日立 ハンマードリル人気20選|H41SA2をはじめ、おすすめ機種のスペック・はつり量も掲載!

出典:価格.com

マキタに次いで国内シェア2位を誇る電動工具メーカー、日立工機。コンクリートの穴あけやハツリ作業など、土木工事や建築作業に欠かせないハンマードリルも日立工機の主要なアイテムのひとつです。今回は、日立工機の電動工具のラインナップから、特に人気の高いハンマードリルを20機種ピックアップしてご紹介します。

人気20位~16位の機種はこちら!


さっそく、人気第20位の機種から順に見ていきましょう。

H41SA

H41SA
H41SA
H41SAは、名機の呼び声も高い定番モデルです。電動ハンマといえばこれ!といわれるベーシックな1台です。初めてハンマードリルを使う方にもおすすめです。

商品全長(mm) 386
重量(kg) 4.8
30分はつり量(kg) 65
打撃エネルギー(J) 57

PH-40F 200V

PH-40F 200V
PH-40F 200V
人気機種PH-40Fの200Vモデルです。金属製のボディで堅牢性が高い点が特徴のひとつです。
「比較的重さがあるので、コンクリートの床を破砕するのに適しています。」
出典:Amazon

商品全長(mm) 420
重量(kg) 6
30分はつり量(kg) 58
打撃エネルギー(J) 7

PH-40F (E)

タイトル
タイトル
同じく人気機種PH-40Fをベースに、一般的な2芯とアース付きの3芯、どちらのコンセントにも使えるポッキンプラグ仕様となったモデルです。

商品全長(mm) 420
重量(kg) 6
30分はつり量(kg) 58
打撃エネルギー(J) 7

H65SB2

H65SB2
H65SB2
充分なハツリ・破砕能力と低振動・低騒音を兼ね備えた機種です。ボディは頑丈なアルミダイキャスト製です。

商品全長(mm) 730
重量(kg) 17
30分はつり量(kg) 224
打撃エネルギー(J) 42

H60MEY

H60MEY
H60MEY
ACブラシレスモーターを搭載しているため、電圧降下時や延長コード使用時でも安定した破砕性能を発揮します。

商品全長(mm) 585
重量(kg) 12.2(コード除く)
30分はつり量(kg)
打撃エネルギー(J) 26.5

人気15位〜11位の機種はこちら!


続いて、人気15位から11位のハンマードリルです。

PH-65A

PH-65A
PH-65A
強力な破砕力が最大の特長です。空打ち防止機構を備えており、従来型より寿命が伸びています。
「10〜30cmの深さのコンクリート床面を破砕する時に使用しています。厚み20cm以下、8m四方の鉄筋が入っていないコンクリートを、重機で運べるサイズに割ることが可能です。」
出典:Amazon

商品全長(mm) 640
重量(kg) 15
30分はつり量(kg) 200
打撃エネルギー(J) 39.5

H50SA

H50SA
H50SA
手頃なサイズでパワーも大型機と小型機の中間程度と、さまざまな場面で使いやすいモデルです。
「大型機では足場が足りず姿勢に無理が生じる、小型機ではパワーが足りないというときに、ちょうどいい1台です。」
出典:Amazon

商品全長(mm) 510
重量(kg) 9
30分はつり量(kg) 150
打撃エネルギー(J) 14

H25PV

H25PV
H25PV

軽量かつコンパクトで、汚れやサビ・塗膜などを落とすケレン作業に最適な機種です。無段変速機構を備え、作業によって最適な打撃数を設定することができます。

商品全長(mm) 320
重量(kg) 3.2
30分はつり量(kg) 27
打撃エネルギー(J) 4

H41MB

H41MB
H41MB
ワンタッチ角度調整機構で、先端工具の取付角度を12段階に調節することが可能です。SDS-maxシャンクを採用し、簡単にシャンク部分を固定できる点も魅力です。

商品全長(mm) 430
重量(kg) 5.1
30分はつり量(kg)
打撃エネルギー(J)

DH25PB

DH25PB
DH25PB
プロフェッショナルはもちろん、日曜大工にも使いやすいロータリーハンマードリルです。ハツリ作業のほか、ドリルとしても使えます。

商品全長(mm) 320
重量(kg) 3.4
30分はつり量(kg)
打撃エネルギー(J)

人気10位〜6位の機種はこちら!


