クリナップの洗面台は使い勝手がいい?特徴から評判・口コミまで徹底紹介!

洗面スペースは意外に収納するものも多く、生活感の出てしまいやすいスペースです。また、湿気や水気なども多いため汚れやすい場所でもあります。

クリナップには、そういった使用する方の悩みをデザインや性能で解決する洗面台が揃っています。ここではクリナップの洗面台の特徴を解説し、各シリーズごとにおいても特徴や価格をご紹介していきます。

クリナップの洗面台の特徴は?

クリナップは、システムキッチンや洗面台などを生産・販売している大手住宅設備機器メーカーです。まずはじめにクリナップの洗面台の特徴を詳しく見ていきましょう。

特徴①綺麗を保ってくれる「流レールボール」

クリナップの製品には、水がはねたり垂れたりを気にせず使える「流レールボール」というオリジナルの洗面ボールが使用されています。広く深い洗面ボールで、洗濯の予洗いや洗面でも水はねを気にすることなく、じゃぶじゃぶと使うことが可能です。

また、底の形状を真ん中を高くして勾配差をつけることで、ボール内の汚れやゴミが水とともに排水溝に流れ込むデザインになっているため、お手入れが簡単です。

特徴②腰への負担を考えた洗面台の高さ設計

顔を洗う、手を洗う、洗濯の予洗いをするなどの洗面所での作業は前かがみの体勢での作業となり、腰への負担がかかります。クリナップでは従来75cmだった洗面台までの高さを85cmと10cm程度高く設計されています。

洗面台を従来よりも高く設計することで、洗面所での作業時の腰の負担を軽減します。洗面所での作業は毎日日に何度も行うものなので、小さな変化でも大きな満足感に繋がります。

特徴③キャビネットはお手入れしやすいステンレス製

洗面台のキャビネット部分には、洗剤など液体のものを収納したり、お風呂の湿気入り込みやすかったりで汚れや匂いが気になる部分です。

クリナップではこのキャビネットの内部がステンレス製で設計されているものがあります。ステンレスは水や湿気に強く、汚れや匂いもつきにくい素材です。水吹きして吹き上げるだけでも綺麗になるため、お手入れ簡単です。

特徴④ダブルLEDのミラーキャビネット

洗面台の鏡は汚れが付着することも多いため、お手入れしやすいものがおすすめです。クリナップのミラーはLED照明が内蔵されており、凹凸のない平面だけでデザインされています。

掃除もしやすく、LEDの明るい照明なので洗面台でのメイクもしやすくなります。見た目にもすっきり清潔感のあるデザインで、使いやすさ以上に機能的でシンプルなデザイン性にも注目です。

特徴⑤子どもが居る家庭でも安心して使える「4VOC基準適合」

VOCとは揮発性有機化合物のことを指しますが、4VOCとはその中でもシックハウス症候群の原因物質である、スチレン・キシレン・トルレン・エチルベンゼンの4つの原因物質のことを言います。

そして、これら4VOCの基準値を満たしている製品には4VOC基準適合の表示をすることが許可されています。クリナップではこれら4VOC基準適合への取り組みが徹底されており、小さな子どものいる家庭でも安心して使用できます。

クリナップの洗面台【TIARIS(ティアリス)】

ここからはクリナップの洗面台の特徴をモデルごとにご紹介します。まずは、クリナップの洗面台の中でもグレードの高い「ティアリス」からお届けしていきます。

TIARIS(ティアリス)の商品特徴

ティアリスはクリナップの洗面台の中でもグレードの高いモデルになります。上記でご説明したクリナップの洗面台の特徴全てを持ち合わせた製品で、クリナップの洗面台の中でもトップクラスの性能・機能性の製品です。

ティアリスのカウンターには、クリナップ独自のアクリル系人工大理石のカウンターを採用しています。大理石は高級感がありデザイン性を高める素材ですが、やや強度が不安定であることがデメリットです。クリナップの人工大理石では高品質なアクリルを使用することで、大理石の持つ美麗な風合いと強度を両立させています。

