引用:Photo-AC

【2021年】高性能でコスパがいいMP3プレイヤー10選を徹底紹介!

スマートフォンで音楽を聴けるサービスはたくさんありますが、今でもMP3プレイヤーには高音質なハイレゾ音源対応のモデル、Bluetoothの無線接続モデルなどがラインナップしています。今回は、そんなMP3プレイヤーの中からおすすめできるモデルを紹介していきます。

そもそもMP3プレイヤーとは?

引用:Pixabay

まずMP3プレイヤーというのは、MP3の形式で保存された音声データを再生するためのデバイスになります。音楽を保存して再生するのみのシンプルなモデルから、Bluetooth無線接続、ハイレゾ音源再生が可能なモデルなど、豊富なラインナップがあります。

音楽を聴くだけであればスマートフォンでもイヤホンを使えば十分に可能ですが、MP3は音楽データ再生を専門に行うデバイスである為に、より高音質な音楽再生を実現でき、データ容量も音楽のみに使えますので、沢山のデータを保存してすぐに聴けます。

MP3プレイヤーの上手な選び方

引用:Pixabay

以上、MP3プレイヤーがどんなデバイスなのかについて、簡単にではありますが特徴などを解説しました。スマートフォンの普及した現在ですから、あまり触れる機会も無いかもしれません。続いて、MP3プレイヤーの選び方を紹介します。

選び方①容量

引用:Pixabay

まず1つは、プレイヤー自体の容量です。先に述べた通り、スマートフォンの場合はアプリ等の容量も気にしなければなりませんが、MP3プレイヤーなら音楽のみを入れる為、比較的沢山の音楽データを入れられます。

目安としては、16GBで3300曲ほど、64GBで15000曲ほどを保存できるとされています。MP3形式は比較的データの容量は少なめにはなりますが、高音質なハイレゾ音源等だと1曲ずつの容量も大きくなりますので、その場合は余裕のある容量のモデルを選ぶと良いでしょう。

選び方②音質

引用:Pixabay

続いて、音質についてです。音楽を聴くために利用するのですから当然ながら大切な基準になりますが、もし音質にしっかりとこだわりたいのであれば、CD音源等よりも原音に近い音質で楽しめるハイレゾ音源対応モデルを選ぶことをお勧めします。

高音質さを売りにしているモデルの中にも、MP3など圧縮された音源をハイレゾ音源相当へ変換して聴ける「DSEE HX」という機能が搭載されていたりもします。また、周囲の音を気にしたくないのならばノイズキャンセリング機能などがあると便利です。

選び方③Bluetooth機能の有無

引用:Pixabay

3つ目は、Bluetooth機能が搭載されているか否かです。近頃はイヤホンにBluetoothのワイヤレス接続タイプのモデルを使っている方も珍しくはないでしょうが、そうしたイヤホンを使うのならば、プレイヤー側がBluetooth対応かを見ておきましょう。

使う際にイヤホンとの同期を行えば、次回充電から取り出した時に自動的に接続してくれるなど便利に使えます。また、イヤホンのみならずBluetoothを利用するスピーカーを使えばMP3プレイヤーの音楽を複数人で聴くことも可能になります。

高性能でコスパがいいMP3プレイヤー10選

引用:Pixabay
スマートフォンが普及した現在でも、高音質な音楽を聴くためにMP3プレイヤーを利用するという選択肢も十分正解だといえます。ここからは、本題であるお勧めのMP3プレイヤーのモデルを10点ご紹介していきます。

おすすめMP3プレイヤー①ソニー ウォークマン Sシリーズ 4GB NW-S313

ソニー ウォークマン Sシリーズ 4GB NW-S313
ソニー ウォークマン Sシリーズ 4GB NW-S313

約53gのコンパクトボディでスタミナたっぷり52時間の長時間バッテリー
周囲の騒音をカット。デジタルノイズキャンセリング機能搭載

まず1点目は、ソニーのウォークマンSシリーズになります。1.77インチのカラー液晶ディスプレイに「カスタムイコライザー」で音楽の音質を微細調整出来、周辺の騒音をカットしてくれるデジタルノイズキャンセリング機能などを備えています。

