引用:amazon

記事作成日:

黄ばみは酸素系漂白剤が効果的!落とし方のコツや防ぎ方を徹底解説!

広告

毎日綺麗に洗濯をしていても、いつの間にか生地が黄ばんでいたり、元の色から変化してしまっている経験があるのではないでしょうか。そんな時は焦らずに、酸素系漂白剤を使ってみましょう。うまく使えば、元の状態にまで戻せます。

ここでは酸素系漂白剤の使い方やコツをお伝えしながら、黄ばみ対策についても詳しく解説していきます。黄ばみにお悩みの方は、参考にしてみて下さい。

衣類が黄ばむ原因

服が黄ばんでしまう原因は、皮脂や汗が蓄積してしまった結果です。皮脂・汗は服の繊維にまでしっかり染み込んでしまうため、普通の洗濯方法だけでは完全に取り切れないことがよくあります。

見た目では分からないのですが、年月を経て成分が変化をして黄色くなってしまうので、黄ばむことで初めて汚れが落とせていなかったという事実が分かります。特に普段からよく着ているような服はいつ黄ばんだのか分かりづらく、気づいた時には色が変色しているパターンがほとんどです。

しかし1度黄ばんでしまうとなかなか落とせないということから、できれば黄ばみを発生させたくないものです。クリーニングも便利でおすすめですが、コストを考えるとご自宅でなるべく落としたいと考える方が大半なのではないでしょうか。

衣類の黄ばみの落とし方

頑固な黄ばみでも元の白さを取り戻せるような、効率的な落とし方をご紹介いたします。黄ばんでしまったからと言って、諦める必要はありません。

落とし方①薄い黄ばみの落とし方

まだ薄い黄ばみの状態であれば、すぐにその黄ばみが取れるかもしれません。まず用意するのは洗面器、食器用洗剤です。

洗面器に40℃ぐらいのお湯を張って、そこに黄ばんだ衣服をつけましょう。そして黄ばんだ箇所に直接食器用洗剤を塗り込み、こすり合わせるようにします。ある程度行き渡ったら残り湯で洗い流して、あとは洗濯機に投入していつも通りの洗濯をして下さい。

家にあるものを使って落とすことができるので、これならどなたでもチャレンジしやすいのではないでしょうか。時間もかからず、1番簡単な方法となります。

落とし方②濃い黄ばみの落とし方

より黄ばみの強い衣服の場合は、食器用洗剤の代わりに酸素系漂白剤を使用して下さい。方法は同じで、洗面器にお湯を張り、酸素系漂白剤を垂らしてもみ洗いしましょう。そしてそのまま、30分~1時間放置しておけば、更に黄ばみが落ちやすくなります。もしそれでも落ちない場合は2~3回繰り返して、生地が傷まない程度にチャレンジしてみましょう。

落とし方③頑固な黄ばみの落とし方

何をしても落ちない頑固な黄ばみは、いよいよ過炭酸ナトリウムの登場です。過炭酸ナトリウムと食器用洗剤、水を1:1:1の割合で混ぜて、黄ばみ解消ペーストを作って下さい。そして黄ばみが気になる箇所へ、歯ブラシを使って塗り込みましょう。

この時に、決して強くこすらないようにして下さい。そしてスチームアイロンを一気に過熱させ、ペーストの部分に直接あてます。

するとどんなに頑固で落ちなかった黄ばみでも、みるみるうちに白い元の生地に戻っていくのを目視で確認することができます。あとは通常通りに洗濯をして、干して乾かせば完成となります。

衣類の黄ばみを防ぐためにやっておくこと

黄ばんでしまった服は仕方ないにしても、今後はなるべく黄ばみを発生させたくないはずです。ここでは今後の黄ばみ対策をお伝えしていますので、清潔感を保つためにもチェックしてみて下さい。

衣類の黄ばみを防ぐコツ

黄ばまないようにするためには、衣服を湿気がたまりやすい環境で保管しないように注意しましょう。もしクローゼットに保管するのであれば、湿気吸収剤を設置することをおすすめします。また直接日光があたるような場所には服を放置しないようにして下さい。

そして洗濯をする時は、汗がつきやすい首回りや脇の部分は、こまめに手洗いをするべきです。もしくは首周りにベビーパウダーを付着させておくことで汗がつきにくくなるので、こちらもぜひ活用してみましょう。

黄ばみにさせないような対策は意外とあります。普段の行いをほんの少し気を付けるだけで結果的に大きな変化をもたらしてくれるはずなので、実行してみて損はありません。

黄ばみを防ぐための洗濯時の注意点

汗と皮脂をしっかり洗い落とすためには、粉末タイプの洗剤を使用するのがベストです。弱アルカリ性の粉末タイプは汚れに強く、液体タイプと比較しても圧倒的な洗浄力を誇ります。そして脱いだら長期間放置するのではなく、なるべく早い段階で洗濯をするようにしましょう。

放置している間も汗・皮脂は繊維に入り込むので、おすすめできません。暖かいお湯で洗うことで皮脂汚れも落としやすくなるので、可能であればお風呂の残り湯を再利用してみるのもいいでしょう。

