パパまるハウスの注文住宅はどう?リアルな口コミ・評判を徹底紹介!

パパまるハウスの注文住宅はどう?リアルな口コミ・評判を徹底紹介!

マイホームづくりでは、複数のハウスメーカーを比較することが一般的です。どんな商品があるのか、坪単価や価格などさまざま特徴をチェックします。そこでこちらの記事では戸建て住宅や注文住宅を扱うハウスメーカー・パパまるハウスについて紹介、マイホームづくりの参考にしてみてください。パパまるハウスの特徴や評判をみて納得がいく家づくりを目指しましょう。

パパまるハウスってどんな会社?

数多くあるハウスメーカーのなかで、【パパまるハウス】とはどのような会社なのでしょうか。マイホームを依頼するハウスメーカーのことは、しっかりと把握することで失敗や後悔なく選ぶことができます。まずはパパまるハウスがどんな会社なのか、チェックしてください。

パパまるハウスとは

パパまるハウスとは【家のために働く】のではなく【人生を楽しむための家】づくりをコンセプトにしている会社です。マイホームを建てても経済的に苦しくては気持ちの余裕もなくなります。パパまるハウスでは無理のない資金計画や、マイホームを建てたあとも楽しめる暮らしを提案しています。

パパまるハウスの会社概要と対応エリア

パパまるハウスがどんな会社なのか、会社概要も把握しておくといいでしょう。会社名はもちろん【株式会社パパまるハウス】で、1982年3月に設立され、新潟県新潟市に本社があります。代表者は代表取締役社長・宮本行雄さん、2020年9月末現在で従業員296名が在籍しています。

事業内容は一般住宅や共同住宅企画、設計、施工など住宅建築に関することを手掛けている会社です。パパまるハウスが対応しているエリアは本社がある新潟県を始め、以下の地域に支店や展示場があります。

パパまるハウス対応エリア

新潟県・長野県・山梨県・山形県・宮城県・福島県・群馬県・埼玉県・茨城県・栃木県・富山県・静岡県・石川県・千葉県・大阪府

パパまるハウスにはどんな商品がある?

パパまるハウスにある商品の多くは限られた土地でも暮らしやすい住宅を提供しています。住宅タイプや性能、価格別に紹介するので、マイホームづくりの参考にしてみてください。

【パパまる】パパまるハウスオリジナルのプランで、高い住宅性能と21坪770万円から購入可能なローコストハウスで、広いリビングと収納が多い商品です。

【パパまるハイスタイル】デザイン性を重視した商品で、シンプルなビジュアルやモダンな空間、スタイリッシュな間取りなど、ゆったりとした住まいになっています。価格帯は40坪1230万円から、外観や内装にこだわりを持つ方にもおすすめです。

【パパまるはぴママ】子育て中のママが笑顔になれるスムーズな生活動線と、子どもの見守りがしやすい間取り、ストレス解消にも使えるママ専用スペースなど、忙しいママ目線をメインにしつつ家族全員が過ごしやすい住宅です。価格帯は33坪1100万円からとなっています。

【パパまるアーバン】スタイリッシュでシンプルな住宅設計でアレンジ可能、好みのマイホームにカスタマイズしたい方におすすめのアーバンです。スムーズな生活動線やたっぷり収納など、家族が幸せに暮す空間になっています。価格帯は30坪で980万円からなので、無理のない資金計画ができます。

【パパまるベーシック】33坪1050万円からのシンプルイズベストを貫いた商品です。ムダを省いた間取りと住宅本来の性能を最大限に有効活用したベーシックプランとなっています。

【パパまるユーロ】30坪980万円と低価格でありながら、どこか地中海沿岸を思わせる白の壁やオレンジの屋根が落ち着いた色合いの、おしゃれなプランです。個性を活かせるライフスタイルに合わせた快適空間にできます。

【パパまる平屋】近年注目を集める平屋住宅もあります。生活空間をワンフロアにすることで掃除のしやすさや、家族とのコミュニケーションが取りやすいマイホームにおすすめです。20坪780万円からと、パパまるハウスの商品内では手頃な価格帯となっています。

【パパまる二世帯】二世帯住宅で43坪1410万円から、生活空間を分ける場所と共有できる場所を取り入れ、適度な距離感が心地良い住宅です。部屋数重視や間取りの広さなど、さまざまなプランを取り揃えています。

【パパゼロ】近年さまざまなハウスメーカーが取り入れているネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを採用してるのがパパゼロです。エネルギーコスト削減と高気密高断熱で過ごしやすい快適なマイホームになります。


▼600社の中からオリジナル間取りプランを無料で作成!見積もりを一括比較!

