積水ハウスとセキスイハイムの違いとは?特徴から口コミ・評判まで徹底紹介!

積水ハウスとセキスイハイムの違いとは?特徴から口コミ・評判まで徹底紹介!

ハウスメーカーの大手企業として、積水ハウスとセキスイハイムという名前を耳にする機会は非常に多いです。名前が似ている2つの会社ですが、全くの別物です。今回は、積水ハウスとセキスイハイムの違いについて、口コミなどを交えながらご紹介していきます。

積水ハウスとセキスイハイムの違いとは?

積水ハウスもセキスイハイムも、リフォームや戸建て住宅の建設など、住宅事業に関係する様々な場面で良く耳にする会社名です。しかし、この二つの会社は全く異なった会社です。

どちらの会社も積水化学工業が発端ですが、積水化学工業から独立して事業を構えているのが積水ハウス、積水化学工業内に現在設立されているのがセキスイハイムになります。そのため、それぞれの施工方法や販売方法などは全く異なっているのです。

積水ハウスとセキスイハイムの事業内容の違い

先程も簡単にお伝えしましたが、積水ハウスとセキスイハイムでは事業内容も大きく異なります。簡単にご紹介すると、積水ハウスは住宅に関して手広い事業を展開しているのに対し、セキスイハイムは戸建て関連の事業に特化しているのです。

具体的には、積水ハウスは戸建て関連の事業以外にも賃貸や分譲住宅などの事業を手掛け、セキスイハイムは住宅事業やリフォーム事業に重きを置いているのです。

積水ハウスの特徴

ここまで、積水ハウスとセキスイハイム両方の違いについてご紹介をしてきました。しかし、実際に自分の住む家に関する相談をどちらの会社にすればいいのか悩んでしまう方もいらっしゃいます。そこで、ここからはそれぞれの会社の特徴について詳しくご紹介をしていきます。

まずは、積水ハウスの特徴についてお伝えします。しっかりと会社の特徴を掴んだうえで、各種相談をするようにしてみて下さい。

1部上場のハウスメーカー

積水ハウスは、1部上場のハウスメーカーです。戸建て住宅の事業以外にも、不動産業からリフォーム業まで様々な業種の子会社を経営しています。そのため、一つの会社に相談するだけで、住宅に関する悩み事が一発で解決するというのが魅力です。

また、技術や施工法について独自のテクノロジーを駆使しており、世界一の累積建設戸数を誇っている会社であるという事も見逃せない特徴の一つです。

SLOW&SMARTの家

続いては、積水ハウスの住宅の特徴について簡単にご紹介していきます。積水ハウスの住宅はSLOW&SMARTを理念として建設されています。そのため、一人ひとりに合わせてオーダーをしてくれるパーソナルオーダーメイドが特徴です。

その人にとって非常に住みやすく、生活がしやすい理想の家を建設してくれるのがこの会社の一番魅力的なポイントです。どこまでもお客様に寄り添って住まいづくりを進めてくれるのです。

積水ハウスの商品ラインナップ

次に積水ハウスの商品ラインナップについて簡単にご紹介をしていきます。積水ハウスの住宅は大きく分けて3種類の物件に分かれていきます。それぞれ鉄骨製の1、2階建て建築、鉄骨製の3,4階建て建設、木造の3階建て以下の建築物件です。

鉄骨製の1、2階建ての家は積水ハウスの代表的な建築です。それ以外も木造建築であれば非常に自然的で解放感が溢れます。また、鉄骨の3、4階建ての建築であれば、一部を賃貸物件にする事も可能です。

積水ハウスの口コミ・評判

最後に積水ハウスに関する口コミについていくつかご紹介をしていきます。先程からご紹介している通り、積水ハウスは住宅に関係する色々な事業を手掛けているのが特徴です。

そのため、家を建てた後のアフターサービスや保障に満足をしている方が多いです。また、それぞれの家庭事情に合わせた家を提案してくれるのも評価の高い理由の一つです。

10数年経ちましたが、積水ハウスのアフターサービスはずっと続けて貰っています。とんな事があっても、すぐ飛んで来て、厚いアフターサービスは凄く感心しています。

出典:みんなの評判ランキング

 

入居後の点検ははじめに話があった通りで費用はかからず、困った時にはカスタマーに電話すればすぐに対応してくれました。

出典:みんなの評判ランキング


▼600社の中からオリジナル間取りプランを無料で作成!見積もりを一括比較!

