引用:東芝

記事作成日:

【2021】人気メーカーのおすすめホームシアター&スピーカー14選を徹底紹介!

自宅でもまるで映画館のような迫力の映像・音楽を楽しみたいのなら、ホームシアターを導入しましょう。大画面スクリーンに臨場感あふれるサラウンドがプラスされれば、家にいながら最高のエンターテイメントを楽しめるはずです。

ここでは最新のおすすめのホームシアターや、スピーカーについてご紹介しています。ホームシアターがあるだけで娯楽の選択肢が更に増えるので、是非チェックしてみて下さい。

ホームシアターとは?

ホームシアターとは一体何なのか、ここではその概念について知ってみましょう。ホームシアターとは簡単に言うと、プロジェクターやTVを活用しながら、大画面で大迫力の動画、映像、音声、サラウンドを映し出す娯楽家電です。

イメージとしては映画館が1番近いのではないでしょうか。映画館の楽しさをご自宅でゆっくり楽しめたり、友達を呼んで仲良く談笑しながら楽しむなど、ご自宅だからこそできる楽しみ方があります。笑うのも良し、泣くのも良しと、自由度が高いのも魅力です。

サラウンドを楽しむには?

今のTVや動画配信は、高音質なサラウンドに対応しているものがとても多いです。中にはステレオ放送もありますが、ホームシアターならすべてサラウンドに変えて音を楽しむことが可能となります。もちろんブルーレイやDVDの音声のクリア感も一切損なうことはないので、耳にリアルな音声が必ず届きます。

ホームシアターの種類

ここではホームシアターの種類や特徴について詳しく解説しています。ホームシアターについて詳しく知ることで更にエンターテイメントを楽しめるようになるので、ホームシアターを購入しようとしている方は必見です。

種類①マルチスピーカー

1つだけではなく複数のスピーカーをAVアンプを活用することでAV機器にリンクさせるのがマルチスピーカーの存在です。スピーカーの音量を変えたり位置を変えることもできるので、ご自身の1番好きな音の聞こえ方を楽しむことができます。

ただしスピーカーを複数設置するということもあり、狭い部屋に設置するのはあまり向いているとは言えません。少し広めのリビングルームなどに適しています。

種類②サウンドバー

サウンドバーは薄型のスピーカーで、TVの下に設置するのが一般的です。長さもそこまでなく、最大でも50cm程度と考えておきましょう。ちなみにサウンドバーにも種類があって、大きく分けてワンボディ型・2ボディ型の2パターンがあります。

ワンボディ型はケーブルで1つのサウンドバーを繋げるだけになりますが、2ボディ型は重低音に対応したサブウーハーとサウンドバーをセットにしたタイプで、より大迫力のサウンドが耳に届くようになります。リアル感が更にプラスされるようになりますので、音声の質を高めたい場合は2ボディ型がおすすめです。

種類③ボード

ボード型のサウンドバーならAVアンプと一体化しているということもあって、設置も簡単です。また場所を取らないコンパクトさも魅力で、どのご家庭でも取り入れやすくなっています。

ホームシアターの選び方

ここでは、より映像や音楽を楽しめるようなホームシアターの選び方をご紹介いたします。選ぶホームシアターによってはご自身が思っていたのと違ったり、使いにくかったりと不満点が出てくるはずなので、そういったマイナスな感情にならないためのポイントでもあります。ホームシアターを購入する時は一目で選ぶのではなく、十分考えた上で選びましょう。

スピーカーの選び方

ホームシアターのスピーカーは5.1ch、7.1chに分けられるので、音質にこだわる場合はここの数値にも注目してみましょう。「.1」はサブウーハーの数を示す数値なのですが、サブウーハーの数で地響きかのような重点音もリアルに再現できるはずです。

そしてサウンドバーは比較的リーズナブルな価格で販売されていることが多いので、気軽にご自宅のTVの音声をレベルアップさせることが可能となります。設置方法によっては左右だけではなく前後、天井など、全方面から迫力の音楽・音声が流れるようになるでしょう。

