ローコストでも小さい平屋が手に入る!魅力や基礎知識を徹底解説!

ローコストでも小さい平屋が手に入る!魅力や基礎知識を徹底解説!

引用:pixabay

マイホームを建てるにあたり、平屋ってどうなんだろうと気になる方もいらっしゃるかもしれません。特に2階建てにこだわらないのであれば、平屋も選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。そこで今回は小さい平屋の魅力や平屋が向いているケース、平屋の建築費事情や実例などについてまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

小さい平屋は魅力がいっぱい!

田舎に行くと、平屋の家も良く見かけますが、都心部にいると見かける頻度は少ないかもしれません。確かに戸建てというと2階建てを想像しやすいのですが、小さい平屋には2階建てにはない魅力がたくさん詰まっています。ここではそんな平屋の魅力についてご紹介します。

そもそも平屋とは?

そもそも平屋とはどんな家のことを指すのか、ここで改めてその定義について確認してみましょう。平屋とは2階部分のない、1階のみで成り立っている家のことを指します。1階建ての平屋を建築する場合、土地面積を2階建ての家よりも広く取る必要があるので、土地代が高い地域の場合、2階建ての家よりもランクが上の位置づけになります。

2階へ上がる階段がない、平坦な造りの家であることから不動産会社によっては「フラットハウス」と呼ぶこともあります。平屋もフラットハウスも同じ造りの家のことを指すので覚えておきましょう。

小さい平屋の魅力は?

小さい平屋の魅力についてご紹介します。まず、平屋は階段がなくすべて同じフロアに部屋があるので、間取りを自由に設計することができます。2階部分を考慮しなくてよいので、幅広いアイデアを活かすことができると評判です。リビングとテラスをつなげて、室内から室外への広がりを感じる造りにしたり、壁一面を窓にして自然光をたくさん取り入れた住居にしてみたりなど、2階建てにはない楽しみ方をしてみましょう。

階段がないので家事の動線も考えやすく、忙しい共働き家庭でもスムーズに家事を済ませられる家を考えることもできます。また、階段の上り下りがないので、小さなお子様がいる家庭はもちろん、足腰の弱った高齢者がいる家庭にもぴったりの住まいです。

また、2階部分の負荷がないので壁を取り除くなどのリフォームがしやすいのも大きな利点の一つとなっています。子どもが独立するまでは部屋を壁やパーテーションで仕切り、子どもが巣立ったら夫婦2人で広々と使えるよう仕切りを取り除くといったリフォームも簡単です。また、耐震面での対策も立てやすいというメリットもあります。地震に強い住居を探しているのであれば、平屋を選択肢に入れてみましょう。

小さい平屋はこんな人におすすめ

小さい平屋は、特に子育て世代や夫婦2人での生活を楽しんでいるシニア世代、本拠地は別にあり別荘やオフィスとしての家屋を探している方、必要最低限のものでミニマルな暮らしを楽しみたい方、独身者などにおすすめです。

家族で一緒に過ごす時間を大切にしたいという子育て家庭の中には、個室の多さよりも家族で集まって広々と過ごせるリビングを家の中心にしたいという方もいるでしょう。平屋であれば、フラットな空間で家族お互いの気配を感じることができるので孤立しません。また、夫婦2人で暮らすシニア世代は、階段の上り下りがない平屋の方が肉体的負担も少ないですし、室内の掃除やメンテナンスなどもしやすいのが魅力です。

別荘やオフィスとして2つ目の家を検討している方にも、平屋であればコンパクトでありながらも独立した空間を手に入れることができます。2階部分がなくシンプルな造りの家なので、ミニマリストもしくはミニマリストを目指しているといった夫婦にも平屋は便利です。独身者だけれど戸建てが欲しいといった場合も、平屋であれば広すぎずほどよいスペースを確保できます。

小さい平屋ならローコストで手に入る?

戸建てというと高いといったイメージを抱きがちですが、小さい平屋であればローコストで心地よいマイホームを手に入れられるかもしれません。ここでは実際にどれぐらいの費用が掛かるのか、ローコストで新築平屋のマイホームを手に入れる方法についてお話しします。

1000万円以下でも新築平屋の家を建てられる!