セキスイハイムの特徴

ここまで積水ハウスの特徴についてご紹介をしてきました。続いてはセキスイハイムの特徴について詳しくご紹介していきます。

セキスイハイムは積水ハウスが設立された約10年後に創設されました。積水ハウスが積水化学工業から独立してから新たに創設されましたが、こちらも非常に魅力的な商品が多いです。自分に合った住宅を選ぶためにも、しっかりと確認をするようにしてみて下さい。

積水化学工業の住宅部門

先程から簡単にお伝えしていますが、セキスイハイムは積水化学工業内の一つの部門です。そのため、セキスイハイムの名称は社名ではなくブランド名になります。

このブランドは、非常に早い段階で独自のユニット工法を利用したのが特徴です。現在は、断熱、省エネ、創エネの3つのポイントを基軸に家屋の建築をしています。太陽光発電を利用した建築は全国トップのブランドでもあります。

60年以上住み続ける住まい

セキスイハイムは60年以上住み続ける住まいをコンセプトに商品展開を行っています。そのため、省エネを取り入れたり、快適な暮らしを追及しているのが特徴です。

それだけではなく、万が一の緊急事態の際にも対応できるように、高い安全性を誇っているのも魅力的な特徴の一つです。併せて、暮らしだした後のフォローやサポートのプランが充実しているのも見逃せないポイントになっています。

セキスイハイムの商品ラインナップ

続いて、セキスイハイムの商品ラインナップについてご紹介をしていきます。セキスイハイムの商品は、積水ハウス同様に鉄骨系の建築と木造系の建築に分かれています。それだけではなく、一般の土地向けの住宅だけではなく、積雪地帯用の住宅が揃っているのも特徴の一つです。

さらに、最新鋭の省エネ、創エネ技術を取り入れた住宅や、育児世代やシニア世代に向けた住宅、有名ブランドとのコラボレーション住宅など様々なモデルに分かれているのも嬉しいポイントです。

セキスイハイムの口コミ・評判

最後に、セキスイハイムに関する口コミをご紹介していきます。評価の高いポイントについては、工期の速さを挙げる方が多いです。独自のユニット工法を使用しているので他社に比べても工期が非常に速いという特徴があります。

実家の倍近い広さであるにも関わらず約3か月で工事が完了しました。住み心地がよく、非常に満足しています。

出典:みんなの評判ランキング

 

道路沿いに建て替えた。以前は大型のダンプカーなどが通ると震動を感じていたが、それが全くと言って良いほどなくなった。巨大地震にもある程度安心出来るのではと感じている。

出典:みんなの評判ランキング


▼600社の中からオリジナル間取りプランを無料で作成!見積もりを一括比較!

積水ハウスとセキスイハイムを比較

ここまで、積水ハウスとセキスイハイムの基本的な特徴についてご紹介をしてきました。それぞれの会社に魅力的な商品が多いので、しっかりと比較をして決めていかないと自分の理想の住宅に仕上げることは難しくなります。

そこでここからは、積水ハウスとセキスイハイムにおいて特にしっかりと比較しておきたいポイントをまとめてご紹介をしていきます。しっかりとそれぞれの違いを確認するようにしてみて下さい。

比較項目①工法

まず最初にご紹介する2つの会社の比較項目は、それぞれの施工方法についてです。積水ハウスの施工方法の基本はプレハブ鉄骨系です。これは、現場で鉄骨を組み上げることで住宅を建築する方法です。

