家庭菜園で育てるおすすめの野菜は?初心者でも失敗しない方法を徹底解説!

簡単に野菜を育てることができるのならば、家庭菜園に挑戦してみたいと思う方も多いのではないでしょうか。ここでは、家庭菜園に必要なものから、初心者でも失敗せずに美味しい野菜を収穫できる方法をご紹介していきます。今の時期であれば夏野菜の栽培はまだ間に合います!ぜひ家庭菜園に挑戦してみてください。

家庭菜園の始め方

家庭菜園って何から始めたらいいの?と言う方のために、家庭菜園の基本的のことから説明していきます。畑がなくても庭がなくても家庭菜園は行えます。どなたでも気軽に始めることができますので、まずは始め方を学んでいきましょう!

家庭菜園は手軽でおすすめ

野菜は畑で育てる以外にも家庭菜園でも育てることができます。畑を持っていなくても自宅で野菜を育てることができるのです。庭がなくても、日が当たれば玄関先やベランダでの栽培も可能です!省スペースで楽しめる家庭菜園に必要なものをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

必要最小限のもので始めるのがコツ

まずは、必要最低限の道具を用意して始めてみましょう。家庭菜園に挑戦してみたものの、手入れをする時間の確保が難しかったり、どうしても虫が苦手だったりと様々な理由で諦めてしまう方もいるでしょう。そんなときのために、最初から全ての道具を揃えるのではなく、まずは必要最低限の道具で、続けられるかどうかを見極めてむることがおすすめです。

最初はプランター菜園がおすすめ

そもそも、家庭菜園と呼ばれるものにはどのような栽培方法があるのでしょうか。省スペースで栽培可能なコンテナ栽培、所謂プランター栽培と、近所の農家さんが経営している貸農園をレンタルし栽培する露地栽培という方法があります。

手軽に始めるのであれば、やはりプランターで栽培することがおすすめです。露地栽培も農家の方がアドバイスしてくれたりお世話できない期間は代わりにお世話してくれたりとメリットもたくさんあるのですが、手軽さはプランターでの栽培に軍配があがるでしょう。

家庭菜園で使用するプランターの選び方

始めて挑戦する家庭菜園での栽培方法が決まったら、次はどのようなプランター(植木鉢)を用意すれば良いのか、ご説明していきます。

選び方①素材で選ぶ

必要最低限のもので用意するとなれば、断然プラスチックがおすすめです。理由は数ある種類の中で最も安価だからです。他にも、発売されているプランターの中で最も軽く、土の重量(野菜栽培は花を栽培するときよりも多くの土が必要になる)と合わせても比較的軽量ですむということがあげられます。

掃除をする際や、荒天時に少しプランターを動かしたいなというときにでも、動かいやすいのでおすすめです。近年はプラスチックと言えど、いろいろなデザインでおしゃれなものも多く売られているので、インテリア性に欠けることもないでしょう。

他にも素焼きや陶器のものがありますが、2つともプラスチックよりは値段が高い印象です。またプランター自体の重さも重くなってしまいます。しかし、この2種類にもメリットはあります。素焼きのものは、通気性に優れているため根腐れの予防や、土の温度を一定に保ってくれます。一方、陶器のものは表面に釉薬が塗布されているため耐水性があることが特徴です。

選び方②大きさで選ぶ

大きさは育てる野菜によって異なります。表にまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。サイズの合わないプランターを選んでしまうと、特に小さいものの場合は根腐れを起こしてしまうので、適したサイズのものを選ぶようにしましょう。

小型 深さ10~15cm(3L) ラディッシュ・パセリ・三つ葉・ルッコラ・水菜・小松菜
中型 深さ15~20cm(5L) かぶ・ほうれん草・玉ねぎ・ねぎ・いちご・枝豆
深型 深さ30cm前後(10L) トマト・なす・ピーマン・きゅうり・キャベツ・白菜・人参・大根・ブロッコリー

選び方③排水穴の確認

根腐れを防ぐこと、害虫に侵入を防ぐためにも、排水穴が側面についているものがおすすめです。排水性が悪いと根腐れを起こしてしまうので、排水性が高いものがおすすめです。よって、単純に排水穴の数が多ければ多いほど良いということにもなります。

根腐れが起きてしまう原因には、土と土の間に水が溜まってしまい根が呼吸できなくなってしまうことがあげられます。水が溜まってしまわないためにも排水性はとても大切です。