子どもが生まれるので新築のマイホームが欲しい、老後の夫婦2人暮らし用にあまりコストのかからないマイホームを建てたいなど、人によってそのニーズは様々です。マイホームが欲しくても予算が限られていると諦めてしまいがちですが、平屋であれば新築が1000万円以下で建てられます。

20坪程度のこじんまりとした平屋で、間取りや設備の多くを一定のプランとして販売している、規格タイプの平屋で、1LDK~2LDKの間取りであれば、1000万円以下での購入が可能です。シンプルに暮らしたいのであれば、予算が少なくても手が出しやすい価格が魅力の小さい平屋を考えてみましょう。

超ローコスト住宅とは

平屋を探していると、「超ローコスト住宅」という言葉を目にすることもあるかもしれません。この超ローコスト住宅とは、ローコストを超える安さを誇る住宅のことで、一般的にローコスト住宅の場合一坪当たり45~50万円かかるのに対し、超ローコスト住宅の場合はどの坪単価が30万円以下と、かなり低価格になっています。

ざっくりと計算しても30坪の家であれば900万円で建てられるということで、最近不動産業界でも話題になることが多い住宅です。マイホームは高すぎて手が出せないと諦めていた方でも、比較的簡単に夢をかなえることができるので、ぜひこの超ローコスト住宅について検討してみましょう。

ローコスト住宅はなぜ安く建てられる?

ローコスト住宅について調べていると、どうしてそんなに安く建てられるのか疑問に感じる方もいるでしょう。普通にお金を掛けた住宅と同じ「家」である上に、その見た目も特にほかの住宅と遜色ないことから、どこでコストカットしているのか気になる方も多いはずです。ここではローコスト住宅はなぜ安く建てられるのかについてお話しします。

ローコストの理由①材料費

ローコストの理由として、まずその材料費が注文住宅などに比べて安いということが挙げられます。ローコスト住宅の場合、間取りを規格化しあらかじめ使用する建材を指定することにより実際に建築する時の材料を制限しています。このため、建材を大量に一括購入することにより、そのコストを下げているのです。また、材料となる木材は現場で加工せず、プレカット工場に発注して部品化、こうやって一括発注することにより原価を下げている会社も多いようです。

ローコストの理由②人件費

一般的に住宅価格は純粋に家の値段だけではありません。その内訳は、材料費と人件費が6対4の割合になっているとされています。つまり人件費を削ることにより、かなりのコストダウンを図ることができるのです。ローコスト住宅では先ほどお話ししたように材料費を削るだけでなく、この人件費の割合を減らすため、家一軒ごとに関わる人の数を減らしています。そのため、ほかのローコストではない住宅に比べ、こまめなケアは受けられない可能性もあります。

建築中にトラブルがなければよいのですが、トラブルが起きた時にどの程度細かい退所をしてくれるのかは住宅メーカーにもよりけりなので要注意です。気になる場合は、事前に口コミや評価などをチェックしておくのも一案です。

ローコストの理由③広告費

大手の高級住宅メーカーだと、有名タレントをイメージキャラクターとして採用したり、頻繁にテレビを始めとしたメディアで広告をしたりなど、かなりの広告費をかけていることが多いです。しかしローコスト住宅の場合は、広告にお金をかけません。テレビCMをするとしても、広告費の安い地方局だけにしていることが多いので、口コミやその地域に住んでいないと社名を聞いたことがないというケースも多々あります。

全国的にあまり名は知られていないけれど、技術の良いローコスト住宅メーカーなどもあるので、ネットなどでよく調べてみましょう。気になるローコスト住宅メーカーが見つかるかもしれません。

ローコストの理由④諸経費

ローコスト住宅を実際に見学してみると気がつくかもしれませんが、壁や窓、扉などを減らしたシンプルな間取りになっていることが多いです。これは、窓やドアなどにかかる諸経費を減らしているためです。どうしても窓や扉などが欲しいといった場合は、オプションでつけられないか担当者に相談してみましょう。

