鉄筋カッターのおすすめは用途にあわせた4タイプ!人気製品もたっぷりご紹介!

引用:Amazon

現場で鉄筋の切断ができる便利な工具、鉄筋カッター
購入しようとすると、たくさんの種類があり選ぶのは大変ではありませんか?
鉄筋カッターを選ぶなら、今回紹介する4つのタイプをおさえておけば大丈夫です。
タイプごとにおすすめの製品も紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

鉄筋カッターとは

引用:Amazon

鉄筋カッターとは鉄筋コンクリート構造に使われる、鉄筋を切断する工具です。
鉄筋はディスクグラインダーでも切断できますが、専用工具の鉄筋カッターを使用すれば素早く安全に作業ができます。
また、鉄筋カッターは切断時に火花が出ないというメリットがあり、レスキューの現場でも使われます。

切断できる鉄筋の種類とサイズに注意

鉄筋は硬さ(SD)径の太さ(D)が異なり、鉄筋カッターが切断できるサイズはカタログなどで切断能力として記載されています。
特に注目してほしいのは、硬さ(SD)です。
SDのあとの数値が大きくなるほど硬さが増加します。
鉄筋カッターは製品によって、切断できる硬さが異なるので注意が必要です。

鉄筋カッターの種類

引用:Amazon

鉄筋カッターにはさまざまな種類があります。
しかし、現場で多く使用されている製品を分類すると以下の四種類です。

・手動式
・手動油圧式
・電動油圧式
・電動チップソー式

それぞれの特長を紹介しますので、用途にあわせて使い分けてくださいね。

手動式

引用:Amazon

手動式の鉄筋カッターは、てこの力を利用して鉄筋を切断します。
工具としてサイズが大きくなってしまうのがネックですが、安価で購入できる製品もあるため、ご家庭でのDIYにもおすすめです。
手動式の鉄筋カッターは鉄筋を切断するだけでなく、曲げる機能を備えている製品も多くあります。

手動油圧式

手動油圧式の鉄筋カッターは、油圧ボンプを手動で動かしブロック状の刃物で鉄筋を切断する、ハンディタイプの鉄筋カッターです。
実際に手動油圧式の鉄筋カッターで、鉄筋を切断している動画を紹介します。

手動油圧式は手動式に比べて軽量で小型なので、作業場所を選ぶことがなく、持ち運びにも便利です。
油圧の力で切断しますので、ポンピングに時間がかかりますが、手動式に比べると強い力を必要としません。

電動油圧式

電動油圧式の鉄筋カッターは、電気の力で油圧ポンプを作動し、ブロック状の刃物で鉄筋を切断します。
実際に電動油圧式の鉄筋カッターで、鉄筋を切断している動画がこちらです。

電源タイプはコンセントが必要なAC電源式と、バッテリーを電源とする充電式の二種類です。
AC電源式は電源の確保が面倒ですが、大量の鉄筋を切断したい場合に向いています。
一方充電式は電源コードの取り回しが不要で、電源が取れない場所でも作業ができることがメリットです。
建築の現場で鉄筋を使用するのは基礎工事のタイミングが多く、電源の準備ができないことも多いため充電式が好まれます。
また、途中でトラブルに気付いたときに圧が解放できる、リターンバルブが付いている製品がおすすめです。

電動チップソー式

引用:Amazon

電動チップソー式の鉄筋カッターは、高速回転する刃物で鉄筋を切断します。
他の三種類のように刃物で押し切らないため切断面がきれいで、切断後に圧接をしたいときでもグラインダーなどで断面を削る必要はありません。
こちらも電源タイプはAC電源式充電式に分かれます。
コンクリート面に沿って(ツライチ)切断できるため、差し筋やアンカーボルトの切断にもおすすめです。

おすすめの鉄筋カッター

引用:Amazon

ここからはおすすめの鉄筋カッターをたっぷり紹介していきます。

WEIMALL 鉄筋カッター

WEIMALL 手動式油圧鉄筋カッター<br />
WEIMALL 手動式油圧鉄筋カッター

4mm~12mmまでの鉄筋の切断ができるカッターです。 電源不要の手動式なので、すぐにお使いいただけます。 鉄筋をセットしてからハンドルを下げるだけで簡単に切断できます。 収納・持ち運びに便利な専用ケース付きです。

