スナップオン社のラチェットレンチおすすめ15選|ソケット、ドライバー徹底比較

引用:Amazon
メンテナンスをしている方であれば、工具によって整備の質が変わってくることをご存知かと思います。1920年に産声をあげたハンドツールの有名なメーカーであるアメリカのスナップオン(Snap-on)は、そんな方の憧れのツールではないでしょうか。今回はスナップオン社のラチェットレンチのおすすめ15選をご紹介します。

ソケットレンチの生みの親 スナップオン


引用:Amazon
現在のメンテナンス作業時にはラチェットレンチは必要不可欠なツールですが、厳密にはラチェットレンチの発明者は誰なのか分からないといわれています。

当初のラチェットレンチは、ソケットが固定された一体型タイプで、現在のようなソケット分割方式のレンチではありませんでした。

スナップオンの創業者であるジョセフ・ジョンソンが、1920年にソケットとハンドルを分割したソケットレンチを発明したことで、現在のラチェットハンドルとソケットの分割方式が一般的になっています。

ラチェットレンチを選ぶ際には、交換可能なソケットの取り付けが可能かどうかを考える必要があり、ラチェットレンチのドライブギアのヘッド部分の差込み角を確認しておく必要があります。ラチェットレンチの差込み角には大きく3つの大きさがあり、1/4” (6.35㎜)、3/8” (9.5㎜)、1/2” (12.7㎜)が一般的に使われているサイズになります。1/4”はミニラチェットといわれる比較的小さなレンチに使われていることが多く、3/8”は自動車やバイクなどの整備に使われるタイプで、ソケットの選択肢が最も多いのが特徴です。1/2”は大きなソケットを使用する際に使われることが多いタイプです。

ソケットレンチの生みの親である、スナップオンの差込み角1/4″と3/8”のラチェットレンチのおすすめを次項からご紹介します。

スナップオン 1/4” (6.35㎜)のラチェットレンチ


引用:Snap On FaceBook
スナップオンのラチェットレンチは、滑らかな動きとしっかりとした締め具合が特徴で、ホームセンターなどで販売されている安価なラチェットと比較すると歴然な差が現れます。余り工具類を使わない方でも、簡単に分かる程の違いがあり、スナップオンのラチェットを一度使うと、その良さから長く愛用される方も多くいらっしゃいます。スナップオンのラチェットレンチをご紹介します。

Snap-on 1/4スイーベルラチェット  THNF72
Snap-on 1/4スイーベルラチェット  THNF72

1:1/4スイーベルラチェット THNF72
スナップオンのラチェットレンチは、滑らかな動きとしっかりとした締め具合が特徴で、ホームセンターなどで販売されている安価なラチェットと比較すると歴然な差が現れます。余り工具類を使わない方でも、簡単に分かる程の違いがあり、スナップオンのラチェットを一度使うと、その良さから長く愛用される方も多くいらっしゃいます。スナップオンのラチェットレンチをご紹介します。
概要 スイベル Head
ヘッド タイプ Round
ギア アクション 5°
ギア歯数:72
外寸 A, ヘッド深さ, インチ 7/16
外寸 B, ヘッド幅, インチ 1-1/4
外寸 C, 全長, インチ 6 7/8
ラチェット 補修キット RKRTHNF72
ASME/ANSI B107-10M-2005
Snap-on 1/4差し込みラチェット スタンダードハンドル T72
Snap-on 1/4差し込みラチェット スタンダードハンドル T72

2:1/4スクエアドライブシールドラチェット T72
差し込み角が1/4” (6.3㎜)のラチェットレンチで、全長は約11.3㎝ありギア数は72枚、デュアル80テクノロジーを採用しデュアルパウルで確実にドライブギアを固定するため、使い勝手の良いモデルです。またヘッド部分はOリングを使用することで、密閉性を高めることに成功しており、ホコリや水分などが内部に侵入することを防ぎます。推奨最大トルクは38N・mと若干低いですが、締め込み材料の強度が低プラスチック製品などの固定をする際には、締め過ぎて破損することがないため、気を遣わずに使ことが出来るおすすめショートレンチです。
全長:約113㎜
ギア数:72枚

