記事更新日:

【2021年】安いワイヤレスイヤホンおすすめ15選を徹底紹介!

ワイヤレスイヤホンは、音楽を聴いたりするだけでなく、動画や映画を観る際にも自分の世界に浸ったり、静かな場所でも楽しめるので便利です。ワイヤレスイヤホンは高いものもありますが、安くていい商品もたくさん出ています。最新版の安いワイヤレスイヤホンのおすすめ商品をご紹介していきます。

ワイヤレスイヤホンとは

ワイヤレスイヤホンと言う名前で売られている商品は多くありますが、これもワイヤレスに入るの?というタイプもあって、ワイヤレスイヤホンの定義が良く分からない方もおられるかもしれません。

ワイヤレスイヤホンは、主にBluetoothという規格で接続するためケーブルを使わないイヤホンになります。オーディオ機器はカバンやポケットに入れたまま、音楽などを楽しめる機器になります。

イヤホンジャック廃止で注目されるアイテム

昔からあるケーブル付きイヤホンは、オーディオ機器にイヤホンを繋いで音を聞く、というものです。イヤホンを繋ぐ際は、イヤホンジャックという接続するための端子に差し込んで接続しており、スマートフォンやiPadなどにもイヤホンジャックが付いていていれば、ケーブル付きイヤホンで聞くことが出来ます。

しかし、iPhoneはiPhone7以降、イヤホンジャックが廃止されてしまい、他社のスマートフォンでもイヤホンジャックが搭載されていない機種も出てきています。イヤホンジャックがないと、タブレットなどに使っているイヤホンの使いまわしが出来ず、変換ケーブルを使わなければいけなくなってしまいました。

変換ケーブルは充電中は使えないため、とても不便なのです。イヤホンジャックがなくても音楽を聴いたりする際に、ワイヤレスイヤホンを使えば問題もなく、ケーブルもないため邪魔になりません。わざわざ携帯電話の機種変更の際に、イヤホンジャックが付いているかを確認して選ばなくても良くなります。

安いワイヤレスイヤホンの種類

ワイヤレスイヤホンと言う商品名で販売していても、一見有線ケーブルのように見えるタイプもあったりと、見た目は様々です。安い価格で販売しているものには、いくつか種類があるので、自分が使いやすい種類を探してみてください

種類①完全ワイヤレス型

1つ目の種類は、完全ワイヤレス型です。左右のイヤホンが独立していてケーブルもなく、耳にはめるだけのコンパクトなタイプです。ワイヤレスイヤホンと言うと、この形状を思い浮かべる方が多いかもしれません。小さなイヤホンの中にワイヤレス送受信機とバッテリーが左右それぞれに内蔵されています。

完全分離型とも呼ばれ、片方の耳だけでも使用可能なタイプもあります。ケーブルがないため、煩わしさもなく使い勝手の良いタイプです。

種類②左右一体型

2つ目は、左右一体型です。左右のイヤホンがケーブルで繋がっており、コードは首回り部分までしかありません。ケーブルにリモコンが付いている機種も多く、ハンズフリー通話にも便利で音量調節なども出来ます。

バッテリーの持ちがいいので、完全ワイヤレス型よりも長時間利用される方や、完全ワイヤレス型だと落として無くしてしまいそうな方におすすめです。

種類③片耳型

3つ目の種類は、片耳型です。片方の耳にだけ装着するタイプです。もう片方の耳は周りの音が聞こえるというメリットがあるので、ハンズフリー通話に向いています。しかし、このタイプは音楽を聞く場合にはあまり向いていません。

片耳しかないので、1つのスピーカーでオーディオを再生するモノラル再生になります。両耳で左右別の音を聞くステレオ再生のような音の広がりがないため、音楽をより楽しみたい方には違うタイプがおすすめです。

種類④ネックバンド型

ワイヤレスイヤホンの種類4つ目は、ネックバンド型です。左右一体型の首にかかるケーブル部分が、太いバンドになっているタイプになります。バンド部分にバッテリーが搭載されているため、バッテリーが他のタイプより大容量のため、長時間の使用に向いています。首に固定出来る分、重みはありますが安定しています。

