キャンピングトレーラーが大注目!魅力をたっぷりご紹介 !

キャンピングトレーラーが大注目

引用:RoomClip

普通免許しか持っていないため、キャンピングトレーラーを諦めている方はいませんか。キャンピングトレーラーは、新たに免許を取得せずとも車が運転できれば、けん引できるものもあります。ここでは、キャンピングトレーラーが人々を魅了する理由、新たな免許がなくてもけん引できるおすすめのキャンピングトレーラー、様々な疑問について詳説していきます!

キャンピングトレーラーとは

キャンピングトレーラーとは引用:RoomClip

まずは、キャンピングトレーラーがいったいどのようなものなのか、定義から見ていきましょう。キャンピングトレーラーは、トレーラー自体に運転機能がなくそれだけでは進むことができません。自動車でけん引することによって前進し、居住スペースを持っているトレーラーのことを言います。

欧米では普及していますが、日本ではまだ普及していません。しかし、昨今のアウトドアブームにより、日本でも興味を持たれる方が多くなってきているのが現状です。

キャンピングトレーラーの魅力

キャンピングトレーラーの魅力

昨今、キャンピングトレーラーに注目が集まっているのには、様々な魅力があるからです。まずは、その魅力の1つ1つをご紹介していきましょう。きっと、あなたもキャンピングトレーラーが欲しくなってくること間違いありません。

魅力①広くて快適

キャンピングトレーラーは、キャンピングカーと違い、自走することができません。この自走不可能なことが、キャンピングトレーラーをより快適にしてくれています。キャンピングカーには、運転席やエンジンなど自走するための機能がありますが、キャンピングトレーラーにはなく、トレーラー本体でしかないのです。その分、居住空間を広く確保できます。

室内空間が広いため、間取りを自由に決めることができます。お子様がいる方やご夫婦だけ、ペット連れの方など、その方一人ずつに合った間取りにできるので快適に過ごせることが魅力です。また、どの季節でも室内に宿泊できるので、コテージのようにゆっくりとリラックスできることも、キャンピングトレーラーを快適にしている理由の1つでしょう。

魅力②意外に運転しやすい

魅力②意外に運転しやすい引用:キャンピングカーのフジ

トレーラーをけん引しながらの運転は難しいと思っている方も多いでしょう。実際は思ってるよりも、難しくはありません。なぜなら、写真のようにトレーラーの真ん中にタイヤがついているからです。

このタイヤの位置により、小回りがきくので、曲がる際も大きく膨らむ必要がなく、狭い道でも走れるようになっています。キャンピングトレーラーをけん引しての運転が不安だと言う方も、安心して運転できるので、ぜひ検討してみてください!

魅力③普段の生活でも使用可能!

キャンピングカーは、そもそもの車体が大きくなってしまうので、普段の生活では不便に感じてしまうこともあるでしょう。しかし、キャンピングトレーラーは車と離してしまえば、トレーラーと車とそれぞれ利用することができます。

そのため庭や駐車場にキャンピングトレーラーを置いておけば、子供の秘密基地や書斎、大人の隠れ家といかようにもなります。また、災害時にも大活躍してくれることでしょう。近年多発している、台風や地震などの災害時にシェルターとして持っておきたいという方が増え、注目が集まっています。

キャンピングトレーラーはアウトドアだけに使用できるのではない、普段の生活でも使用できる汎用性の高いものだと言うことがお分かりいただけたでしょう。

魅力④乗用車でけん引可能!

キャンピングトレーラーのけん引には日常的に利用している乗用車では無理だと考える方も多いでしょう。最近では小型でコンパクトな乗用車でもけん引できるキャンピングトレーラーもラインナップが豊富にあります。1800ccほどの排気量がある車であれば小型のものはけん引可能です。中には、近年の需要に応えるようにコンパクトカーでも問題なくけん引可能な超小型かつ軽量なキャンピングトレーラーも発売されているのです。

乗用車でもけん引が可能なのですが、けん引して走行している間に、気をつけなければならないことがあります。それは、走行中はけん引しているキャンピングトレーラーには乗車できないということです。走行中にキャンピングトレーラーに乗車するのは危険なので、絶対にやめましょう。

トレーラーの疑問を解決

トレーラーの疑問を解決

キャンピングトレーラーの魅力をお分かりいただけましたか。中には、さらに疑問が出てきたと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここからは、キャンピングトレーラーを使用するにあたり、よく持たれる疑問点を紹介していきます。1つずつ解決していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

疑問①免許は?

疑問①免許は?

