記事作成日:

引きこもりでも仕事できる?無理なく働ける仕事をご紹介!

広告

人と関わることが苦手な方は、コミュニケーションを取ることができないために部屋に引きこもりがちで、外に出て仕事をすることが難しい場合があります。

しかし自室に引きこもってもできる仕事があることをご存知でしょうか。何もせずに部屋にこもるのではなく、仕事を始めてみませんか?引きこもりでも無理なくできる仕事や、向いている条件などをチェックしてみましょう。

そもそも引きこもりとは?

近年良く耳にする「引きこもり」は精神疾患や何かしらの病気、ケガを指定内にも関わらず、6カ月以上自分の部屋や自宅から外出しない、他人との関わりを絶っている状況を言います。

引きこもりとされる人数は100万人以上にもなり、近年引きこもり期間が長期化する傾向にあります。その原因は学校での成績ダウンや受験、友人関係の悪化による不登校、職場での人間関係やリストラ、就職できないなど挫折によるものが多くなっています。

引きこもりといってもその実態は様々で、自室からまったく出ない場合から、外には出ないが部屋からは出るパターンや、コンビニや映画など他人と深く関わらない場所には出かける、趣味のためには外出できるなど色々あります。

引きこもりが仕事を探す前にすべきこと

引きこもりでは仕事ができない、というのは間違いです。引きこもりでもできる仕事はありますが、その前にいくつかすべきことがあるので参考にしながら仕事を探してみましょう。

自分の長所や短所を考えてみる

引きこもりに関係なく、仕事を探す前にはまず自分の長所や短所を考えます。得意な分野や苦手なことを客観的に知ることで、どんな仕事に向いているかが判断しやすくなります。

1人で黙々と作業することが向いている、新たなジャンルに取り組みたい、自分のペースで作業したいなど自分に適した環境が分かりやすくなるでしょう。また、これまでに仕事経験があった場合にはどんな職種が合っていたのか把握しておくのもおすすめです。

長所・短所を考えるだけでなく、引きこもり以前のライフスタイルや趣味、なぜ引きこもってしまったのかを知り、現在の生活や過ごし方、他人と関わることができる距離感なども把握することでより適した仕事が探しやすくなります。

仕事をするときには面接などある程度のやり取りが必要になり、そこで趣味や現在の状況を聞かれる場合もあります。引きこもりとなった原因を聞かれる可能性もあり、それを説明するのはツラいかもしれませんが、客観的に見ることに徹してみましょう。

したくないことを明確にする

引きこもりの場合、何らかの事情があって他人と関わることができない状況なので、したくないことや苦手なことを明確にしておく必要があります。「したくないこと」が分かっていれば、しなくて良い仕事を探しやすくなるからです。

引きこもりの場合は出社する、制服を着る、大勢の人と関わりを持つことはしたくない、という方がほとんどでしょう。

出社したくないけれど週に1~2回であれば我慢できる、長時間のネット作業は苦にならないけれど体力的に短時間でも力仕事は厳しい、など「したくない」事柄の度合いも明確にするとさらに仕事を絞ることもできます。

目標を決める

どんな仕事でも目標を決めることで最後までやり遂げることができるようになります。引きこもりであっても同様に、まずは仕事をするための目標を掲げましょう。

ゲームが好きでゲーム制作に関わってみたい、という場合にはいきなり開発に関わることはできませんが、自分で攻略情報を集めてまとめる、ゲーム制作に必要なスキルを取得するなど色々な方法があります。

将来的に何をしたいか、明確な目標であれば良いですが、現段階ではぼんやりとしたものでも構いません。「なんとなくやってみたい」が仕事のやる気に繋がります。

目標を決めることで必要なスキルを身につけるために動き出すことができ、そのスキルに関係した仕事が探しやすくなるでしょう。

引きこもりでも働ける仕事の5つの条件

引きこもりで仕事をする場合、一般的な会社に勤めるよりも条件が狭くなります。そこで引きこもりでも働ける仕事の条件5つを知っておきましょう。

仕事の条件を把握すればむやみやたらと職探しすることなく、ピンポイントで検索できるようになります。

条件①労働時間や日数が少ない

引きこもりの人はなかなか外出することができません。そのため労働時間や日数が少ない仕事の方がやりやすいでしょう。

平日すべて出社する仕事はかなり厳しく、少しでも外出できるのであれば週2~3日の出勤や労働時間が短いものを選ぶようにします。慣れてくれば徐々に労働時間や日数を増やしていくと良いでしょう。

あまり無理をせず、自分ができる範囲内で働くようにしてください。学生アルバイトのような感覚ですが、近年では稀に正社員、派遣などで週2~3日勤務OKで募集しているところもあります。

条件②人との関わりが少ない

仕事をしていると人と関わることは避けられませんが、できるだけ他人と関わらないような仕事選びも重要です。

引きこもりとなった原因が人間関係だった場合、コミュニケーションが取れない状況も少なくありません。それなのに人と関わる仕事をすれば心身ともに衰弱する可能性もあります。