種類⑤骨伝導型

最後は、骨伝導型です。他のタイプのイヤホンは、外耳や中耳にある鼓膜を通って内耳を震わせて脳に音を伝えていますが、骨伝導型は頭蓋骨の振動を通して内耳を直接震わせ、脳に音を伝える仕組みになっています。

振動する部分はこめかみ辺りに装着するため、耳の穴をふさぐことはありません。そのため左右の耳とも周りの環境の音を聞けるというメリットはあります。しかし音漏れはしやすいので、公共の場所での使用は音量に注意する必要があります。

値段の安いワイヤレスイヤホンの選び方

ここからは、値段の安いワイヤレスイヤホンの選び方をご紹介していきます。値段だけでチェックしても、安い商品も数多く販売されています。自分の使い方や求める機能をはっきりさせると安いワイヤレスイヤホンの中でも絞りやすくなります。どれがいいか分からず迷っている方や、これから購入をされる方は選び方を参考にしてみてください。

選び方①対応コーデック

選び方1つ目は、対応コーデックです。コーデックとは、音声や映像、テキストのデータを圧縮・伸長(圧縮・展開)するソフトウェアや方式などを指します。撮影した動画や音楽をスマホなどでも見たり聞いたりできるのはコーデックという技術があるからなんです。

音声コーデックではMP3が代表的で、音楽ファイルとして使ったことのある方も多いかもしれません。コーデックは種類が多いですが、ワイヤレスイヤホンでよく書かれている対応コーデックに「SBC」と「AAC」、「apt-X」の3種類があります。

「SBC」は様々な端末と互換性はありますが、映像も見る場合は「SBC」だと音が遅れて聞こえて来たりすることもあります。「AAC」は主にiPhoneとの互換性があるタイプで、「apt-X」は主にAndroidとの互換性があります。

コーデックによって、音質は違ってきます。イヤホンで聞くと音がより鮮明に聞こえてしまうので、不快な音や聞こえにくい音などを感じてしまう方もおられます。動画でコーデックの違いによる音質の違いを確認してみましょう。

選び方②Bluetoothのバージョン

選び方2つ目は、Bluetoothのバージョンです。安いワイヤレスイヤホンの中には、Bluetoothのバージョンが古いタイプのために安く売っている場合もあります。バージョンが古いと通信範囲が狭い上に接続の安定性も悪く、音が途切れてしまうこともよくあります。

バージョンが5.0以降のものを選ぶと接続の安定性も高くなっているので、5.0以降の世代から選ぶのがおすすめです。

選び方③再生時間

再生時間も選び方の大きな基準になります。再生時間が短いと、家に帰るまでにバッテリーが無くなってしまう場合が多いので、途中で充電せずに1日使える再生時間があるかどうかで選ぶのがおすすめです。

イヤホンが小さいほど内蔵バッテリーの容量も小さいため再生時間も短い傾向ですが、イヤホンの収納ケースに充電機能が付いているタイプであれば、収納ケースのバッテリーも使えるため、イヤホン本体だけより長く再生出来ます。トータルで連続再生時間がどのくらいあるかをチェックして、選ぶようにしましょう。

選び方④防水機能

選び方4つ目は、防水機能です。ワイヤレスイヤホンは通勤や通学中だけでなく、運動中に使いたいという方もおられます。好きな音楽を聞きながらジョギングやウォーキングをしたりする方の場合、急に雨が降って来ることもあります。

また、スポーツをしていると汗もかくので、運動中の使用を考えている方は防水機能がしっかりしているものを選ぶようにしましょう。防水性はIPX3やIPX4などと表示され、数字が大きいほど防水性が高いものになります。IPX4以上のものがおすすめです。

選び方⑤ノイズキャンセリング機能

最後は、ノイズキャンセリング機能です。雑音や騒音を低減させる機能のことで、耳障りな走行音やエンジン音などを低減し、より音楽を綺麗な音で楽しめます。電車の走行音など持続的な低い音に対しては効果を発揮できますが、高くて突発的に起きた音に対しては効果は低いです。