また洗濯時間をショートにするのではなく、標準コースでしっかりと洗うようにして下さい。これだけでも黄ばみになるのを改善することができ、今後悩まされるような機会が少なくなるはずです。

衣類の黄ばみにおすすめ酸素系漂白剤5選

ここでは黄ばみを効果的に落とすことができる、おすすめの酸素系漂白剤をご紹介いたします。厳選された5アイテムとなっていますので、黄ばみにお悩みの方は購入の検討をしてみましょう。

酸素系漂白剤①ワイドハイターEXパワー

ワイドハイターEXパワー 衣料用漂白剤 液体 本体
ワイドハイターEXパワー 衣料用漂白剤 液体 本体

衣料用漂白剤
内容量:1000ml

『ワイドハイターEXパワー』では通常の洗剤よりも優れたディープクレンジングパワーを発揮して、頑固な汚れや臭い、黄ばみをなかったことにしてくれます。殺菌効果も高い漂白剤なので、汗や皮脂から発生する菌を増加させないような働きもあります。

気になる黄ばみに直接塗って色を浮かせることもできる上、つけおきしてじっくりと元の色を取り戻すこともできます。酸素系漂白剤ということで肌にも基本的に優しいため、小さなお子様がいるご家庭でも問題なく普段使いできるタイプです。

酸素系漂白剤②ブライトW 衣類用漂白剤

ブライトW 衣類用漂白剤
ブライトW 衣類用漂白剤

原産国:日本
内容量:600ml

『ブライトW 衣類用漂白剤』は元の白さに戻してくれるパワーと、殺菌するパワーがMIXしたような酸素系漂白剤です。「黄ばみが取れない」と悩む前に1度、お試ししてみてほしいアイテムでもあります。

汚れや黄ばみにしっかりとキャッチしてくれるジェル状になっていますので、ダイレクトに汚れ・黄ばみを改善することができます。模様や色付の衣服にも使用できる漂白剤であり、色落ちするようなことはないので安心しましょう。シルクやウールなど、繊細な生地にもお使いいただける、優しい漂白剤となっています。

酸素系漂白剤③ピジョン 赤ちゃんの漂白剤ベビーホワイト

ピジョン 赤ちゃんの漂白剤ベビーホワイト
ピジョン 赤ちゃんの漂白剤ベビーホワイト

原産国 : 日本
内容量 : 350g

『ピジョン 赤ちゃんの漂白剤ベビーホワイト』は赤ちゃんの服やタオルにも使用できる漂白剤で、デリケートな肌への労わりがしっかり考えられています。もちろん大人の服にも使用することができるため、毎日使っても問題ありません。

長年放置してしまった食べこぼしや汚れもすっきりと落としてくれて、気になる黄ばみも真っ白なクリーンな状態に戻してくれます。そのまま洗濯機に入れても大丈夫ですが、つけおきすることで更に綺麗になりやすくなるのでおすすめです。

酸素系漂白剤④シャボン玉 酸素系漂白剤

シャボン玉 酸素系漂白剤
シャボン玉 酸素系漂白剤

原産国:日本
750G

『シャボン玉 酸素系漂白剤』は漂白・消臭・除菌効果があります。敏感肌の方でも使えるような安全成分で製造されている酸素系漂白剤なので、小さなお子様から年配の方までリスクなく使うことができます。

こすっても落ちなかった黄ばみや汚れは、『シャボン玉 酸素系漂白剤』の協力洗浄パワーの力を借りましょう。ゴシゴシと力を入れてこすらなくても、黄ばみのか所に塗ってつけおきしておくだけで、あっという間に黄ばみがなかったかのようなクリーンさが再現されます。

酸素系漂白剤⑤ワイドハイター クリアヒーロー 粉末タイプ

ワイドハイター クリアヒーロー 粉末タイプ
ワイドハイター クリアヒーロー 粉末タイプ

内容量:530g
ワイドハイターからガンコ汚れ専用

『ワイドハイター クリアヒーロー 粉末タイプ』は頑固な汚れや黄ばみように開発されたクレンジングパウダーで、どんなに洗っても落ちなかったような頑固な黄ばみでも、30分つけおきすれば、黄ばみは目には見えないようになっています。

お洗濯の救世主として注目されている商品で、1度使ってみると納得の使用感にリピーターも増加傾向にあります。同時に消臭効果も高い漂白剤となっており、部屋干しをしたとしても、嫌な臭いを完全カットしてくれるでしょう。

衣類に黄ばみは漂白剤ですっきり落とせます!

黄ばんでしまった衣類も酸素系漂白剤を使うようにすれば、黄ばんだ原因と一緒にディープクレンジングをして、真っ白な爽やかな元の状態の衣類に戻してくれるはずです。諦める前に1度トライしてみて、黄ばみを落としてみましょう。

もし1度で落ちなかった場合でも複数回繰り返せば、黄ばみが薄くなったり、完全になくなることも珍しくありません。お気に入りの1着を無駄にしないためにも、黄ばんだ時は便利アイテムをうまく使いこなしてみて下さい。そしてこれからは黄ばみを防ぐために、ご自身でできる範囲で対策をとっていくことをおすすめします。

その他の関連記事はこちらから


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。