ここからは人気ベスト10の機種をご紹介します。

PH-40F

PH-40F
PH-40F
PH-40Fの200Vモデルとポッキンプラグ仕様のPH-40F(E)を既にご紹介しましたが、こちらは単相100V電源3極プラグ仕様となっています。製品の長寿命化に寄与する空打ち防止機構を備えるほか、自動給油構造を採用しています。
「金属製の堅牢なボディで、ちょっとした破砕作業に最適です。」
出典:Amazon

商品全長(mm) 420
重量(kg) 6
30分はつり量(kg) 58
打撃エネルギー(J) 7

H41SA2(N)

H41SA2(N)
H41SA2(N)
軽く押し付けるだけで強力なハツリ・破砕能力が得られる頼もしいモデルです。スライドグリップ方式で握りやすいのも魅力のひとつです。

商品全長(mm) 422
重量(kg) 4.7
30分はつり量(kg) 78
打撃エネルギー(J) 10

H41SA (N)

H41SA (N)
H41SA (N)
六角シャンクタイプになっており、本体からドリル刃が抜けにくい構造です。さらに空打ち防止機構もついています。
「日本のメーカーということもあってか耐久性が高く、結構な負荷をかけても大丈夫です。」
出典:Amazon

商品全長(mm) 389
重量(kg) 4.8
30分はつり量(kg) 65
打撃エネルギー(J) 7.5

DH28PB

DH28PB
DH28PB
コンクリート3.4~28mmまで対応しています。ビットを差し込むだけのワンプッシュ方式で、装着が簡単です。
「四分のアンカー打ちを中心に使用しています。スピードもあり、満足しています。」
出典:楽天

商品全長(mm) 367
重量(kg) 2.8(コード除く)
30分はつり量(kg)
打撃エネルギー(J)

H45MEY

H45MEY
H45MEY
カーボンブラシの交換が要らないメンテナンスフリーの機種です。プッシュボタン式の変速スイッチで打撃数を4段階に切替可能な点も良いですね。

商品全長(mm) 480
重量(kg) 7.3(コード除く)
30分はつり量(kg)
打撃エネルギー(J)

人気5位〜1位の機種はこちら!

@kon5508がシェアした投稿


いよいよ、人気ベスト5の機種です。

H45SR

H45SR
H45SR
ボディはアルミ製でしっかりとした造りになっています。二重絶縁構造により、いっそう安全に作業ができます。
「本体重量があるため、ハンマーの叩きが重くて強く、コンクリートを大きく割ることができます。」
出典:Amazon

商品全長(mm) 454
重量(kg) 6
30分はつり量(kg) 85
打撃エネルギー(J) 12.5

H41SA2(S)

H41SA2(S)
H41SA2(S)
工具保持部は鞍型リテーナ方式を採用し、耐久性に優れます。空打ち防止機構も搭載されており、機種の寿命も長くなっています。
「破砕力が高く、ハンマーとタガネなら数週間かかったであろう作業が3時間ほどで終わりました。」
出典:Amazon
「仕事で使うため、軽さとパワーのあるこちらの機種を選びました。」
出典:楽天

商品全長(mm) 454
重量(kg) 6
30分はつり量(kg) 78
打撃エネルギー(J) 10

H41SA2

H41SA2
H41SA2
コンクリートの穴あけや破砕・ハツリのほか、コアビット作業や溝掘りにも使える便利な1台です。
「以前に買った同じ機種がとても良かったので、同じものをリピート購入しました。次回もこの機種を選ぶ予定です。」
出典:Amazon
「日立ということで安心して使用しています。一般家庭で使う分には全く問題ありません。」
出典:楽天

商品全長(mm) 430
重量(kg) 4.7
30分はつり量(kg) 78
打撃エネルギー(J) 10

DH28PBY

DH28PBY
DH28PBY
コンクリート3.4~28mmに対応する、2モード低振動タイプです。日立独自の低振動システム「UVP」により、振動を従来品より約33%低減させて快適に作業が行えます。「軽くて使いやすく、素人の日曜大工にも便利です。」
出典:Amazon
「昔の機種に比べて振動も少なく、とても良いです。」
出典:楽天

商品全長(mm) 367
重量(kg) 2.9
30分はつり量(kg)
打撃エネルギー(J)

H41SA2 (SN)

H41SA2 (SN)
H41SA2 (SN)
日立のハンマードリル人気ナンバーワンの機種がこちらのH41SA2 (SN)です!

こちらの(SN)仕様は、スイッチストッパ・サイドハンドル・ケースなしで、工具保持部は鞍型リテーナ方式となっています。

軽い力で大きなハツリ・破砕能力が得られる使い勝手の良さに加え、低振動・低騒音もポイント。空打ち防止機構を備えているため寿命が長いのも高ポイントです。
「使い勝手が良いことに加えて耐久性も高く、仕事で毎日使っています。」
出典:楽天

商品全長(mm) 422
重量(kg) 4.7
30分はつり量(kg) 78
打撃エネルギー(J) 10

日立工機の今後の動向に要注目


2018年には社名を「工機ホールディングス」と改め、電動工具製品を「HiKOKI(ハイコーキ)」という新しいブランド名で展開していくことを発表している日立工機。これからもますます目が離せない存在です。ハンマードリルを始めとして、これからも便利で使いやすい多彩な電動工具を展開してくれることを期待したいですね。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事