DIYでおしゃれなキッチンカウンターに!簡単収納術を徹底紹介!

DIYでおしゃれなキッチンカウンターに!簡単収納術を徹底紹介!

毎日利用するキッチンはきれいに整理整頓されているほうがすっきりします。人の目に付きやすいキッチンカウンターも、おしゃれに収納できたら毎日の家事もテンションが上がるでしょう。こちらの記事ではキッチンカウンターに上手く収納するおしゃれなDIY方法などを紹介します。シンプルなキッチンカウンター収納もDIYでハイクオリティに仕上げましょう。

キッチンカウンターとは

そもそもキッチンカウンターという名称は聞いたことがあるけれど、多くの方がカウンターキッチンと混同しているのではないでしょうか。キッチンカウンターは調理する際の作業台や調理に必要なアイテムを置く、後付け可能な場所です。

そのためキッチンカウンターがない場合でもDIYで手作りすることができるのです。キッチンカウンターはあとから設置できるので、キッチンの収納スペースが足りなくなったときにも便利です。対してカウンターキッチンは対面式のキッチンで、作業台がリビング方向に向いているものをいいます。

キッチンカウンターは必ずしも対面して設置するものではなく、間取りのデッドスペースを利用して後付けできるので、キッチンが狭い場合にもおすすめです。

キッチンカウンターの役割

収納スペースを増やすことができるキッチンカウンターにはさまざまな活用方法があります。まずはキッチンカウンターの役割をチェックしてみましょう。キッチンカウンターがあるだけで、調理中の作業効率を上げることやテーブル代わりなど、いろいろな役割ができます。キッチンカウンターがあるだけで、いつものキッチンもワンランクアップしそうです。

役割①目隠し

キッチンカウンターはリビングダイニングからの目隠しの役割にもなります。お客様が来たときなど、キッチンで調理している手元を隠したり、普段から置いてある調理道具、シンクが見えてしまうとあまりにも生活感が露わになってしまうこともあります。

そこでキッチンカウンターを設置して見えないようにしてみましょう。対面式のキッチンカウンターなら、リビングダイニングに人がいてもキッチン周辺を隠すことができます。キッチンカウンターを目隠しとして設置するなら、ある程度高さがあると良いでしょう。

役割②料理や調味料置き

調理するときに必要な調味料や食材をあらかじめ準備しておくと効率良く作業できますが、キッチンカウンターはこの調味料や食材を置く場所としても便利です。使うたびに出し入れする方法もありますが、キッチンカウンターがあれば作業効率もアップします。

さらに下準備した食材や食器、出来上がった配膳前の料理などを置くときにも便利です。住まいによってはキッチンの間取りが狭く、収納スペースが少ないのでシンク周りに出しっぱなしになることもあります。そんなときもキッチンカウンターがあれば、アイデア次第でおしゃれにすっきりと調味料を置くことができます。

役割③テーブル

キッチンカウンターをテーブル代わりに利用することもできます。調理しながら子どもの勉強を見たり、家事の合間のブレイクタイムなどにもおすすめです。また、朝食をスピーディーに済ませたいときもキッチンカウンターが便利です。

キッチンカウンターに合った高さの椅子を準備しておけば、ちょっとしたテーブルとしての役割も果たします。ダイニングのテーブルでは座ってしまうと動くのが億劫になってしまいますが、キッチンカウンターなら次の作業にもサッと向かうことができます。

調理中のお母さんが子どもと会話するときも、キッチンカウンターがあればおやつを食べながら学校の出来事を話したり、コミュニケーションの場としても使えます。

役割④収納

キッチンカウンターをDIYするときに、カラーボックスなどを利用すれば収納スペースとして活用できます。特にキッチンカウンターDIYでは収納目的で手作りする方も少なくありません。元々狭いキッチンに設置する場合は収納スペースがあれば邪魔にならず、本棚やおもちゃなど散らかりやすいアイテムを片付ける場所としても有効です。

キッチンカウンターに食器を収納すれば食器棚も不要、趣味の小物などを置くことで見せる収納としてもおすすめです。DIYやアレンジ次第では材料費のコストダウンをしつつ、まるでデザイナーズ住宅のようなおしゃれな収納スペースにすることも可能です。

役割⑤家電置き

最近では便利な家電も増えて愛用する方も多いですが、悩みのタネとなるのが家電置き場です。そこでキッチンカウンターに家電を置いてスッキリ使いやすくしてみましょう。ミキサーやフードプロセッサー、ホームベーカリーなどを、キッチンカウンターに置くことで使いたいときにすぐに取り出すことができます。