一方のセキスイハイムは鉄骨系ユニットを使用しています。これは工場などで全ての部品を組み立て、現地に設置するという方法です。この場合、建築中に起こる材質の劣化などを防ぐのも簡単に出来ます。

比較項目②坪単価

続いてご紹介する2つの会社の比較項目は、それぞれの坪単価についてです。坪単価は一坪あたりの住宅価格の事を指します。積水ハウスは、目安の坪単価は70万円から80万円程度に設定されている事が多いです。

また、セキスイハイムは、目安が65万円から85万円と価格の幅が広めに設定されています。どちらの会社も、セット内容や設備の内容などで値段は変動しますので、しっかりと相談をするようにしてみて下さい。

比較項目③アフターケア

次にご紹介する2つの会社の比較項目は、それぞれのアフターケアについてです。入居後にどの程度の期間ケアをしてくれるかというのがポイントになりますが、積水ハウスは無償点検の期間が入居してから約15年、セキスイハイムの無償点検期間が入居後60年となります。

住宅は基本的に非常に長い期間使用することになるので、アフターケアの期間もそれぞれの事情に合わせて選ぶようにして下さい。

比較項目④耐震性

4つ目にご紹介する2つの会社の比較項目は、耐震性についてです。安全に暮らすためにもこの項目のチェックは欠かすことが出来ません。こちらは、どちらの会社も基本の耐震基準の1.5倍相当に当たる耐震等級3の評価が付いています。

積水ハウスは最高震度の地震であっても耐えられる設計を取り入れていますし、セキスイハイムも地震の揺れを分散してくれる設計を取り入れています。そのため、どちらの会社の製品であっても安心が出来ると言えます。

比較項目⑤デザイン性

最後にご紹介する2つの会社の比較項目は、デザイン性についてです。自分に合った住宅にする場合、そのデザインも非常に重要な項目になります。積水ハウスは自由設計が理念の一つですので、制限が掛かることはあまり多くないのが特徴です。

一方のセキスイハイムは、ユニット工法を取り入れているので自分の要望に合った設計をするのは難しいことが多いです。しかし、オプションプランを取り入れることで、自分の要望に合ったデザインにする事も可能です。

ハウスメーカー選びの参考に!

 

一生の買い物として住宅建設を行う方は非常に多いです。掛かる費用も非常に莫大です。そのため、失敗をする事は許されません。失敗をしないためにも、しっかりと比較をしながらハウスメーカーを選ぶようにしてみて下さい。

理想の家づくりにおすすめな「タウンライフ家づくり」とは?

注文住宅を購入する際に、「間取りのイメージがわかない」、「希望の間取りをなるべく低予算でデザインしたい」といった悩みを抱える方は多いのではないでしょうか?

実際のところ、間取りは家の印象を決めるとても大切な要素なので、ちょっとした妥協が家づくりの失敗に直結してしまうことも珍しくありません。また、導線一つで住みやすさが大きく左右されることもあるので、多くの方が間取りで悩むのも当然と言えるでしょう。

そんな方におすすめのサービスが、注文住宅購入の新常識「タウンライフ家づくり」です。「タウンライフ家づくり」は、希望に沿った間取りプランを無料で一括査定できる画期的なサービスで、注文住宅に関する悩みをコンパクトに解決してくれる優れものです。注文住宅に関する希望を細かくフォーマットに記入すれば、希望に沿った間取りプランや見積もりを無料で行ってくれる、日本で唯一のサービスです。

資料請求や見積もりはスマホ一台あれば、どこにいても簡単に申し込むことができます。株式会社リンクアンドパートナーズが実施した調査によると、タウンライフ家づくりは注文住宅部門で「利用満足度No.1」「知人に勧めたいサイトNo.1」「使いやすさNo.1」の3冠を達成しており、顧客満足度の高さを伺い知ることができます。