外出することが可能であれば、1人で黙々と作業できる仕事を選んだり、他の人との作業時間をずらすことができる職種もおすすめです。新聞配達や清掃員などは一般の人が動き出す前に作業するため、多くの人との関わりを避けることが可能になります。

また、流れ作業の工場勤務なども指定された作業をこなすだけなのでやりやすいかもしれません。多少なら他人と関わる仕事を選びたい、という場合にはコンビニなどの夜勤はお客さんが少ないのでおすすめです。

条件③未経験でも働ける

引きこもった時期にもよりますが、学校や仕事に行ってない場合、様々な経験が不足していることもあります。

そのため、経験値不足でやっていけるか不安な方は未経験でも働ける「未経験者歓迎」の募集を探してみるのもおすすめです。未経験者歓迎の会社は仕事をしながら必要なスキルを教えてくれるので、取得したいスキルによって仕事を選んでも良いでしょう。

会社によってはしっかりとしたマニュアルや講習があり、経験がなくても仕事ができるように配慮されているため、安心して働くことができます。

条件④家から出ないで働ける

近年家から一歩も出ることなく家で働く仕事も増えています。一般的に言われる「在宅ワーク」で、出社や通勤が不要、必要な連絡もアプリやメールで済ますことが可能です。

引きこもりで外出がほとんどできない方は、在宅のみでできる仕事を探しても良いでしょう。しかし家から出ないで働く場合にはある程度のスキルが必要になることもあります。

パソコン作業がメインならタイピングやEXCEL・Wordなどのパソコンスキル必須という仕事もありますが、パソコンで文字が打てればできる仕事もあります。

インターネット関連に強いなら在宅ワークも探しやすいでしょう。また、インターネット・パソコンが苦手なら内職系の作業を探すのもおすすめです。

手作業や細かい仕事が好きなら向いていますが、内職系は材料や完成品を運ばなければいけない場合もあるので、若干人と関わる仕事になります。

条件⑤雇用期間が短い

長期間仕事を続けることに不安がある場合には雇用期間が短い、短期間で更新するような仕事もおすすめです。雇用期間が短いと自分に向いているかどうかも把握しやすく、色々な職種を経験することもできます。

また、短期間なので仕事に対するモチベーションを下げることなく続けられます。雇用期間の短い仕事を複数経験して様々なスキルを身につけ、そこから引きこもり脱却のきっかけを掴むのも良いでしょう。

引きこもりの人におすすめの家から出ない仕事5選

引きこもりの人は仕事を探す前に自分自身のことをしっかり把握し、長所・短所や目標を掲げた上でできる仕事を探しますが、その考えが明確になっていない場合、こちらのおすすめの仕事をチェックしてみましょう。

紹介する仕事は家から出ないタイプの仕事なので、気になるものから仕事探しの参考にしてみてください。

家から出ない仕事①システムエンジニア

インターネット、パソコンを得意としているのであればシステムエンジニアも良いでしょう。ITパスポートや基本情報技術者の資格、プログラミングスキルなどある程度の技術を必要としますが、ネットが普及している現代では需要の高い仕事でもあります。

パソコンを使って作業するため家から出ることもなく、充分なスキルを持っていれば独立して高収入を得ることも可能です。資格や技術を習得してしまえば将来性もある仕事で、人手不足の今だからこそ重宝される仕事です。

システムエンジニアにはアプリやゲーム開発に携わる開発エンジニアや、サーバー管理やネットワークの構築などの管理を行うインフラエンジニア、営業サポートやアフターサポートを行う営業系エンジニアの3種類があります。

このうち営業系エンジニアはユーザーや依頼者とのやり取りが必要になるため、ある程度のコミュニケーションが必要とされます。

家から出ない仕事②Webライター

家から出たくない、外出できない、やり取りをメールやアプリで済まして直接顔を合わせたくない仕事ならWebライターもおすすめです。

Webライターの仕事は「書くこと」であるライディングスキルがあれば誰でもできます。企業に所属するタイプとフリーで行う2種類があり、文章をまとめたり表現力や読解力があればすぐにでも戦力として活躍できます。

近年副業としてWebライターを始める方も増え、クラウドソーシングサイトで検索すれば多数の募集が出てきます。場合によってはEXCELやWord必須もありますが、ほとんどパソコンさえあれば始めることが可能です。

未経験でもしっかりしたマニュアルが用意されていますが、成果報酬・出来高制の場合も多いために慣れるまでは安定した収入を得ることが難しいでしょう。

家から出ない仕事③アフィリエイト

ブログや何かしらのサイトを運営しているのであればアフィリエイトで報酬を得ることも可能です。アフィリエイトはネット上のサイトに広告を掲載し、閲覧者が広告にアクセスする、商品購入を行うなどのアクションを起こした場合に報酬が得られます。

アフィリエイトサービスには無料タイプもあり、初期投資が不要なので気軽にスタートできます。軌道に乗ることで高収入になることもありますが、Webライター同様に成果報酬・出来高制のため安定した収入が難しく、掲載する広告の見極めやアフィリエイトに興味がある方はチャレンジしてみても良いでしょう。