WEIMALLの鉄筋カッターは、DIY用に安価な鉄筋カッターを探している方におすすめの製品です。
本体は1.8kgと軽量で、D12まで切断できます。
さらに太い鉄筋を切断したい方は、D22まで切断できるこちらをお選びください。

WEIMALL 鉄筋カッター 手動式 油圧鉄筋カッター
WEIMALL 鉄筋カッター 手動式 油圧鉄筋カッター

4mm~22mmまでの鉄筋の切断ができるカッターです。 電源不要の手動式なので、すぐにお使いいただけます。 鉄筋をセットしてからハンドルを下げるだけで簡単に切断できます。 収納・持ち運びに便利な専用ケース付きです。

MCC カットベンダー CB-13

MCC カットベンダー CB-13
MCC カットベンダー CB-13

●全長(mm):1050●適合替刃:CBE0213●切断能力(mm)棒鋼:10・13●切断能力(mm)異形棒鋼:D10・D13

MCCのカットベンダー「CB-13」は、折り曲げもできる手動式の鉄筋カッターを探している方におすすめの製品です。
D10、D13鉄筋の切断と180度まで曲げることができます。
鉄筋を使ったDIYに大活躍する製品です。

toolsisland 電動鉄筋カッター

toolsisland 電動鉄筋カッター
toolsisland 電動鉄筋カッター

電源:100V 50HZ/60HZ
切断能力:4mm~16mm
切断速度:2.5秒~3秒
消費電力:760W
本体サイズ:460mm×270mm×115mm
説明書(日本語)付き

toolsislandの電動鉄筋カッターは、電動油圧式の鉄筋カッターを安価で購入したい方におすすめです。
本体は鉄筋を平置きで切断するだけでなく、両手で本体を支えられるハンドルもついていますので、安定した作業ができます。
D16まで切断が可能なので、ご家庭で鉄筋を大量に切断するには最適です。

オグラ 油圧式鉄筋カッター HBC316

オグラ 油圧式鉄筋カッター HBC316
オグラ 油圧式鉄筋カッター HBC316

入力電圧(V):100
切断能力(mm):SD345、D16
切断速度(秒):2.0

オグラの油圧式鉄筋カッター「HBC316」は、使いやすい電源油圧式の鉄筋カッターを探している方におすすめです。
本体重量は5.8kgと軽量にもかかわらず、SD345鉄筋のD16まで切断できます。
オグラの鉄筋カッターは愛用している作業者も多く、国内では有名なメーカーです。
毎日の作業でハードに使用したいプロの方には、衝撃吸収ボディーを採用し耐久性をアップさせた「HBC-816」はいかがでしょうか。

オグラ 電動油圧式鉄筋カッター HBC-816
オグラ 電動油圧式鉄筋カッター HBC-816

モーター:単相100V 1050W 50/60Hz 回二重絶縁 最大切断能力:鉄筋径D16(SD490相当品)切断速度:約1.5秒 本体外形寸法(LXWXH):492X165X120mm 質量:8.8㎏

マキタ 鉄筋カッタ SC192DRG

マキタ 鉄筋カッタ SC192DRG
マキタ 鉄筋カッタ SC192DRG

直流18V、スライド式Li-ionバッテリ仕様、6.0Ahバッテリ・充電器・ケース付
切断能力:3~19mm、切断速度:約4.5秒(19㎜鉄筋)

マキタの鉄筋カッタ「SC192DRG」は、充電式の鉄筋カッターを探している方におすすめです。
ヘッド部は360度回転しますので、作業のしやすい体勢で鉄筋を切断できます。

「SC192DRG」はD19の鉄筋を切断できますが、D16までの切断なら軽量な「SC163DRG」がおすすめです。

マキタ 鉄筋カッタ SC163DRG
マキタ 鉄筋カッタ SC163DRG

直流18V、スライド式Li-ionバッテリ仕様、6.0Ahバッテリ・充電器・ケース付
切断能力:3~16mm、切断速度:約2.8秒(16mm鉄筋)

また、電動チップソー式でも同じバッテリーが使える「SC251DRG」があります。

マキタ 充電式チップソーカッタ SC251DRG
マキタ 充電式チップソーカッタ SC251DRG

切断能力:SD490異形鉄筋・D10~D25、SR295丸鋼・φ10~φ25
最大切断能力:全ネジM24・SD490異形鉄筋D25、回転数:2,200[回転/分]
1充電あたりの作業量(目安):約60回[SD345鉄筋径D25]・約370回[SD345鉄筋径D10](BL1860B使用時)
質量:4.0kg

