引用:pixabay

記事更新日:

アイフルホームの口コミ・評判はどう?気になる情報を徹底解説!

家を建設する時は、たくさんある住宅メーカーの中から自分に合う1社だけを見つけなくてはいけません。自分の予算や理想像を再現してくれるかは当然ながら、住宅メーカーの技術力や対応力、サポート体制など、こちら側が感じられるメリットを多く知った上で決定する必要があります。

ここでは在宅メーカーの中でも注目を浴び始めているアイフルホームに着目してみました。気になる口コミや評判、情報をまとめていますので必見です。

アイフルホームの口コミ・評判

ここではアイフルホームの口コミや評判について調べてみました。良い口コミだけではなく悪い口コミも知ることで、そこからメリット・デメリットを見出すことができます。実際にアイフルホームで相談をしたご家庭、家を建設したご家庭の意見はかなりリアルですし、参考になるはずです。

良い口コミ

アイフルホームに寄せられた良い口コミをご紹介します。個々の予算に合わせて家を建設することができるので、リーズナブルな価格での建設も受け入れてくれるというのが大きな魅力だと感じました。予算が少ないからと言って、決して建設内容が劣る訳ではありません。

意見をしっかり聞き入れた上で最大限に建設に活かしてくれます。太陽光発電システムなど省エネ性能にもしっかり対応しているため、地球にもお財布にも優しいのが嬉しいポイントではないでしょうか。

アイフルホームは有名なので高額はイメージがありましたが、他のハウスメーカーと比べるとかなりリーズナブル。太陽光発電などの搭載もお願いしましたが予算内で収まったので、やりたいことは全部リクエストしました。 出典:週間住宅マガジン|家を建てる人の為にハウスメーカーの最新情報を毎週お届け!

 

デザインや機能性も理想的で、予算内で済みそうなので依頼。オール電化と太陽光発電システムを導入してもらったので、光熱費は4分の1くらいに収まってます。こだわりの収納も叶えられて、大満足な家になりました。 出典:週間住宅マガジン|家を建てる人の為にハウスメーカーの最新情報を毎週お届け!

 

「賃貸の家賃分で返済できたら?」と考えて、ハウスメーカー探しをスタート。予算を伝えると断られてばかりでしたが、アイフルホームはどこよりも親身に話を聞いてくれました。予算内で建てられる設計ができ家づくりが始動。 出典:週間住宅マガジン|家を建てる人の為にハウスメーカーの最新情報を毎週お届け!

悪い口コミ

アイフルホームに寄せられた悪い口コミをご紹介します。アイフルホームの対応に満足する方は多いものの、建設会社(工務店)は別の会社が請け負うため、技術の差が出てしまったり、対応の差が出てしまうようです。

もちろん良い建設会社にあたることもありますが最初の段階では分からないので、そこに不満を感じる方は実際にいます。

LIXILの設備や素材を使っているので、品質はいいと思います。ですが結局は工務店との契約になるので、そこが差の出るところだと思います。私は、対応してくれた代理店のイメージが良くなかったので辞めました。 出典:マンション売却の道しるべ

 

フランチャイズなので、店舗間で価格が大きく異なっています。コンビニの商品のように均一化するわけにはいかないようですね。各店舗の経費などが違うので当然かもしれませんが…。フランチャイズ店により当たりハズレがあるようです。 出典:マンション売却の道しるべ

アイフルホームの特徴と評価ポイント

アイフルホームの特徴、そして特に評価をしたいポイントをまとめてみました。他の住宅メーカーにはない魅力があるので、アイフルホームに人気がある理由がよく分かるはずです。

ポイント①LIXILグループとなり高性能化

アイフルホームフランチャイズシステムの住宅メーカーですが、大元はあの大手メーカー「LIXIL」です。かなり大きなグループであり、建材から住宅設備など、家を建設するために必要な材料を大量発注することにより、コストを抑えてマイハウスを建築をすることが実現しています。

