解体工事業者比較!首都圏オススメをまとめました。

引用:pixabay
ご自宅の老朽化が進んでの建て替えや二世帯住宅を検討したり、経営されている店舗の内装を変更したいと考えた時には、各種解体工事が関わって来ます。簡単に解体工事といっても、何処で情報を探せば良いのか、どの業者さんが丁寧な仕事をしてくれるのかと色々と分からないことがあり、悩むことも多いのではないでしょうか。今回は首都圏で、各種解体工事を行ってくれる解体工事業者5選として、ご紹介します。

シーズンソリューション株式会社(神奈川県横浜市)


解体工事のご相談は、お見積り無料の受付センターへ|東京・神奈川・千葉・埼玉

神奈川県横浜市に本社を置く「シーズンソリューション株式会社」は、1998年7月に設立され神奈川県だけでなく、東京、埼玉、千葉の1都3県を工事対応エリアとして、家屋やビルなどの建物解体や店舗内装の解体などを専門に行っています。

二級土木施工管理技士や解体工事施工技士などの国家資格を保有しているスタッフも多く、解体工事に必要な届け出なども全て委任状一つで対応してくれるため、ご依頼者の時間的負担も解体終了後の立ち合い確認だけとなります。解体工事を行う周辺住人の方への挨拶なども「シーズンソリューション」が行ってくれるなど、至れり尽くせりで安心して任せることが出来ます。

シーズンソリューション株式会社の特徴を、簡単にご説明します。

1:自社施工の責任体制

先にご紹介しましたが各種国家資格を保有した自社スタッフによる解体工事を行うため、最初から最後まで責任を持って対応することが可能となっています。

2:現地調査や見積もりが無料

東京都内と近郊、神奈川県であれば、最短で、ご連絡を受けた当日に現地調査を行ってくれるフットワークの軽さが特徴で、お見積りも無料で対応してくれます。

3:高品質、思いやり施工

先にも少し触れましたが解体工事に関する全ての業務を一任出来るため、ご近所への着工前のご挨拶まで対応してくれるなど至れり尽くせりの対応をしてくれます。

4:追加費用が一切なし

先に提出されたお見積り以外の突発工事でなければ、一切の追加費用が発生しないので非常に安心です。

5:お支払いは工事完了後

解体料金のお支払いが工事完了後、ご依頼者への引き渡し確認が終わってからのお支払いとなり、途中での工事未完といった心配がありません。但し解体規模の大きさや内容によっては、着手金が必要になる場合もあります。


【会社概要】
会社名:シーズンソリューション株式会社
〒:224-0032
住所:神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央42‐21 第二佐藤ビル4階
電話: 045-949-2557
FAX: 045-949-4626



解体工事のご相談は、お見積り無料の受付センターへ|東京・神奈川・千葉・埼玉


小野ワークス(小野工務店)(東京都東久留米市)


「小野ワークス」は昭和60年創業で、東京都東久留米市に本社を置き、東京都内を中心に店舗外内装の解体をはじめ、建物の解体を行っている会社です。簡単に特徴をご紹介します。

1:年間200件以上の実績

大手ゼネコンを主体とする工事を行っており、実績があり大型工事案件をはじめ、年間200件以上、昭和60年の創業から約4,000件の解体実績があります。

2:夜間工事も対応

深夜、夜間工事にも対応しており、1日から3日程度の短期間での解体作業が可能で、店舗改装なども早く行うことが出来ます。

3:複数案件にも対応可能

100人以上での施工が可能で、大きな解体工事や複数の現場作業にも対応が出来ます。

4:DUNSナンバー(ダンズナンバー)を取得

DUNSナンバー(ダンズナンバー)は、世界標準の企業コードとして推奨されていて、登録された企業を簡単に識別出来るようになっています。このDUNSナンバー(ダンズナンバー)取得により、海外の解体案件にも入札を行うことが可能です。

5:社員教育による品質向上

毎月安全大会を開催し、安全作業の徹底や品質管理についての社員教育を行っています。


【会社概要】
会社名:株式会社小野工務店
〒:203-0053
住所:東京都東久留米市本町3丁目4番9号
電話: 0120-584-552
Webサイト:http://onokoumuten.co.jp/


株式会社新世紀解体工業(埼玉県日高市)


引用:株式会社新世紀解体工業

埼玉県日高市に本社を構える「新世紀解体工業」は、1968年に創業し東京都と埼玉県を中心に、店舗内装の解体工事を専門に工場、家屋解体を含めた、各種解体業務を行っている会社です。1級管工事施工管理技士や監理技術者などの専門スタッフもおり、自社で重機などを保有しています。

