記事更新日:

アイフルホームの人気シリーズ「セシボ零/極」とは?特徴を詳しく紹介!

注文住宅の大手ハウスメーカーであるアイフルホームが手掛ける住宅にセシボ極/零があります。住宅購入となれば内装や間取りなど、自分好みに仕上げたい方も少なくありません。こだわりを持つ住宅建築を考えているならアイフルホームのセシボ極/零を検討してみませんか。アイフルホーム人気シリーズ、セシボ極/零の特徴や評判などをチェックしてみましょう。

アイフルホームのセシボ極・零・爽とは?

アイフルホームの住宅にはさまざまなタイプがありますが、そのなかでも人気のあるシリーズがセシボ極・零・爽です。それぞれに特徴が異なりますがセシボの基本的な狙いは【家族の絆と夢を育む家】【子育てが楽しくなる家】であり、そこに住む家族の笑顔が生まれる家をコンセプトにしています。

一年中快適に過ごすことをメインに住宅性能を高く、効率的な家事動線を作り利便性をアップした仕様は、子どもから大人まで家族みんなが暮らしやすい住宅作りを心がけています。2008~2010年にはキッズデザイン賞を受賞しており、特に子育て世代におすすめできる住宅です。

ライフルホームズでハウスメーカーのカタログを比較してみよう!

日本最大級の不動産・住宅情報サイト「ライフルホームズ」では、ハウスメーカーのカタログをまとめて取り寄せることができます。色んなカタログを見比べることで、自分が住みたい家・理想の家のイメージを具体化し、ある程度候補を絞ることで効率的に家を建てることができるでしょう。

また、無料カタログを取り寄せた方全員に、「はじめての家づくりノート」をプレゼントしています。家づくりノートは、自分や家族が住みたい家のイメージを明確にするためのノートです。

家を建てる際に必要な情報、かかるお金やローンのこと、気をつけたいポイントなどが分かり、間取りや家具の配置など、気になったことを細かく書き込むことができます。よいと感じるものを盛り込んでいくことで、理想とする家の情報をまとめた一冊ができあがり、ハウスメーカーとの打ち合わせの時に大きく役立つはずです。

「そろそろ家を建てたい」「どんな家がよいか分からない」そう思ったら、まずはライフルホームズで気になるハウスメーカーのカタログを入手することから始めてみましょう。

ライフルホームズで無料カタログをお取り寄せ

セシボ極/零の特徴とは?

アイフルホームのセシボシリーズのなかでも人気の高い極/零シリーズは住宅性能に優れ、省エネに特化している特徴があり、子育て世代以外からも注目を集めています。

セシボ極の特徴

アイフルホームのセシボ極はシリーズの中でも特に人気があり、優れた耐震性能と揺れを抑える制振システム構造で、地震時の建物変形量を1/2に軽減した安心の作りになっています。さらに標準装備で搭載されている太陽光発電システムは、曇りや雨の日でも優れた発電量を発揮するQセルズを採用しています。

快適空間にするための気密や断熱効果の高い高気密高断熱パネルを使い、外気温の影響を軽減することで光熱費軽減も期待できるため、省エネにも一役買っています。窓や玄関には最先端テクノロジーによるクリプトンガス入りの内外Low-Eガラスを標準装備で採用、寒い時期に窓際が冷えることもありません。

住宅構造においては建築基準法に定められている準耐火構造を取り入れ、一般的な木造住宅と比較すると延焼を遅らせることができる、外部火災をもらいにくいなどのメリットから火災保険料が安くなります。

セシボ極の耐震性

セシボ極最大の特徴である耐震性は耐震等級最高レベル3相当に値するグランドスラム構法を用い、制振システムは高層ビルにも使われている技術を利用して、建物の変形量を約半分に抑えることで繰り返す地震にも対応できるようになっています。

また、接合部に使われている金物も強化され、柱や梁など重要箇所に採用されている構造材は経年劣化による歪みや反りの少ないオール集成材を使っています。地震大国である日本においてこれほどまでに優れた耐震性は、今後来るであろうと予想される大地震にも期待できるのではないでしょうか。

セシボ極とセシボ零との違い

アイフルホーム人気シリーズ、セシボには極と零がありますが、その違いをチェックしてみましょう。太陽光発電システムや制振システム、換気システムなどに大きな違いはなく、異なるとすれば断熱性能でしょう。

どちらも高性能であるハイクオリティパネルを採用していますが、極にはさらに付加断熱がプラスされています。零は内断熱ですが極には内外ダブル断熱を採用、すべての窓と玄関にトリプルガラス・エルスターXを使い、より断熱効果をアップしてくれます。

セシボ極/零の価格は?

耐震性や高気密高断熱で快適空間が期待できるアイフルホームのセシボ極/零ですが、やはり気になるのが価格です。住宅購入となれば大きな買い物だけあって、坪単価や価格はチェックしておく項目でもあります。

セシボ極/零の価格

セシボ極/零の参考価格は40坪の場合、極で1920万円、零1659万円と若干零が低めとなっています。価格の違いには採用している断熱材の違いであり、外気温の影響を受けやすい地域でなければ零の断熱性でも十分効果を発揮できます。

極に使われている内外ダブル断熱は零よりも断熱性能が高く、すべての窓にトリプルガラスを採用、一方の零にはトリプルガラスは引違い窓だけに使っているので、このあたりでコストダウンを図っています。

同等の仕様を持つ住宅を他社で考えた場合、セシボ極/零よりも高額になることも少なくないので、ハイレベルの住宅性能でコスパの良い注文住宅を考えているならセシボを検討してみるのもいいでしょう。