電車の中でワイヤレスイヤホンを使いたい方は、ノイズキャンセリング機能が付いているタイプを選ぶといいでしょう。

安いおすすめワイヤレスイヤホン【~3000円】

ここからはおすすめの安いワイヤレスイヤホンをご紹介していきます。まずは3000円以内で買える商品です。3000円以内の格安商品でも、使いやすく重宝するものも多いです。とりあえず、ワイヤレスイヤホンを使ってみたいという方にも買いやすい商品ばかりです。

おすすめ①Hihiccup 最新モデル

Bluetooth イヤホン 完全 ワイヤレスイヤホン
Bluetooth イヤホン 完全 ワイヤレスイヤホン

Bluetooth イヤホン Hihiccup 最新モデル ワイヤレスイヤホン
優れた装着感&ポケットに入るサイズ

おすすめ1つ目は、Hihiccup 最新モデルです。完全ワイヤレス型で、Bluetooth 5.0第三世代が搭載されています。イヤホン本体だけでは再生時間は4~6時間ですが、充電ケース併用で最大36時間の再生が可能なので、長時間の移動で使う際も充電の心配がいりません。

対応コーデックはAAC、防水規格もIPX7と防水性も高いので、運動にも使いやすい仕様です。ノイズキャンセリング機能も搭載、片耳だけでの使用も可能な高スペックイヤホンです。充電ケースの蓋を開けるだけでペアリングが出来るので、初心者にもおすすめです。

おすすめ②EVIO ノイズキャンセリング搭載

EVIO ノイズキャンセリング搭載 ワイヤレスイヤホン
EVIO ノイズキャンセリング搭載 ワイヤレスイヤホン

10時間連続再生&300時間待機時間
Bluetooth 5.0搭載

続いては、EVIOのノイズキャンセリング搭載のワイヤレスイヤホンです。左右一体型で、Bluetooth 5.0を搭載しています。1回の充電で8~10時間の連続再生が可能で、対応コーデックはAAC(IOSだけ対応)と SBCです。

左右イヤホンにマグネットが搭載されているので、使用しないときはぴったりくっつけて収納出来ます。防水機能はIPX7、CVC 8.0のノイズキャンセリング搭載で、屋外での使用にもおすすめです。

おすすめ③HONSHOOP ヘッドセット5.0 高音質片耳

HONSHOOP ヘッドセット5.0 高音質片耳 内蔵マイク
HONSHOOP ヘッドセット5.0 高音質片耳 内蔵マイク

Bluetooth 5.0高音質ヘッドセット
両耳対応回転式

おすすめ3つ目は、HONSHOOP ヘッドセット5.0 高音質片耳です。片耳型ですが、イヤフックは回転式なので両耳に対応、 人間工学設計に基づいたデザインで長時間の使用にも適しています。Bluetooth 5.0搭載で、ガラケー、iOS、android, Windows、Siri、LINE通話などに対応可能です。音楽再生時間は9時間です。

おすすめ④Hotsea ネックバンド型 Bluetooth

Hotsea ネックバンド型 Bluetooth イヤホン
Hotsea ネックバンド型 Bluetooth イヤホン

革新的な収納式イヤホン・マグネット付き
18時間超長時間連続再生・省電力バッテリー採用

続いては、Hotsea ネックバンド型 Bluetoothです。ネックバンド型で、Bluetooth 5.0第3世代を搭載しています。AACコーデックに対応、人間工学に基づいて設計されており、IPX7防水とスポーツ中の使用にも向いています。省電力バッテリーを搭載していて、最大18時間連続再生が可能です。

ケーブルが溝に収納できるように調整可能で、ケーブルの長さを自由に変えられます。フィット感が高いワイヤレスイヤホンです。

おすすめ⑤明誠 骨伝導 Bluetooth

明誠 骨伝導 Bluetooth イヤホン
明誠 骨伝導 Bluetooth イヤホン

骨伝導技術&高音質
大容量バッテリー&IPX5防水防滴

おすすめ5つ目は、明誠の骨伝導 Bluetoothイヤホンです。骨伝導型で、イヤホン全体でも18.8gとかなり軽量です。Bluetooth5.0搭載で、ノイズキャンセリング機能も付いています。IPX5防水防滴なのでスポーツをする方にもおすすめで、メガネにも干渉しないので付け心地も良いです。音楽再生時間は最大約7時間、通話時間は最大約8時間です。