家庭菜園で簡単に育てられるおすすめ野菜

初心者でも簡単に育てられるおすすめの野菜をご紹介していきます。植えつけてからすぐに収穫できるものもあるので、そういうものから始めてみると続けやすいでしょう。

おすすめ野菜①もやし

スプラウト 種
スプラウト 種

一般種(固定種) 昔から栽培されている品種です。

血糖値を抑制する効果のあるα-グルコシダーゼ阻害作用がある。

好きな時期に始められ、室内の暗所で栽培可能、手入れも少なく、植え付けてから1週間ほどで収穫できるので、飽きっぽい方にもおすすめです。もやしはスプラウト栽培を行うのですが、スプラウト栽培は、無消毒種子を使用すしなければいけません。

種子のパッケージにスプラウト専用と書かれているので、必ず専用のものを使用しましょう。スプラウト栽培専用でない種子を使用してしまうと、体に害を及ぼしてしまうほどの農薬が残ったもやしが出来上がってしまいます。種子を選ぶ際にきちんと確認をすることが大切です。

もやしの栽培方法が詳しく栽培されていますので、ぜひ参考にしてみてください。予め栽培方法を学んでおくと失敗せずに、美味しいもやしを栽培することができます!

おすすめ野菜②イチゴ

国華園 イチゴ苗 天使のイチゴ
国華園 イチゴ苗 天使のイチゴ

苗でのお届けとなります。掲載の画像は生長した状態や収穫物の写真です。 また栽培条件や気象条件などにより結果が異なることがあります。

毎年、イチゴ狩りに出かけると言う方も多いのではないでしょうか。実はイチゴも自宅で簡単に家庭菜園することができるのです。中でも、こちらの白イチゴは、炭そ病やうどんこ病に罹患しにくく家庭菜園に向けに品種改良されているものです。1株で20~30個ほど収穫可能なので、イチゴ栽培に挑戦してみてください!

おすすめ野菜③かいわれ大根

かいわれ大根 中原採種場のスプラウト用
かいわれ大根 中原採種場のスプラウト用

サイズ:60ml入り

こちらも、もやしと同様スプライウト栽培で1年中栽培できます。かいわれ大根を上手に育てるコツは、種を撒く際に大量に撒くことです。また、もやしと同様スプラウト専用のものを使用するようにしてください。種を撒いてから10日ほどで収穫できるので、達成感をすぐに味わる点もおすすめの理由です。

おすすめ野菜④ミニトマト

ミニトマト苗 トマト大王
ミニトマト苗 トマト大王

ハンギングトマトの王様!楽々多収穫!支柱いらず! しだれ、しだれて800個ぐらいミニトマトが収穫できます!

ハンギングトマトと言う言葉を始めて聞いた方も多いでしょう。まるでブドウの実が成るように、トマトの実が成ります。支柱を用意することもなく、ほったらかしでトマトの実が成るので、忙しい方にもおすすめです。

単為結果性という、受粉しなくても実が成る特性があるため、マンションの高層階に住んでいる方でも栽培可能です。場所問わず、栽培可能なことも家庭菜園に向いてると言えるでしょう。またこのトマトは実が成り始めると最終的に合計800個ほど収穫できます。

おすすめ野菜⑤小松菜

株式会社トーホク 早どり小松菜
株式会社トーホク 早どり小松菜

春秋まき
内容量:6ml
発芽率:90%

暑さにも寒さにも強く丈夫で失敗することが少ない野菜と言われているのが、小松菜です。種まきができる時期も4月から11月と期間が長く、種を撒いてから1か月ほどで収穫できます。大きく成長した小松菜をおひたしや、ごまあえなどで食べるのも良いですが、ベリーリーフを収穫してサラダとして生のまま食べるのも栄養満点なのでおすすめです。

1か月ほどで収穫できること、種まき可能期間も長いので1週間ずつずらして種を撒いてみるのも良いでしょう。ただし、虫が寄ってきやすいので防虫ネットの使用をお忘れなく!

初心者でも失敗しないコツ【準備】

どの野菜の栽培を行ううえでも共通して行うと良い準備コツをお伝えしていきます。コツさえ掴めば初めての家庭菜園でも失敗知らずです!ぜひ実践してみてください!

家庭菜園で準備するもの

始めのほうでも、プランターは必須アイテムだとご紹介しましたが、他にも必要なものがあります。ここでは、どんなものが必要なのか見ていきましょう。

【必ず準備するもの】

  • プランター
  • 野菜用の培養土
  • 鉢底石
  • 鉢底ネット
  • 肥料
  • ジョウロ
  • 園芸用ハサミ

【育てる野菜によっては準備した方が良いもの】

  • ポリポット
  • 支柱

まずは必ず準備するものから解説していきましょう。プランターは初めにご紹介した通りです。野菜用の培養土は野菜栽培に適した土にに配合されているもものことを指します。栽培に慣れてきたら、自身で土を配合しても家庭菜園の幅が広がり楽しいと思いますが、始めて家庭菜園に挑戦する場合は予め配合されている、野菜用の培養土の使用がおすすめです。