ローコスト住宅でありながら高性能の家が誕生する経緯は、LIXILが経営しているからというのが大きいのです。大手メーカーであるというのもかなり強みで、元から高性能であること、そしてアフターフォローもしっかりしているので安心です。

ポイント②キッズデザインを採用

アイフルホームではキッズデザインを採用することにより、小さなお子さんがいるご家庭でも安全な安心できる家づくりが実現します。子供目線にたって家を建設するため、子供も楽しめる活気ある家になることでしょう。

近年はユニバーサルデザイン(※年齢・障害関係なく不自由のないデザイン設計)が増えてきていますが、費用はかなり高く、まだまだ一般向けではありません。しかしキッズデザインなら若い層でも取り入れることができますし、費用もずいぶん抑えることができます。

子供が成長したあとも有効的に活用できるような設計になっていますので、長く愛される家を探し求めている方におすすめです。

ポイント③安心の耐震性

アイフルホームでは今後の地震災害を防ぐため、独自の地盤調査を採用し、より的確な調査をすることで安全で安心できる家づくりのベースを確保しています。その結果、耐震等級3相当の耐震設計となり、数百年に1度の強地震(震度6~7相当)の1.5倍の衝撃でも倒壊しないレベルにまで到達しました。

耐震技術の1つとして、「耐久力コア」に注目してみましょう。壁倍率(※壁の強度を表現する方法)を8倍にすることにより、より強度の高い住宅に仕上げます。

そしてテクノスター金物を採用することにより、複雑なカット法を止めてシンプルなカット法になって、土台から柱が抜けにくくなるようになりました。

これで更に家は倒壊しにくく、自身の衝撃にも耐えられるようになったのです。アイフルホームの家が安くても耐震性能が高いというのは、こういった丁寧な工事があるからということになります。地震大国である日本では、いつどこで大規模な地震が発生するかは分かりません。

だからこそ今からできる対策として、耐震工事は非常に大事なプロセスとなっています。

ポイント④高気密・高断熱で省エネを実現

アイフルホームではHQP(ハイクオリティパネル)、HQP-W(ダブル断熱)、グラスウールという3種類の仕様があります。HQP(ハイクオリティパネル)とは構造用面材、高性能断熱材、粘弾性体をセットにしている高性能断熱パネルで、壁や屋根、天井に設置します。

するとこの高性能断熱パネルが家全体の熱を断熱し、家の中を快適な温度・湿度で守ることができるのです。ちなみにHQP(ハイクオリティパネル)はグラスウールの厚さの約1/4しかなく、世界最高レベルの0.020W/(m・K)と素晴らしい性能力が魅力です。

HQP-W(ダブル断熱)は柱と柱の間にHQPを設置、柱の外には高性能断熱材を設置し、ダブルのパワーで断熱します。特別寒冷地にも採用される優秀な断熱方法なのです。

ちなみにグラスウールは主に木造住宅に採用されます。リサイクルガラスが主成分で、年月を重ねても変化がなく、高熱に強いという特徴があります。


▼600社の中からオリジナル間取りプランを無料で作成!見積もりを一括比較!

アイフルホームのメリット・デメリット

ここではアイフルホームのメリット・デメリットについてご説明いたします。魅力的な部分と少し心配な部分を合わせてご紹介するので、契約をする前に1度チェックしてみましょう。

メリット

アイフルホームのメリットと言えば、やはりリーズナブルな価格で家を建設できるというところです。LIXIL製品を大量仕入れすること、作業の効率化を図ることでローコスト住宅が実現しました。しかし家の性能は非常に高く、耐震等級3を誇ります。

外壁にはプラチナコートを採用したり、屋根をガラスコーティングしたりと、耐久性も高く劣化もしにくい傾向にあります。他にもハイクオリティパネルを使用しているので、断熱性が高く、適度な温度や湿度をキープすることができます。