安いおすすめワイヤレスイヤホン【3000~5000円】

続いては、3000円から5000円の価格帯の安いワイヤレスイヤホンをご紹介していきます。機能性の良さも感じられる商品も多くなってくるので、ぜひチェックしてみてください。

おすすめ⑥Aisea ワイヤレスイヤホン

Aisea ワイヤレスイヤホン Bluetooth5.0第三世代
Aisea ワイヤレスイヤホン Bluetooth5.0第三世代

最新Type-C充電対応&大容量充電ケース
誤操作防止物理ボタン&瞬時接続

おすすめ6つ目は、Aiseaのワイヤレスイヤホンです。完全ワイヤレス型でコーデックAACに対応しています。Bluetooth5.0第三世代を搭載、Type-Cケーブルで充電ケースに充電出来るので便利です。イヤホン単体で最大6時間再生が可能、IPX7防水です。

誤操作防止物理ボタンでオンオフや再生も誤操作が少なく簡単で、高感度のマイクが付いているのでハンズフリー通話にも向いています。

おすすめ⑦オーディオテクニカ SOLID BASS

オーディオテクニカ SOLID BASS ワイヤレスイヤホン
オーディオテクニカ SOLID BASS ワイヤレスイヤホン

約2時間のフル充電で、最大約20時間の連続再生
約 10 分の充電で、約2時間の連続再生

続いては、オーディオテクニカのSOLID BASSです。左右一体型で最大約20時間の連続再生が可能です。約10分充電すれば、約2時間使用出来るので、充電し忘れなどにも便利です。カラーバリエーションが4色あります。

おすすめ⑧MICOOL Bluetoothヘッドセット 片耳型

MICOOL Bluetoothヘッドセット 片耳型
MICOOL Bluetoothヘッドセット 片耳型

長時間の通話に対応
明瞭でクリアな通話の HD 音声

おすすめ8つ目は、MICOOLのBluetoothヘッドセット 片耳型です。片耳型ですが左右どちらでも装着可能で、Bluetooth5.0を搭載しています。人間工学に基づいたデザインで、1日使用しても疲れない形状になっています。ノイズキャンセリング機能搭載で、2台デバイスと同時に接続も可能です。

おすすめ⑨サウンドピーツ Force Pro

サウンドピーツ Force Pro ワイヤレスイヤホン
サウンドピーツ Force Pro ワイヤレスイヤホン

最新作!デュアルドライバー
22時間連続再生!装着感パーフェクト

続いては、サウンドピーツのForce Proです。ネックバンド型で最大22時間連続再生が可能です。コーデックはAPTX-HDで、Bluetooth5.0を搭載しています。CVC8.0ノイズキャンセリング機能搭載で、通話時の雑音が軽減され、騒がしい場所でも聞き取りやすい仕様です。IPX6なので、スポーツでの使用にも向いています。

おすすめ⑩Bearoam Bluetooth イヤホン 骨伝導

Bearoam Bluetooth イヤホン 骨伝導
Bearoam Bluetooth イヤホン 骨伝導

Bluetooth5.0&自動ペアリング&残量表示
立派なサウンド・ノイズキャンセリング&6時間連続再生

骨伝導型でおすすめなのが、BearoamのBluetooth イヤホン 骨伝導です。激しい運動をしても落ちず、人間工学に基づいた沈下式デザインのイヤホンです。Bluetooth 5.0とノイズキャンセリング機能も搭載、IP56防水で屋外での使用にもおすすめです。

連続再生時間は最大6時間で低音再生を強化しています。重さが32.4gしかないので耳への負担も少ないイヤホンです。

安いおすすめワイヤレスイヤホン【5000~10000円】

最後は、5000円から10000円の価格帯のおすすめワイヤレスイヤホンをご紹介していきます。材質やデザイン、機能性なども価格が上がるとさらに良くなってきます。自分が求める音質や使用状況なども考えながらチェックしてみてください。

おすすめ⑪アビオット TE-D01d Bluetooth

アビオット TE-D01d Bluetooth イヤホン
アビオット TE-D01d Bluetooth イヤホン

ハイクラスグラフェンドライバー搭載
最高の音、最高のデザイン

おすすめ11個目は、アビオットのTE-D01d Bluetoothです。完全ワイヤレス型で、コーデックはaptXです。最大9時間の連続再生が可能で、さらにケースの併用で計100時間以上の再生が出来るので、毎日充電しなくてもいいので便利です。

