記事作成日:

【2021】スキレットおすすめ18選!選び方のポイントは何?

スキレットはアウトドアでも使用できる人気の調理器具で、おうち時間が増えて料理のレパートリーを増やしたい方にもおすすめのアイテムです。ここではスキレットの魅力や選び方、人気おすすめ製品をたっぷりとご紹介していきます。見た目もおしゃれで料理も美味しくできるので、ぜひ使いやすいスキレットを探してみてください。

そもそもスキレットとは?

スキレットは以前から調理器具として販売はされていましたが、数年前から流行りだし、アウトドア人気も高まってより注目を浴びるようになりました。

スキレットという名前で販売されている物は数多くありますが、何を基準にスキレットと呼ぶのかを知らない方も多いのではないでしょうか。まずは、スキレットはどういったものなのか、チェックしていきましょう。

スキレットとは

スキレットは、鋳鉄製のフライパンで厚みがあるのが特徴です。スキレットは小さいフライパンのことを指すイメージがあるかもしれませんが、大きさも様々です。鋳鉄製のため一般的なフライパンの比べると重さはあります。

スキレットの魅力

スキレットの魅力は、熱伝導性がよく均一に火が通るので、旨味をじっくり閉じ込めることです。アヒージョを作る際にも最適で、じっくり火を通して旨味を引き出すことができるので、スキレット料理の定番にもなっています。

商品によっては熱伝導性があまりに良いため、弱火や中火での調理を推奨しているタイプもあります。強火で調理すると熱があっという間に伝わって焦げてしまう程なので、熱伝導性の良さは使うと驚く方も多いかもしれません。

また、直火にかけられるのでキャンプでも大活躍です。焼くことはもちろん、煮る、蓋があれば蒸すことも出来るので、料理の幅が広がります。一人用の小さいタイプならソロキャンプやツーリングの際でも荷物をコンパクトにすることも出来ます。

スキレットの上手な選び方

ここからはスキレットの上手な選び方をご紹介していきます。スキレットと言っても様々なタイプがあるので、これもスキレットなの?と思うものもあるかもしれません。選び方を参考に使いやすいタイプを絞ってみましょう。

選び方①形状

選び方1つ目は形状です。一般的には丸形で片方の持ち手がついてる形状が多いですが、卵焼き器のような角型のものもあります。作る料理によっては角型が向いているものもあるので、使い勝手が良い方を選びましょう。迷う場合やまだ作る料理をそこまで決めていない方は、万能な丸型がおすすめです。

選び方②サイズ

続いてはサイズで選ぶ方法です。スキレット=小さいフライパンというイメージがついてしまっているのは、15cmくらいの1人用のものが調理器具コーナーなどで多く売られていることも理由のひとつです。そのサイズを買って失敗した、小さかったという方もいるのではないでしょうか。

他のサイズに目が向かないことも多いですが、もっと大きいサイズもあって、2~3人用として使う場合には22cmくらいあると使いやすいです。5人以上、大人数でキャンプすることがある場合は30cm以上のスキレットがおすすめで、1人用の倍の大きさのスキレットもサイズとしてあります。

15cmくらいのものがコンパクトで可愛らしく、いかにもスキレット、というイメージもあるのですが、2人以上の調理で使いたい場合はそれよりも大きいサイズのものを選びましょう。また、鋳鉄製だけあって、サイズが大きくなると比例して重さも重くなります。女性は大きいと扱いにくくなるので注意が必要です。

選び方③素材

選び方3つ目は素材です。素材は鋳鉄製のものがスキレットなのですが、メインは鋳鉄でも琺瑯(ホーロー)加工がされているものもあります。琺瑯はガラスが原料で、琺瑯鍋で特徴はご存知の方も多いかもしれませんが、汚れが付きにくく洗いやすいです。

琺瑯加工がされていると鋳鉄のみに比べると値段は高額になってはしまいますが、汚れの付着が少なく扱いやすい方が良い方は琺瑯加工がプラスされているものを探してみてください。

選び方④取っ手

続いては取っ手で選ぶ方法です。取っ手も一般的な片手のタイプ以外に、両手で持つタイプと片手で持ち手が長いタイプ、取っ手が外せるタイプがあります。片手で持つタイプは一般的なフライパンの取っ手よりも短いものも多く、取っ手も鋳鉄製だと熱いので素手では持てません。