床下収納などに家電を仕舞う方も多いですが、出すのが面倒になって結局使わなくなった、という話も少なくありません。自分が良く利用する家電をキッチンカウンターに置いて、作業効率をアップさせましょう。

また、炊飯ジャーや電気ポットなど、蒸気が上がるタイプの家電を置くときはスライド式のテーブルを設置すると便利です。家電置きにする場合は耐荷重に注意しましょう。

キッチンカウンター収納の種類

キッチンカウンター収納をする場合、収納アイテムや目的によって3つの種類に分類することができます。どのタイプが使いやすいかは使用する方によって異なるので、自分に合ったものを選びましょう。また、どういった用途でキッチンカウンター収納を使うかによっても、それぞれにメリット・デメリットがあります。

種類①オープンタイプ

キッチンカウンター収納のオープンタイプは、まさに見せる収納です。趣味の小物や本を収納する場合はこちらのタイプをおすすめします。オープンタイプのメリットは圧迫感がなく、DIYする場合では扉などをつける必要がないので、初期費用を減らせることです。

収納箇所が見えるため、さまざまなレイアウトを楽しむこともでき、見えるからこそきれいに片付ける習慣がつきます。また、フルオープンされていることで、収納したものが出し入れしやすくなるメリットもあります。

種類②セミオープンタイプ

セミオープンタイプはオープンタイプと比べて見える場所と見えない場所を作ります。キッチンカウンター収納の1部分だけを見せる収納にしたいときに便利です。本や飾り、おしゃれな家電など見せたいものはオープンスペースに、あまり使わないような家電、食器類は扉やロールカーテンなどで目隠しすると良いでしょう。

収納スペースが3箇所に仕切られているなら中央部分だけオープンスペースにする、利用頻度に合わせて目隠しするなど、アイデア次第でカスタマイズもいろいろできます。

種類③クローズドタイプ

オープンタイプの真逆になるクローズドタイプは、収納スペースを完全に隠してしまうタイプです。多少乱雑に収納しても見えず、急な来客でもサッと片付けができるのでストレスになりません。掃除や収納が苦手な方はクローズドタイプが合っているのではないでしょうか。

クローズドタイプにすることで、ホコリが入りにくいため、食器類を収納する場合にもおすすめできます。扉があることで散らかりやすい、圧迫感があるデメリットがありますが、その場合は透明感のある素材、ガラスやプラスチックで中身が見える扉をつけても良いでしょう。扉があることで出し入れしにくいなら布を使うことで使いやすくなります。

キッチンカウンター収納DIYのアイデア動画

キッチンカウンターの種類や役割が決まったけれど、どんなふうにキッチンカウンター収納をDIYすればいいのか、アイデア動画を参考にしてみましょう。DIY初心者でも簡単にできる動画ばかりなので、キッチンカウンター収納をDIYするときなどにチェックしてみてください。

アイデア①【接着剤】でキッチンカウンター収納DIY

こちらの動画では釘やネジ、ドライバーなどを使わず、カラーボックスと接着剤のみでキッチンカウンター収納をDIYしています。DIY初心者や手作りが苦手な方でも簡単にできるので参考にしてみてください。

シンプルなものが好みの場合はカラーボックスのままでもいいですが、デザイン性をアップするためにブリックタイルやリメイクシートを貼ってリメイクするのもおすすめです。リメイクシートは100均でも手軽に購入でき使い方も簡単、種類が豊富にあるのでインテリアに合うものを選んで使うことができます。

アイデア②【メタルラック】でキッチンカウンター収納DIY

男前インテリアでも人気のメタルラックを使ったキッチンカウンター収納DIYもあります。メタルラックはパーツごとに販売されているので、デッドスペースの有効活用にもおすすめです。オーブンレンジなどの家電を置く場合にはサイズに注意してください。

高さを調整すれば炊飯ジャーや電気ポットなど、蒸気の上がる家電を置くこともできます。メタルラックはオープン収納に最適で開放感のある収納ができます。あまり見せたくないものはカゴなどを使うのもおすすめです。こちらも釘やネジ、工具などを使う必要がないので、キッチンカウンターを簡単に手作りできます。

アイデア③【OSBボード】でカウンターキッチン収納DIY

安価で汎用性が高く、DIYでも良く使われるOSBボードを使ったキッチンカウンターは、ナチュラル感のあるデザインなので手軽におしゃれなキッチンカウンターができます。収納スペースにはカラーボックスを使って、好みに合わせてオープンタイプやセミオープン、クローズドタイプにすることも可能です。