また、注文住宅購入の新常識として話題になったのは最近の話ですが、実績は既に32,000件と非常に豊富です。

タウンライフ家づくりをチェック

タウンライフ家づくりをおすすめする3つのポイント

では具体的に、タウンライフ家づくりを通して間取りを依頼するとどんなメリットがあるのか、大きく分けて3つの観点からご紹介していきましょう。

一括請求だから、最安値が一目瞭然

タウンライフ家づくりで間取り依頼をかけることのできる業者は、なんと600社にも及びます。いずれも国家基準をクリアした優良注文住宅会社であり、同じ希望内容を一斉に依頼することで、最安値の会社が一目瞭然です。

実際、全く同じ間取りでも業者によって300~400万変わってくることは珍しくありません。注文住宅において費用は非常に大きなポイントになって来るので、一括請求することで費用を最小限に留めることができます。

また、今までであれば一社一社と打ち合わせをして見積もりを出してもらうというのが注文住宅購入の流れでしたが、タウンライフ家づくりであればわざわざ注文住宅会社に足を運ぶ必要がありません。気になった注文住宅会社のみと打ち合わせを重ねていけば良いので、会社選びの手間も大きく省くことができ、時間の節約にもなります。

希望エリアの土地情報も手に入る

タウンライフ家づくりで新築物件を購入するエリアを指定すれば、その地域の土地情報も併せて手に入れることができます。「まだ土地を購入するのはこれから」という方にとっては、間取りのデザインと同時に土地探しまでセットで行うことができるので、まさに一石二鳥と言えるでしょう。

自宅でじっくり比較検討できる

タウンライフ家づくりで間取りデザインを依頼すれば、家でゆっくりと間取りを比較検討することができます。展示場や注文住宅メーカーで打ち合わせをすると、その場で即決を迫られたり、追加のオプションなどの営業を受けたりすることがあり、なかなか自分たちのペースで話を進められないというケースが多く見られます。

一方、タウンライフ家づくりであれば、一括請求によって送られてきた間取りや費用を見比べながら、ご家族とゆっくり話し合って決めることができます。時間に迫られたり、場の空気に合わせたりする必要もないので、より自分たちの理想に根差した家づくりを落ち着いて進めることができます。これはインターネットを活用したタウンライフ家づくりならではの大きなメリットと言えるでしょう。

タウンライフ家づくりをチェック

タウンライフ家づくりが選ばれる3つの理由

「対人じゃなくても理想の家づくりができるの?」と不安に思われる方もいるかもしれませんが、タウンライフ家づくりのサポート体制は非常に充実しています。

間取りプランを専門家が提案

マイホームの間取りを決める際、あまりにも希望を詰め込みすぎると、結果的に住みにくい間取りになってしまうことも珍しくありません。いざ住んでみてからやはり間取りを変更したいとなってしまっては、追加でリフォームする手間や費用が掛かってしまうので、あらかじめ間取りのデザインと住みやすさのバランスを図ることが大切です。

タウンライフ家づくりでは、依頼者の希望を最大限考慮したうえで、専門家がデメリットも提示してくれます。特に家の導線は、素人ではなかなか判断が付かず、専門家の知恵や経験が最も活きてくる分野と言えるでしょう。

他にも窓の大きさ、窓の数、水回りの明るさ等に関する希望も出すことができます。自分たちの理想はしっかりと伝え、そのうえで専門家の意見も取り入れると、理想と利便性を兼ね備えた家づくりを行うことができます。

総額に対しての資金計画

マイホーム購入にあたり、誰もが不安に思うのが資金計画。「こんな大きな額、継続して払っていけるのだろうか?」と不安に思われる方も多いのではないでしょうか?

