機が評判な理由とは?性能や付属品が他社より充実

引用:BOSCH.co.jp

ボッシュの高圧洗浄機は性能が良く、付属品が他社製品よりも充実しています。

高性能な本体と充実した付属品を安価に購入できるのも、評判が良い理由の一つです。

もう少しボッシュについて詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

高圧洗浄機で有名なケルヒャーについて詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてくださいね。

ボッシュは付属品も充実していてすぐに使える

高圧洗浄機を水道から使おうとしたとき、蛇口と本体をつなぐ専用ホースが必要です。

しかしホースが別売りになっている高圧洗浄機もあり、初めて購入するときはわかりにくい場合があります。

ボッシュの高圧洗浄機は水道ホースが付属で同梱されているため、別途購入する必要はありません。

同梱されている付属品は、

  • 水道ホース(3m)
  • 高圧ホース(8m)
  • ガン(ホース先につける噴出口)
  • ランス(噴出口の延長管)
  • 90度変換ノズル
  • 3in1ノズル
  • フォームノズル(洗剤を入れられるノズル)

と充実しており、購入後すぐに使用できるのが魅力です。

Amazonで購入するとボッシュのほうが安価!

同等品と比較して、ボッシュのほうが安くAmazonで購入できます。

ボッシュUA125 Amazon価格約20,000円 定価約30,000円
ケルヒャーK3 Amazon価格約25,000円 定価約35,000円

ボッシュの高圧洗浄機UA125は、定価が約3万円です。しかしAmazonを利用すると、2万円ほどで購入ができます。

充実した付属品も同梱されてお得に購入できるので、コストパフォーマンスがとても良いです。

同じ価格帯の高圧洗浄機ケルヒャーK3は、定価が36,000円程とボッシュのUA125よりもやや高くなります。

AmazonでケルヒャーK3を購入した場合でも、25,000円ほどとUA125よりも高めです。

KARCHER(ケルヒャー) 高圧洗浄機 K 3
KARCHER(ケルヒャー) 高圧洗浄機 K 3

サイズ:56.3×33.1×28.6cm /本体重量(kg):10.3c
電源:AC100V 50Hz /消費電力:1300W
最大許容圧力:10000Kpa
ボッシュ(BOSCH) 高圧洗浄機 1500W 最大許容圧力12MPa
ボッシュ(BOSCH) 高圧洗浄機 1500W 最大許容圧力12MPa

軽量・コンパクト。洗浄力バツグンの高圧洗浄機。
3種の機能を1つに付け替えの手間が要らない「3in1ノズル」
車の下や雨どい、2階の窓などの洗浄に活躍する「90度変換ノズル」

同じ定価のケルヒャーK3とボッシュUA125のスペックを比較!

