引用:Photo-AC

記事作成日:

【最新】人気メーカーのおすすめハンディクリーナー14選を厳選紹介!

広告

持ち手の部分が短く、コンパクトに設計されており手軽に室内の掃除を行えるハンディクリーナーは非常に便利な掃除器具です。コードレスタイプのモデルなら、場所を問わずに使えるなど利便性も一般的な掃除機に勝ります。今回は、その中から推奨できる人気メーカー製の機種を紹介します。

そもそもハンディクリーナーとは?

引用:flickr

掃除をしたいのはやまやまだけれど、掃除機を動かすのも面倒。そう感じてしまわれる時には、ハンディクリーナーを利用すると便利です。まずは、ハンディクリーナーがどのような活用が可能なアイテムかを解説しましょう。

ハンディクリーナーとは

引用:flickr

ハンディクリーナーは、簡単に言えば、片手でも取り扱いができるコンパクトサイズの掃除機です。持ち手の部分が短縮して設計されており、本体も軽量なので片手でも簡単に操作することが可能です。

主な用途としては、室内を部分的にサッと掃除をしたり、車の車内など掃除機を簡単に使えない箇所等で用いられることが多いです。アタッチメントを切り替える事で多様な使い方ができるなど、優れた機能を持つモデルもあります。

ハンディクリーナーのメリットとデメリット

引用:flickr

そんなハンディクリーナーの持つ利点と言えば、やはり片手で利用できる手軽でコンパクトなサイズ感でしょう。コードレスタイプであればコンセントにつなぐ等の手間もなく、省スペース設計なので収納場所にも困りません。

対してデメリットを挙げるとすれば、サイズゆえの出力でしょう。小型設計の為どうしても出力は低くなりがちで、一般的な掃除機と比較すると吸引力には差が出てしまいます。ただ、最近のモデルには高出力を売りにしている機種もあります。

ハンディクリーナーを選ぶときのポイント

引用:flickr

一口にハンディクリーナーと言っても、集塵を行う方式、掃除機として肝心な吸引能力、コードの有無などが関係し、使い勝手もそれぞれで異なっています。その中で、適したモデルを選択するためのポイントを解説しましょう。

選び方①吸引力

引用:flickr

まずは、吸引力です。ゴミを吸い寄せる為の機器である事は掃除機と同じですから、やはり吸引力は重要です。ただ、デメリットで解説した通り一般的な掃除機と比べると劣りがちです。吸引仕事率という項目で数値化がされています。

W(ワット)で表示されており、この数値が大きければ、それだけ吸引性能も高いと考えてもらって間違いはありません。コードの無いコードレスタイプよりも、コード付きのモデルの方が数値は高い傾向にあります。

選び方②コードの有無

引用:flickr

続いて、コードがあるか否かです。ハンディクリーナーは片手で使える手軽さが大きな魅力ですから、コードレスタイプの機種であればそれに輪をかけて使い勝手が良くなります。掃除のしにくかった場所でも、容易に届かせられます。

対してコード付きのモデルの場合には、やはりコードがある分使える範囲に制限が設けられる訳ですから、使い勝手の面ではコードレスに譲るところはあります。但し、ダイレクトに供給がされる分吸引力では軍配が上がります

選び方③重さ

引用:flickr

本体の重さも重要です。ハンディクリーナーを活用するような場面というのは、通常の掃除機では届かせにくいような場所が多くを占める事でしょう。持ち上げて使う際には、片手で操作できるくらいがストレスが無いでしょう。

その為、重さとしては1.5㎏よりも下の重量であれば、片手で持っても十分に操作可能な範囲と言えます。人気が高い機種も、本体重量は0.7㎏から1.5㎏の間に収まっていますので、目安として考慮しておけると良いでしょう。

選び方④音の静かさ

引用:flickr

もう1つ、稼働する際の静音性も確認しておくべきでしょう。マンション等やお子さんがいるなどの環境で使う場合には特に音の大きさは気になるところでしょうが、デシベルで表される音の強さを参考にしてみましょう。

目安としては、70デシベルで街頭や掃除機の音レベル、60デシベルは普通の会話程度、50デシベルだと家庭用のエアコンなどと同等で、40デシベルは図書館内の音程になりますから、6~70デシベル以下で絞ってみましょう。