ちなみにホームシアターの出力は「W」で表記されます。映画館のような迫力さを追求したいのであれば、Wの数値が高いほどその可能性は高まります。

プロジェクター・テレビの選び方

最高のプロジェクターを選びたい方は、80インチ以上の表示に対応しているモデルのものをセレクトするようにしましょう。そして投影距離の確認も欠かせません。あまりにも近い場所から映し出さないといけない場合、映像のリアルさが半減してしまう可能性があるので注意して下さい。

ちなみにTVにホームシアターを導入するようになれば、お気に入りのTV番組だけではなくネット配信、衛生番組なども繊細な画質、音質で映し出すことができるようになります。TVの厚みもなく非常に薄い形状になっていますので、設置しても邪魔になりません。

ただし高額になってしまうため、なるべく予算を抑えたい方は液晶TVにする方が無難です。またスクリーンを導入する場合は、投影距離と映し出せる画面の大きさをチェックして下さい。素材もマットやパール、ビーズなども様々です。素材によって映像の質かんも変わってくるため、しっかりと確認しましょう。

人気メーカーのおすすめホームシアター【大画面テレビ】

ここでは大画面のTVのホームシアターをご紹介いたします。普段見るTV番組が更にリアルな映像として映し出してくれるようになるので、リラックスの時間がより楽しくなるはずです。

おすすめ①ソニー 65V型 ブラビア KJ-65X8000H

ソニー 65V型 液晶 テレビ ブラビア KJ-65X8000H
ソニー 65V型 液晶 テレビ ブラビア KJ-65X8000H

製品サイズ 34 x 146.2 x 90.5 cm;
質量(卓上スタンドを含む):31kg

『ソニー 65V型 ブラビア KJ-65X8000H』なら65インチの大画面で迫力の映像を堪能することができます。真正面から見る分は当然として、例え斜めからTVを見ても高画質な状態を常にキープしてくれるでしょう。

1つ1つの動きがなめらかでリアルなので、親近感を感じることもあるはずです。しかもTVだけではなくHuluやNETFLIXなどのサブスクにも対応しているため、本当に映画館にいるような感覚になれます。

おすすめ②東芝 65V型 REGZA 65M520X

東芝 65V型 LED液晶テレビ REGZA 65M520X
東芝 65V型 LED液晶テレビ REGZA 65M520X

外形寸法(幅×高さ×奥行):145.4×87.1×28.3cm
質量(卓上スタンドを含む):29.5kg

『東芝 65V型 REGZA 65M520X』にはBS・CSチューナーが内蔵しているため、より洗練されたクリアが画質を画面に映し出します。最新の高画質技術を採用していますので、今までにない美しい映像を楽しめるはずです。

またレグザパワーオーディオシステムを採用することで細かな音もしっかりキャッチして、耳にクリアなサウンドが届くようになります。

人気メーカーのおすすめホームシアター【プロジェクター】

ここではおすすめのプロジェクターをチェックしてみましょう。コンパクトなサイズ感のプロジェクターも多いので、どんなご家庭でも導入しやすいのではないでしょうか。

おすすめ③EPSON ホームプロジェクター EH-TW750

エプソン ドリーミオ ホームプロジェクター EH-TW750
エプソン ドリーミオ ホームプロジェクター EH-TW750

製品サイズ 24.9 x 30.2 x 8.7 cm
商品重量 2800 グラム

『EPSON ホームプロジェクター EH-TW750』を活用すれば、部屋を暗くしない状態でも躍動感のある映像を大画面で楽しむことができます。約2.3mの投写距離が必要になりますが、映し出した映像は今まで見てきた映像を更にクリア化した美しさがあります。

しかもTVや映画など、見たい映像によって4パターンで画質の明るさを変えることができるので、更に見やすい映像となるはずです。

おすすめ④popIn Aladdin2 プロジェクター付きシーリングライト

popIn Aladdin 2 ポップインアラジン
popIn Aladdin 2 ポップインアラジン

商品の寸法 幅 × 高さ 47.6 x 47.6 x 14.5 cm
商品の重量 4.9 kg

『popIn Aladdin2 プロジェクター付きシーリングライト』は天井に取り付けるタイプのプロジェクターです。しかもどなたでも設置しやすくなっていますので、機械操作が苦手な方でも大丈夫であり、インテリアの邪魔になりません。