材料となる木材やOSBボードは、ホームセンターで購入するときにカットしてもらうと便利です。キッチンカウンター収納をDIYする場合は、OSBボードは内装用を選ぶようにして、厚みの種類は複数ありますが、DIYで使用するなら12mmが扱いやすく耐久性もそれなりにあります。

アイデア④【有孔ボード】でキッチンカウンター収納DIY

こちらの動画ではカラーボックスと有孔ボードを使ったキッチンカウンター収納をDIYしています。作り方はOSBボードと同じですが、有孔ボードを使うことで側面に専用フックを取り付けることができるようになります。

カラーボックスをキッチン側にすれば扉をつけなくても収納スペースが見えません。有孔ボードは既存のキッチンカウンターに取り付けて使うこともできます。

専用フックや棚を利用すればディスプレイ収納でおしゃれなキッチン収納になります。有孔ボードはカラーバリエーション豊富なので、キッチンに合わせて色を選ぶ楽しさもあります。

参考にしたいキッチンカウンターの収納術

キッチンカウンター収納のDIYアイデアを動画で確認したあとは、参考にしたいおすすめの収納術をチェックしてみましょう。目隠し収納の仕方から背面の活用方法など、誰でも手軽にできる収納術があります。オープンタイプやクローズドタイプなど、キッチンカウンターの種類に合わせてさまざまな収納方法を紹介します。

収納術①ディアウォールで簡単棚収納

DIYの便利アイテムとして頻繁に使われるディアウォールを使うことで、天井や床、キッチンカウンターの天板にキズを付けずに収納スペースを増やすことができます。ディアウォールは2×4材にぴったりフィットするグッズで、DIYでは壁面収納や飾り棚などに用いられます。

特に既存のキッチンカウンターの場合は収納スペースが決まっているので、もう少し物を置きたいというときにはディアウォールが便利です。キッチンカウンターの天板部分から、天井にディアウォールを設置して、収納したいものに合わせた高さの棚を設置すればOKです。

最近ではディアウォール専用の棚受けもあるので、上手く利用するといいでしょう。ディアウォールで作った収納棚はスパイスやパスタ、オイル、食器類などをおしゃれにディスプレイ収納できます。対面式のキッチンカウンターの場合はディアウォールの収納棚がちょっとした目隠しの役割も果たします。

収納術②ボックスを使った目隠し収納

キッチンカウンター下のデッドスペースも収納場所として使うことができます。カラーボックスを使ったDIYでは中央部分にデッドスペースができてしまうので、ボックスを使った目隠し収納にしてみましょう。

ボックスはキッチンのデザインやキッチンカウンターに合ったもの、布製やバスケットなどさまざまな素材から選択、あとは片付けたいものを入れて、そのままキッチンカウンターのデッドスペースに置くだけでOKです。本や普段使用しない土鍋、ミキサーやフードプロセッサーなどの重いものを収納する場合は、キャスター付きのボックスを使うことで、出し入れが簡単にできます。

使用するボックスの種類を統一すれば、目隠し収納でもスッキリとした印象になります。キッチンカウンターの下は意外と収納力があるので、せっかくのスペースを有効活用しましょう。

収納術③背面ブックシェルフ収納

対面のキッチンカウンターは背面をブックシェルフにしてしまう収納もおすすめです。既存のキッチンカウンターでもDIYで手作りしたもの、どちらにでもブックシェルフ収納が作れます。キッチンカウンターの背面に、1×4材や2×4材を使って枠を縁取るように取り付けます。

取り付けた木枠にアイアンバーなどを渡して滑り止めを作ればブックシェルフの完成です。アイアンバーの代わりに木の丸棒を使うことで、温かみのあるナチュラルデザインになります。

子どもの絵本などを収納するなら木の丸棒のほうが良いでしょう。背面ブックシェルフは、ディアウォールを使ってDIYする方法もあります。キッチンカウンターの下は低いので、子ども用のブックシェルフにもぴったりです。

キッチンカウンターをおしゃれに手作りしてみよう

収納スペースや調理の際の作業台に便利なキッチンカウンターは、後付けでDIYすることも可能です。DIY初心者にも作りやすく、簡単なアイデアもたくさんあります。オープンタイプやセミオープン、クローズドタイプなど、ニーズに合わせた収納術があるだけでなく、デザイン性の高いおしゃれなキッチンカウンターをDIYで手作りしてみましょう。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。