パパまるハウスの注文住宅の口コミや評判

いろいろな商品や住宅プランがあるパパまるハウスですが、実際にパパまるハウスを利用した方の口コミや評判を見ることで、さらにどんな会社なのかが把握できるのではないでしょうか。そこでパパまるハウスの良い口コミ・評判や、悪い口コミ・評判をチェックしてみましょう。

パパまるハウスの注文住宅の良い口コミ・評判

パパまるハウスに依頼してマイホームを手に入れた方々の良かった、満足したという口コミや評判などをポイントごとにまとめて一部紹介します。どの口コミ・評判をみても価格面や住宅性能で満足度の高いマイホームづくりができた、というものがあります。

【家族のための家】家族全員が望む家を提案してもらった結果、過ごしやすいマイホームになり、笑顔が増えました。生活動線を考えた間取りによって家事が楽になり、趣味時間ができました。

【住宅性能】追加オプションなしの標準装備でも良い設備が揃っている注文住宅になりました。夏は涼しく冬は暖かく、外気温に左右されない快適な空間です。デッドスペースもなくたっぷり収納で、子育て世代にも快適に生活できています。

【資金面】金銭的に余裕がなくでも予算内でのプランを提案していただきました。予算オーバーすることなく提示された価格でも良い設備の揃ったマイホームです。


▼600社の中からオリジナル間取りプランを無料で作成!見積もりを一括比較!

パパまるハウスの注文住宅の悪い口コミ・評判

良い口コミ・評判があればもちろん悪い口コミ・評判もあります。満足度が低い、悪い評価に繋がるマイナス部分もレビューされていますが、その多くはフォローできることもあるので参考にしてみるのもおすすめです。

乾燥が酷くて嫌になります。結果、加湿器を置かないといけません。引用:マンションコミュニティ

乾燥するというこちらの口コミですが、パパまるハウスの住宅に設置されているZ空調はエアコンのため仕方ない、というフォローもあり、多くの方が加湿器を利用しているようです。

Z空調なしで床暖房にしたらしいですが冬はリビング階段から冷気が降りてきて寒いみたいです。階段に簡易的なカーテンをしたらある程度は良くなったみたいですが。引用:マンションコミュニティ

吹き抜けのリビング階段では床暖房ありでも部屋が暖まりにくく、寒さが苦手な方はリビング階段なしの間取りが良さそうです。

パパまるハウスの注文住宅のメリット

ここまでパパまるハウスの商品やさまざまな口コミ・評価などを紹介してきましたが、実際にパパまるハウスで注文住宅を依頼する場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

特徴①標準装備が充実している

パパまるハウスの注文住宅は標準装備が充実している特徴があります。高い断熱性能を持つ施工方法や換気システム、便利で使いやすい装備品などがオプションではなく標準装備として搭載されているメリットがるので、高い住宅性能をオプションでプラスする必要がありません。

パパまるハウスの標準装備で搭載されているのは、断熱・換気システムや優れた工法、装備品、内装など以外にセキュリティやバリアフリーにも特化しています。

特徴②地震に強い工法で安心して暮らせる

パパまるハウスの工法は地震に強く、耐震性に優れているため安心して暮らすことができます。地震対策として強度がアップされたオリジナルの耐力面材や強い揺れにも対応できる耐震金物を使っています。

建物の倒壊を防ぐ剛床工法では地震だけでなく、台風や強風で煽られた際のねじれや横揺れにも耐えることができるようになっています。

さらに基礎には安定性の高いベタ基礎を採用し、優れた耐震性と不同沈下の起こりにくい住宅を作り上げています。また、通気口をなくすことでシロアリなどの害虫の侵入を防ぐ防蟻対策も行われ、住宅が脆くならない工夫もされています。

特徴③換気や断熱性の対策が標準で備わっている

パパまるハウスの注文住宅は高気密高断熱対策や優れた換気システムも標準装備で備わっています。断熱材は構造が複雑な箇所でも隙間なく施工する優れた断熱性能を持つアクアフォームを採用し、透湿抵抗が一定に保たれるため結露の抑制にも効果的です。

さらに窓ガラスにはLow-Eガラスと樹脂複合サッシを採用して断熱効果を高めているため、窓際が冷えることも軽減できます。さらに24時間換気システムのココチEを採用、積雪地域以外では床下ダクト換気で掃除やメンテナンスがしやすく、振動や音が軽減できます。積雪地域では天井裏に換気システムを設置することで、同様の効果が得られるので安心です。

