引用:タマホーム

記事更新日:

ローコストの人気おすすめ注文住宅ランキングを徹底紹介!失敗しないコツは?

「そろそろマイホームが欲しい」となった時に、まず気にするのが家の予算ではないでしょうか。予算が多ければ多いほど立派な家が建つのは確かですが、「そこまで予算をかけられない」というご家庭も多いはずです。

そこでいま人気なのがローコスト住宅の存在です。高性能設備が揃った住宅が低予算で建設できるため、注目が集まっています。ここではそんなローコスト住宅の中でも、人気ハウスメーカーついてご紹介いたします。

ローコスト注文住宅で家を建てるメリット

ローコスト住宅の魅力は、普通に建てるよりも低い予算で家を建設できるということです。しかしローコスト住宅のメリットはそれだけではなく、着工から家の引き渡しまで約3ヵ月と、最短で可能という魅力があります。

通常は最低でも4ヵ月~7ヵ月ぐらいの期間が必要になるのに対し、時間が大幅カットされます。家が早く引き渡されるということは、仮住まいの家賃も最低限に抑えることができるということになります。

毎月支払わなくてはいけない返済ローン額も無理をせずに済みます。生活の圧迫にもならず、無理のない返済計画を立てることができるでしょう。

生活費の大半をローン返済が被さっているのでは、何のために家を建てたのか分からなくなってしまいます。少しずつでも貯金ができる余裕も生まれますので、ローコスト住宅はまさに夢のマイホームと言えるでしょう。

それに加えローコスト住宅なら、将来のリフォーム計画も立てやすくなります。今はほとんどのハウスメーカーで高性能設備であることは確かなのですが、時代と共にライフスタイルも変わるため、リフォームを考えることが多くなると思います。

そういう場合もローコスト住宅なら、将来のことを考えながら計画を進めることができるはずです。その時代、環境に合わせて住む環境を変えることができるのは、ローコスト住宅の隠れた魅力なのです。

ローコスト注文住宅って安い?

ローコスト住宅は、今までの住宅と比較しても圧倒的に坪単価が安いです。通常であれば坪単価が最低50万円~70万円なのに対し、ローコスト住宅の坪単価は約30万円~50万円が相場とされています。最大約2倍の差があるとなると、建設費用に大きな違いが出るのは当然です。

家の坪数にもよりますが、一般的には40坪前後の住宅が多いということを考えると、通常で最大約2,800万円、ローコスト住宅で最小約1,200万円と、その差は歴然。これがローコスト住宅最大の魅力なのです。

人気おすすめローコスト注文住宅ランキング【1~5位】

ここでは、人気のおすすめローコスト注文住宅についてご紹介いたします。長く住む家を建設するからこそ、ハウスメーカー選びは凄く重要なポイントとなります。名前を聞いたことがあるハウスメーカーから、初めて聞くハウスメーカーまで、是非最後までチェックしてみて下さい。

【1位】タマホーム

世界と日本を比較した時、日本の住宅は建設費用が高いという事実にタマホームは直面しました。根本的な問題を解決するために無駄なものを一切省き、そして本当に必要な高性能設備を整えた状態で、ローコスト住宅を実現化させました。

通常はハウスメーカーと業者で提携を結んで家を建設するため、そこに中間マージンが発生してしまいます。しかしタマホームでは一からすべてを自社で行うため、中間マージンも必要なく、その分安く建設することができるのです。

タマホームはCMでもよく見るので高額なイメージがありますが、実は費用を最低限に抑えて家を建設できる魅力があります。

タマホームの坪単価

タマホームの坪単価は、おおよそ約40万円~約45万円と設定しています。通常よりも安い坪単価となっていますので、幅広い層が依頼しやすく、満足できる住宅が完成します。

【2位】秀光ビルド

秀光ビルドでは、本当に必要な人件費以外はカットをしたり、モデルハウスをあえて制作しないことで大幅なコストカットを実現。ローコスト住宅メーカーは世の中にたくさんありますが、その中でも特に安く建設できるよう意識しているのが秀光ビルドです。