カウンターカラーは4色、キャビネットカラーは8色から選ぶことができ、そのほかにもキャビネットの形状やシンク場所の選択などオプション設定も豊富でカスタマイズ性も高いです。LED内蔵のミラーキャビネットで無駄なデザインのないシンプルかつ高級感のあるデザインで、ホテルライクなバズルームを目指す方にもおすすめです。

TIARIS(ティアリス)の価格

ティアリスの価格は、選択するサイズや、カウンターやキャビネットのタイプ・カラーなどで前後しますが、選べる幅が多いのもティアリスの特徴です。

最低幅の750mmを選択した場合374,000円~ですが、最高幅の1,800mmを選択した場合780,000円〜となります。

TIARIS(ティアリス)の評判・口コミ

まるで家具のような雰囲気があってそれにとてもスタイリッシュです。出典:リノコ

どうしても生活感の出やすい洗面周り。ティアリスは凹凸の少ないホテルのようなスタイリッシュな外観で生活感を感じさせません。

はじめは見た目と聞いた内容だけでこれにしたが、使ってみるとかなり手入れがしやすいし部屋が映えるのが分かる。特にこの人工大理石だというカウンター。高級感たっぷりで見た目だけだと思ったが衝撃や強い液体なんかにも耐えうるらしく劣化しにくいそうだ。出典:リノコ

見た目の良さだけではなく、お手入れのしやすさや強度といった実用的な機能性や性能に評価が高いことが伺えます。

クリナップの洗面台【S(エス)】

「洗面化粧台のキレイが続き使う人のキレイをつくる」をコンセプトに設計されたS(エス)シリーズ。TIARISよりも買いやすいワンランク下のグレードのモデルですが、使いやすく綺麗が続く機能性と性能を兼ね備えた高グレードの洗面台です。

S(エス)の商品特徴

S (エス)シリーズもティアリスと同様に、上記でご説明したクリナップの洗面台の特徴全てを選択することが可能です。

流レールボールとステンレスキャビネットは標準装備です。ミラーに関してはLED内蔵のミラーキャビネットも選択可能ですが、比較的安価なステンレスのミラーキャビネットも選べます。ミラー横に棚のついたミラーキャビネットも設置できるので、洗面所に扉なしの棚が欲しい方は、Sシリーズがおすすめです。

S(エス)の価格

S(エス)の洗面台部分の選べる幅は、75cmと90cmの2タイプです。追加のサイドキャビネットなどで幅を広げることは可能で、その他ミラーや引き出し、扉のカラーなどのオプションにより価格は左右しますが、75cmのセット価格で207,000円〜、90cmのセット価格で231,000円〜で定価販売されています。

S(エス)の評判・口コミ

クリナップさんと言えばステンレス。クリナップと言えばステンレス。劣化しにくいという利点が非常に気に入っています。出典:リノコ

クリナップのステンレス製のキャビネットはお手入れ簡単で耐久性が高い点が人気のポイントとなっています。

見た目もかなりスタイリッシュでインテリア感覚で選べるんじゃないですかね。出典:リノコ

ティアリス同様に機能性だけでなく、デザイン性の良さも選ばれている理由です。丸みの少ないスタイリッシュな外観がSシリーズの特徴ですので、シンプルモダンやホテルライクな雰囲気が好みの方には特に好まれるデザインです。

クリナップの洗面台【FANCIO(ファンシオ)】

続いてはクリナップの洗面台の中では最も販売数が多いスタンダードなグレードにあたる、FANCIO(ファンシオ)について解説していきます。

FANCIO(ファンシオ)の商品特徴

アクティブに気兼ねなく使うことのできる洗面台として作られたのがファンシオシリーズです。ファンシオの一番の売りは、流レールボールのLLサイズを標準装備している点です。

流レールボールは23lと容量が大きく、形状も深く設計されいているため、水はねや水垂れの心配なく予洗いや洗顔をすることができます。毎日使うものなので、あまり気を使いながら作業をしたくない方にはぴったりの洗面台です。扉のカラーがピンク、グリーンの明るいカラーを選択できるのも他の上記のシリーズにはない特徴です。