人気メーカーのおすすめハンディクリーナー14選

引用:flickr

以上、ハンディクリーナーがどんなものなのか、そして選び方の基準についてをそれぞれ解説しました。ここからは、本題である人気メーカー製のおすすめ機種を14点紹介していきます。

おすすめ①Orage C33 コードレス 掃除機 スティック&ハンディクリーナー

Orage C33 コードレス 掃除機 スティック&ハンディクリーナー
Orage C33 コードレス 掃除機 スティック&ハンディクリーナー

おしゃれでスタイリッシュ!軽くて使いやすい!
最大約35分の長時間使用可能!ダストカップも丸洗いOK!

まず1点目は、オラージのコードレス式クリーナーになります。「C33」は同社のミドルモデルに位置する機種ですが、同社モデル比で285%アップの20000Paという高出力を発揮し、ごくわずかな粉塵も吸引してくれます。

使用の際はスティックとハンディの2WAYで使い分けが可能で、フロアヘッド部分にLEDライトを備えており、暗くて見えにくい部分も可視化してくれます。リチウム式の電池は標準の場合、最長で35分間の連続稼働ができます。

おすすめ②Hikeren 小型掃除機 ハンドバキューム

Hikeren 小型掃除機 ハンドバキューム
Hikeren 小型掃除機 ハンドバキューム

7000PA 強力吸引ハンド掃除機
長寿命 & 急速充電

続いては小型のハンドバキュームと呼ばれる機種になります。内蔵されているフィルターが「HEPA」フィルターと呼ばれる、わずか0.3㎛以下の微細な粒子も吸い取ることができる高性能なもので、長期間使い続けられます。

乾湿両用仕様の為に、埃等を吸い取る一般的な用途に限らず、液体を掃除する使い方にも対応しています。アタッチメントが合計3種付属しており、カーペットの上や細くて手が届きにくい場所など細かな範囲をカバーできます。

おすすめ③Orage C20 pro コードレス 掃除機 スティック&ハンディクリーナー

Orage C20 pro コードレス 掃除機 スティック&ハンディクリーナー
Orage C20 pro コードレス 掃除機 スティック&ハンディクリーナー

おしゃれでスタイリッシュ!軽くて使いやすい!LEDライト付きヘッド(2019/12発送分より)
最大約35分の長時間使用可能!ダストカップも丸洗いOK!

3点目もオラージのコードレス式2WAYクリーナーです。従来モデルである「C20」と比較して7割以上も吸引性能が向上し、12000Paの吸引力で粉微塵の様な微細なごみでもパワフルに吸引してくれる一台です。

こちらも1点目と同様、標準のパワーでの稼働時間は連続で最大35分、吸引力が2倍になる「強」の状態では18分間稼働します。スティックで掃除機のように使う事も、ハンディ仕様で手軽な掃除に使う事も出来ます。

おすすめ④UENO-mono ハンディクリーナー コードレス

UENO-mono ハンディクリーナー コードレス
UENO-mono ハンディクリーナー コードレス

強力で軽いハンディ掃除機
ステンレスフィルターの充電式掃除機

UENO-monoのコンパクトなバッテリー式クリーナーのご紹介になります。フィルターにはメンテナンス性と耐久力の双方が優秀なステンレスタイプを採用、内部でゴミの目詰まり等も起こしにくくストレスフリーで使い続けられます。

こちらも乾湿両用タイプですので、液体系の汚れにも対応するなど汎用性高く活用できます。使い勝手を向上する3種類の取り換え可能なノズル、専用の収納バッグや逆流防止弁の予備等が付属し、5千円台のコスパに優れるモデルと言えます。

おすすめ⑤dyson ダイソン V6 コードレスハンディクリーナー HH08MHPT

dyson ダイソン V6 コードレスハンディクリーナー HH08MHPT
dyson ダイソン V6 コードレスハンディクリーナー HH08MHPT

重さ:2750 グラム

掃除機と言えば外せないのが、ダイソンのコードレスモデルです。付属している様々なツールの中の1つである「ミニモーターヘッド」は車内の掃除やペットの毛、布団クリーニングなどにも活用でき、花粉などの微粒子も吸い込めます。