家から出ない仕事④Webデザイナー

ブログなどのネット上のサイトを見やすく、興味深いものに仕上げるWebデザイナーは、文字や画像を配置してフォントや配色を決める作業を行います。

依頼者は企業や個人など様々でセンスのあるものに仕上げればそれだけ評判も良くなり、高収入を得るきっかけが作れます。

特別な資格はいりませんが、HTMLやCSSなどのスキルやプログラミング、マーケティング知識があればより重宝され、多くの仕事をゲットできます。

家から出ない仕事⑤ハンドメイド

モノづくりが好きな方はハンドメイドで収入を得ることもできます。材料費が必要になるため、初期投資はかかりますが軌道に乗ればリピーターも増えて一定の収入源になります。

アクセサリーや服、帽子、ぬいぐるみなどの小物を、オリジナルデザインであれば趣味の延長として作業することが可能です。

作ったものをSNSで発信する、購入者とのやり取りなどある程度コミニュケーションが必要になりますが、ネット上で行うため気軽に始められます。

フリマアプリや自身のSNS,ブログなど販売先は多数ありますが、フリマアプリを利用したほうが安全に取引できます。

引きこもりにおすすめの人との関わりが少ない仕事5選

人との関わりは少ないですが、多少の外出が必要になる仕事もあります。社会復帰を目指して少しでも他人との関わりを持ってみよう、と考える方におすすめです。

人との関わりが少ない仕事①警備員

警備員は商業施設やイベント会場、工事現場、交通整理などで人の動きを管理したり建物内や周囲を巡回する仕事ですが、基本的に1人で行うため、無駄にコミニュケーションを取る必要がありません。夜間であれば人の通りもほとんどなく、未経験でも始めやすい仕事です。

人との関わりが少ない仕事②清掃員

決められた作業を黙々と行う清掃員も人との関わりが少ない仕事です。チームを組んで清掃する場合もありますが、自分に与えられた場所をきれいにするだけなので、必要な連絡事項以外は特に関わりを持ちません。

営業開始前や終了後に作業することが多く、まったく人がいない場合もあるので気兼ねなく行うことができます。

人との関わりが少ない仕事③工場勤務

流れ作業が多い工場勤務もおすすめです。必要な資格やスキルがなく単調な作業が多いので、集中力のある人には向いています。

特に夜勤の場合は人手不足の企業も多いため、募集も少なくありません。しかし立ちっぱなしや同じ姿勢で作業するため身体に負担がかかりやすい仕事でもあります。

人との関わりが少ない仕事④配達員

近年急増している配達員は、移動時間が多いので人との関わりが少なくて済みます。配達先で多少の会話は必要ですが、マニュアルがあるので未経験でも安心して始めることができるでしょう。

自転車を使えば運動にもなり、引きこもりで運動不足になった身体にもおすすめです。バイクの免許があれば選べる仕事の幅も広がり、社会復帰のきっかけにもなります。

人との関わりが少ない仕事⑤介護職員

少しでもコミニュケーションをとってみよう、という意欲のある方は介護職員に挑戦してみるのもおすすめです。慢性的な人手不足となっている仕事なので、やる気さえあれば始めることが可能です。

特別な資格を必要としない場合も多いですが、資格があればできる仕事も増えていきます。気配りができてある程度のマナー、体力に自身がある、復帰後に介護関係の仕事がしたいなら介護職員も向いています。

引きこもりの人が仕事探しする際の支援サービス

どこで仕事を探したら良いのか分からない、どうやって始めればよいのか、など引きこもりの人が仕事探しをするには色々な不安がつきまといます。そこで仕事探しを支援してくれるサービスがあるので利用してみましょう。

引きこもりが利用できる支援①ハローワーク

職探しと言えばハローワークではないでしょうか。厚生労働省が設置している公共職業安定所で、仕事探しをするだけでなく就職するための相談にも乗ってくれます。

様々な疑問や不安を解消するための無料相談やセミナーも開催されているので、まずはセミナーに参加してみるのも良いでしょう。セミナーでは履歴書の書き方や面接のやり方なども教えてくれます。

また、仕事をする上で必要なスキルを身につけることができる職業訓練への申込みも可能です。ハローワークにはスーツで行く必要はなく、普段着でOKなので気軽に行くことができますが、最低限の身だしなみはチェックしておきましょう。

引きこもりが利用できる支援②就労移行支援事業所

就労移行支援事業所は基本的に障害のある方への就職をサポートするための事業所ですが、場合によっては引きこもりでも利用することが可能です。

多くの場合、引きこもってから仕事を始めようとしても、色々な不安や疑問を感じて前に進むことが難しくなります。

就労移行支援事業所では仕事に必要な一般的なマナーやスキルを学ぶための職業訓練や面接対策など、就活に必要なサポートが充実しています。仕事が決まったあとのフォローを受けることもでき、不安担ったときに相談できます。

引きこもり状態を脱却して仕事を始めてみよう

長く引きこもっている状態の人でも、少しのやる気と行動を起こすことができれば仕事を始めることも可能です。

こちらで紹介している仕事以外にもできることはたくさんあります。自分が挑戦できる範囲をしっかりと把握して、引きこもり状態から脱却してみましょう!

その他関連記事はこちら



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。