ちなみにアイフルホームが使用する建材は、JIS・JASの最高級のものばかりなので、信頼できるというメリットもあるのです。アフターフォローも万全ですし、設計から工事まで安心してお任せすることができます。

デメリット

ここではアイフルホームのデメリットについて見てみましょう。家の性能性が高いのにローコストで家を建設することができますが、フランチャイズシステムということもあり、工事は別会社が請け負います。全国で250近くの工務店が加盟しているため、どの工務店に当たるかは分かりません。

その工務店が自分に合うかどうかは分からないので、そこはネックになるかもしれません。そして価格が安い分、自分の思い通りにならないこともあり得ます。例えばアイフルホームの建材は全てLIXIL製品を使用しているため、デザインや設計に応用が効かない可能性があるのです。

もちろんオプションを追加すれば解消しますが、その分費用は高くなってしまうので、そこもデメリットと言えます。もちろん相談したいで色々なプランニングはできますし、まずは1度相談してみることから始めましょう。

アイフルホームの坪単価

アイフルホームの坪単価について詳しくご説明いたします。コスト削減に成功しているためローコストで住宅を建設することができますが、その実態はどのようになっているのでしょうか。

ローコスト住宅の中ではミドルクラス

アイフルホームの坪単価は40万円~69万円と設定されています。ローコスト住宅の中ではミドルクラスで、安く建設できるプランから少しお高いプランまでそれぞれです。工事内容で費用は変わるので、参考までに建設費用の一例をご紹介します。

商品名 坪数 建設費用
セシボ極 40坪 1,920万円(税別)
セシボ零 40坪 1,659万円(税別)
セシボ爽 40坪 1,192万円(税別)

坪単価20万の低価格住宅

実はアイフルホームには坪単価が40万円よりも安いプラン「i-Prime7」が用意されています。インターネット限定商品なのですが、坪単価は20万円にまで下がるという特典付。自分でプランニングすること、仕様を決めることで人件費をカットできるため、このリーズナブルな価格が実現しました。

気になる方は、まずはアイフルホームのHPをチェックしてみましょう。

アイフルホームの商品

アイフルホームの中で特におすすめの商品をご紹介します。意外と知られていない商品なので、アイフルホームで家を建設しようと検討しているご家庭は是非覗いてみて下さい。

ネット住宅【i-Prime7】

ネット限定商品である「i-Prime7」は、ローコスト住宅の中でも特に安く、1番安い基本本体価格はなんと1,000万円を切ります。コンパクトでスタイリッシュなデザイン設計となっていますが、プランはニーズに合わせて3種類用意されています。

コンパクトでも大人数が集まることができる「パーティーを楽しむプラン」、キッチンから家族の様子を見やすく収納力が抜群な「収納が充実プラン」、家族団らんでゆったり過ごせる「ゆったりコンパクトプラン」など、嬉しいコンセプトがたっぷり詰まっています。

商品ラインナップを一新【FAVO】

アイフルホームでは商品を一新したことにより、新商品「FAVO」が誕生しました。自由設計(2階建て)の「セシボ」、平屋住宅の「AYA(アヤ)」、3 階建て住宅 「スプリーム」、セミオーダー型の「Simple Life.(シンプルライフ)」の4つを取り入れたのが「FAVO(フェイボ)」となります。

FAVO(フェイボ)は基本的に自由設計となっており、「OUTDOOR」「PARTY」「KIDS」を含む11シリーズからご自身に合ったプランニングを練ることができます。理想のマイホーム像に近づけることができるため、こだわりのマイホームが完成します。


▼600社の中からオリジナル間取りプランを無料で作成!見積もりを一括比較!