その他、先端の細かいブラシによってデリケートな箇所でも使えるコンビネーションノズル、サッシの溝等隙間に使える隙間ノズル、コンクリートなどの硬い地面で活躍するハードブラシや、反対にキーボード上等に便利なミニソフトブラシが付属します。

おすすめ⑥マキタ コードレス掃除機 CL107

マキタ コードレス掃除機 CL107
マキタ コードレス掃除機 CL107

本機寸法:長さ960×幅112×高さ150mm(パイプ・ノズル付)
質量:1.1kg(バッテリ含む/ノズル・パイプ除く)

スマートなスタイリングのコードを使用しない機種になります。本体重量1.1㎏と軽量で、紙パック式なのでゴミ捨てに際してもボタン1つタッチするだけでカバーを開閉して行えます。1万円台と、お求めやすい価格帯です。

標準、強、そしてパワフルという3段階の吸引力を選択できるのが特徴であり、最大のパワフルモードでは32Wで力強く吸引してくれます。使用時は床面に密着して浮きませんので、ソファー下などの醜い箇所でも扱いやすいです。

おすすめ⑦ダイソン V7 Trigger HH11MH

ダイソン V7 Trigger HH11MH
ダイソン V7 Trigger HH11MH

サイズ: 144 x 404 x 206mm (モーターヘッド、バッテリー含む)
メーカー保証:2年

7点目もダイソンのV7トリガーのご紹介です。同社が持つ特許技術である「ダイソンデジタルモーターV7」を搭載したモデルで、毎分に最大11万回という回転数から強烈な吸引力が発揮されます。

従来のV6モデルより静音性を確保しており、かつパワフルな吸引力は最大30分間持続してくれます。ナイロンを素材に使用したミニモーターヘッドは、ベッドのマットレス、車内のトランク等の繊維の間に挟まった細かいゴミも吸収します。

おすすめ⑧ツインバード コードレスハンディークリーナー サットリップ

ツインバード コードレスハンディークリーナー サットリップ
ツインバード コードレスハンディークリーナー サットリップ

電源コード長:約1.2m
運転音:約75dB以下

コンパクト設計で本体重量650gの軽量なハンディクリーナーです。本体を垂直に立てた状態のまま置いておくことも可能ですし、充電をする際にはその状態でACアダプターを使って給電するのみ、フィルターなどは水洗いで手入れも簡単です。

ニカド電池を使用する本モデルは、8時間の充電で連続10分間の使用が可能と、他モデルと比較すると使用時間については短くはありますが、1㎏を切る軽量さも相まって手短に素早く掃除をしたい時などにはもってこいでしょう。

おすすめ⑨マキタ コードレス掃除機 CL181

マキタ コードレス掃除機 CL181
マキタ コードレス掃除機 CL181

本機寸法(mm):999×114×152((パイプ、ノズル付)
質量:1.4kg

マキタの充電式クリーナーを紹介しましょう。コードの無い充電式の掃除機というのは、直接給電をしながらではありませんので、内蔵されるバッテリーでどの程度持たせられるのか、どうしても充電に要する時間が気になるでしょう。

その点、本モデルは優れており、標準で40分間と長いため、毎週1回のフル充電で週に4日間の使用が出来るほどです。一度のフル充電に要する時間も22分と非常に短くなっていますのでおすすめできます。

また、再利用が可能なメッシュのゴミパックが付属しており、ゴミが零れ落ちるのを防ぐゴミストッパー付き、捨てる際はカプセルをひねって外すだけで完了します。ヘッド部分にはLEDライトもあり、見えにくい場所もお手の物です。

おすすめ⑩Angma ハンディクリーナー コードレス

Angma ハンディクリーナー コードレス
Angma ハンディクリーナー コードレス

スリム&コンパクト&モード切替
軽量&便利&動力抜群

Angmaのスリムスタイルの一台になります。細長いスタイリッシュなデザインは長時間使用しても疲れを感じさせる事は無く、本体重量が0.5㎏と非常に軽量でありながら120Wの高出力を発揮するパワフルなモデルです。

標準とパワフルの2段階のモードで調整出来、吸引力は9500~11000paと、スリムな外見とは裏腹に力強く細かな粒子を吸い込んでくれます。吸引口には逆流防止弁も設けられており、吸い込んだごみの逆流を防ぎます。

