引用:LIXIL

アイランドキッチン使い勝手はどう?基礎知識から費用の相場など詳しく解説!

おしゃれなキッチンに憧れる方も多いのではないでしょうか。その中でも広々と利用できるアイランドキッチンは人気も高く、取り入れたいと1度は考えるはずです。そこでここでは、アイランドキッチンについて詳しく調査してみました。

アイランドキッチンの基礎知識、使い勝手、設置費用など、こと細かく解説しています。アイランドキッチンの魅力を知って、満足度の高いキッチンを目指しましょう。

アイランドキッチンの特徴

アイランドキッチンという名前の通り、まるで1つの島のように確立されたキッチンスタイルをアイランドキッチンと呼びます。余計な装飾がなくどこからでもキッチンに入ることができるので、料理や家事がはかどることは間違いありません。従来のキッチンよりも幅広く効率的に使用できるというメリットがあり、アイランドキッチンを設置したいという方も増えています。

バリアフリーで楽々家事動線

アイランドキッチンが今までのキッチンと違うところは、キッチンの周りに何も障害がないといういうところです。これまでのキッチンは壁に設置されるスタイルのものが多く、動ける範囲が限られていました。

しかしアイランドキッチンならどこからでも、左右関係なく侵入できる回遊プランを採用しています。このシステムのおかげで冷蔵庫の中のものが取りやすかったり、すぐ作業に移れたり、家族が行き来できたりなど、たくさんのメリットが生まれます。

そしてバリアフリーにもなるため、車椅子を使用していたとしても難なくキッチンに入ることができます。周りのスペースにも十分ゆとりがあるので車椅子の行き来にも便利で、まさにどのご家庭にもメリットがあるキッチンと言えるでしょう。

アイランドキッチンを使うメリット

アイランドキッチンというだけでたくさんのメリットを実感することができます。ここでは具体的なメリットをご紹介しながら、アイランドキッチンの素晴らしさを確認してみましょう。

メリット①開放感がある

アイランドキッチンには壁も、仕切りも、閉ざされた感じもまったくありません。開放感にあふれており、ノビノビと料理を楽しむことができます。リビングに繋がっていてもゴチャゴチャ感を感じることもなく、辺り一面を見渡すことができる魅力があります。

これまでのキッチンはどこか狭く、そして閉鎖感がありました。キッチンに入れるのも1人だけで、決して効率が良いスタイルではなかったはずです。アイランドキッチンはそういうキッチンのダメなところを取り除き、新しいスタイルのキッチンとなりました。

メリット②おしゃれ

何と言ってもおしゃれなデザインが大きな魅力と言えるでしょう。アイランドキッチンは自由な設計に加えて、まるでTVや映画の中に出てくるようなデザインがたくさんあります。ホワイトやシルバーといった定番カラーももちろんありますが、ワインレッドやブラックなど、スタイリッシュなカラーもたくさんあり、おしゃれを楽しむことができます。

見た目も大きな違いがあります。キッチンを中心に考えられたデザインとなっているだけではなく、キッチンの魅力を色々な角度から引き出すような設計になっています。今の時代は女性だけがキッチンを使用するものではありません。

年齢性別関係なく色々な方々が利用しやすく、興味を持ちやすくなるようなキッチンが理想なので、アイランドキッチンはまさにそういったニーズにもしっかり応えていると言えるでしょう。

メリット③コミュニケーションが取りやすい

アイランドキッチンからはリビングにいる家族とのコミュニケーションにも最適です。壁や仕切りがないので、何の障害もなく会話を楽しみながら後片付けをしたり、料理を作ることができます。毎日のほんのひと時の会話を疎かにせずにすむため、家族の中がより深まるはずです。

今まではそういったコミュニケーションがなかなか取れなかったことで、家事=孤独ととらえてしまう方も少なくなかったのではないでしょうか。会話が弾むことで家事が楽しくなる方も多く、今まで以上に家事の効率UPが実現したという声も多いです。

メリット④複数人で調理ができる

広々としたキッチンなので、1人とは言わずに2人、3人と、複数人同時に料理を作ったり、家事をすることが可能となっています。複数人いても動きやすく、作業しやすいという点は、非常に大きなメリットとも言えます。