スナップオン 3/8” (9.5㎜)のラチェットレンチ


引用:Snap On FaceBook
差込み角3/8” (9.5㎜)のラチェットレンチは、自動車やバイクなどに使われているボルトやナットのサイズに適合しており、整備に最適なサイズのレンチです。ソケットも他のサイズと比較した場合、数多くリリースされており、この3/8”のラチェットレンチを選んでおけば、問題なく整備をすることが出来るレンチです。

Snap-on 3/8 ラチェット 80ギア F80
Snap-on 3/8 ラチェット 80ギア F80

1:3/8スクエアドライブスタンダード・シールドラチェット F80
内部のギア数が80枚で、パウル側のギア数が7枚のデュアル(2枚の計14枚)となっており、確実にギアを固定することが可能で、339N.mと高締付けトルクを実現しています。全長は約190㎜あり長さ的には若干大きめサイズですが、ハンドルグリップ部分の形状がくびれていますので、手にフィットし握り易いため、力を入れて締め込むことが簡単に出来るようになっています。スチール素材を使用していますが、鏡面メッキ処理をしていますので、見た目の高級感と錆び難いことで長く愛用することが出来ます。またシールドヘッドタイプで、ホコリや湿気をシャットアウトしてくれますので、過酷な環境でも確実な作業か可能なおすすめラチェットレンチです。
ギア数:80ギア
全長:175mm
シールドヘッドタイプ
Snap-on 3/8 首振りラチェット ロング FHLF80
Snap-on 3/8 首振りラチェット ロング FHLF80

2:Snap-on (スナップオン) 3/8 差し込み ラチェット グリップ付き 首振り ロング FHLF80
全長が約35㎝と大型のラチェットレンチですが、ヘッド幅は28.5㎜でヘッド厚13.5㎜と小型に出来ていますので、狭いエンジンルームの奥まった所やバイクのフレーム内部などのボルト締めなどでも、場所を気にせず作業が可能です。首振りタイプなので、通常のストレートレンチでは作業し難い場所でもヘッドの角度を変更することで、メンテナンス作業が出来るため非常に便利に使えるラチェットレンチです。また最大締付トルクは108N・mありますので、しっかりと締め込むことが出来るおすすめモデルです。
全長:約35cm
ギア数:80枚
タイプ:首ふり(フレックス)タイプ
推奨最大トルク:108N・m
ヘッド幅:28.5mm
ヘッド厚:13.5mm
Snap-on 3/8 ショートハンドルラチェット FC72
Snap-on 3/8 ショートハンドルラチェット FC72

3:ショートハンドルラチェット FC72
ショートタイプのラチェットレンチで、全長は約112㎜と短いですが握り易いことで締付けがし易いのが特徴です。ギア数は72枚で、パウル側には7枚のギアがデュアル(合計14枚)で設置されており、確実に固定されることで確実な締付けが可能になっています。ヘッド部分は密閉式のシールヘッドを採用することで、ホコリや水分の侵入を防ぎ内部のギアを保護するように作られていますので、過酷な作業環境でも問題なく動作し、ラチェットレンチの破損による作業中断等の心配が一切ありません。
全長:約112mm
ギア数:72ギヤ
素材:スチール
3/8(9.5mm)差し込み
Snap-on 3/8差し込み コンパクトラチェット 首振り FCF72
Snap-on 3/8差し込み コンパクトラチェット 首振り FCF72

4:コンパクトラチェット FCF72
先にご紹介したショートハンドルラチェットFC72の首振り(フレックス)タイプで、エンジンルームの狭い場所にあるボルト締め作業などに最適なモデルです。ヘッド部分の角度変更と固定は、可動部の付け根にあるビスを締め込むことで簡単に出来ますので非常に使い勝手の良い作りになっています。またヘッド内部へのホコリや水分などの侵入を防ぐ、シールドヘッドとなっていますので過酷な整備環境でも、性能を落とすことなく使用出来ます。また長年愛用して、内部のギア関係が摩耗してしまった場合にも、リペアパーツが販売されているので安心です。
全長:155mm
ギア数:72ギヤ
素材:スチール
タイプ:首振り(フレックス)タイプ
Snap-on 3/8差し込み ラチェット ソフトグリップ付き FH80
Snap-on 3/8差し込み ラチェット ソフトグリップ付き FH80