その他、音楽データ内の任意の地点を自分で指定して繰り返しの再生ができる「A-Bリピート再生」など語学学習等に便利な機能や、「Content Transfer for Mac」でMacからのデータ転送も可能など様々な便利機能を活用できます。

おすすめMP3プレイヤー②グリーンハウス kana DB GH-KANADB8-BK

グリーンハウス kana DB GH-KANADB8-BK
グリーンハウス kana DB GH-KANADB8-BK

ディスプレイ:1.3型液晶パネル
乾電池:別売
内蔵メモリー容量:8GB

続いて2点目はグリーンハウスのMP3プレイヤーのご紹介になります。1点目に紹介したウォークマンのスタイリングとは全く異なったプレイヤーであり、どこでも聴けるFMラジオ、ボイスレコーダー機能など多彩な使い方が可能です。

再生可能なオーディオ形式はMP3以外にもWMAにも対応しており、内蔵されているメモリーは8GBで2000曲ほどのデータを保存しておけます。本体価格が3000円以下から購入できるリーズナブルさで手軽に使えるMP3プレイヤーと言えます。

おすすめMP3プレイヤー③ソニー ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ NW-WS413

ニー ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ NW-WS413
ニー ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ NW-WS413

容量:4GB
再生:音楽
防水対応:IPX5/IPX8 (JIS C 0920 防水保護等級) 相当

3点目もソニー製のウォークマンシリーズの1台です。1点目がいわゆるオーソドックスなタイプのウォークマンであったのに対し、こちらはヘッドホンとの一体型となっており、本体操作は耳に付けるヘッドホン部分で行う方式です。

IPX8/5の防水機能、水深2mまで耐えられ、不意に濡らしてしまった時にも水泳用のイヤーピースを取り付けての水中再生も可能にします。外音取り込み機能で音楽を聴きつつ外の必要な音も聞こえますし、連続12時間再生ができます。

おすすめMP3プレイヤー④audio-technica SONICSPORT ATH-SPORT90BT GNV

audio-technica SONICSPORT ATH-SPORT90BT GNV
audio-technica SONICSPORT ATH-SPORT90BT GNV

スマートフォンが手元になくてもヘッドホンだけで音楽が聴ける4GBプレーヤー機能
音楽プレーヤーモードで最大約8時間、Bluetooth通信モードで最大約5時間連続再生

オーディオテクニカのおすすめモデルも、ソニーのヘッドホン一体型と同様、イヤホンに同化しているタイプのMP3プレイヤーです。IPX5の防水規格で雨等に濡れても問題なく、耳もとのインラインコントローラーで操作ができるなど見た目はワイヤレスイヤホンに近いです。

Bluetoothでの接続に対応しており、音声通話が可能なハンズフリー通話機能と併せて、パソコンなどと接続すればウェブ会議などにも利用できます。内蔵メモリは4GBで1000曲ほどを保存でき、フル充電で8時間連続して使えます。

おすすめMP3プレイヤー⑤Victure Bluetooth4.1 M5X

Victure Bluetooth4.1 M5X
Victure Bluetooth4.1 M5X

「BLUETOOTH機能」 Victure MP3プレーヤーは、ワイヤレスモードと有線モードの両方で動作できます。

ヴィクチャーのBluetooth4.1対応ワイヤレス接続ができるMP3プレイヤーです。キーパッドロックでポケットに本体を入れた際にロックボタンを押しておけば誤操作を防げ、録音や電子ブック、A-B間リピートなど多彩な機能を備えています。

サポートされているオーディオ形式はMP3 の他にWAV、APE、 FLAC、WMAと様々対応しており、内蔵されているメモリが16GBと1万曲以上を余裕で保存しておける大容量さです。価格が4000円を切っているリーズナブルさも魅力の1つと言えるでしょう。

