在庫管理システムってどう?気になる知識からおすすめ15選まで厳選紹介!

自社の在庫管理に課題を抱えている企業や事業所は少なくないでしょう。そんな課題を抱えている時に適切な在庫管理の仕組みを導入すると効率が上がるなどメリットがあります。そんな自社の在庫管理の課題を解決したい方のために、当サイトでそれぞれの在庫管理のシステムの特徴が分かる様にまとめましたので、参考にしてみてください。

在庫管理システムの基礎知識

まずは在庫管理システムにどういう機能や特徴があるのか紹介します。在庫管理の仕組みには様々な機能があり、それらを理解することは現状に必要なシステムを導入することに繋がるので、しっかり目を通して参考にしてみてください。

在庫管理システムて何?

在庫管理のシステムとは、入荷、出荷、移動、在庫の情報を一括管理をする仕組みのことを指します。それぞれの事業所において、在庫数の適切で効率的な管理、業務の標準化、ツールを使用しての簡便的な在庫確認を行えるため、今まで以上の作業の効率化などが実現可能となるとても便利なサービスです。

在庫管理システムにはどんな機能があるか

在庫管理をするためのシステムが持つ機能としては、

1.バーコード読み取り

2.入出庫管理

3.データ分析

4.書類の出力

などがあります。それぞれの機能を上手く調整することで適切な在庫状況を管理していきます。それでは、それぞれの機能を説明していきます。

1.バーコード読み取り

バーコード読み取りとは、商品ごとのバーコードをツールで読み取り、基本情報や製品番号を判別する機能を言います。使用するツールとしてはハンディターミナルや、昨今ではスマートフォンなどでもバーコードを読み取ることが可能となっています。

2.入出庫管理

人力の管理に頼らず、管理のシステムによって入出庫管理を適切に行うことで、倉庫の中で移動させる在庫の状況などを管理、把握しやすくすることが可能です。機能としては、簡単な入出庫入力、移動の指示、入出庫伝票の出力、ピッキングリストの整理などが使用可能となっています。

3.データ分析

データ分析の仕組みには、在庫の状況を適宜分析する機能が搭載されているものもあります。仕入れ、棚卸し、受発注などの際に、管理のどこの部分で無駄が起きているのかを数値から判断して分析していきます。また、過去の売上傾向から現在どれくらい発注、生産すれば良いのかを事前に予測することが可能となります。

4.書類の出力

書類の出力とは、請求書や発注書などの書類を作成、印刷できる機能です。在庫状況を紙で管理している場合は手書きで管理する必要があるため大変な手間が掛かります。在庫管理の仕組みを導入することで、それらの手間を改善し効率化をすることが可能となります。

在庫管理システムの魅力とは

次は在庫管理のシステムを導入することの魅力を紹介します。魅力やメリットがあるからこそ、導入する価値があるというものです。在庫管理の仕組みがもたらす魅力をご覧いただき参考にしてみてください。

魅力①資金繰りが安定する

余計な在庫を持つことは、調達費用や管理コストなとで手持ちの現金が減ることに繋がり、急に現金が必要な時に使えなくてピンチに陥ります。そのため、在庫を適正な量で管理することは資金繰りの安定に繋がるので、在庫管理の仕組みの導入が大事なポイントとなります。

魅力②作業の効率化

手作業でのピッキングリストの作成や在庫状況の入力作業などが在庫管理の仕組みの導入によってシステム化できるため、作業効率性の向上は当然ですが、誰でも同じ業務を行うことで標準化を図れるというメリットも同時に得られる様になります。

魅力③費用コストが削減される

在庫管理をするための専用ソフトなどを導入する際のコスト、膨大な量の棚卸を人力で行うために必要な人件費と時間は、在庫管理のソフトの導入によって大幅な削減を実現することが可能です

在庫管理システムの選び方

在庫管理システムの機能や魅力が分かったとしても、自社の状況に合わせて適切な仕組みを選ばななければ活用ができません。どの様な基準で選べばよいのか?しっかりまとめましたので参考にしてみてください。

選び方①なぜ導入するかをはっきりさせる

まず、在庫管理システムを導入することで、現状抱えているどんな課題を解決したいのかを洗い出しましょう。そうでなければ、導入したとしても、本来の目的が達成できなかったなんて状況に陥りかねません。ただ、いきなり抱えている課題を全て洗い出せと言われても中々出てくるものでもありません。例えば、まずは在庫管理に関係する現状の課題をあげていくことをおすすめします。その課題を解決することが、導入する目的となります。