1,000万円代で建設できるだけではなく秀光ビルドでは自由設計が可能なため、低予算でありながらこだわりの住宅を建設可能。低予算で自由設計、こだわりの家を希望するなら、秀光ビルドに相談しましょう。

秀光ビルドの坪単価

秀光ビルドの坪単価は商品によっても変わりますが、約30万円~約45万円です。圧倒的な安さが魅力で、「低予算で色々なハウスメーカーで断られた」と言う方にもおすすめできます。

【3位】レオハウス

レオハウスは自由設計ができる注文住宅です。高断熱仕様が標準なため、光熱費を抑えたり、体の健康にも最適なマイハウスとなるでしょう。今後の災害対策として耐震性に優れていること、そして省令準耐火構造になっているため、安心して住むことができます。

高性能住宅ですが、費用はローコストという特徴があるため、予算を抑えることも可能です。ちなみにレオハウスでは最長60年保証が適用されるということもあり、1度建設すると生涯安泰した家を保持することができるのです。

レオハウスの坪単価

レオハウスの坪単価は約25万円~約45万円と、若い世代でも依頼しやすい金額になっています。低予算でも家を建設したいという方におすすめです。

【4位】アキュラホーム

アキュラホームではアキュラシステムを採用し、ローコストで住宅でも品質を落とさない、高品質な住宅を誕生させました。全国250の工務店と提携を結ぶことにより、高性能設備を一括購入することで安く仕入れることができているというのが大きな理由です。

建設工事も熟練の職人が担当し、耐震等級3の耐震性に優れた家が誕生します。しかもアキュラホームでは、規格に捕らわれることなく、自分の好きなように間取りやデザインを選択することができます。予算が少なかったとしても、高品質で納得・満足のいく優秀な家が建ちます。

アキュラホームの坪単価

アキュラホームの坪単価は、約40万~約55万に設定されています。ローコスト住宅ならではの低価格が魅力ですが、高品質な家が建設できるというのは確かなので安心して下さい。

【5位】アイフルホーム

アイフルホームでは予算が少なくても、高性能設備や快適な環境が整っている住宅を建設します。ネット限定商品である「i-Prime7(アイプライムセブン)」が今までにないようなリーズナブルな価格になっていておすすめです。

坪単価が20万円と相当安いため、低予算でも十分家を建設できます。ちなみにアイフルホームの母体は大手のLIXILです。住宅設備はすべてLIXIL製となっていますので、安心・安全の家づくりが実現するでしょう。

アイフルホームの坪単価

アイフルホームの坪単価も変動こそありますが、最低20万円~約55万円となっています。坪単価20万円のi-Prime7(アイプライムセブン)以外にも優れた商品がたくさん展開していますので、是非参考にしてみて下さい。

人気おすすめローコスト注文住宅ランキング【6~10位】

最高のローコスト注文住宅を建てるためにも、おすすめランキング6位~10位を見てみましょう。たくさんのローコスト住宅メーカーの中から選ばれた選りすぐりのハウスメーカーばかりなので、参考にしてみて下さい。

【6位】ヤマト住建

ヤマト住建では高断熱・高気密の省エネ仕様の住宅、そして耐震性が高い住宅を低予算で建設することができます。耐震等級3相当の耐震構造+制震ダンパーevoltzにより、仮に震度7の強い地震が発生したとしても倒壊する恐れがありません。

また住宅設備には天然無垢材を使用することで、家の中が快適に、体の健康を維持することができるようになります。ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2017で大賞、特別優秀企業賞の両方を受賞するなど、高性能住宅であることは証明されています。