5:3/8スクエアドライブスタンダード・シールドラチェット ソフトグリップ FH80
スナップオン独自のデュアル80テクノロジーを搭載したギア数80枚のモデルで、パウル側のギア数7枚のデュアル(合計14枚)で、ドライブギアを確実に固定出来ることで最大締付トルクは108N・mを誇ります。全長は約24.3㎝で握り易いソフトグリップを装備していますので、作業時にグローブをしていても滑り難く、しっかりと力を入れることが出来るため手を滑らせて怪我をする可能性も低くなっています。またソフトグリップは長く愛用して古くなった場合に、簡単に交換が出来ますので、何時までも新品のように使う事が出来ます。
全長:約24.3cm
ギア数:80枚
推奨最大トルク:108N・m
ヘッド幅:28.5mm
ヘッド厚:13.5mm
Snap-on 3/8差し込みラチェット ラウンドヘッド FHCNF72
Snap-on 3/8差し込みラチェット ラウンドヘッド FHCNF72

6:3/8スクエアドライブラウンドヘッドラチェット FHCNF72
スナップオンが特許を取得したオン/オフインジケーターで、ヘッド回転部分の固さが調整が可能になっています。またヘッド部分をハンドルに対して90度に回転させて固定すれば、ラチェットドライバーとしても使用することが可能で、狭い場所などでドライバーの長さが足りないといった時にも使えて非常に便利な構造をしています。全長は約17.5㎝で、72枚のドライブギアとデュアルタイプの爪側(合計14枚)ギアで確実なホールドを実現し、高い締付トルクを実現しています。
全長:約17.5cm
ギア数:72枚
素材:スチール
Snap-on 3/8差し込みラチェット ラウンドヘッド FHNF100
Snap-on 3/8差し込みラチェット ラウンドヘッド FHNF100

7:3/8スクエアドライブラウンドヘッドラチェット FHNF100
ドライブギア数が100枚あり、送り角は3.6度と非常に細かく設定されていますので、滑らかな動きと細かな締め込み調整が可能なモデルで人気があります。またラウンドヘッドを採用しており、自由にヘッドの角度を変更することで、手の入らない奥まった部分のボルトを締め込むことが出来ます。ハンドル中心とラウンドヘッド中心が同一線上にあることで、ラウンドヘッドをハンドルに対し垂直にすると、簡易のラチェットドライバーとして使えるなど、汎用性の高いラチェットレンチで非常におすすめのアイテムです。
全長:約31.4cm
ギア数:100枚
素材:スチール

8:3/8”クイックリリースソフトグリップラチェット FHR80
このモデルの最大の特徴はソケットを確実にホールドし、また簡単に取外しが出来るクイックリリース機構を装備していることで、ソケットやエクステンションが脱落することなく使用することが出来ます。デュアル80テクノロジーを搭載し、ギア数は80枚で、パウル側は7枚歯のデュアル(計14枚)となっており確実にドライブギアを固定することが可能で、高い締付トルクを実現しています。ヘッド幅は32㎜で、ヘッド厚が14㎜と広く薄く出来ていますので、狭い場所でも難なく作業を行えるように工夫がされています。
全長:約24.3cm
ギア数:80枚
クイックリリースボタン付き
Snap-on 3/8差し込みラチェット スタビ首ふり FKF80
Snap-on 3/8差し込みラチェット スタビ首ふり FKF80

9:スタッビーフレキシブルハンドルラチェット FKF80
ショートタイプのラチェットレンチに首振り(フレックス)機能を持たせたモデルで、ハンドル部分も滑らかなカーブを描いた形状になっており、握り易く力を入れ易いのが特徴です。ヘッド幅28.5㎜、ヘッド厚13.5㎜のコンパクト設計と、デュアル80テクノロジーとの組合わせにより、小さなボディながら推奨最大トルクは108N・mを誇ります。表面をクロムメッキの鏡面仕上げとなっており、美しいショートボディが映えるデザインも特徴的です。自動車のホイルカバーの裏にあるボルトを取外したり、ストレートのラチェットでは、作業のし難いちょとした場所に使用するのに最適なラチェットレンチです。
全長:約120㎜
ギア数:80枚
推奨最大トルク:108N・m
ヘッド幅:28.5mm
ヘッド厚:13.5mm
Snap-on 3/8差し込みラチェット ラウンドヘッド FN100
Snap-on 3/8差し込みラチェット ラウンドヘッド FN100