おすすめMP3プレイヤー⑥ソニー ウォークマン 16GB Aシリーズ NW-A105

ソニー ウォークマン 16GB Aシリーズ NW-A105
ソニー ウォークマン 16GB Aシリーズ NW-A105

Youtubeなどのストリーミング視聴も、本体に保存した音楽もハイレゾ級高音質で楽しめる ストリーミングウォークマン

6点目もソニーのウォークマンシリーズのご紹介になります。「DSEE HX」機能は本体にAIを搭載しており、これが再生される楽曲のタイプを自動的に分析、音源をハイレゾなどへとアップスケーリングしてくれる便利なシステムです。

これにより、ダウンロードされた楽曲、CD音源はもちろんの事、YouTubeやapplemusicなどのストリーミングサービスで音楽を聴く際にも、高音質で楽しめます。MP3の他AACとDSDにも対応し、androidスマホ限定ですが好みの音質設定も行えます。

おすすめMP3プレイヤー⑦フィーオ M5 ブラック FIO-M5-B ハイレゾ対応

フィーオ M5 ブラック FIO-M5-B ハイレゾ対応
フィーオ M5 ブラック FIO-M5-B ハイレゾ対応

DACチップに「AK4377」を搭載
384kHz/24bitまでのPCM(32bitファイルは24bitに変換再生)

ハイレゾ対応となると効果になるけれど、コスパに優れるプレイヤーが使いたい方にお勧めのフィーオのMP3プレイヤーです。「AK4377」は歪みやノイズを抑える高性能チップで、AACやaptXなど多数の形式にも対応しています。

音声通話をストレスなく行えるノイズキャンセリング機能、歩きながら使えば歩数と消費されたカロリー量の計算ができるステップカウンターなども備わっており、1万円台でできる最大限のパフォーマンスをしてくれます。

おすすめMP3プレイヤー⑧ソニー ウォークマン 64GB ZXシリーズ NW-ZX507

ソニー ウォークマン 64GB ZXシリーズ NW-ZX507
ソニー ウォークマン 64GB ZXシリーズ NW-ZX507

あらゆる音楽をハイレゾ級高音質にアップスケーリングする「DSEE HX」搭載
左右の音を完全に分離するバランス出力に対応 接続安定性の高いΦ4.4mmバランス接続を採用

こちらもウォークマンシリーズの1機です。フルデジタルアンプや「DSEE HX」などを備えた高性能モデルであり、価格相応に最近技術がたくさん盛り込まれています。Google Playストアにも対応し、アプリ等もこれ1台で利用可能です。

おすすめMP3プレイヤー⑨iBasso Audio DX220 デジタルオーディオプレイヤー

iBasso Audio DX220 デジタルオーディオプレイヤー
iBasso Audio DX220 デジタルオーディオプレイヤー

OS Android 8.1 New Mango native sound OS
DAC ESS 9028PRO×2
CPU / RAM 8コア/4GB LPDDR

ハイレゾ音源対応のAndroid 8.1をOSに使用したハイエンドプレイヤーです。8つのコアを持つオクタコアCPUなどが全くストレスの無い動作を可能にしており、MQAやAPE、FLACなど多彩なコーデックにも対応する高性能モデルです。

おすすめMP3プレイヤー⑩カイン N6ii DAP/E01

カイン N6ii DAP/E01
カイン N6ii DAP/E01

ポータブルとして伝説的なPCM1792A DACの究極のデザイン
PCM1792A DACを2基搭載の完全作動アンプデザイン

最後の10点目はカインのMP3プレイヤーです。140dBの迫力あるレンジを発揮できる「ESS ES9038PRO」や「DAOモード」による簡単な切り替え、android8.1も搭載されGoogleplayからのアプリ利用もできるプレイヤーとなっています。

人気のMP3プレイヤーを手に入れよう

引用:Pixabay

高音質で音楽を楽しみたいのであれば、スマホよりもMP3プレイヤーを活用するほうがおすすめですし、沢山の音楽を保存できます。気に入ったモデルがあればぜひ使ってみて下さい。

その他の関連記事はこちら

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。