引用:amazon

記事作成日:

カメラをカビから守る【防湿庫】とは? 特徴からおすすめ商品までご紹介!

大切なカメラを守るためにも、防湿庫は持っていて損はありません。余計な湿気を取り除いてくれるので、いつまでも良い状態のままでカメラを保管しておけるようになるはずです。ここではそんな防湿庫についてまとめてみました。

最新の防湿庫はもちろん、おすすめの選び方や注目しておきたいポイントなどもご紹介しますので、参考にしてみましょう。

防湿庫で大切なカメラを守ろう

カメラ愛好家の中では定番アイテムとして認識されている防湿庫ですが、カビを発生させないためにもとても優秀であることが分かっています。ここでは防湿庫の概念や基本情報について解説していますので、チェックしてみて下さい。

そもそも防湿庫とは

繊細なカメラをホコリや湿気、カビから守るためには、防湿庫の存在が必要不可欠となります。ちなみに防湿庫の中は湿気をすべて吸い取ってくれる仕組みになっていますので、カメラ以外の精密機器を保管するのにも向いています。例えば常備薬や切手、乾燥させたい食品なども保管しておくことが可能となります。

防湿庫が必要な理由

カメラを常温で保管し続けると、知らない間にカビが生えてしまう可能性は否定できません。特に日本は高温多湿な国なので湿気がたまりやすくなっていて、置いているだけで危険が伴います。

ちなみにカビが発生する条件は温度が25℃~28℃前後、湿度が60%を超えた環境となります。日本ではこのような環境がそんなに珍しくないので、カビのリスクは高いと言えるでしょう。

カメラにカビが生えてしまうとご自身ですべて取り除くのは難しくなっているため、専門店で高い値段を払って取り除いてもらうことになります。正直無駄なコストとなりますので、それならば普段から防湿庫に入れるようにして、簡単にケアしておく方がずっと良いはずです。

防湿庫の上手な選び方

防湿庫は色々なメーカーからたくさんの種類が発売されていますので、選ぶ基準のようなものが必要になります。ここでは大事な3つのポイントをご紹介しますので、購入する時の参考にしましょう。

選び方①種類

防湿庫には2パターンあって、据え置き型と簡易型があります。それぞれ特徴やメリットがありますので、ニーズに合わせて選択しましょう。

【据え置き型】

最もポピュラーなのが据え置き型になっている防湿庫で、値段は少々高くなってしまうものの、カメラなどの精密機械を湿気から守る役割を果たしてくれます。自動的に室内の湿気量をコントロールしてくれるため、面倒な手間がかかりません。

ちなみに据え置き型にも2種類あって、ペルチェ方式もしくは乾燥材方式を選択する必要があります。素早く手軽に湿気をなくしたいのであればペルチェ式で、半永久的に使いたいのであれば乾燥材方式を選んでください。

乾燥材方式はその名の通り乾燥材を入れるシステムになっているため、こまめなチェックが必須となりますので注意しましょう。

【簡易型】

値段がリーズナブルかつ持ち運びにも便利な簡易型ですが、湿度調整はすべてご自身でやる仕組みになっているため、手間はかかってしまいます。

バッグタイプや透明のケースになっていることが多くて、どちらも出張や旅行、アクティブシーンでも使いやすくなります。使わない時はコンパクトに畳んでおけたり、乾燥材を入れるスペースが確保されているタイプもあります。

選び方②サイズや容量

もともとカメラのサイズが大きいこと、そしてこれからも機材は増え続けることを考えると、大きめの容量の防湿庫を購入しておくと失敗がなくなります。

大容量タイプでもコンパクトタイプでも電気代はそんなに変わらないので、最初から大きめサイズにしておけば、後から買いなおすこともなくずっと使えるはずです。

ちなみに20L~50L(小型)の場合は、カメラを4台~5台保管しておくことができます。50L~120L(中型)ならカメラを20台+レンズ10本程度、150L以上(大型)にもなるとプロカメラマンも愛用するようなサイズになりますので、カメラ以外にもたくさんの精密機器やカメラアクセサリーを入れておけます。

選び方③除湿方法

除湿方式には「電子式」と「ドライボックス」があって、電子式であれば湿度を自動調整してくれる機能が搭載していることによって、わざわざチェックしなくても快適な空間をキープしてくれるようになります。値段は安くて8,000円程度、高級なものだと40,000円を超えるものもあります。

より正確な湿度除去を望むのであればペルチェ方式がおすすめですが、永久的に使えるわけではありません。乾燥材方式は乾燥材をこまめに取り換えなくてはいけないものの、半永久的に使えます。

ちなみにドライボックスは値段が数千円程度と非常に求めやすくなっています。乾燥材を入れて管理することになりますが、軽くて持ちやすくなっているため、持ち運びにも便利といえるでしょう。

人気メーカーのおすすめ防湿庫10選

カメラをたくさん保有する方にもおすすめしたい最新式の防湿庫をチェックしてみましょう。人気モデルから注目しておきたいモデルまで揃っていますので、気になる防湿庫を探してみて下さい。

おすすめ防湿庫①東洋リビング オートクリーンドライ 24L

東洋リビング オートクリーンドライ 24L
東洋リビング オートクリーンドライ 24L

ミニシリーズは、コンパクトタイプのおしゃれなホワイトカラーでミラーレスユーザーや女性ユーザーに最適。

『東洋リビング オートクリーンドライ 24L』であれば湿度を30℃~50℃の間で自由に設定することができるので、より快適な湿度でカメラを守ることができます。カビが生えるようなことはなくなるので、重宝するはずです。ホワイトカラーもおしゃれで魅力的です。