特徴④アフターサービスも充実

パパまるハウスではマイホームを建築して終わりではありません。依頼者立ち会いのもと、引き渡しから1カ月、6カ月、2・5・10年ごとに無料点検を行い、アフターサービスもしっかりしています。

基本的な保証は10年ですが、その間に必要な有償メンテナンスを行った場合、さらに10年と最長で30年保証が付いてきます。カギの紛失や水の詰まりなどのトラブルが起きた場合でも即時対応可能、有償ですがエアコンやキッチンのクリーニングも行っています。

特徴⑤価格がリーズナブルで納得のいく家づくりができる

パパまるハウスは商品によってはローコストでの注文住宅も可能、リーズナブルな価格でも充実した標準装備で納得のいく家づくりをすることができます。物干しスペースや屋根裏収納、床暖房などをプラスしても満足度の高い結果に繋がります。パパまるハウスでは削減できる箇所は徹底してコスト削減を行っているので、リーズナブルな価格でも高品質な家づくりを可能にしているのです。

パパまるハウスの注文住宅のデメリット

良い口コミがあれば悪い口コミもあるように、もちろんパパまるハウスの注文住宅にもデメリットはあります。しかしこのデメリットが、必ずしもすべてのお客様にある、というわけでもありません。パパまるハウスのデメリットと思われる部分を紹介します。

デメリット①外観がシンプルで個性がない

パパまるハウスでもっともデメリットとされるのが、シンプルな外観ではないでしょうか。シンプルな外観を望んでいる場合もありますが、個性がないマイホームと言われる可能性も出てきます。

これはできるだけコストを抑えて品質の良い住宅を建てるためには仕方ないといっても過言ではありません。デザイン性に優れた、個性的でおしゃれなマイホームを希望する場合はパパまるハウス以外のハウスメーカーを検討することも視野に入れましょう。

デメリット②営業マンの評判が良くない

パパまるハウスでマイホームを実際に検討した、注文住宅を建てた方のなかには営業マンの評判が良くないという声もあります。しかしこれはパパまるハウスに限らず、どのハウスメーカーでもあることです。地域や支店などによっては営業マンの当たり外れがあるようなので、良くない営業マンに当たった場合は、可能であれば担当者を変えてもらうことも考えましょう。

デメリット③オプション価格が高い

標準装備が充実しているパパまるハウスですが、オプションでプラスすると高額になる傾向があります。パパまるハウスが高品質住宅をリーズナブルな価格で提供できるのは、一括仕入れも関係しているので、標準から変更する場合はオプション価格が高くなってしまうので、注意しましょう。


▼600社の中からオリジナル間取りプランを無料で作成!見積もりを一括比較!

パパまるハウスの注文住宅の坪単価や価格は?

基本的にリーズナブルな価格でマイホームを手に入れることができるパパまるハウスですが、注文住宅の坪単価や商品価格もチェックしておきましょう。もちろんオプションや付帯によっては価格が上がりますが、基本的な坪単価や価格を知ることである程度の資金計画ができるようになります。

公式サイトでは標準プランの価格を掲載しているので、そちらを参考にするのもおすすめです。マイホーム建築の際に価格重視なのか、オプションやカスタマイズでより住みやすい住宅にするのかで価格は大きく変わります。そのためパパまるハウスが大幅に安い住宅を扱っているかと言われるとそうではなく、ローコストにしようと思えばできる、という感じになります。

パパまるハウスの家づくりの流れ

実際にマイホーム建築をパパまるハウスに依頼した場合の流れをチェックしてみましょう。大まかなスケジュールを把握することでさまざまな準備ができるだけでなく、納得のいく住まいを手に入れることができます。

  1. 契約:モデルハウスを参考に、建物や土地などの価格をチェックしてOKであれば契約になります。
  2. 打ち合わせ:内外装のカラーや住宅の仕様などコーディネートを相談して、すべてが決定すれば最終段階の図面を確認します。
  3. 地鎮祭:建築予定の土地に安全祈願の地鎮祭を行ないます。
  4. 工事開始:地盤調査から始まり改良工事のあと、基礎工事、棟上げ、木工事をします。
  5. 各種工事:断熱効果のあるアクアフォーム吹付けや内装、電気工事や設備の設置を行ないます。
  6. 完成:工事がすべて完了し、マイホームの完成となり、その後銀行手続きをします。
  7. 引き渡し:ここで初めて依頼者に引き渡しです。担当者による設備の使い方などを簡単に説明してカギを渡します。

口コミや評判を参考に満足できる家づくりを実現しよう!