そして証明と一体型になっているタイプでもあるので、10000通りの色の変化を楽しめるようになります。映像に合わせて照明も変えられるのであれば、ご自宅が新たなエンターテイメント施設になると言っても過言でないかもしれません。

おすすめ⑤QSKL プロジェクタースクリーン

QSKL プロジェクタースクリーン60インチ
QSKL プロジェクタースクリーン60インチ

サイズ 60インチ (16:9)
梱包サイズ 140.8 x 12.3 x 10.1 cm; 3.5 Kg

『QSKL プロジェクタースクリーン』を活用すれば正面、左右、斜めなど、広範囲に見やすい状態がキープされます。

自立式のプロジェクタースクリーンとなっていますので、ご自宅のリビングだけではなくオフィスシーンでも活躍するでしょう。設置方法も簡単なので、どなたでもすぐにその日からクリアでなめらかな映像を堪能できるようになります。

ホームシアターにおすすめのスピーカー【サウンドバー】

ホームシアターにおすすめなサウンドバーを厳選してご紹介いたします。クリアな音質、迫力の音質、リアル感のある音質をお求めの方は、サウンドバーを入念にチェックしてみましょう。

おすすめ⑥ソニー サウンドバー HT-ST5000

ソニー サウンドバー Dolby Atmos HT-ST5000
ソニー サウンドバー Dolby Atmos HT-ST5000

大きさ(幅×高さ×奥行きmm)バースピーカー:約1,180 ×80×145_8.8kg、
サブウーファー:約248×403×426_14.5kg

『ソニー サウンドバー HT-ST5000』は3次元による立体音響技術を採用することによって、まるで映像の中にご自身がいるかのような感覚になれます。耳に聞こえるだけではなくから全体を包み込むような音の響き方は、リアルさが表現されていると言えます。

Bluetoothにも対応していますので、スマホからワンタッチでペアリングできます。設置も簡単、使い方も簡単となれば、初めてのサウンドバーとしてもおすすめです。

おすすめ⑦デノン サウンドバー DHT-S316K

Denon DHT-S316 サウンドバー
Denon DHT-S316 サウンドバー

製品サイズ 31.8 x 90 x 34.2 cm
商品重量 7kg

『デノン サウンドバー DHT-S316K』の高さはわずか54mmという薄型サイズになっていますので、決して邪魔になることはありません。見た目もスッキリさせるため、サウンドバーを設置することでゴチャゴチャさせたくないという方におすすめです。

ちなみにナイトモードという便利な機能も搭載していますので、深夜には音を抑えて寝落ちしやすくしてくれたり、ムードを作りだすことも可能となっています。

おすすめ⑧BOSE TVSpeaker コンパクトサウンドバー

BOSE TV Speake コンパクトサウンドバー
BOSE TV Speake コンパクトサウンドバー

製品サイズ 59.4 x 10.2 x 5.6 cm
商品重量  3.48 Kg

『BOSE TVSpeaker コンパクトサウンドバー』は見た目はスッキリとしたコンパクトさが魅力ですが、放出してくれる音はよりリアルでワイドなダイナックさが大きな魅力となっています。

しかもダイヤログモードにセットすることで、再生中の人の声を瞬時に分析して、聞こえにくく感じるような音声を聞こえやすい音声に切り替えることができます。自然な状態で聞き取りやすいサウンドとなるため、耳にも優しいと言えます。

ホームシアターにおすすめのスピーカー【システムセット】

ここでは、ホームシアターにおすすめのシステムセットをピックアップしています。臨場感を出すためにも最適のアイテムとなっていますので、是非参考にしてみて下さい。

おすすめ⑨ヤマハ フロントサラウンドシステム YAS-207

ヤマハ フロントサラウンドシステム YAS-207
ヤマハ フロントサラウンドシステム YAS-207

4K/HDR映像伝送のHDMI端子を搭載
バーチャル3Dサラウンド技術を採用し、多方向のバーチャル音場を実現

『ヤマハ フロントサラウンドシステム YAS-207』ではバーチャル3Dサラウンド技術を採用することで、耳に残る音声がすべてリアルさがプラスされます。

3Dサラウンドは今までの音の聞こえ方を覆すような立体感を堪能することができるので、今まで以上に音を素直に楽しめるでしょう。またバスエクステンション機能が搭載していることにより、迫力の重低音も再現されます。