ヤマト住建の坪単価

ヤマト住建の坪単価は40万円~55万円です。高性能住宅がこの坪単価ということであれば、コストパフォーマンスは非常に高く、優秀です。

【7位】アイダ設計

「正直価格でお客様に向き合う」というモットーの元、アイダ設計では低予算でも高性能な住宅を建設することができるハウスメーカーです。ローコスト住宅と言えば1,000万円ほどで建設できれば優秀とされていますが、アイダ設計では555万円、888万円の家やアパートも商品化されています。

その秘密はアイダ設計が他の業者を通さず、仕入れ、設計、施工、アフターサービスすべてにおいて自社で一貫して行っているからです。長期優良住宅制度にも対応しているため、ローコストでも安定した住宅を手に入れることができます。

アイダ設計の坪単価

アイダ設計の坪単価を見てみると、相場は約20万円~40万円となっています。予算が少なくてもアイダ設計では家を建設することができるので、様々な層におすすめできるハウスメーカーなのです。

【8位】クレバリーホーム

クレバリーホームでは低予算で耐震性・断熱性・防火性に優れた住宅を建設することができます。プレミアム・ハイブリッド構法を採用していることにより、強い衝撃(震度7等)があったとしても壊れず、頑丈に建ち続ける優秀な住宅となっています。

またクレバリーホームオリジナル製法の外壁タイルは非常に耐久性に優れているため、家の劣化を極力抑えることにも繋がります。このようにクレバリーホームでは高設備・高性能住宅が魅力ですが、実はローコスト住宅であるということも知っておいて下さい。

クレバリーホームの坪単価

クレバリーホームの坪単価は、約30万円~約60万円です。坪単価30万円で40坪の家を建設するとなると1,200万円となり、コストパフォーマンスも非常に高く、低予算でも問題ありません。

【9位】富士住建

富士住建では標準仕様がフル装備となっており、オプション料金を追加することなく高性能設備が最初からセットになっているという魅力があります。

太陽光発電システム、床暖房、エアコン5台、カーテン、クロス、全室LED照明、バスルーム(1.5畳でテレビ完備)、エアコン5台が標準仕様と、相当の大盤振る舞いに驚かされます。

しかも富士住建ではCMなどの広告やモデルハウスに力を入れておらず、宣伝費をカットすることで住宅建設費を大盤に抑えることができています。

富士住建の坪単価

富士住建の坪単価は、45万円~65万円と考えておくようにしましょう。レベルの高い標準仕様となっているのにも関わらず、低予算で高品質な家を建設できるという最大の魅力を実感してみて下さい。

【10位】ユニバーサルホーム

ユニバーサルホームでは直接施工することにより、他のハウスメーカーで必要な中間マージンをすべてカットしました。そしてフランチャイズシステムをフル活用して、高性能設備を大量購入し、安く提供できるようにしています。

更に乾式工法を採用して、工事スピードをUPさせて人件費もカット。住宅に不必要なものはすべてカットすることで、ローコスト住宅を実現させました。そしてユニバーサルホームでは最新テクノロジーを採用することで、地熱床システム、高性能外壁ALCを装備。

夏は涼しく、冬は暖かくと、1年中快適な空間をキープできるメリットがあります。ローコスト住宅とは思えないような高性能設備が揃った住宅が建ちます。

ユニバーサルホームの坪単価

ユニバーサルホームの坪単価は、約50万円です。長期間安心できる環境を手に入れることができると考えると、決して損になることはありません。高性能住宅でありながら予算をなるべく抑えることができるため、夢のマイホームも近づくはずです。

ローコスト注文住宅で建築する時の注意点

ローコスト住宅は低予算でもマイホームを建設できるのが魅力ですが、建設前に注意しておきたいポイントを5つご紹介いたします。ローコスト住宅のはずがいつの間にか高額になっていたというようなケースもありますので、失敗しないためにも必ず建設前に確認するようにして下さい。

注意①オプションが高い

建設費用を安く抑えるつもりが、こだわりが強いと住宅のグレードをUPさせたり、標準仕様に設備をプラスすることで、どんどん価格が上がってしまいます。これではローコスト住宅にした意味がありません。