パパまるハウスは標準装備でも高品質なマイホームを手に入れることができます。口コミや評判をチェックすれば、満足できる家づくりも可能です。いろいろなハウスメーカーと比較する参考のためにもメリット、デメリットを把握して住み心地の良いマイホームにしましょう。

理想の家づくりにおすすめな「タウンライフ家づくり」とは?

注文住宅を購入する際に、「間取りのイメージがわかない」、「希望の間取りをなるべく低予算でデザインしたい」といった悩みを抱える方は多いのではないでしょうか?

実際のところ、間取りは家の印象を決めるとても大切な要素なので、ちょっとした妥協が家づくりの失敗に直結してしまうことも珍しくありません。また、導線一つで住みやすさが大きく左右されることもあるので、多くの方が間取りで悩むのも当然と言えるでしょう。

そんな方におすすめのサービスが、注文住宅購入の新常識「タウンライフ家づくり」です。「タウンライフ家づくり」は、希望に沿った間取りプランを無料で一括査定できる画期的なサービスで、注文住宅に関する悩みをコンパクトに解決してくれる優れものです。注文住宅に関する希望を細かくフォーマットに記入すれば、希望に沿った間取りプランや見積もりを無料で行ってくれる、日本で唯一のサービスです。

資料請求や見積もりはスマホ一台あれば、どこにいても簡単に申し込むことができます。株式会社リンクアンドパートナーズが実施した調査によると、タウンライフ家づくりは注文住宅部門で「利用満足度No.1」「知人に勧めたいサイトNo.1」「使いやすさNo.1」の3冠を達成しており、顧客満足度の高さを伺い知ることができます。

また、注文住宅購入の新常識として話題になったのは最近の話ですが、実績は既に32,000件と非常に豊富です。

タウンライフ家づくりをチェック

タウンライフ家づくりをおすすめする3つのポイント

では具体的に、タウンライフ家づくりを通して間取りを依頼するとどんなメリットがあるのか、大きく分けて3つの観点からご紹介していきましょう。

一括請求だから、最安値が一目瞭然

タウンライフ家づくりで間取り依頼をかけることのできる業者は、なんと600社にも及びます。いずれも国家基準をクリアした優良注文住宅会社であり、同じ希望内容を一斉に依頼することで、最安値の会社が一目瞭然です。

実際、全く同じ間取りでも業者によって300~400万変わってくることは珍しくありません。注文住宅において費用は非常に大きなポイントになって来るので、一括請求することで費用を最小限に留めることができます。

また、今までであれば一社一社と打ち合わせをして見積もりを出してもらうというのが注文住宅購入の流れでしたが、タウンライフ家づくりであればわざわざ注文住宅会社に足を運ぶ必要がありません。気になった注文住宅会社のみと打ち合わせを重ねていけば良いので、会社選びの手間も大きく省くことができ、時間の節約にもなります。

希望エリアの土地情報も手に入る

タウンライフ家づくりで新築物件を購入するエリアを指定すれば、その地域の土地情報も併せて手に入れることができます。「まだ土地を購入するのはこれから」という方にとっては、間取りのデザインと同時に土地探しまでセットで行うことができるので、まさに一石二鳥と言えるでしょう。

自宅でじっくり比較検討できる

タウンライフ家づくりで間取りデザインを依頼すれば、家でゆっくりと間取りを比較検討することができます。展示場や注文住宅メーカーで打ち合わせをすると、その場で即決を迫られたり、追加のオプションなどの営業を受けたりすることがあり、なかなか自分たちのペースで話を進められないというケースが多く見られます。

一方、タウンライフ家づくりであれば、一括請求によって送られてきた間取りや費用を見比べながら、ご家族とゆっくり話し合って決めることができます。時間に迫られたり、場の空気に合わせたりする必要もないので、より自分たちの理想に根差した家づくりを落ち着いて進めることができます。これはインターネットを活用したタウンライフ家づくりならではの大きなメリットと言えるでしょう。

タウンライフ家づくりをチェック

タウンライフ家づくりが選ばれる3つの理由

「対人じゃなくても理想の家づくりができるの?」と不安に思われる方もいるかもしれませんが、タウンライフ家づくりのサポート体制は非常に充実しています。

間取りプランを専門家が提案

マイホームの間取りを決める際、あまりにも希望を詰め込みすぎると、結果的に住みにくい間取りになってしまうことも珍しくありません。いざ住んでみてからやはり間取りを変更したいとなってしまっては、追加でリフォームする手間や費用が掛かってしまうので、あらかじめ間取りのデザインと住みやすさのバランスを図ることが大切です。

タウンライフ家づくりでは、依頼者の希望を最大限考慮したうえで、専門家がデメリットも提示してくれます。特に家の導線は、素人ではなかなか判断が付かず、専門家の知恵や経験が最も活きてくる分野と言えるでしょう。

他にも窓の大きさ、窓の数、水回りの明るさ等に関する希望も出すことができます。自分たちの理想はしっかりと伝え、そのうえで専門家の意見も取り入れると、理想と利便性を兼ね備えた家づくりを行うことができます。

総額に対しての資金計画

マイホーム購入にあたり、誰もが不安に思うのが資金計画。「こんな大きな額、継続して払っていけるのだろうか?」と不安に思われる方も多いのではないでしょうか?