同時にキッチンに入れることで、親子や家族のコミュニケーションや友達とのコミュニケーションも更に取りやすくなるはずです。スペースが十分にあるからこそ、アイランドキッチンは需要が高いのでしょう。

キッチンに立つ機会が増えるのは素敵なメリットです。誰でも気軽に、そして楽しく料理や家事を楽しむことが、アイランドキッチン本来の魅力です。

アイランドキッチンのデメリット

アイランドキッチンにもデメリットは存在するものなのでしょうか。そこでここでは具体的なデメリットを確認しながら、今後の対策として考えてみましょう。

デメリット①広いスペースが必要

アイランドキッチンは設置場所を多く取ってしまいます。大きなリビングダイニングなら何も問題ないのですが、狭いリビングルームはそれだけで部屋が狭く感じてしまう危険性があります。

リビングとキッチンの対比のバランスがうまく取れないことで、せっかくのメリットをデメリットに変えてしまうことになります。アイランドキッチンに憧れがあっても、部屋の広さの問題で現実的に設置できないということもありえます。

デメリット②キッチンが丸見えになりやすい

おしゃれで開放的、そして魅せるキッチンとして人気のアイランドキッチンですが、逆を言うとキッチンを丸出しにしている状態でもあります。キッチン全体はもちろん、収納場所、足元まですべて目で見渡せる状態になっているため、少し散らかっているだけで汚い印象を与える可能性もあります。

普段からこまめな掃除や気配りが大切になるということもあり、面倒くさがりの方には不向きかもしれません。食器を出しっぱなしにしていたり、ゴミが見える位置にあるだけで、素敵なキッチンという概念がなくなってしまう可能性もあります。

デメリット③匂いが広がりやすい

アイランドキッチンは窓が設置されているわけでもなく開放的なので、料理の匂いは部屋全体に行き渡ってしまいます。匂いだけではなく煙も蓄積されてしまうので、換気扇の設置は必須となります。

良い香りの料理は食欲がそそりますが、家具やカーテンなどにも匂いが移って取れなくなってしまうなんていうこともあるため、十分に気を付けましょう。最近はレンジフードやグリルの上に換気扇が設置されているアイランドキッチンもありますので、是非参考にしてみて下さい。

デメリット④収納スペースが少ない

壁に設置されているキッチンではないので、その分収納スペースは減ってしまうのが残念です。収納場所やスペースをつくることも可能ですが、アイランドキッチンの設置費用とは別に、オプション料金が必要になります。

デメリット⑤価格が高い

一般的なキッチンと比較すると、アイランドキッチンの価格は高く感じるのではないでしょうか。アイランドキッチンは壁とは独立しているということもあって、一般的なキッチンよりもコストがかかってしまいます。予算が少ないとアイランドキッチンは設置できないというのは、大きなデメリットではあります。

アイランドキッチンのデメリット対策

アイランドキッチンのデメリットが分かったところで、今度はそのデメリットを気にしなくて良くなるような対策案をご提案します。デメリットを少しでも減らして、快適なキッチンを目指しましょう。

対策①油はねや臭い

油はねは料理を作る際に避けては通れません。オプションになってしまいますが、コンロの周りに壁やパネルを設置することで油はねを解消することができます。これならコンロ回りだけを覆う形になるので、開放感が損なわれることはありません。また細かな作業スペースを隠すことにも繋がるので、キッチンのすべてを見せたくない方にもおすすめです。

対策②収納

昔のアイランドキッチンは収納場所が少ないと嘆くことも多かったのですが、近年のアイランドキッチンは下部に引き出しが付いていて、中にたっぷり収納できるスタイルになっているものも増えてきています。

仮に収納スペースがなくてもアイランドキッチンは前後に広くスペースをとっている構造なので、背面に収納場所を作ってみるのもおすすめです。収納場所の解決方法はたくさんあるので、そこまで悩まなくても大丈夫です。

対策③丸見え

キッチンが丸見えな状態が嫌な場合は、間仕切を設置してみてはいかがでしょうか。部屋を完全に仕切るわけではなく半分だけ仕切るような形になるので、遮断するわけではありません。適度にリビングも見渡せる上、すぐに様子を確認することができるので、丸見え状態を解消することができます。

