刃物研磨機人気5選|マキタやリョービのおすすめを比較

引用:アマゾン
刃物を使う上では避けて通れない刃物の研磨。でも、砥石で刃物を研ぐ作業って結構手間ですよね。そんなときに便利なのが刃物研磨機。電動で砥石が動いて簡単に刃物を研いでくれます。今回は、その便利な刃物研磨機をマキタやリョービのおすすめなどを5選して比較みました。

建材を研磨するグラインダーはこちらです

グラインダーの砥石はこちらです

マキタ 刃物研磨機 9820

マキタ 刃物研磨機 9820
マキタ 刃物研磨機 9820

砥石寸法:外径200mm、穴径75mm、厚み25mm
回転数:(50Hz)460、(60Hz)560回転/分
電源:単相100誘導電動機
電流:2A(50Hz)、1.9A(60Hz)
消費電力:190W(50Hz)、180W(60Hz)
質量:7.2kg
コード:2.5m
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

回転数(分) (50Hz)460、(60Hz)560回転/分
砥石寸法 200mm
サイズ 全長250mm
重量 7.2kg

砥石サイズ200mmのプロ仕様です。刃先の長い包丁やハサミの研磨に最適です。

マキタ 刃物研磨機 98201

マキタ 刃物研磨機 98201
マキタ 刃物研磨機 98201

砥石寸法:外径200mm、穴径75mm、厚み25mm
回転数:(50Hz)460、(60Hz)560回転/分
電源:単相100誘導電動機
電流:2A(50Hz)、1.9A(60Hz)
消費電力:190W(50Hz)、180W(60Hz)
質量:7.2kg
コード:2.5m
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

回転数(分) (50Hz)460、(60Hz)560回転/分
砥石寸法 200mm
サイズ 全長360mm
重量 8.5kg

前出の「マキタ 刃物研磨機 9820」がベースになっています。こちらは、刃物を固定するガイドが付いているため、刃物の研磨具合を均等に、また、微妙な調整が容易にできます。

リョービ(RYOBI) 研磨機 FG-18 4150220

リョービ(RYOBI) 研磨機 砥石径180mm FG-18 4150220
リョービ(RYOBI) 研磨機 砥石径180mm FG-18 4150220

砥石径:(外径)180mm、(内径)70mm、(厚さ)20mm
回転数:(50Hz)400min-1、(60Hz)470min-1
電源:単相100V
電流:1.3A
消費電力:125W
定格使用時間:20分
電源コード1.8m
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

回転数(分) (50Hz)400、(60Hz)470
砥石寸法 180mm
サイズ 奥行270×幅270×高さ240mm
重量 5kg

菜切包丁、文化包丁、牛刀包丁、刺身包丁、出刃包丁、ペティ包丁などあらゆる包丁に対応します。200mmを超える砥石までは必要ないが、しっかりと研磨したい方に。

新興製作所 ホームスカッター STD-180E

新興製作所 ホームスカッター STD-180E
新興製作所 ホームスカッター STD-180E

周波数:50/60Hz
電流:1.3A
回転数:400/470min-1
重量:5kg
コード:1.85m
標準付属品:砥石(外径180×厚さ20×内径70mm 粒度#1000)、砥石取り外し金具、中砥石#1000、刃物ガイド、ホース、水槽タンク

いらない工具・建機を売るなら工具男子!

回転数(分) 400、470
砥石寸法 180mm
サイズ 幅275×高さ275×奥行き270mm
質量 5kg

包丁から、ノミ、カンナ、彫刻刀まで様々な刃物に対応し、各種工場や作業場でも使用されている研磨機です。

山善(YAMAZEN) 卓上刃物とぎ器 YCS-125

山善(YAMAZEN) 卓上刃物とぎ器 イエロー YCS-125
山善(YAMAZEN) 卓上刃物とぎ器 イエロー YCS-125

回転数(回/分):280/350
定格時間:30分
コードの長さ:1.8m
付属品:水ホッパー・排水チューブ
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

回転数(分) 280、350
砥石寸法 125mm
サイズ 幅24×18×高さ20cm
重量 2.6kg

軽量コンパクトサイズの卓上型です。包丁・はさみ・カンナ刃・のみなどの研磨に最適です。

刃物研磨機をもっと活用しましょう

大地さん(@da_chi0510)がシェアした投稿


刃物研磨機を始めて使った方は、「今まで砥石で研いでいた苦労はなんだったの?」とか、「使い慣れた包丁が新品に戻った」とか、その仕上がりにみなさん口々に驚き満足されています。ぜひ、あなたも刃物研磨機でご家庭の包丁や、愛用のノミやカンナを新品の切れ味に復活させてください。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事