実際、マイホーム購入にかかる総費用を事前に把握しておくことは非常に重要です。タウンライフ家づくりでは坪単価だけでなく、本体工事にまつわる諸費用をすべて含めた総額を事前に依頼することができます。坪単価だけで単純計算すると、後になって「こんな費用がかさむとは思わなかった」となってしまうので、必ず契約前に費用の総額を確認しておきましょう。

マイホームに最適な土地を提案

前述の通り、タウンライフ家づくりでは希望のエリアにおける土地情報を随時提供してくれます。土地の場所や敷地面積はもちろん、方角、日照条件、近隣環境などを詳細に提示してくれるので、理想に近いベストな土地を見つけることができるでしょう。

特に地盤には注目したいところ。どれだけ立地が良くても、地盤が緩いと災害で被害を受ける可能性が高くなるので、地盤の強さに関する情報はしっかりとチェックしてください。

タウンライフ家づくりをチェック

タウンライフ家づくりのお申し込みの流れ

タウンライフ家づくりでは、たったの3分で間取りプランを一括依頼することができます。スマホ一台あればどこでも簡単に依頼することができますし、もちろんパソコンからでも可能です。以下の手順に沿ってまずは気軽に依頼してみましょう。

希望のエリアを選択

まず初めに、「Step1 都道府県」と「Step2 市区町村」を指定します。タウンライフ家づくりでは、市区町村に応じて土地価格相場(坪単価)を提示してくれるので、具体的に土地が決まっていない方も、まずは一番希望のエリアを登録しておきましょう。

希望条件を入力

続いて、家や土地に関する希望をフォーマット通りに入力していきます。回答必須の項目としては以下のような内容が挙げられます。

  • 希望世帯を選択(一世帯・二世帯・店舗)
  • 階数(平屋・二階・三階)
  • 住居予定人数
  • 希望の間取り(2LDK~)
  • LDKの広さ
  • 土地の大きさ
  • 希望の総予算

要望を詳しく伝える

項目欄の一つに、「その他、間取り・資金作成でのご希望やご要望」という欄があります。家づくりにおいては実はここが非常に大事なポイントで、ここで希望をあらかじめ伝えておくことで、注文住宅会社とイメージを最大限に共有することができ、間取りを再設計する手間や時間を省くことができます。

具体的には以下のような希望を記入しておくと便利なので、参考にして下さい。

  • 世帯年収は〇〇〇万円で、月々の支払いは〇万円、頭金は〇万円を想定しています。
  • 窓の数を多くし、日光を取り入れる家づくりがしたいです。
  • 既に購入済みの土地は、〇メートル×〇メートルで、建物面積は〇平方メートルを想定しています。
  • 子供に目が行き届くよう、リビングは広く明るい設計にしたいです。
  • 日中のご連絡は携帯までお願いします。

必須項目を入力する

続いて、個人に関する項目を入力していきます。必須項目は以下の通り。

  • 氏名
  • フリガナ
  • 住所
  • 建設予定地(すでに土地を持っている、土地を探しているなど)
  • Emailアドレス
  • 電話番号

希望の注文住宅会社を選択する

入力したエリアや条件に基づいて、600社の中から対応可能な注文住宅会社が一覧表示されます。一括して依頼することもできますし、希望の会社だけを選択して依頼することも可能です。

タウンライフ家づくりをチェック

タウンライフ家づくりで理想の間取りを手に入れよう!

間取りを理想通りにうまく設計できるかどうかは、家づくりの成功を左右すると言っても過言ではありません。「入力する項目が多くて大変」と思われた方もいるかもしれませんが、注文住宅会社といかにイメージを共有し、理想の間取りをすり合わせていくかが大切ですので、まずはタウンライフ家づくりで気軽に一括依頼してみましょう!

依頼した各社から回答が来たら、あとはじっくり家で比較検討し、予算やデザインに一番合った注文住宅会社を選ぶだけです。間取りプランを無料で一括依頼できる「家づくりの新常識」タウンライフ家づくりで、ぜひ理想の家をデザインしましょう!

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。