通常の住宅と同じような建設費用になってしまいますので、ローコスト住宅で落ち着かせたい場合は、あまりグレードを上げないことをおすすめします。またはローコスト住宅でも自由設計が可能なハウスメーカーを選ぶようにしましょう。

注意②自由度が低い

ローコスト住宅は規格住宅になることも多く、デザインや間取りは自由に選択できないといったデメリットも考えられます。自由度が低いといった点は、特にこだわりが強い方には不向きかもしれません。

もちろん設計の段階で意見を取り入れてもらうことはできますが、建設費用が高くなってしまう問題も発生してしまいます。

注意③グレードが低い

あとからオプション料金が発生して建設費用が高くなってしまわないためにも、初期段階で建設プランはすべて目を通すようにして下さい。建設途中でプランにない希望を伝えてしまうと、予算以上のコストがかかってしまう可能性が高いです。

例えば建設段階でイメージ画像のようなものを提案してくれると思いますが、必ずしもその状態で引き渡されるというわけではありません。例えば家の中に描かれた家具やエアコン、カーテン、照明器具、外構工事はプラン内容に入っていないケースがほとんどです。

後から「こんなはずじゃなかった」と公開しないためにも、担当営業の方に細かく質問をして、納得いく形で建設に入りましょう。

注意④和室は費用が高い

フローリングのある洋室と比較すると、和室を建設するのは費用が高くなってしまう傾向にあります。そのためローコスト住宅では和室を併設しているケースは少なくなっています。どうしても和室を構えたい場合は相談次第で可能になることもありますが、その分建設費用は上がってしまいます。

注意⑤保証期間が短い

ローコスト住宅では建設費用が安い分、住宅の保証期間が短いという可能性も十分あります。家は1度建設しただけですべて完了するわけではありません。いつどんなトラブルがあっても大丈夫なように、安心できる保証期間があるハウスメーカーを選ぶようにしましょう。

ちなみに最近はローコスト住宅でも保証期間が50年以上あるハウスメーカーもありますので、ハウスメーカー選びは慎重に行う必要があります。

ローコスト注文住宅は見積もりで内容を把握しよう

ローコスト住宅を建設するにしても、まずは見積もりを取って建設内容を把握するようにしましょう。当たり前ですが、ハウスメーカーによって建設費用も違いがあり、標準仕様にも違いがあります。見積もりを建設内容を確認して、満足できる内容かどうかを確認する必要があります。

ポイント①複数の会社の見積もり

見積もりをとる時は必ず3社以上は回るようにして下さい。1社だけ見積もりをとったとしても、そのハウスメーカーの良さしか分かりません。各ハウスメーカーの間取りやデザイン、標準仕様、住宅設備など色々な所から見比べる必要があるため、見積もりは多くとればとるほど有効的です。

そして1番大事な建設費用の比較もすることができるので、どこが安いのか、どこが高いかなど、客観的に見ることが可能になります。複数のハウスメーカーから見積もりを取ることで値引き交渉の材料としても使えるため、見積もりはとっておいて損はありません。

ポイント②上手な相見積もりの仕方

複数のハウスメーカーから見積もりをとることを相見積もりと言いますが、相見積もりをとる時は、各ハウスメーカーに相見積もりをとりにきているということを伝えるようにして下さい。ちなみにこの時は他のハウスメーカーの名前は伏せるようにしましょう。

相見積もりをとる=建設に意欲的と判断して、最適なプランを提案してくれるはずです。そして相見積もりの条件は、間取り・デザイン・建築面積・予算・家の雰囲気・希望する設備など、すべて同じ条件で見積もりを依頼するようにしましょう。

別条件では比較仕様がなく、意味がなくなってしまいます。そして見積もりをとったら、それは個人の間で相談するだけに留めておいて下さい。ハウスメーカーの見積もりを別のハウスメーカーに見せて相談するのはルール違反です。