充電式の電動工具といえば、やはりマキタは欠かせません。
鉄筋カッター以外の電動工具にも、どんどんバッテリーを使いまわしてくださいね。
マキタのコーヒーメーカー「CM501DZ」にも使えますので、作業の休憩にいかがでしょうか。
こちらの記事で詳しく紹介しています。

電動工具のトップメーカー、マキタについて知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

ダイア ダイアソー SDC51E

ダイア(Daia) “ダイアソー SDCシリーズ
ダイア(Daia) “ダイアソー SDCシリーズ

切断能力(mm):D32~51
切断速度(秒):53
消費電力(W):1010
入力電圧(V):AC100

ダイアのダイアソー「SDC51E」は、最も硬いSD490鉄筋で一番太いD51サイズを切断したい方におすすめです。
チップソー式の鉄筋カッターなので、切断面にグラインダーをかけることなく、そのまま圧接作業ができます。
また、専用の集じん袋を取り付けて切断すれば、発生した切り粉の清掃が不要です。
SDC51E以外にもダイアソーSDCシリーズは、さまざまな鉄筋サイズに対応できるラインナップがそろっています。

ダイア(Daia) “ダイアソー SDCシリーズ
ダイア(Daia) “ダイアソー SDCシリーズ

切断能力(mm):D10~25
切断速度(秒):10
消費電力(W):1010
入力電圧(V):AC100
ダイア(Daia) “ダイアソー SDCシリーズ
ダイア(Daia) “ダイアソー SDCシリーズ

切断能力(mm):D19~32
切断速度(秒):18
消費電力(W):1010
入力電圧(V):AC100
ダイア(Daia) “ダイアソー SDCシリーズ
ダイア(Daia) “ダイアソー SDCシリーズ

切断能力(mm):D19~32
切断速度(秒):18
消費電力(W):1010
入力電圧(V):AC100
ダイア(Daia) “ダイアソー SDCシリーズ
ダイア(Daia) “ダイアソー SDCシリーズ

切断能力(mm):D19~38
切断速度(秒):20
消費電力(W):1010
入力電圧(V):AC100

IKK タテツラカッター DFC-20T

IKK DIAMOND タテツラカッター DFC-20T
IKK DIAMOND タテツラカッター DFC-20T

入力電圧(V):AC100/二重絶縁/純正チップソー(1FC3096000)Φ110×t1.5mm24山フランジ付/電源コード長さ:5m/質量:3.6kg/

IKKのタテツラカッター「DFC-20T」は、コンクリートから飛び出した鉄筋を切断する作業が多い方におすすめです。
切断刃物に対して持ち手が垂直に立ち上げる本体形状なので、他の鉄筋カッターでは作業ができない狭い場所でもスイスイと入ります。
鉄筋の切断だけでなく、不要になったアンカーボルトの切断にもお使いいただけます。

ハイコーキ 鉄筋カットベンダ VB3616DA(XP)

HiKOKI(ハイコーキ) 36Vコードレス鉄筋カットベンダ VB3616DA(XP)
HiKOKI(ハイコーキ) 36Vコードレス鉄筋カットベンダ VB3616DA(XP)

能力:材質SD295、SD345鉄筋D10、D13、D16
同時に加工できる本数(切断)D10㎜: 2本D13㎜: 1本D16㎜: 1本
同時に加工できる本数(曲げ)D10㎜: 3本D13㎜: 2本D16㎜: 1本
曲げ角度: 0~180°(無段階)
質量: 18.6㎏(蓄電池装着時)

ハイコーキの鉄筋カットベンダ「VB3616DA」は、場所を選ばず鉄筋の切断と折り曲げがしたい方におすすめです。
SD345鉄筋のD16まで切断が可能で、さらにD10なら2本同時に切断できます。
VB3616DAは2019年に発売されたばかりの新製品で、充電式では世界初となる鉄筋カットベンダです。

まとめ

引用:Amazon

今回は鉄筋カッターの種類とおすすめの製品を紹介しました。
お気に入りの製品は見つかりましたでしょうか。
鉄筋カッターはさまざまな製品がありますので、用途にあった工具を選んで作業効率をアップさせてくださいね!

おまけ情報

切断後の鉄筋の結束作業の効率を上げたい方は、こちらの記事で紹介している鉄筋結束機がおすすめです!

また、鉄筋以外にも金属の切断ができる工具を知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。