10:ラウンドヘッドラチェットハンドル FN100
ラウンドヘッドにギア数100枚のドライブギアを搭載し、送りの角度は3.6度と繊細な締め込みが可能なモデルで、薄いプラスティック材料など強度の低い物へのボルトの締め込み時に、力を発揮してくれるラチェットレンチです。またヘッド幅は約44.45㎜と大きめですが、ヘッド厚は約17.4㎜と広くスリムなヘッド形状をしており、狭い配管や配線の間などにも差し込むことが出来るため、使い勝手の良いのも特徴の一つです。ラチェット本体は、クロムメッキの鏡面仕上げを施しており、見た目も美しいアイテムとなります。
全長:約200㎜
ギア数:100枚
ヘッド幅:44.5mm
ヘッド厚:17.4mm
Snap-on 3/8差し込みラチェット クイックリリース FR80
Snap-on 3/8差し込みラチェット クイックリリース FR80

11:3/8”クイックリリース80ギアラチェット FR80
全長は約190㎜とスタンダードサイズで、クイックリリース機構を搭載したモデルです。クイックリリースモデルの場合、ソケットやエクステンションを確実に固定してくれますので、作業の途中で脱落したりといった作業中の無駄を省くことが可能で、作業効率が非常に良いのが最大の特徴です。またクイックリリース機構のソケット固定性能とデュアル80テクノロジーを採用することで、108N・mの推奨最大トルクを余すところなく、確実に力を伝達してくれます。ヘッド幅28.5㎜、ヘッド厚13.5㎜とスリムに出来ていますので、狭い場所でも差し込むことが可能です。
全長:約190㎜
ギア数:80枚
ヘッド幅:28.5mm
ヘッド厚:13.5mm
Snap-on 3/8差し込みラチェット ロック機能付き FX80
Snap-on 3/8差し込みラチェット ロック機能付き FX80

12:3/8スクエアドライブロック付フレキシブル・シールドラチェット FX80
通常のスタンダード、首振り(フレックス)、オフセットと1台で3役をこなせるように、ロック機能を備えた首振り(フレックス)ラチエットレンチです。作業状況に応じてご自身で角度調整を行い、ロックビスで簡単に固定出来ますので、使い勝手の良いラチェットレンチです。またデュアル80テクノロジーとの組合わせにより、推奨最大トルク108N・mと高トルクでの締付けを実現しています。ヘッド幅28.5㎜のヘッド厚13.5㎜とコンパクトなヘッド形状で、手の届き難い場所でも作業が可能で、オフセットラチェットとしても、使用できますので作業効率もアップします。
全長:約290㎜
ギア数:80枚
ヘッド幅:28.5mm
ヘッド厚:13.5mm
Snap-on 3/8マルチラチェット FZ936A
Snap-on 3/8マルチラチェット FZ936A

13:マルチパーパス・シールドラチェット FZ936A
差し込みが3/8”のラチェットレンチでは、最も全長が短いラチェットレンチになり、別売りのブレーカーバーと組み合わせることで、首振り(フレックス)ラチェットとして使うことが出来ます。全長が約80㎝と手のひらに収まるサイズで、狭い場所でも手を入れることが出来るのであれば、ラチェットを差し込むことが出来るため、自動車のエンジンルームなどの整備に最適なラチェットレンチです。またギア数は36枚で、カチカチとギアの回る機械的な感覚も分かるため、見え難い場所の作業も手の感覚だけで作業が出来ます。

スナップオンのラチェットレンチを是非!

スナップオンのラチェットレンチを1/4” (6.35㎜)と3/8” (9.5㎜)の2種類、特にソケットの数が多く汎用性の高い3/8”を中心にご紹介しました。スナップオンの工具を一度使うと、その使い易さと精度の高さから手放せなくなる方が殆どなのではないでしょうか。

スナップオンの工具は、ホームセンターなどで販売されている工具と比較すると高価ですが、長く愛用出来るのでランニングコストを考慮した場合には、コストパフォーマンスに優れていますので是非、一度使ってみては如何でしょうか。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事

LINE友だちに追加する