実際、マイホーム購入にかかる総費用を事前に把握しておくことは非常に重要です。タウンライフ家づくりでは坪単価だけでなく、本体工事にまつわる諸費用をすべて含めた総額を事前に依頼することができます。坪単価だけで単純計算すると、後になって「こんな費用がかさむとは思わなかった」となってしまうので、必ず契約前に費用の総額を確認しておきましょう。

マイホームに最適な土地を提案

前述の通り、タウンライフ家づくりでは希望のエリアにおける土地情報を随時提供してくれます。土地の場所や敷地面積はもちろん、方角、日照条件、近隣環境などを詳細に提示してくれるので、理想に近いベストな土地を見つけることができるでしょう。

特に地盤には注目したいところ。どれだけ立地が良くても、地盤が緩いと災害で被害を受ける可能性が高くなるので、地盤の強さに関する情報はしっかりとチェックしてください。

タウンライフ家づくりをチェック

タウンライフ家づくりのお申し込みの流れ

タウンライフ家づくりでは、たったの3分で間取りプランを一括依頼することができます。スマホ一台あればどこでも簡単に依頼することができますし、もちろんパソコンからでも可能です。以下の手順に沿ってまずは気軽に依頼してみましょう。

希望のエリアを選択

まず初めに、「Step1 都道府県」と「Step2 市区町村」を指定します。タウンライフ家づくりでは、市区町村に応じて土地価格相場(坪単価)を提示してくれるので、具体的に土地が決まっていない方も、まずは一番希望のエリアを登録しておきましょう。

希望条件を入力

続いて、家や土地に関する希望をフォーマット通りに入力していきます。回答必須の項目としては以下のような内容が挙げられます。

  • 希望世帯を選択(一世帯・二世帯・店舗)
  • 階数(平屋・二階・三階)
  • 住居予定人数
  • 希望の間取り(2LDK~)
  • LDKの広さ
  • 土地の大きさ
  • 希望の総予算

要望を詳しく伝える

項目欄の一つに、「その他、間取り・資金作成でのご希望やご要望」という欄があります。家づくりにおいては実はここが非常に大事なポイントで、ここで希望をあらかじめ伝えておくことで、注文住宅会社とイメージを最大限に共有することができ、間取りを再設計する手間や時間を省くことができます。

具体的には以下のような希望を記入しておくと便利なので、参考にして下さい。

  • 世帯年収は〇〇〇万円で、月々の支払いは〇万円、頭金は〇万円を想定しています。
  • 窓の数を多くし、日光を取り入れる家づくりがしたいです。
  • 既に購入済みの土地は、〇メートル×〇メートルで、建物面積は〇平方メートルを想定しています。
  • 子供に目が行き届くよう、リビングは広く明るい設計にしたいです。
  • 日中のご連絡は携帯までお願いします。

必須項目を入力する

続いて、個人に関する項目を入力していきます。必須項目は以下の通り。

  • 氏名
  • フリガナ
  • 住所
  • 建設予定地(すでに土地を持っている、土地を探しているなど)
  • Emailアドレス
  • 電話番号

希望の注文住宅会社を選択する

入力したエリアや条件に基づいて、600社の中から対応可能な注文住宅会社が一覧表示されます。一括して依頼することもできますし、希望の会社だけを選択して依頼することも可能です。

タウンライフ家づくりをチェック

タウンライフ家づくりで理想の間取りを手に入れよう!

間取りを理想通りにうまく設計できるかどうかは、家づくりの成功を左右すると言っても過言ではありません。「入力する項目が多くて大変」と思われた方もいるかもしれませんが、注文住宅会社といかにイメージを共有し、理想の間取りをすり合わせていくかが大切ですので、まずはタウンライフ家づくりで気軽に一括依頼してみましょう!

依頼した各社から回答が来たら、あとはじっくり家で比較検討し、予算やデザインに一番合った注文住宅会社を選ぶだけです。間取りプランを無料で一括依頼できる「家づくりの新常識」タウンライフ家づくりで、ぜひ理想の家をデザインしましょう!

その他の関連記事はこちらから

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。