充電ケースはモバイルバッテリーとしてUSB端子からスマホなどへ簡易充電が可能なので、いざという時に役立ちます。IPX4レベルの防滴性能もあります。

おすすめ⑫JBL REFLECT MINI 2 BT Bluetooth

JBL REFLECT MINI 2 BT Bluetoothイヤホン
JBL REFLECT MINI 2 BT Bluetoothイヤホン

超軽量・超コンパクト設計に加え、高級感のあるアルミニウム素材を使用
スポーツシーンと日常使用で使い分けられる2種類のイヤチップをご用意

続いてはJBL のREFLECT MINI 2 BT Bluetoothです。左右一体型で、重量が18gと超軽量です。スポーツ用と普段用の2種類のイヤチップ付属で、IPX5防水機能に対応しているので、スポーツにも使いやすいです。

ケーブルには反射材が付いているので、屋外で夜間に使用する場合にもおすすめです。Bluetoothのバージョン4.2で、コーデックはSBC、連続再生は最大約10時間可能です。

おすすめ⑬Foximai Bluetooth 片耳型

Foximai Bluetooth ワイヤレスイヤホン 片耳型
Foximai Bluetooth ワイヤレスイヤホン 片耳型

進化版Bluetooth5.0イヤホン
使い簡単・2台同時接続

おすすめ13個目は、FoximaiのBluetooth 片耳型です。最大6時間の音楽再生や12時間の連続通話が可能な片耳型で、左右兼用です。2台デバイスと同時に接続が出来るので、スマホ2台持ちでどちらの電話も対応可能と便利です。Bluetooth V5.0搭載でノイズキャンセリング機能も搭載しています。

おすすめ⑭ソニー ワイヤレスイヤホン SBH82D

ソニー ワイヤレスイヤホン SBH82D
ソニー ワイヤレスイヤホン SBH82D

Bluetooth対応 オープンイヤースタイルをワイヤレスで手軽に
最大7.5時間の連続音楽再生が可能なロングライフバッテリー

ソニーのワイヤレスイヤホン SBH82Dはネックバンド型のワイヤレスイヤホンです。7.5時間の連続音楽再生が可能で、耳をふさがないオープンイヤースタイルなので、音楽を聞きながら会話も可能です。

音漏れが心配されますが、鼓膜の方向にダイレクトに音を届けることで音漏れを軽減する工夫もされています。重量は25.5gで軽いため、首への負担も少ないです。マルチファンクションキーを長押しすると、GoogleやSiriの音声検索も出来るので便利です。

おすすめ⑮AfterShokz オープンムーブ 骨伝導イヤホン

AfterShokz オープンムーブ 骨伝導イヤホン
AfterShokz オープンムーブ 骨伝導イヤホン

オープンイヤーデザイン&コンパクトな本体
Bluetooth5.0 & ノイズキャンセリングCVC8.0

最後はAfterShokzのオープンムーブ 骨伝導イヤホンです。骨伝導型でオープンイヤースタイルのイヤホンです。Bluetooth5.0搭載、ノイズキャンセリング機能も付いています。ステッカーが5種類付属されているので、自分好みに張り替えが出来、カラーバリエーションも2色とアレンジが楽しめます。

スマホなど2台と同時接続が可能で、バッテリー駆動時間は約6時間です。防水性能はIP55で、屋外での使用にも向いています。

コスパに優れた安いイヤホンで音楽を楽しもう

様々なワイヤレスイヤホンをご紹介してきましたが、安くても機能性が高く、コストパフォーマンスも十分な商品がたくさんあると感じた方が多いのではないでしょうか。少し前まではワイヤレスイヤホンだと音切れがひどいものもありましたが、どんどん進化して機能性が高くなってきています。

初めて買う方でも3000円以内の商品もあるので、躊躇せずに購入しやすいです。ワイヤレスイヤホンがあると、音楽を様々な場所で楽しめます。自分が使いやすいワイヤレスイヤホンを手に入れて、音楽を楽しみましょう。

その他の関連記事はこちらから

 

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。