選び方②クラウド管理タイプと非クラウド管理タイプ

在庫管理のソフトには、クラウド管理タイプと非クラウド管理タイプが存在します。クラウド型在庫管理タイプは、システムの開発やインフラの調達が必要ない、コスト面、導入がしやすいなどの点から、非クラウド管理タイプと比べて低コストで、導入がしやすいというメリットがあります

選び方③カスタマイズ性

在庫管理の仕組みを導入後、運用していく中で見えてくる課題点というものがあります。そこで必ず、この管理項目を追加できたらもっと便利なのに、この新たな課題をクリアできたら更に効率が向上するのに、といった要望が発生します。そこで、カスタマイズ性のあるソフトを始めから導入しておけば、必要に応じてシステムの管理項目や、在庫管理システムをカスタマイズできるので現状以上に効率的に在庫を管理可能となり利便性が向上します。

選び方④自社に必要な機能

在庫管理の仕組みは多種多様な利便性の高い機能を備えていますが、自社に必要な機能やシステムは決まっているものです。先ずは課題を解決するための機能を選ぶことになると思います。そのために、商品の在庫管理だけではなく、自社にとって必要な販売、仕入れ、受発注、会計処理などどこまでの機能がが必要となるのか、課題を解決する必要があるのかを事前に明確にしておく必要があります。

また、ECサイトの在庫管理を行う場合は、在庫管理のソフトとECサイトとの連携が取れるツールやサービスを選ぶことも必要であり、それに限らず在庫管理の仕組みを選ぶ時は自社のビジネスモデルや現場のシステム体型に適した機能を選択することが必須となります

在庫管理システムのおすすめソフト【ECサイト】

ここからは実際に提供されているおすすめの在庫管理システムのソフトを紹介していきます。先ずはECサイト向けの在庫管理システムです。システムによって得意不得意がそれぞれありますので、各システムを参考にした上で、自社に必要なシステムを選んでみてください。

おすすめ在庫管理システム①まとまるEC店長

まとまるEC店長は、特徴としてはUIが簡単なので、パソコン操作に慣れていない方でも運営しやすい設計となっている点がポイントです。また1ヶ月お試し期間があり、低コストで運営可能な料金設定がされておて、利用費は商品数で決まるため売り上げの変動による追加料金が発生しないのも魅力です。

おすすめ在庫管理システム②アシスト店長

アシスト店長は大手ECサイトのカートや、会計システムなどとの連携が可能です。また要望に合わせてカスタマイズできるのも魅力的で、より多くのシステムを連携させたい、作業時間を減らしたい、という方には利便性の高いシステムとなります。

おすすめ在庫管理システム③GoQSystem

GoQSystemは楽天などのECモール向けの受注管理システムです。他の機能として、売上、物流、商品管理、まで行えるので、在庫管理に近いシステムとして導入できる点が魅力です

おすすめ在庫管理システム④助ネコ

助ネコは使いやすい在庫管理システムを求めている、在庫、受注、出品管理を一元化したいという方におすすめのシステムです。在庫管理機能だけの契約などのオプション契約も充実しており、30日間の無料体験ができるのも魅力です。

おすすめ在庫管理システム⑤NEXT ENGINE

このシステムはECサイトを一元で管理するシステムです。システムの特徴としては、運営で発生する業務全般を一元化、自動化することで業務の効率化を図ることが可能となる点にあります。また、在庫管理において複数のECサイトの在庫振り分け設定、在庫引当、棚卸などが可能となる点も魅力です。

おすすめ在庫管理システム⑥TEMPOSTAR

このシステムはは、3,500社以上導入の実績を持つ事業所からの信頼性が高いサービスです。また、クラウド型のサービスなので、細かなバージョンアップも細かく無料で実施されており、複数のECサイトを同時に管理することができて、多種のカスタマイズができる点も評価が高いです。

在庫管理システムのおすすめソフト【倉庫管理】

次は倉庫管理用の在庫管理のシステムを紹介します。倉庫管理用の仕組みも様々なものがあり、それぞれに特徴があります。自社の課題点をクリアするために必要な在庫管理のシステムやツールを、各システムの中から探してみてください。

おすすめ在庫管理システム⑦楽楽販売

楽楽販売は、売上、請求、入金、支払から、受発注や仕入れ業務まであらゆる情報を一元管理することが可能な在庫管理システムです。ASPサービスなので、同時に複数の社員がログインしてもスムーズな作業が可能です。ノンプログラミングで柔軟にカスタマイズをすることができ、自社に適した業務フローが構築可能です。