家づくりを失敗しないコツ

より理想のマイホームを建築するためにも、ここでは失敗しないコツやポイントをご紹介します。建設前に確認しておくことで、良い家づくりに役立てることができます。

コツ①予算を明確にしておく

家を建設する前に自分が用意できる予算を明確にし、今後の計画を立てるようにして下さい。家を建設する時はローン返済を利用する方も多いのではないでしょうか。利息分を含め毎月の返済額をシュミレーションし、自分が支払える金額をしっかりと把握しておきましょう。

コツ②住宅のイメージを的確に伝える

家を建てる時は自分の理想やイメージを担当者や設計者に細かく伝えるようにしましょう。例えば「キッチンが広い家が良い」や、「収納力が欲しい」、「リビングダイニングを効率よく使いたい」など、まずは思っていることを相談してみて下さい。

そこから入念に打ち合わせをして、自分の理想の家を完成させましょう。イメージだけでは伝わりにくいという場合はネットで検索した写真を見せてみるのも1つの方法です。それだけでもさらにイメージは膨らみますし、より良いプランを練ってくれる可能性も高いです。

コツ③間取りをたくさん見ておく

失敗しないためにも、間取りはしっかり考えるようにしましょう。アイフルホーム以外の住宅メーカーにも相談して、各会社の間取りや特徴をチェックし、その中から自分のお気に入りの間取りのアイディアを取り入れてみるのもおすすめです。

自分ではイメージできなかったような部屋づくりが実現することもありますし、必ずプラスになるはずです。インテリアやデザインはまず第一に考えやすいのですが、意外と落とし穴なのが間取りです。間取り1つで家の快適さ・住みやすさはかなり変わります。

逆を言えば間取りに隙がなければ快適で住みやすい家になるということなので、間取りを失敗しないためにもまずは情報収集からスタートさせましょう。最近は各住宅メーカーのHPでも建設内容の一例を公開していたり、体験談として間取りを提供されているご家庭もあるので是非チェックしてみてください。

アイフルホームで理想の暮らしを実現しよう!

アイフルホームはローコスト住宅の中でも性能の良い家を作るサポートをしてくれる住宅メーカーです。価格は安くてもそれ以上の価値がある家が完成するため、きっと満足できる仕上がりになるはずです。

耐震工事も優れていますし、高気密・高断熱で省エネ仕様にも特化しています。もちろんデザイン性も魅力的なモデルがたくさんあるので、家の建設を考えている方は是非1度アイフルホームにてご相談ください。

ローコスト住宅はここ近年でもかなり注目されていて、どの住宅メーカーでも取り入れ始めているのが現状です。どの住宅メーカーも費用を抑えつつ高性能の家を建設しようと奮闘していますので、アイフルホームはかなりおすすめなのです。

理想の家づくりにおすすめな「タウンライフ家づくり」とは?

注文住宅を購入する際に、「間取りのイメージがわかない」、「希望の間取りをなるべく低予算でデザインしたい」といった悩みを抱える方は多いのではないでしょうか?

実際のところ、間取りは家の印象を決めるとても大切な要素なので、ちょっとした妥協が家づくりの失敗に直結してしまうことも珍しくありません。また、導線一つで住みやすさが大きく左右されることもあるので、多くの方が間取りで悩むのも当然と言えるでしょう。

そんな方におすすめのサービスが、注文住宅購入の新常識「タウンライフ家づくり」です。「タウンライフ家づくり」は、希望に沿った間取りプランを無料で一括査定できる画期的なサービスで、注文住宅に関する悩みをコンパクトに解決してくれる優れものです。注文住宅に関する希望を細かくフォーマットに記入すれば、希望に沿った間取りプランや見積もりを無料で行ってくれる、日本で唯一のサービスです。

資料請求や見積もりはスマホ一台あれば、どこにいても簡単に申し込むことができます。株式会社リンクアンドパートナーズが実施した調査によると、タウンライフ家づくりは注文住宅部門で「利用満足度No.1」「知人に勧めたいサイトNo.1」「使いやすさNo.1」の3冠を達成しており、顧客満足度の高さを伺い知ることができます。