引用:BOSCH.co.jp

高圧洗浄機のスペックを比較する際、

  • 最大吐出圧力
  • 吐出水量
  • 本体の重さ

の3点に注目するとわかりやすいです。

ケルヒャーK3とボッシュUA125の能力値を比較したので、購入する際の参考にしてください。

最大吐出圧力

高圧洗浄機の性能に「最大吐出圧力(さいだいとしゅつあつりょく)」という項目があります。

最大吐出圧力とは、水が噴射される圧力のことです。最大吐出圧力の数値が高いと、噴射する水の勢いが強くなります。

水を押し出すパワーが強いと、素早く効率的に汚れを落とすことが可能です。

家庭用の高圧洗浄機は、最大吐出圧力が10MPaまでの製品が多く販売されています。

ケルヒャーK3とボッシュUA125の最大吐出圧力は、以下の表にまとめました。

ボッシュUA125 吐出圧力12MPa
ケルヒャーK3 吐出圧力10MPa

UA125の方が圧力は高く、汚れを落とす能力に優れています。

パワフルに汚れを落としたい方は、UA125がおすすめです。

吐出水量

高圧洗浄機の性能がわかる「吐出水量(としゅつすいりょう)」も、確認しておいたほうがよいでしょう。

吐出水量とは、どれだけの水を噴射できるか示したものです。「L/h(リットル毎時)」という単位で示されます。

※「L/h」は、1時間あたり何リットルの液体が流れるのかを表している単位です。

吐出水量の数値が大きい機種は、大量の水を噴射できます。

UA125とK3の吐出水量は以下のとおりです。

ボッシュUA125 吐出水量390L/h
ケルヒャーK3 吐出水量360L/h

高圧洗浄機で汚れを多く洗い流したい場合は、吐出水量の数値が大きいものを選ぶと良いでしょう。

本体の重さ

家庭用の高圧洗浄機は、持ち運びしやすいよう軽量に作られています。

なかでも軽量を売りにしている機種の重量は、目安6kg前後です。

軽い高圧洗浄機だと、女性や力があまりない方もかんたんに扱えます。

本体の重さは、以下のとおりです。

ボッシュUA125 本体重量6.8kg
ケルヒャーK3 本体重量10.3kg

UA125の方が軽く作られており、取り扱いがしやすいです。

持ち運んで使いたい方は、本体重量が軽い高圧洗浄機を選ぶと良いでしょう。

【ボッシュ】高圧洗浄機の使い方は?最初の組み立ては説明書を参考に!