乾湿両用の機種である為、液体の汚れにも対応してくれます。取り換え可能なノズルが付属しており、隙間小ブラシはじゅうたんや吹き出し、PCのキーボードなど柔らかく凹凸のある場所に適し、平たく長いノズルは隙間の奥まで届きます。

おすすめ⑪エレクトロラックス ラピード・リチウム ウェットアンドドライ

エレクトロラックス ラピード・リチウム ウェットアンドドライ
エレクトロラックス ラピード・リチウム ウェットアンドドライ

エレクトロラックスの乾湿両方に対応する一台です。キッチン、風呂場、洗面所等の水回りと言われる場所は思っている以上に汚れが溜まりがちですが、液体汚れも吸収できる本モデルは結露等もまとめて掃除可能です。

吸い込み口の下部分に小型のフロントローラーが付属しており、実際の掃除の際にはこのローラーのおかげで滑らかに動かして家具等も傷つけにくくしているほか、テーブル上などに使った際にもテーブルクロスを巻き込まずに済みます。

マルチアングル充電ステーションによって、置く場所によって角度を5段階で調節可能、隙間用のノズルが付属していますので、車内のシートの間等にも使えます。紙パックレスで0.5リットルのダストボックスを採用しています。

おすすめ⑫FUKAI 充電池式ウエット&ドライハンディクリーナー

FUKAI 充電池式ウエット&ドライハンディクリーナー
FUKAI 充電池式ウエット&ドライハンディクリーナー

サイズ:36.3×10.5×11.2cm
本体重量:580g

リーズナブルさに優れるFUKAIの充電式ハンディクリーナーです。ウェット&ドライという事で吸水用のノズルが付属、こちらも濡れている箇所にも利用でき、集塵容量が480ml、液体を50mlまでそれぞれ溜めておけます。

先に紹介した給水ノズルの他にも、ブラシノズル、隙間のノズルが付属し、サッシの溝、じゅうたんなどの幅広い箇所の掃除にこれ一台で対応させられます。本体価格も1,500円程度と非常にお求めやすい価格帯になっています。

おすすめ⑬山善 ハンディクリーナー コードレス

山善 ハンディクリーナー コードレス
山善 ハンディクリーナー コードレス

本体サイズ:幅8.5×奥行20×高さ11cm
ハンディクリーナー 電池式 コンパクト
電源:単三アルカリ乾電池×4本(乾電池別売)
連続使用時間:35分

山善のハンディコードレスクリーナーです。サイズは8.5×20×11cm、重量が290gという非常に軽くてコンパクトサイズな一台で、充電でのバッテリー駆動では無く、単三アルカリ乾電池4本使用、連続使用は35分まで可能です。

電源が確保できない場合であっても、乾電池を使用する本モデルであれば屋外などでも簡単に利用できるでしょう。紙パックレスのダストケース仕様ですのでゴミ捨ての際も簡単にできますし、ランニングコストも低く済みます。

おすすめ⑭ツインバード ハンディークリーナー ハンディージェットサイクロンEX

ツインバード ハンディークリーナー ハンディージェットサイクロンEX
ツインバード ハンディークリーナー ハンディージェットサイクロンEX

製品サイズ:140×295×230mm
本体質量:1.9Kg

ラスト14点目は、ツインバードのジェットサイクロンEXになります。こちらはコード付きの掃除機であり、180Wの強力な吸引力を発揮できます。付属の延長ノズルを取り付けて、スティックスタイルのクリーナーにもできます。

フロアブラシ、隙間用ノズル、ソフトブラシと先に挙げた延長ノズルの4種のアタッチメントがあり、活用の幅は広くなります。ダストケースはアウターフィルター、プリーツフィルター共に取り外して丸洗いも可能です。

自分に合ったハンディクリーナーを見つけよう

引用:flickr

一般的な掃除機だと手の届きにくい場所であっても、ハンディクリーナーであれば楽に隅々まで掃除ができますし、各種アタッチメントで場所を問う事無く使えます。ぜひ便利なハンディクリーナーを使ってみて下さい。

その他の関連記事はこちら

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。