おすすめ⑩ヤマハ スピーカーパッケージ NS-PA41

ヤマハ スピーカーパッケージ NS-PA41
ヤマハ スピーカーパッケージ NS-PA41

AVレシーバーブラックRX-V385 1点
スピーカーパッケージ5.1chトールボーイスタイルブラックNS-PA41 1点

『ヤマハ スピーカーパッケージ NS-PA41』ではシネマDSPという機能を搭載していることにより、シネマの中で体験できるような音を体全体で感じることができます。

また付属のマイクで音を補正してくれる効果もありますので、今まで聞き取りにくかった音声もクリアな音質へと変わります。またBluetooth対応機器でもあり、ワイヤレス操作が実現します。

おすすめ⑪パイオニア コンパクトフロントスピーカーシステム HTP-CS1

パイオニア HTP-CS1 コンパクトフロントスピーカーシステム
パイオニア HTP-CS1 コンパクトフロントスピーカーシステム

Speaker Type サブウーファー
商品重量 8320 グラム

『パイオニア コンパクトフロントスピーカーシステム HTP-CS1』はコンパクトなので、TVの周りに設置しても部屋に圧迫感を出すことはありません。迫力の重低音からクリアな高音までしっかり再現されるので、音の変化を耳で楽しめるはずです。

また家族の邪魔にならないように振動を少なくなせるマナーモードも搭載しているため、音割れや音漏れを予防することにも繋がります。

おすすめ⑫ONKYO シネマパッケージ BASE-V60

ONKYO シネマパッケージ BASE-V60
ONKYO シネマパッケージ BASE-V60

製品サイズ 32.6 x 43.5 x 7 cm
商品重量 4 キログラム

『ONKYO シネマパッケージ BASE-V60』は4K映像、Dolby Atmos、DTS:XTMに対応しているため、設置すれば迫力の演出を損なうことなく堪能することができるはずです。リアルで歪みのない音質となりますので、部屋全体が音の響きと調和で心地よい空間となるでしょう。

おすすめ⑬ソニー ホームシアターシステム HT-IV300

ソニー ホームシアターシステム HT-IV300
ソニー ホームシアターシステム HT-IV300

コンパクトながら65mmの大型スピーカーで本格的な5.1chサラウンドが楽しめる
商品重量 11650 グラム

『ソニー ホームシアターシステム HT-IV300』は一見するとコンパクトなサイズ感のスピーカーではありますが、1度音を流せば大迫力の音を奏でてくれます。5.1chに対応したサラウンドとなっていますので、普段見ていた映像が更に楽しくなることは間違いありません。

おすすめ⑭Pioneer スピーカーシステム S-HS100

Pioneer 5.1ch スピーカーシステム S-HS100
Pioneer 5.1ch スピーカーシステム S-HS100

コンパクト&スタイリッシュなボディに高音質技術を凝縮した5.1chスピーカー
商品重量 14.32キログラム

『Pioneer スピーカーシステム S-HS100』はスタイリッシュさが引き立つスピーカーで、設置してもオシャレな感じが魅力です。音も自然に部屋全体に行き渡るような広がり方が魅力となっていて、部屋をシアターへとチェンジさせてくれるでしょう。迫力の臨場感をリアルに再現してくれます。

ホームシアターで自宅で臨場感のある映像を!

ホームシアターがご自宅にあるだけで、普段見ていた映像を何倍にも楽しめるようになります。大迫力の映像、クリアな音質、その場にいるかのようなリアル感を最大限再現してくれるため、ご自宅でもエンターテイメント性が爆発することでしょう。

意外と簡単に導入することができるので、この機会にホームシアターに興味を持ってみてはいかがでしょうか。生活に豊かさがプラスされて、更に楽しい毎日を送れるようになるはずです。

その他の関連記事はこちらから


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。