ローコストで建てる小さい平屋の間取り実例

ここまで読んでみて、ローコストで小さい平屋を建てた場合、どんな間取りと費用になるのか気になる方も多いはずです。ここでは実際に住宅メーカーごとに小さい平屋の間取り実例をチェックしてみましょう。今後の参考にしてみてください。

アイフルホームのi-Prime7シリーズ(900万円台~)

アイフルホームのi-Prime7シリーズでは、家のどこにいても家族の気配が感じられ、自然粉コミュニケーションが深まる家であるi-Prime7シリーズを展開しています。i-Prime7シリーズには螺旋階段のある2階リビングプランや平屋+ロフト1.5階建てのほかに、平屋プランもあります。

平屋プランでは、フラットな住まいであるがゆえに間取りを広く取ることができ、コンパクトでありながら広々とした住まいを提案しています。深い軒が夏は直射日光を遮り、冬の低い日差しを家の奥まで採り込んでくれます。庭と繋がった大きな窓からは自然の光と風を感じることが可能です。

対面キッチンなので家族と会話をしながら料理をすることができ、スライドドアを使えば必要に応じて部屋を仕切ったり広げたりすることもできます。寝室には大きめのウォークインクローゼットがついているので、収納にも困りません。価格は900万円台からとなっています。

はなまるハウスの平屋(800万円台~)

埼玉、群馬、栃木、千葉、福岡の計5県で事業展開している、規格型のローコスト住宅を提供するはなまるハウスでは、19坪713万円、25坪850万円という1000万円以下のローコスト住宅のプランを用意しています。坪数は19~45坪、間取りは2~6LDK、家の様式は平屋~2階建てと、100パターン以上の住宅プランの組合せの中から、お好みのパターンを選ぶことができます。値段の安さはもちろん、その組み合わせの豊富さも魅力です。

平屋19坪の場合、713万円で新築を手に入れることができます。リビングは約16帖、主寝室、約2帖あるパントリーなどコンパクトでありながらも広々として使いやすい平屋プランが満載です。公式サイトでは坪数と家のタイプにより細かい費用プランも掲載しているので、気になる方はチェックしてみましょう。

静岡 スズキハウス「モダム」(600万円台~)

静岡県にお住まいの方であれば、スズキハウス「モダム」がおすすめです。地震に強いとされる鉄骨造住宅で住宅性能表示制度で最高ランクに相当する耐震そして耐風強度を兼ね備えています。約10坪のこじんまりとした広さから、ゆとりのある26坪まで、8つの間取りを用意しています。

内装は各部屋の間に段差がないバリアフリー設計となっており、高齢者はもちろん小さな子どもがいる家族にもぴったりです。鉄骨造住宅である「モダム」のほかに、木質系住宅の「モダムウッド」もあるので、見比べてみるのもよいでしょう。

クリエイトホーム みんなの平屋(500万円台~)

クリエイトホームが手がけている平屋専門プラン「みんなの平屋」では新築の平屋が580万円から建てられます。気になるデザインは平屋30プランから選ぶことができ、バリエーションが豊富なのも魅力です。宮城県登米市にモデルハウスもあるので、実際に見て触れて知りたいという方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

使い勝手の良い対面カウンターキッチン、コンパクトながらも充分なスペースがあるリビング、用途によって使い分けられる寝室など充実した内装は一見の価値ありです。公式サイトでも内部をバーチャル訪問できるのでチェックしてみてください。

千葉 楽ちん住宅「R-01」(550万円台~)

千葉県で展開している楽ちん住宅では、550万円台から新築の平屋を建てることができます。全国ローコスト住宅会社と共同仕入れで材料費削減、経費の掛かる住宅展示場やTVCMはせず、販促物は自社制作で徹底的な経費削減を実践している楽ちん住宅。安かろう悪かろうという概念を崩してくれる平屋を提案しています。