引用:BOSCH.co.jp

ボッシュの高圧洗浄機は、組立てが必要です。

組立ての手順や方法は、高圧洗浄機の箱や取扱説明書に記載されています。

しかし箱に記載されている手順はほかの機種と共通のため、UA125本体とは少し異なる部分があります。

UA125を組立てる際は、同梱されている説明書を参考にしましょう。

開梱後10~15分で組み立てられる

ボッシュの高圧洗浄機は、短時間で組み立てが可能です。使う前に高圧洗浄機本体の組み立てをします。

  • ハンドルを起こし、高さを調整する
  • ランスを取り付ける
  • 高圧ホースを取り付ける
  • 水道ホースを取り付ける
  • ノズルを取り付ける

UA125のハンドルは本体に格納されているので、使用する際はハンドルを起こします。ハンドルの高さは調節が可能です。

高さを調節したら、ハンドルの裏側にあるダイヤルを締めて固定しましょう。

ガンの溝とランスにある突起を合わせ、隙間がなくなるまでしっかりと差し込みます。差し込んだランスを右へ回して、ガンとランスの組み立ては完了です。

本体とガンの高圧ホース取り付け口それぞれに、高圧ホースをカチッと音がするまで差し込みます。

本体に水道ホースを取り付ける前に、フィルターの取り付けが必要です。フィルターは給水口にまっすぐ差し込み、右へ回して取り付けます。

次に水道栓を閉めた状態で、水道ホースを差込みましょう。水道ホースの差し込みが不十分だと水は通らないので、確実な取り付けが必要です。

高圧ホースは差し込み口にしっかりと差し込みます。

ノズルにある緑色の印とランスにある赤いボタンが合うようにし、奥まで差し込んで本体の組み立ては完了です。

使用する前に組み立てたガンや各ホースを手で軽く引っ張り、しっかりと差し込めているか確認しましょう。

詳しい手順を動画でも確認し、組み立てる際の参考にしてください。

【ボッシュ】高圧洗浄機の使い方について

UA125で作業するとき、電源プラグを差し込んでから水道栓を開けましょう。栓を開放してから電源スイッチをONにします。

高圧洗浄機は高圧の水を噴射し勢いがあるので、片手でガンを持っている状態だと反動で不安定になり危険です。

ガンは両手でしっかりと握って、安全ロック解除ボタンを押します。

高圧洗浄機を始動した最初のうちは、水圧が不安定です。安定するまで約20秒間は噴射口を下に向け、噴射します。

水圧が安定したら、対象物に噴射口を向けて洗浄しましょう。連続で使用する時間は、およそ1時間程度です。

1時間を超えて使うときは、一度電源を切ります。洗浄が終わったら始動とは逆の手順で、電源を切りましょう。

ガンの中に残った水を抜くため、ガンのレバーを水が出なくなるまで引きます。

【付属品】90度変換ノズルについて

UA125は付属しているノズルを利用すると、さらに使いやすくなり便利です。

90度変換ノズルは、噴射する角度を90度にできます。

  • 奥まっている場所
  • 見えにくい部分
  • 雨どい
  • 車の下回り

上記の場所を洗浄する際に使うと、とても便利です。

引用:Amazon

引用:Amazon

普通のノズルでは角度があって届きにくい場所も、90°変換ノズルを使用すると洗いやすくなります。

【付属品】3in1ノズルについて

3in1ノズルは、

  • ロータリージェットモード
  • ワンポイントジェットモード
  • ジェット(通常)モード

の3種類が噴射できるノズルです。

ロータリージェットモードは、高圧の水を回転させながら噴射します。とても強力なので、頑固な汚れを落とす際に使用すると便利です。

ワンポイントモードは、高圧の水をポイントで噴射できます。小さな汚れを強力に落としたいときにおすすめのモードです。

ジェット(通常)モードは扇状に噴射するモードで、壁や床の洗浄に向いています。

それぞれのモードで噴射している動画がありますので、ぜひ参考にしてください。

車を洗車する際は、広い範囲を洗えるジェット(通常)モードがおすすめ。

ロータリージェットモードとワンポイントジェットモードは、水を噴射する圧力がとても高く強力です。

  • 壊れやすいもの
  • 車のボディ

上記のものに噴射すると破損したり、塗膜が剥がれたりするので使用は避けましょう。

ボッシュの高圧洗浄機に洗剤も混ぜられる?汚れがさらに落ちやすく!

引用:BOSCH.co.jp

高圧洗浄機は、高圧の水で汚れを落とします。そのため油分を含んだ汚れは落としにくいです。

ボッシュの高圧洗浄機には、洗剤を一緒に噴射できるフォームノズルがあります。

汚れがよく落ちるようになるので、ぜひ使ってみてください。

洗剤も一緒に使える付属品が同梱

ボッシュの高圧洗浄機に付属している「フォームノズル」は、洗剤を混ぜて一緒に噴射する専用のノズルです。

フォームノズルを使用すると、泡立ちの細かい洗剤を高圧で噴射できます。

洗剤を高圧で吹き付けるので、油分を含んだ汚れが落ちやすくなり便利です。

UA125のフォームノズルはタンク容量が450mlで、ランスに直接取り付けて使用します。

よりしっかりと汚れを落としたい方は、フォームノズルの使用がおすすめです。

参考動画はケルヒャーを使っていますが、実際に洗剤を併用して噴射した状況の参考にしてください。

洗剤を使用する際に気をつけるポイント

フォームノズルを使用する場合、3つのポイントに注意しましょう。

  • できれば中性洗剤を使う
  • 指定通りに薄める
  • 洗剤はしっかりと流す

フォームノズルは本体を経由しないため、アルカリ性・酸性の洗剤も使えます。しかしできるかぎり中性洗剤を使ったほうが、部品が痛みません。

また洗剤によって、薄める割合が決められています。薄める際に洗剤の濃度が薄すぎると、洗剤本来の性能を発揮できず汚れが落ちにくいです。

反対に洗剤が濃いと、泡切れが悪かったり流したあとも洗剤が残ったりします。使用する洗剤は決められた通りに薄めましょう。

洗い流し足りずに洗剤が残ったまま乾いてしまうと、シミの原因にもなります。乾いてしまう前に洗剤をすべて落としたほうが良いです。

洗剤を使用したあとは、高圧洗浄機を使ってしっかりと洗い流しましょう。

まとめ:ボッシュの高圧洗浄機は初心者が初めて購入するのに最適!

引用:BOSCH.co.jp

ボッシュの高圧洗浄機UA125は高性能で、さまざまな付属品があるので幅広いシーンで活躍します。

組み立てや扱いも難しくないので、初めて購入する高圧洗浄機に最適です。

普通に洗っただけでは落ちなかった汚れも、高圧洗浄機を使うとしっかりと汚れが落とせ
ます。

ボッシュの高圧洗浄機はとても便利なので、ぜひ活用してください。

ほかにも高圧洗浄機を比較したい方は、下記の記事を参考にしてください。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。