そのほかにも、土が流れてしまわないようにする鉢底ネット、排水性を良くするための鉢底石も欠かせません。日々のお手入れに必要なジョウロや収穫時に必要な園芸ハサミも用意しておくと良いでしょう。

支柱や紐は、支柱が必要な野菜栽培を行う際に必要になるので、栽培する野菜に合わせて準備をします。支柱とツルを縛るための紐もあると便利です。種まきから育てる場合は、苗を育てるためのポリポットがあると、発芽しやすく失敗も少なくてすみます。

家庭菜園のための土作り

先ほど、初心者の方は野菜用の培養土の使用がおすすめだとお伝えしましたが、自身で配合する土の作り方もご紹介します。

土によっても味が左右されるので、有機の土を使うことがおすすめです。有機の土とは、赤玉土、米ぬか、腐葉土、牛糞のことを指しています。始めて自身で土を配合する際に扱いやすい有機の土は赤玉土です。米ぬかは、寒い時期の使用に向いており、牛糞は植え付けを行う1週間前には混ぜ合わせておかなければならないなど、初心者では扱いが難しいかもしれません。

苗の選び方のポイント

家庭菜園では種撒きから始めるより、苗を植え付けた方が失敗が少ないのでおすすめです。そのため、すくすくと育つ丈夫な苗を見極めることも大切になってきます。

見極めは難しいと思いますが、誰が見ても分かるのが、苗に虫がついているかどうかです。虫がついてしまっているものは、この後もどんどん虫が増えてしまうので避けた方がベターです。虫と同じく葉に斑点があるかないかで判別できる病気もすぐに見分けることができるでしょう。他には緑色の色が濃ければ濃いほど良い苗と言えます。

ある程度家庭菜園を行ってみて慣れてきたら、茎がしっかりしていてぐらつかないもの、茎が細すぎないものを選ぶようにしましょう。茎が太く上手な苗を選ぶことで、すくすく育ち美味しい野菜を収穫することができます。

初心者でも失敗しないコツ【育て方】

ここからは、失敗しないで育てられるコツをお伝えしていきます。コツをしっかり掴んで、おいしい野菜に育てあげましょう!

プランターの置き場所について

野菜は日当たりを好みます。1日、6時間は日光に当てるようにしましょう!日当たりが悪いと言う方は、時間によって置き場所を変えるなど工夫してみてください。6時間日光に当てる必要がありますが、西日は苦手です。日中の間、9時から15時頃までを目安に日に当てることがおすすめです。日当たりが悪いと生育が悪くなってしまい、なかなか育ってくれません。

防虫ネットや支柱を使って育てる

野菜を害虫から守るためにも防虫ネットの使用がおすすめです。せっかく家庭菜園を行うのですから農薬を使用せず、育てたいですよね。安心安全な美味しい無農薬野菜を育てたい方は、防虫ネットの使用がおすすめです。使用する防虫ネットは網目が細かすぎると通気性が悪くなってしまうので、防虫になりそうなできる限り大き目なものを選ぶと良いでしょう。

支柱はツル性の植物に必要なのですが、ツル性の植物でなくても使用することがおすすめです。支柱を立てることにより、茎が密集せず通気性も良くなるため病気の予防になるのです。ツル性のものでないものでも、茎を支えてくれるの支柱があると、丈夫に育ってくれます。

家庭菜園で野菜を育てるときの注意点

必要なものや、育てるコツ、簡単に収穫できる野菜をご紹介してきました。これだけでも十分に栽培は可能ですが、さらに気を付けてもらいたいことをご紹介していきます。この注意点も気を付けることでさらに、上手に栽培できるようになることでしょう!ぜひ実践してみてください。

注意点①株同士の間隔

株同士はある程度の距離を離して植えましょう。土の外に出ている部分では間隔が開いていても、土の中では根がぎゅうぎゅうになってしまっている、なんてこともあります。根がプランターの中でぎゅうぎゅうになってしまうと、お互いの成長を阻害してしまうので、ある程度間隔を空けて植えていくことが大切です。

注意点②プランターの耐久性

野菜作りには、大量の土を必要とします。そのため、その大量の土を入れても壊れない耐久性のあるプランターを選ぶ必要があります。ホームセンターで購入できる家庭菜園用のしっかりしたプランターを使用するようにしましょう!

気軽に始められる家庭菜園で野菜の栽培に挑戦しよう

野菜作りと聞くと難しいと感じる方も多いでしょうが、そんなことはなく簡単に野菜が育てられることがお分かりいただけたでしょう。簡単なものから栽培を始めれば、野菜作りへの自信もつくので、いろいろな野菜の栽培の挑戦もしてみたくなること間違いありません!



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。