アイランドキッチンへのリフォーム費用相場

ここでは実際にアイランドキッチンを設置する時のコストについて考えてみましょう。リフォームした場合はどのようになるのか、そして費用の相場はどうなっているのかについて詳しくまとめていますので、是非参考にしてみて下さい。

リフォームにかかる費用

工事内容 費用
解体工事 50,000円~100,000円程度
配管工事 50,000円程度
電気工事 50,000円程度
キッチン組み立て工事 150,000円~

商品やシリーズによってもリフォーム費用は変わりますが、キッチンの工事費用は最低でも30万円~50万円は見ておく方がいいです。工事内容は解体、配管、電気、キッチンを組み立てる工事となっています。

アイランドキッチン本体の価格相場

パーツ 価格
アイランドキッチン本体 1,200,000円~1,800,000円

アイランドキッチンは非常に高額です。従来のキッチンとは構造がまるで違うため、レンジフードの設置や収納スペースの確保、壁と切り離すための基盤、天版代など、通常あまりコストがかからないところに大幅なコストが加算されています。またセンセーショナルなデザイン料もプラスされますので、金額は更にUPします。

キッチンリフォームの追加費用

キッチンをリフォームする時は、キッチンを解体するだけではなく、電気工事や配管工事が必要になるケースもあります。そしてアイランドキッチンにオプションを追加すればするほど料金は膨らんでしまうので、予算内に抑えるように注意してみましょう。

アイランドキッチンとペニンシュラとの違い

アイランドキッチンとよく比較されるのがペニンシュラキッチンです。ペニンシュラキッチンはアイランドキッチンよりも価格が安く、60万円から設置することもできます。アイランドキッチンだと最低でも100万円を超えてしまうので、コスト面でも近年注目されています。

しかもペニンシュラキッチンなら壁に設置しているため、油はね対策としても優秀と言えるでしょう。アイランドキッチンよりは解放感があるわけではありませんが、大きなリビングじゃないご家庭でもスッキリと見せることができます。

もし部屋が狭くても、ペニンシュラキッチンなら問題なく設置できます。ご家庭の事情に合わせて、アイランドキッチンかペニンシュラキッチンを選択することをおすすめします。

使い勝手の良いアイランドキッチン実例

ここでは、より快適なキッチンにするための実例やアイデアをご紹介いたします。毎日使うキッチンだからこそ、機能性だけではなく利便性が求められるはずです。

実例①キッチンの配置と収納を工夫

リビングの中心にアイランドキッチンを設置することで、部屋の空間を最大限に活かしてより開放感を体感することに成功しています。あえてセンターに持ってくることで、前後に空間の余裕を誕生させたということになります。

収納場所もしっかり確保しつつスッキリとしたキッチンに見せているので、なにもかも丸見えになるわけではありません。魅せるところは魅せて隠すところは隠すので、部屋のメリハリも効いています。

実例②北欧風インテリア

いま人気の北欧インテリアも、アイランドキッチンなら可能です。スタイリッシュなデザインのアイランドキッチンもたくさんありますが、木の温もりを感じられるような優しい素材のアイランドキッチンもたくさん増えてきています。

子供のいるご家庭はもちろん、夫婦2人だけの暮らしでも、どこかホッとできるようなデザインが魅力です。シンプルなのにおしゃれで可愛い印象を与えてくれるので、北欧インテリア風のアイランドキッチンもおすすめできます。

ご家族が楽しいキッチンになるといいですね

アイランドキッチンなら家族のコミュニケーションが今以上にもっと増えるでしょう。料理をしながら、片付けをしながら、作業をしながらなど、どんなシーンであってもお喋りを楽しみつつ、キッチンを有意義に活用することができます。

大きくて広いキッチンと、すぐ目につくリビングで、より豊かな生活は約束されています。明るいキッチン、明るいリビング、明るい笑い声が絶えないようなご家庭を守って、毎日が楽しいと言える時間を過ごして下さい。アイランドキッチンなら料理もしやすく使い勝手も良いので、きっとお気に入りのキッチンになるはずです。

その他の関連記事はこちらから


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。