また、注文住宅購入の新常識として話題になったのは最近の話ですが、実績は既に32,000件と非常に豊富です。

タウンライフ家づくりをチェック

タウンライフ家づくりをおすすめする3つのポイント

では具体的に、タウンライフ家づくりを通して間取りを依頼するとどんなメリットがあるのか、大きく分けて3つの観点からご紹介していきましょう。

一括請求だから、最安値が一目瞭然

タウンライフ家づくりで間取り依頼をかけることのできる業者は、なんと600社にも及びます。いずれも国家基準をクリアした優良注文住宅会社であり、同じ希望内容を一斉に依頼することで、最安値の会社が一目瞭然です。

実際、全く同じ間取りでも業者によって300~400万変わってくることは珍しくありません。注文住宅において費用は非常に大きなポイントになって来るので、一括請求することで費用を最小限に留めることができます。

また、今までであれば一社一社と打ち合わせをして見積もりを出してもらうというのが注文住宅購入の流れでしたが、タウンライフ家づくりであればわざわざ注文住宅会社に足を運ぶ必要がありません。気になった注文住宅会社のみと打ち合わせを重ねていけば良いので、会社選びの手間も大きく省くことができ、時間の節約にもなります。

希望エリアの土地情報も手に入る

タウンライフ家づくりで新築物件を購入するエリアを指定すれば、その地域の土地情報も併せて手に入れることができます。「まだ土地を購入するのはこれから」という方にとっては、間取りのデザインと同時に土地探しまでセットで行うことができるので、まさに一石二鳥と言えるでしょう。

自宅でじっくり比較検討できる

タウンライフ家づくりで間取りデザインを依頼すれば、家でゆっくりと間取りを比較検討することができます。展示場や注文住宅メーカーで打ち合わせをすると、その場で即決を迫られたり、追加のオプションなどの営業を受けたりすることがあり、なかなか自分たちのペースで話を進められないというケースが多く見られます。

一方、タウンライフ家づくりであれば、一括請求によって送られてきた間取りや費用を見比べながら、ご家族とゆっくり話し合って決めることができます。時間に迫られたり、場の空気に合わせたりする必要もないので、より自分たちの理想に根差した家づくりを落ち着いて進めることができます。これはインターネットを活用したタウンライフ家づくりならではの大きなメリットと言えるでしょう。

タウンライフ家づくりをチェック

タウンライフ家づくりが選ばれる3つの理由

「対人じゃなくても理想の家づくりができるの?」と不安に思われる方もいるかもしれませんが、タウンライフ家づくりのサポート体制は非常に充実しています。

間取りプランを専門家が提案

マイホームの間取りを決める際、あまりにも希望を詰め込みすぎると、結果的に住みにくい間取りになってしまうことも珍しくありません。いざ住んでみてからやはり間取りを変更したいとなってしまっては、追加でリフォームする手間や費用が掛かってしまうので、あらかじめ間取りのデザインと住みやすさのバランスを図ることが大切です。

タウンライフ家づくりでは、依頼者の希望を最大限考慮したうえで、専門家がデメリットも提示してくれます。特に家の導線は、素人ではなかなか判断が付かず、専門家の知恵や経験が最も活きてくる分野と言えるでしょう。

他にも窓の大きさ、窓の数、水回りの明るさ等に関する希望も出すことができます。自分たちの理想はしっかりと伝え、そのうえで専門家の意見も取り入れると、理想と利便性を兼ね備えた家づくりを行うことができます。

総額に対しての資金計画

マイホーム購入にあたり、誰もが不安に思うのが資金計画。「こんな大きな額、継続して払っていけるのだろうか?」と不安に思われる方も多いのではないでしょうか?