注文住宅なら【LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)】

ライフルホームズで無料カタログをお取り寄せ

セシボ極/零の坪単価

上記の価格でも紹介したようにセシボ極と零では極のほうが高額になっているため、もちろん坪単価も極が高めになっています。双方の坪単価は極が48万円から、零が41万円からです。30坪であればその差額は少ないですが、60坪になれば400万円ほどの違いがでてきます。

コスパメインで考えるのであれば極と零よりも、同じセシボシリーズで坪単価29万円からの爽がおすすめですが、住宅性能自体がかなり落ちてしまうので注意してください。

セシボ極/零の坪単価や価格はあくまで参考価格なので、実際に建てる場合は多少多めにみておくといいでしょう。実勢坪単価が50万円を超えるということも少なくありません。それでも耐震性や気密断熱性能に優れたセシボシリーズを考えるとかなりコスパに優れているので安心感はあります。

セシボ極/零の間取りは?

住宅の間取りは生活するうえで欠かせない存在なので、価格や性能に加えて間取りで悩む方も少なくありません。セシボシリーズは基本的に快適空間を目指した作りなので生活動線に優れた場合が多く、ある程度自由に決めることも可能です。

間取りは自由設計

アイフルホームは自由設計の注文住宅を扱うメーカーのため、多くの場合は希望した間取りにできる自由設計となっています。しかし自由設計といってもすべての要望が通るわけではありません。ある程度の制限があり、複数ある間取りを基準に希望する間取りに近い状態に仕上げます。

完全に希望するフルオーダーメイド住宅では価格が大幅に上がってしまうので、若干制限があっても希望に近い間取りにできるセシボがベストです。また、運営会社であるLIXILグループの製品を標準装備としています。キッチンやバスルームなどの水回り機能は設備の選択肢が広く、好みに合わせたアレンジができるようになっています。

間取りの実例

自由設計で好みに近い間取りにすることは可能ですが、どの様なものがいいのか迷ったときには間取り実例を参考にするといいでしょう。家族とのコミュニケーションを図りやすくするためにリビングとダイニング、キッチンを同じスペースにしたスキップフロアを設定したり、憩いの場であるリビングを広くすることも可能です。

広々とした間取りを設定するだけでなくツリーハウスのような隠れ家的な空間を組み込んだり、趣味の空間としてカウンターやロフトをつけた間取りもおすすめで、開放感のあるプライベート空間も人気となっています。来客が多いなら玄関を広くしつつ、動線を区別することもできます。

1部屋は和室が欲しいという方も少なくないので、アイフルホームでは和やかな時間を過ごすことができる和室を組み込むことも可能です。子育て世代に人気のセシボ極/零は子どもの目線を考えた家造りにも力を入れているため、子どもに合わせた生活動線や、忙しい保護者を配慮した動線を設計した間取りも注目されています。

また、可動式の間仕切りや収納、後付可能な間仕切り壁を設計することで子どもが成長したときに部屋を分けるなど、将来を見据えた間取りアレンジにも対応しています。

セシボ極/零の口コミや評判は?

アイフルホームのセシボは優れた住宅性能や自由設計できる間取りで興味を惹かれるものがありますが、実際に利用した方などの口コミや評判も気になるところです。

ここで気をつけなければいけないのが、ネット上の口コミや評判には、当然酷評されているものもあります。家を建てるという大きなもので、それがこだわりのある住宅であればあるほど低評価が出るのも仕方ありません。

さらにアイフルホームはこれまでに数多くの住宅建築を行う業界大手メーカーであり、加盟する工務店の数も200を超えています。そうなれば対応する工務店によって評価が分かれることも少なくないでしょう。

しかしそんな中でもアイフルホームのセシボ極/零が、多くの高評価を得ていることも事実です。高気密高断熱に優れ、高い耐震性能や間取りの良さを挙げる口コミもたくさんあるので紹介します。

マイホームを建てるなら、絶対に候補に入れるべき会社さんだと思います。ローコスト住宅の不安感は一切なく、地元建築会社の実績と安心感から、下手な展示場のハウスメーカーの上を行くと思う。

引用:Google

めちゃくちゃいいです!
お家全体の雰囲気やキッズデザインも素敵でいい感じです!

引用:Google

アイフルの価値はセシボだと気密測定が標準で付いてくるとこかと思います。大手で気密測定標準で入ってるのって一条とアイフルくらいでは?

引用:e戸建て

セシボ・零は気密性・断熱性は十分高いレベルだし、設備の標準仕様も極と変わらないので、コスパがすごく良い

引用:ブログ

断熱性能が高いのでヒートショック対策にもなり、特に高齢者との同居や子育て世代から高い評価が見受けられます。また、太陽光発電システムで省エネのため、光熱費軽減で家計にも優しいという評価もあります。アイフルホームのセシボ極/零でより良い家を建てるなら、レベルの高い工務店に依頼すると満足度の高い住宅になるようです。

セシボ極/零でマイホームを手に入れよう

アイフルホームのセシボ極/零は間取りやデザイン、収納など自由設計ができる注文住宅です。子どもと一緒に生活しやすい動線を考え、子どもがいなくても過ごしやすい高気密高断熱性にこだわっています。

省エネしながら楽しく快適に暮らせるマイホームを手に入れるなら、セシボ極/零を検討してみてはいかがでしょうか。

注文住宅なら【LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)】

ライフルホームズで無料カタログをお取り寄せ

その他の関連記事はこちらから





※記事の掲載内容は執筆当時のものです。