1:定期的な安全会議による社員教育

月1回開催される安全会議には全社員が出席し、解体事例の紹介や安全教育を実施しており、工事、管理、サービスといった面からレベルアップを目指しています。

2:リサイクル法の順守

解体現場で発生する廃棄物をリサイクル法に則って、適正な処分、リサイクルを行っています。また店舗解体などで発生した在庫品などの買取業務も行っており、お客様のニーズに対応しています。

3:消音工法で周辺環境へ配慮

解体作業を行う際に発生する騒音を極力抑える工法を採用しており、周辺環境への配慮し、近所迷惑にならないようにしています。

4:豊富な経験

1968年の創業から約100社以上の解体作業を受注しており、さまざまな問題にも対応出来るノウハウを持っています。


【会社概要】
会社名:株式会社 新世紀解体工業
〒:350-1234
住所:埼玉県日高市大字上鹿山 689-16
電話: 042-984-2860
FAX:042-984-2867
Webサイト:http://www.shinseiki-naisoukaitai.com/


株式会社アール企画(千葉県習志野市)


引用:株式会社アール企画
千葉県習志野市に本社と営業本部を構える「株式会社アール企画」は信頼、安心、安全をスローガンに掲げ、住宅や工場の解体業務をはじめ、店舗内装の解体などを行っている会社です。産業廃棄物処理の免許も取得しており、解体作業で発生した廃棄物を適切に処理してくれます。

1:綿密な事前調査

解体の引き合いがあった場合には、解体家屋を含め、近隣家屋などに対して問題が生じないかといった現地での事前調査を実施しています。また解体時の騒音や粉塵などで、近隣の方へご迷惑を掛けず、苦情が出ないようにするため、最新の注意を払っての解体工事を行っています。

2:自社での直接施工

2級建築施工管理技士などの資格保有者が在籍していることと、解体に使用する重機などを保有していることで、外注業者などを使わず、全て自社での直接施工となり責任所在がはっきりしていますので安心です。

3:明瞭な料金体系

解体する建物毎に異なりますが、木造住宅の解体であれば1坪23,000円から、100坪以上の店舗改装解体で1坪13,000円からと、料金表がウェブサイトに掲載されています。また電話やメールで建物の面積、構造、階数、大体の住所、道路の広さなどの情報を提供するだけで、概算金額を知ることも可能です。更に詳しいお見積りが必要な場合には現地調査後も行ってくれますので安心です。

4:役場への届け出は無料

解体工事を行う際の役所への届け出については、アール企画が無料で対応してくれますので、煩雑な書類作成などの手間がなく非常に便利です。


【会社概要】
会社名:株式会社アール企画
〒:275-0012
住所:千葉県習志野市本大久保3-3-8
電話:047-489-5447
FAX:047-489-5448
Webサイト:http://www.r-planningeco.co.jp/


エコループ(東京都千代田区)


引用:エコループ
東京都千代田区に本社を置く「エコループ」は、住宅やビルなどの解体をはじめ、店舗内装の解体まで行っている会社で、施工エリアは東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の1都3県と広範囲に渡って対応しています。

1:数多くの施工実績

家屋をはじめ、各種解体作業を年間500件以上実施しており、数多くの施工実績があり、各種建物の特徴を熟知しており安心して任せることが出来ます。

2:各種近隣対策

着工前に近隣の方へのご挨拶をはじめ、説明などもエコループ側で行ってくれますので、お客様が個別に対応する必要はありません。また無振動工法や低騒音施工サービスなどを含め、集塵機などを使用し周辺への騒音、粉塵などで迷惑を掛けないよう処理をしてくれます。

3:進行状況の確認

解体着工前に打合せを行うのは勿論ですが、希望される方には工事の進捗状況を毎日、報告してくれますので予定通りに進んでいるかの現地確認をする必要がなく、ご依頼者の移動負担も少なくて済みます。


【会社概要】
会社名:株式会社 創開発
〒:101-0054
住所:東京都千代田区神田錦町3-6-7 錦町スクウェアビルB1F
電話:03-4400-7688
FAX:03-4400-7527
Webサイト:http://www.eco-loop-kaitai.com/


首都圏の解体工事業者厳選5選はいかがでしたか?

首都圏で家屋やビルの解体をはじめ、店舗内装の解体などを手掛けている解体工事業者5選をご紹介しました。各社とも豊富な解体実績を持ち、気になる近隣への対応なども親身になって対応してくれるなど、各種サービスを展開しており、安心して工事を任せることが出来る会社ばかりです。もし解体工事でお悩みの際には、気軽にコンタクトを取ってみては如何でしょうか。

防水や外壁塗装なら、コチラに

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事