おすすめ防湿庫②Re:CLEAN 日本製 ドライボックス

Re:CLEAN 日本製 ドライボックス
Re:CLEAN 日本製 ドライボックス

湿度計が新しくなりました。品質、デザイン性、価格、どれも妥協しない湿度計をもとめたどりついた精巧な高精度アナログ湿度計。

『Re:CLEAN 日本製 ドライボックス』ならほぼ無音と言っても過言ではないほど静かな稼働音になっているため、寝室に置いていたとしても何も気になりません。サイズも大きすぎることがないので、狭い部屋であっても設置しやすくなっています。

おすすめ防湿庫③HOKUTO ドライボックス HBシリーズ

HOKUTO ドライボックス HBシリーズ
HOKUTO ドライボックス HBシリーズ

業界で初めてタッチスクリーンを搭載したモデルです。この道15年の有名メーカーで生産しております。

『HOKUTO ドライボックス HBシリーズ』ではタッチスクリーンですべてを操作できるようになっていますので、使いやすいモデルに感じるでしょう。省エネ設計になっているところも優秀で、必然的に電気代を節約できる優れものです。

おすすめ防湿庫④東洋リビング オートクリーンドライ 77L

東洋リビング オートクリーンドライ 77L
東洋リビング オートクリーンドライ 77L

1日の電機代、わずか1円以下の超省エネ設計
出し入れに便利な透明プラスチック引き出し棚

『東洋リビング オートクリーンドライ 77L』なら自由にLEDライトバーをセットできるようになっているため、ホワイトだけに限らず、お好きなカラーに点灯可能となります。扉も90°にまで開くので、カメラの出し入れにも便利な構造となります。

おすすめ防湿庫⑤HAKUBA ドライボックスNEO

HAKUBA ドライボックスNEO
HAKUBA ドライボックスNEO

容量 : 5.5L
乾燥剤 : キングドライ15g×2入り

『HAKUBA ドライボックスNEO』なら積み重ねて使えるタイプになっていますので、1つ購入して容量が足りなくなったら、また気軽に1つ追加できる仕組みが魅力です。除湿剤を入れる専用ケースは取り外しも自由になっていて、使いやすいです。

おすすめ防湿庫⑥アイポー カメラ収納ケース

アイポー カメラ収納ケース
アイポー カメラ収納ケース

ドライボックス 25L 容量 :25L 電源 :100V(50/60Hz)

『アイポー カメラ収納ケース』はスタイリッシュなデザインがおしゃれで、日本を始めとする20の国で発売をしている実績がある防湿庫となります。無振動・無騒音モデルであることから、非常に使い勝手が良いモデルであります。

おすすめ防湿庫⑦BOLTLINK ドライキャビネット

BOLTLINK ドライキャビネット
BOLTLINK ドライキャビネット

「迅速な除湿」 BOLTLINKのカメラ防湿庫は、素早く静かで無熱の熱電冷却技術(半導体とも呼ばれ)があり、湿気、腐敗、錆、埃、カビ、菌類、錆、酸化、ワーピングなどから貴方のアイテムを守ります。

『BOLTLINK ドライキャビネット』では湿度を1度調節しておけば何度も気にすることがなくなるので、保管するのがとても楽になります。LEDライトになっているので防湿庫の中も見やすくなっており、夜でも使いやすくなります。

おすすめ防湿庫⑧サンワダイレクト 防湿庫

サンワダイレクト 防湿庫
サンワダイレクト 防湿庫

シンプルなデザインでリビングや寝室にも置ける容量50Lの防湿庫です。湿度計は1%ずつで調整可能で、見やすいデジタル表示です。

『サンワダイレクト 防湿庫』のデジタル湿度計なら簡単に設定できるようになっていますので、どなたでもすぐに使いこなせるようになるはずです。カメラを設置するところがトレーになっていますので、取り出す時も便利になるでしょう。

おすすめ防湿庫⑨WHESWELL ドライボックス

WHESWELL ドライボックス
WHESWELL ドライボックス

デジタルモニターにより庫内のリアルタイム湿度・温度が一目でわかります。

『WHESWELL ドライボックス』はラグジュアリー感があるおしゃれな防湿庫になっていて、見ているだけでも洗練された雰囲気があります。ドアまでおしゃれなデザインになっていますので、インテリアを崩したくない方にもおすすめです。

おすすめ防湿庫⑩TOLIHAN NEWクリーンドライ

TOLIHAN NEWクリーンドライ
TOLIHAN NEWクリーンドライ

外寸(足含):360×300×490mm
内寸(33L):358×230×401mm

『TOLIHAN NEWクリーンドライ』ではスチール製の棚板を採用しているため、スペースを最大限に活用してカメラを設置できるようになります。しかも上下で自由に高さを変えることができるので、色々なカメラがセットしやすくなるでしょう。

色々なカメラを持っている方は、『TOLIHAN NEWクリーンドライ』が使いやすく感じるのではないでしょうか。プロのカメラマンや、カメラ愛好家にも評価が高い防湿庫となります。

自分にピッタリの防湿庫を選ぼう

使いやすい防湿庫は必ずあるので、色々な観点からご自身のニーズに合ったモデルを購入しましょう。大事なカメラを守るための重要なものなので、今後のためにも防湿庫を設置しておくことをおすすめします。

おしゃれでクールなデザインもたくさんあって選ぶ楽しさもあるため、まずは1度実際に手に取ってみて下さい。繊細なカメラやカメラの付属品をケアしてあげるためにも、防湿庫があるとどんな時でも安心することができます。

その他関連記事はこちら


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。