実際、マイホーム購入にかかる総費用を事前に把握しておくことは非常に重要です。タウンライフ家づくりでは坪単価だけでなく、本体工事にまつわる諸費用をすべて含めた総額を事前に依頼することができます。坪単価だけで単純計算すると、後になって「こんな費用がかさむとは思わなかった」となってしまうので、必ず契約前に費用の総額を確認しておきましょう。

マイホームに最適な土地を提案

前述の通り、タウンライフ家づくりでは希望のエリアにおける土地情報を随時提供してくれます。土地の場所や敷地面積はもちろん、方角、日照条件、近隣環境などを詳細に提示してくれるので、理想に近いベストな土地を見つけることができるでしょう。

特に地盤には注目したいところ。どれだけ立地が良くても、地盤が緩いと災害で被害を受ける可能性が高くなるので、地盤の強さに関する情報はしっかりとチェックしてください。

タウンライフ家づくりをチェック

タウンライフ家づくりのお申し込みの流れ

タウンライフ家づくりでは、たったの3分で間取りプランを一括依頼することができます。スマホ一台あればどこでも簡単に依頼することができますし、もちろんパソコンからでも可能です。以下の手順に沿ってまずは気軽に依頼してみましょう。

希望のエリアを選択

まず初めに、「Step1 都道府県」と「Step2 市区町村」を指定します。タウンライフ家づくりでは、市区町村に応じて土地価格相場(坪単価)を提示してくれるので、具体的に土地が決まっていない方も、まずは一番希望のエリアを登録しておきましょう。

希望条件を入力

続いて、家や土地に関する希望をフォーマット通りに入力していきます。回答必須の項目としては以下のような内容が挙げられます。

  • 希望世帯を選択(一世帯・二世帯・店舗)
  • 階数(平屋・二階・三階)
  • 住居予定人数
  • 希望の間取り(2LDK~)
  • LDKの広さ
  • 土地の大きさ
  • 希望の総予算

要望を詳しく伝える

項目欄の一つに、「その他、間取り・資金作成でのご希望やご要望」という欄があります。家づくりにおいては実はここが非常に大事なポイントで、ここで希望をあらかじめ伝えておくことで、注文住宅会社とイメージを最大限に共有することができ、間取りを再設計する手間や時間を省くことができます。

具体的には以下のような希望を記入しておくと便利なので、参考にして下さい。

  • 世帯年収は〇〇〇万円で、月々の支払いは〇万円、頭金は〇万円を想定しています。
  • 窓の数を多くし、日光を取り入れる家づくりがしたいです。
  • 既に購入済みの土地は、〇メートル×〇メートルで、建物面積は〇平方メートルを想定しています。
  • 子供に目が行き届くよう、リビングは広く明るい設計にしたいです。
  • 日中のご連絡は携帯までお願いします。

必須項目を入力する

続いて、個人に関する項目を入力していきます。必須項目は以下の通り。

  • 氏名
  • フリガナ
  • 住所
  • 建設予定地(すでに土地を持っている、土地を探しているなど)
  • Emailアドレス
  • 電話番号

希望の注文住宅会社を選択する

入力したエリアや条件に基づいて、600社の中から対応可能な注文住宅会社が一覧表示されます。一括して依頼することもできますし、希望の会社だけを選択して依頼することも可能です。

タウンライフ家づくりをチェック

タウンライフ家づくりで理想の間取りを手に入れよう!

間取りを理想通りにうまく設計できるかどうかは、家づくりの成功を左右すると言っても過言ではありません。「入力する項目が多くて大変」と思われた方もいるかもしれませんが、注文住宅会社といかにイメージを共有し、理想の間取りをすり合わせていくかが大切ですので、まずはタウンライフ家づくりで気軽に一括依頼してみましょう!

依頼した各社から回答が来たら、あとはじっくり家で比較検討し、予算やデザインに一番合った注文住宅会社を選ぶだけです。間取りプランを無料で一括依頼できる「家づくりの新常識」タウンライフ家づくりで、ぜひ理想の家をデザインしましょう!

その他の関連記事はこちらから










※記事の掲載内容は執筆当時のものです。