またユーザーのアクセス制御を項目単位で細かく設定できるためセキュリティー面において、安全な情報共有を実現します。

おすすめ在庫管理システム⑧アラジンオフィス

アラジンオフィスは、特殊な業務がある企業にとって利便性の高い在庫管理システムです。5,000社もの導入実績があるため、各業界の特徴に対応しており、柔軟なカスタマイズを行うことで、その企業に合ったシステムを構築することが可能となります。

サポートに関しては、各業種に特化した専門チームが対応しているため、導入した多くの企業が同製品をリピートしています。最低限の機能から導入して、「ハンディ・バーコード機能」や「ECサイト構築機能」など随時必要な機能を追加することで、事業規模を実現することも可能です。

おすすめ在庫管理システム⑨ロジクラ

ロジクラは出荷作業をiPhoneで行えるため、手入力による人為的なミスを削減することが可能となります。また、情報はクラウドで一元管理するため、自社での運用フローも楽になります。

導入前には14日間の無料トライアル期間がある点や、導入前のヒアリングもできるため、導入ハードルは非常に低い点も魅力です。

おすすめ在庫管理システム⑩楽商

楽商は、長年培ってきたノウハウを活用した販売管理・在庫管理システムであり、固有業務がある中堅中小企業におすすめの在庫管理サービスです。パッケージソフトではありますが、短期間・ローコストで企業の特徴にあったカスタマイズが可能です。

システムの提案から導入、アフターサポートまでのサービスが一貫しているため、初めての導入で進め方がわからない場合でも安心してサポートしてくれる点も魅力です。

おすすめ在庫管理システム⑪GLOVIA きらら

ソフトウェア販売大手の富士通の手掛ける在庫管理システムです。在庫管理だけでなく生産管理や人事給与などもオプションで付け足せるため、必要に応じて広範囲で利用が可能です。オンプレミス、クラウド、両方のハイブリッドが選択できますので、自社の状況に合わせた製品の導入を実現できます。

おすすめ在庫管理システム⑫@wms

@wmsは、パッケージ型ではなくクラウド型の在庫管理システムです。そのため、サーバーを準備する必要が無く、コストを大幅に削減しての導入が可能です。また、入荷した商品のロット番号、賞味期限、製造日などを管理できるため、出荷までのトレース管理が可能であり、出荷後も商品の追跡も可能となっています。

複数拠点で在庫を扱っている会社の場合でも、主な在庫以外をスムーズに管理でき、外部施設の場合はハンディターミナルを利用して在庫管理を行うため、問題なく管理することができます。

おすすめ在庫管理システム⑬ZAICO

ZAICOはクラウド管理タイプの在庫管理システムのため、初期の導入コストを抑えることができ、安価に在庫管理ができるアプリです。他にも会計ソフトのfreeeと連携することで、在庫管理がワンステップで完了するのも利便性が高くておすすめです。

UIは、携帯のアプリを起動してスキャンするだけというシンプルな形であり、無料プランでお試しもできて導入時のハードルが低いのも魅力的です。

おすすめ在庫管理システム⑭インターストック

インターストックは、自社の状況によってオンプレミス版とクラウド版から選べるため、多様なニーズに対応が可能です。また、 年2回の無償バージョンアップの成長型システムを導入しており、長期的な運用もしっかりサポートしてくれます。

予算に応じて3つのラインナップから選べることができ、在庫管理に必要な機能をまとめた基本モデル、リアルタイム検品や物流機能を装備した本格的なモデル、そしてあらゆるニーズに対応した最上位モデルと、自社の状況に合わせて導入が可能となっています。

おすすめ在庫管理システム⑮在庫らくだプロ7.5

在庫らくだプロ7.5は、機能面では適正在庫を実現するあらゆる機能を提供し、複数倉庫への管理に対応しています。在庫数が多く複数の保管場所があり、管理業務が煩雑化してしまっている場合は同システムをおすすめします。

目的に合った在庫管理システムを見つけよう

如何でしたでしょうか?同じ在庫管理システムでも、ソフトによって特性が違ったり、得意分野があることが分かったと思います。先ずは自社の課題を見直し、その上でサービスを提供している会社へ問い合わせをしてみることをおすすめします。きっと、アナタの要望に応える在庫管理システムがあると思いますので、当サイトの情報を参考にお役立てください。

その他の関連記事はこちらから


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。