ポイント③ネットを利用

昔はハウスメーカーに自ら出向いて見積もり依頼するのが常識でしたが、近年はネットで一括見積できるサービスも存在するようになりました。自宅にいながら希望の間取り、デザインなどを考慮の上、あなたに最適なハウスメーカーを算出し、見積価格を提案します。

複数のハウスメーカーからあなたの条件に合ったプランニングが届きますので、人目を気にすることなくじっくり吟味することができます。断る時も顔を合わせることがないので、精神的にもラクでおすすめできます。

ローコスト注文住宅を建てるのに参考になるブログ

「ローコスト住宅を建てたいけど、実際に建てた方の意見が知りたい」という方向けに、ここではローコスト住宅を建設する上で参考になるブログをご紹介いたします。頭の中でシュミレーションがしやすくなるだけではなく、実感がわいて意欲的になれるはずです。

ブログ①ローコストで夏涼しく冬暖かい家作り

ローコスト住宅でも夏は涼しく、冬は暖かいという住宅を建設することは可能だと、管理人の「ねみさん」は語ります。たくさんの失敗と経験を積み重ねてきたからこそ、説得力も大きいです。高断熱仕様、高気密仕様の家は長い目で見ても、たくさんのメリットがあります。

健康に良いだけではなく光熱費削減にも大きな理由になりますので、全方面で省エネ仕様の住宅は注目されているのです。

そして「ねみさん」のブログでは、初期費用をどれだけ安く抑えることができるかなど、有難い情報がたくさん掲載されています。「ねみさん」独自のアイデアも参考になりますので、是非チェックしてみて下さい。
ローコストで夏涼しく冬暖かい家づくりはこちら

ブログ②奇跡のマイホーム建築記録

奇跡のマイホーム建設記録では、実際にご自身がローコスト住宅を建設したことで発覚したメリットや役立つ情報を豊富に掲載しています。

そしてより快適な環境づくりの一環として、省エネ仕様の素晴らしさ、そして省エネ仕様じゃない家でも住みやすくなるような提案が魅力的。コストをなるべく削減できるようなお役立ち情報もたくさんありますので、是非参考にしてみて下さい。
奇跡のマイホーム建築記録はこちら

ブログ③ローコストだけどおしゃれな家づくり

ローコストでもおしゃれで住みやすい家づくりは実現できるということを、ご自身のブログで発信されています。

ハウスメーカー選びから始まり、設計、測量、デザイン、完成まで、一から細かく体験談として紹介されているため、これからローコスト住宅を建設しようと考えている方はとても参考になるはずです。

着工するまで分からなかったことや、知っておいて損はない情報もたくさん提供してくれていますので、ハウスメーカーを選ぶ前に一読しておくと失敗がないかもしれません。
ローコストだけどおしゃれな家づくりはこちら

ローコスト注文住宅は相見積もりで比較検討をおすすめ

低予算でも高性能住宅を建設することは十分可能です。ここ近年はローコスト住宅が特に注目されているということもあり、ローコスト住宅を提供するハウスメーカーも年々増加傾向にあります。

坪単価を安く抑えることができるのが最大の魅力ですが、それでも間取りやデザイン、住宅設備など、こだわりを持つのは当然のことです。そこでおすすめしたいのは、ハウスメーカーの相見積もりをとるということ。

相見積もりをとることで自分にどのハウスメーカーと相性が良いのか分かるだけではなく、予算を調整したり、家の出来上がり、そして将来設計のシュミレーションがしやすくなります。

直接見積もりをとるのには抵抗がある場合はネットでも一括見積りを依頼することができるので、そちらも是非利用してみましょう。ローコスト住宅だからと言ってこだわりを捨てたり、希望を捨てることはありません。

ローコスト住宅でも最高のマイホームを手にしている方はたくさんいますので、ご自身も最高のマイホームを手に入れてみましょう。

その他の関連記事はこちらから






※記事の掲載内容は執筆当時のものです。