先ほども述べたように、コンパクトなキャンピングトレーラーであれば普通自動車第一種免許でも運転可能です。では、どこまでがコンパクトなキャンピングトレーラーなのでしょうか。普通免許で運転可能か否かは、車体の長さや高さなどのサイズではなく、「重量」で決められているのです。車体重量が「750kg」以下であれば普通免許で運転可能、以上であればけん引免許が必要になります。

極端な話、家具など何もなくトレーラー自体が750kg以下であれば、どんなに大きくてもけん引可能と言うことになります。そもそもキャンピングトレーラーは自走しないのでエンジンなどの重たい機械は搭載されていないので750kg以下でも十分な広さを確保できるのです。

そのため、4人分のベッドにキッチン、流し、トイレを完備しても750kg以下と言うものも多くあります。展示場などでは、「けん引免許不要」とタグが付いているので普通免許で運転できるものと、そうでないものが分かりやすく展示されています。

750kg以上のキャンピングトレーラをけん引するには、けん引免許が必要になってくるのですが、けん引免許取得費用の相場は15万円前後かかり、実技実習を15時間受けた後筆記試験に合格すれば、免許を取得することができます。

疑問②けん引方法は?

新たに免許を取得せずにけん引できることが分かり、本格的に検討を始める方も多いでしょう。次に、どのように自身の持っている車とキャンピングトレーラーを繋げてけん引するのかと言うことについて詳説していきます。

車とキャンピングトレーラーを繋いでけん引するためには「ヒッチメンバー」が必要です。国産車で純正のヒッチメンバーがあるのは、マツダのCX-8と三菱D:5などと少なく普及していないので、ヒッチメンバーを専門に取り扱う業者から、自身の車種に合ったものを購入することがおすすめです。

キャンピングトレーラーを購入する際に、どのヒッチメンバーを購入すれば良いかと言うことも合わせて確認しておくと良いでしょう。またヒッチメンバー装置の取り付けは専門の整備工場でないとできない場合がありますので、購入時にヒッチメンバーを付けてくれる整備工場を紹介してもらうようにした方が安心です。ヒッチメンバーが自身の車種に対応していないと、キャンピングトレーラーをけん引することができなくなってしまいます。

疑問③維持費は?

疑問③維持費は?

キャンピングトレーラーの購入には、いくらかかるのか気になっている方も多いことでしょう。キャンピングトレーラーは購入するグレードにもよりますが、200万円から250万円ほどあれば購入することができます。キャンピングカーは1000万円ほどしてしまうものもあるので、決して安くはありませんがそれと比べると手が出しやすい価格ではないでしょうか。

購入時にかかるのは本体価格以外に、ヒッチメンバー装着にかかる工賃、車体の登録申請費用がかかってきます。エンジンを搭載しておらず、自走できないキャンピングトレーラーですが、乗用車購入時と同じように、車体を登録しなければなりません。また、自宅から半径2km以内に駐車場も用意しておかないといけません。

自宅に停めておけるスペースがない方は、借りる駐車場を予め決めておく必要があります。初期費用の他に、2年に1度の車検で駐車場代とは別に10万円ほど費用がかかると思っておいた方が良いでしょう。エンジンなどの機会を搭載していないので、車検費用もあまりかからず維持費は安いと言えます。キャンピングカーの購入を諦めてしまっている方には、キャンピングトレーラーがおすすめです!

キャンピングトレーラーは自作できる

キャンピングトレーラーは購入する以外にも自身で作ることができます。ここでは自作キャンピングトレーラーを作る様子から完成し、キャンピングトレーラーで釣りに出かける様子まで紹介してくれています。費用をできるだけ安く抑えたい方や、DIYが好きな方は、キャンピングトレーラーを自作してみてはいかがでしょうか。

トレーラーを購入するな中古がおすすめ!

トレーラーを購入するな中古がおすすめ!

キャンピングトレーラーの購入は新車よりも中古がおすすめです!状態がよく、新車よりも格安で手に入ることが嬉しいポイントです。ここからは、中古キャンピングトレーラーを購入するうえで注意しておいきたいポイントと、おすすめの中古車業者をお伝えしていきます。

購入前のチェックポイント

中古のキャンピングトレーラーの購入にあたり、いくつか確認しておかなえればならないことがあります。まずは、自身がどのようなキャンピングトレーラーを求めているのかと言うことです。キャンピングトレーラーにどのような機能やどのくらいの広さを求めているのか、しっかりと整理しておく必要があります。

次に、新車のキャンピングトレーラーも必ず見ておきましょう。新車と中古車ではどのような違いがあるのかなど、目を肥やしておかなければなりません。最後にある程度、車種を絞ったら、車種名で中古車を探すことです。車種で検索を書けていくつかのお店を実際に見てまわり購入するキャンピングトレーラーを決めましょう。

まとめると、以下の4つがとても大事になってきますので、必ず全て確認してください!