FANCIO(ファンシオ)の価格

スタンダードグレードなため、上記の2シリーズよりは比較的安価な価格帯となっています。選べる幅は60cmと75cmの2タイプです。

価格は幅60cmで136,000円〜、幅75cmだと147,000円〜となり、オプションなどにより追加となります。

FANCIO(ファンシオ)の評判・口コミ

ボールや排水口につなぎ目がないので隙間に黒ずみなんかが溜まることがなくなって一段と手入れが簡単になりました。ひと拭きできれいに手入れができるのは大きいですね。出典:リノコ

スタンダードグレードのファンシオでも使いやすく綺麗の続く工夫は健在です。毎日の手入れが楽だと綺麗を保てて生活の質が上がります。

蛇口は壁出しなので前よりも汚れが付く心配がなくなりました。取っ手も持ちやすく高級感があります。広くなっても掃除がしやすくてありがたいです。出典:リノコ

ファンシオシリーズの蛇口は壁から直接出るタイプで蛇口まわりの汚れが付きにくく、洗うときはボールと一緒に洗えます。大きなボールですが洗いやすいため、広くなっても掃除が楽になるのが嬉しい特徴です。

クリナップの洗面台【BGAシリーズ】

続いてはBGAシリーズのご紹介です。BGAシリーズは上記シリーズに比べるとコンパクトな作りで安価なシリーズになります。

BGAシリーズの商品特徴

限られた洗面スペースにぴったりのコンパクト設計の洗面台です。上記モデルとは違い洗面ボールも奥行き50cmで設計されていて、圧迫感の少ない無駄のないすっきりとしたデザインです。洗面スペースが小さめの方や洗面スペースの荷物の少ない方にはおすすめの洗面台です。

BGAシリーズの価格

幅は60cmと75cmを選択できます。幅60cmだと68,000円〜、幅70cmだと88,000円〜の価格となり、扉やキャビネットのグレードやサイドキャビネットの有無により追加となります。

BGAシリーズの評判・口コミ

奥行きが思ったよりも小さく、収納力は増えて場所を取るかと思ったのに広くなるというちょっと不思議な感覚になりました。出典:リノコ

コンパクトな作りで洗面スペースが広くなり、かつ収納も増えて空間が広くなったとの口コミです。コンセプト通り、スペースを最大限活用できる無駄のない洗面台です。

コンパクトというのがウリのようですが、オプションもしっかりとしているので選んで正解でした。出典:リノコ

選べるオプションも充実していて、収納力を増やすキャビネットのサイズや種類は豊富にあります。洗面ボールはコンパクトでいいので、収納が欲しいといった方にもおすすめのシリーズです。

クリナップの洗面台【BTSシリーズ】

最後にBTSシリーズのご紹介です。予算に合わせて機能を組み合わせ自宅に最適な洗面台を設置できます。リーズナブルな価格帯で、必要に応じてオプションを選びカスタマイズできることで人気があります。

BTSシリーズの商品特徴

「リーズナブルなのに機能充実」というコンセプトで設計されたBTSシリーズは、洗面ボールが陶器製でホワイト・ピンク・ブルーから選ぶことができます。全シリーズで最小サイズの幅50cmの洗面台があるのもこのシリーズの特徴です。

BTSシリーズの価格

幅は50cm・60cm・75cmの3サイズから選択可能で、価格は50cmが72,000円〜、60cmが85,500円〜、70cmが105,500円〜となっています。

魅力がたくさんのクリナップの洗面台を自宅に取り入れてみては?

この記事ではクリナップ製の洗面台について、モデルごとの特徴や価格などをご紹介しました。どのモデルもそれぞれの良さのある魅力的な洗面台で、どのシリーズにも共通しているのが、使用者に使いやすい工夫が様々に施されているという点です。クリナップの洗面台を取り入れて、洗面スペースをすっきり快適に作り変えてみてください。

その他の関連記事はこちらから

 

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。