新モデルハウスの見学会イベントなども行っているので、実際に参加してみるのもよいでしょう。平屋は全40プランから選ぶことができるので、きっとお気に入りのプランが見つかるはずです。

熊本 友建設 夢55の家 (550万円台~)

昭和55年創業の老舗住宅メーカーである、熊本の友建設では「夢55の家」と称して、550万円台から建てられる住宅プランを用意しています。木目がアクセントになったシンプルな南欧風のベーシックなプランは全5プラン、スタイリッシュな北欧風のプランは全8プラン、屋上庭園付きは全6プランとなっています。

ローコスト住宅だからと言って内装は譲りたくない、シンプルで使いやすくかつおしゃれな平屋が欲しいのであれば、友建設の夢55の家は要チェックです。

ローコスト住宅を建てる際の注意点は?

ここで、ローコスト住宅を建てる際に気を付けたいことについてお話しします。契約をする前に一読して、契約後にトラブルが起きないよう、最善の準備をしておくことが大切です。

アフターサービスや保証を確認しよう

ローコスト住宅の場合、人件費を削るために最低限の打ち合わせしかしないというケースが目立ちます。1軒に付き関わる人員を減らしているため、住宅メーカー担当者の数が少なくアフターサービスまでこまめに手が回らないこともあります。また、一般的な注文住宅では、10年程度の無料定期点検制度や長期の保証・アフターサービス期間があるのに対し、ローコスト住宅の場合、住宅会社の保証期間が短かったり、定期点検が有料だったりすることもよくあります。

家は住み続けているとどうしても定期的なメンテナンスや何かあった時の保証が必要になってきます。契約前にアフターサービスや保証の内容についてしっかりと確認するようにしましょう。住み始めてからトラブルに見舞われないためにも、事前の確認が必須です。

オプション価格が発生しないか確認しよう

モデルハウスを見学してみると、公表している値段の割には内装や外装が素敵で即決したくなるかもしれません。しかしその前に、モデルハウスで使われている設備は基本プランに含まれているのか、オプション料金でつけているものなのかよく確認したいですね。

特にモデルハウスの場合、御客を呼び寄せるためにグレードの高いものを使用していることが多々あります。基本のプラン料金ではどんな間取りと内装になるのか、把握しておきましょう。希望している設備や内装がある場合、オプション価格が発生するのか否かをきちんと知っておくことが大切です。

工事現場を見に行こう

ローコストの住宅メーカーを探していると、いくつか気になるメーカーが出てくるはずです。すでに出来上がった家を見てみることも大切ですが、それ以前に可能であれば工事現場も見ておきたいものです。住宅情報誌などに分譲予定地が掲載されていることもあるので、こまめに一読してみてください。棟上げが終わると周囲が覆われてしまうので、それより前の段階が見られるとよいでしょう。

敷地内や前面道路の様子をチェックし、作業の道具や材料、弁当などのゴミが散らかっていないかなどについてもさらっと見ておきましょう。実際に家を建てている職人がどれだけ真剣に作業をしているのか、その傾向がわかります。職人や住宅メーカーの車の内部もさりげなく確認します。車内が汚れていたり、ダッシュボードに設計図が雑然と積み上げられていたりすると、あまり信用出来ない可能性があります。

ほかにも、作業をしている職人がしっかりとヘルメットを着用しているか、作業着を始めとした身なりはきちんとしているか、大声でどなり合ったりして現場の空気が険悪になっていないかなども、見ておきましょう。一見住宅そのものとは関係がないように感じるかもしれませんが、こういった現場の雰囲気で実際に手抜きせずにきちんとした住宅を建ててくれるのかどうかを判断できます。

ローコストで住みやすい小さい平屋を建てよう!

今回は、ローコストで建てる住みやすい小さい平屋についてお話ししましたが、いかがでしたか。ローコスト住宅メーカーは大きな宣伝を行っていないことが多いので、自分たちで、どんな住宅メーカーがあるのかを地道に情報収集する必要があります。地方の情報紙や口コミ、ネットなどを利用して、信頼できそうなローコスト住宅メーカーを探してみましょう。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。