  • 自身の求めるキャンピングトレーラーを整理する
  • 新車を見て目を肥やす
  • 車種を決め、車種を検索し中古車店を絞る
  • 実際にお店に行き吟味する

おすすめの中古店①デルタリンク

全国展開している、キャンピングカーを専門に扱っている中古車店です。インターネット検索で簡単に車種を検索でき、最寄りの店舗に取り寄せることができます。

おすすめの中古店②東和モーターズ

埼玉県を中心に、東京都、千葉県、神奈川県、北海道に拠点があり、品揃えが豊富なことが特徴で多くの方がこちらにキャンピングカーを求めてやってくるほどの人気中古車店です。

おすすめの中古店③トーザイアテオ

トーザイアテオは埼玉県に本社があり、北海道、大阪府、滋賀県、三重県、熊本県に販売店があります。ホビーと言う人気キャンピングカーの正規輸入代理店なことが特徴にあげられます。近くに販売店がある方はぜひ、トーザイアテオに足を運んでみてください。

おすすめの中古店④RVランド

常時50台以上の在庫を確保しており、いつ行っても色々な車種から吟味できることが特徴です。また、RVランドでキャンピングカーを購入した方専用の宿泊施設もありリピーターが多い中古販売店です。アフターサービスの良さで選ぶのであれば、RVランドがおすすめです。

トレーラーをレンタルでお試しもおすすめ

トレーラーをレンタルでお試しもおすすめ

トレーラーは購入だけでなく、レンタルすることもできます。購入する前に一度レンタルでキャンピングトレーラーを試してみるのもおすすめです!

レンタル①Leaf

普通自動車免許で利用でき小型なものから、最大8人まで利用できるキャンピングトレーラーまで豊富に扱っています。またはじめてキャンピングトレーラーを利用するという方のために、キャンピングトレーラーの設営から撤去まで行ってくれるサービスもあります。はじめて利用すると言う方にはおすすめのレンタル店です。

レンタル②CAMP IN CAR

キャンピングカー専門のレンタル店です。2回以降の利用で割引があるなどリピーターに優しいレンタル店です。購入は難しいので、何度もレンタルで利用しようと考えているかたにはCAMP IN CARがおすすめです。

おすすめのキャンピングトレーラー【小型】

おすすめのキャンピングトレーラー【小型】引用:RoomClip

ここからはおすすめのキャンピングトレーラーをご紹介していきます。まずはけん引免許不要、普通免許でけん引できる小型のものから見てみましょう。

おすすめ①タバート

おすすめ①タバート引用:デルタリンク

タバートのころんとした丸いフォルムが可愛らしいスモールエッグは小さいながらも、3名分のベッドに2口コンロ、シンク、冷蔵庫、ボイラーが標準装備されており、初めてのキャンピングトレーラーにはおすすめです。コンパクトなので、普通免許でけん引でき、はじめてのけん引でも安心して運転できるでしょう。

おすすめ②アンタレス390

おすすめ②アンタレス390

キャンピングトレーラーにも関わらず広々と就寝できるダブルベッドが装備されており、最大4~5名で使用できます。普通免許でけん引可能ですが、車体重量も750kgと最大限まで広く作られているので狭さを感じることなく快適に過ごせます。またソーラーパネルも付いているので災害時にも大活躍するキャンピングトレーラーです。

おすすめ③KIP Kompact Special 37

おすすめ③KIP Kompact Special 37引用:ジャルバイベントドットコム

全長520cmと初心者でもけん引しやすいコンパクトさが特徴のKIP Kompact Special 37は、ウィンドウエアコンや地デジアンテナなど設備が充実していることがおすすめポイントです。

おすすめのキャンピングトレーラー【大型】

おすすめのキャンピングトレーラー【大型】引用:RoomClip

ここからは、けん引免許は必要ですが、居住スペースが広く快適な大型キャンピングトレーラーをご紹介していきます。けん引免許取得の難易度も高くないので、免許を取得して大型キャンピングトレーラーでくろいでみませんか。

おすすめ④Hobby 490UK Deluxe

おすすめ④Hobby 490UK Deluxe引用:トーザイアテオ

最大6人まで使用でき、地デジアンテナ、ソーラーパネルを完備しており、アウトドアだけでなく災害時にもシェルターとして快適に過ごせるので汎用性の高いキャンピングトレーラーです。

おすすめ⑤エアーストリーム

おすすめ⑤エアーストリーム引用:エアーストリームジャパン

アメリカンなデザインで人気のエアーストリームは、まさにアメリカンサイズな大型のものから日本でも利用できるような小型のものまでラインナップが豊富にあります。メタリックなボディに惹かれ、エアーストリームの購入に憧れる方が多いようですが、けん引免許が必要になってしまうので、諦めてしまう方も多いようです。そんな人気のエアーストリームをけん引すれば、目立つこと間違いありません!

トレーラーは普通免許でも運転可能なものもある!

トレーラーは普通免許でも運転可能なものもある!引用:RoomClip

キャンピングトレーラーは意外にも普通免許で運転が可能です。いきなり数百万円もするトレーラーの購入は難しいでしょうから、はじめはレンタカーで試してみることがおすすめです。コンパクトサイズのけん引に慣れたら、免許を取得して大型のものもけん引して楽しんでみるのはいかがでしょうか。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。