キャンプなどで使う際に火が怖い、火傷をしたくないという方は、持ち手が長い方が調理もしやすく安全です。取っ手だけ木製などの熱くなりにくい素材を使ってる商品もあるので、素手で持ちたい方は取っ手の素材もチェックしてみてください。

また、腕力に自信がない方は、両手で持つタイプだとこぼす心配も少ないのでおすすめです。オーブンで使ったり、テーブルにそのまま出す時に取っ手が邪魔になる場合には、取っ手が外せるタイプが使いやすいでしょう。取っ手が外せるタイプは収納の際にも便利です。

選び方⑤IHへの対応

自宅でもスキレットの使用を考えている方で、キッチンがIHの方はIHに対応しているものから選ぶ必要があります。IHとガスでは違い、一般的なフライパンでもIHコンロの場合はIH対応のタイプを選んでいるはずです。

スキレットはIHでは使えなさそうな印象がありますが、IH対応商品もあるので、IHコンロの場合は対応商品の中から選んでください。

選び方⑥蓋の有無

最後は蓋の有無で選ぶ方法です。蓋があることで蒸し料理が出来るようになるため、多くの料理にチャレンジしたい方は蓋つきがおすすめです。蓋はセットになっている商品もあれば別売りになっている場合もあり、後から買い足すことも可能なものもあります。対応する蓋があるかどうか、購入前にチェックしておきましょう。

おしゃれで安い!人気メーカーのおすすめスキレット18選

ここからはおすすめのスキレットをご紹介していきます。おしゃれで頑丈そうな作りで高そうという印象があるかもしれませんが、お手頃価格のものもあります。長く愛用できるので、自分が使いやすいものを探してみてください。

おすすめ①LODGE ディープスキレット 蓋つき

LODGE ディープスキレット 蓋つき
LODGE ディープスキレット 蓋つき

対応可能調理器:コンロ,グリル,IH調理器,キャンプ・仕様 : 補助ハンドル,鋳鉄カバー付き
重量 : 7.3Kg・生産国 : アメリカ合衆国

こちらは、LODGEのディープスキレット 蓋つきです。ロッジはアメリカを代表する鋳鉄調理器具を扱うメーカーで、120年以上多くの方に愛されている老舗の商品です。長さ42.2 x幅32.5 x 高さ10.2cmで4.7ℓ入る大きいサイズで蓋が付属しています。コンロやグリル、IH調理器でも使用可能です。

浅いダッチオーブンとしても使用出来るので、様々な料理に使えます。重量が7.3kgあるので重みはありますが、丈夫で長く使えるので、買って損はない1台です。ロッジ製品は大豆油でシーズニング済みなので、お湯で洗えばすぐに使用出来ます。

おすすめ②Scanpan CS+ スキレット

Scanpan CS+ スキレット
Scanpan CS+ スキレット

食器洗い機対応で簡単にお手入れできます。

続いては、ScanpanのCS+ スキレットです。Scanpan(スキャンパン)は北欧デンマークの調理器具ブランドで、CS+ スキレットは食材と金属を直接触れ合わないようにするノンスティック加工が施されています。そのため焦げ付きにくいので、使いやすいです。

サイズは11インチで28cmほどの大きさなので、4人分の調理にも使いやすいです。フッ素樹脂加工のフライパンでよく使われている、耐熱性や耐薬品性に優れた界面活性剤のPFOAとPFOSが使用されていない製品なので、安全性も高い商品でしょう。

おすすめ③Carote ヘルパーハンドル付き 深いスキレット

Carote ヘルパーハンドル付き 深いスキレット
Carote ヘルパーハンドル付き 深いスキレット

あらゆるコンロに対応 – IH、均一かつ迅速に加熱。

Caroteのヘルパーハンドル付き 深いスキレットです。Caroteは1992年に設立のキッチン用品メーカーで、持ち手が木目調の暖かみのあるデザインでつかみやすいです。ノンスティック加工でPFOAフリーのため安全性もあり、お手入れも簡単です。

直径31.75×高さ約9cmと大きいですが、重さは約1.6kgとかなり軽量な上、人間工学に基づくデザインで腕に負担がかからないよう設計されているので、女性も使いやすいでしょう。ガスや電気コンロ、IHにも対応しています。

おすすめ④LODGE スキレット ディアーロゴ

LODGE スキレット ディアーロゴ
LODGE スキレット ディアーロゴ

対応調理器具: 直火、IHクッキングヒーター、ハロゲンヒーター、オーブン、食器洗浄機
サイズ: L42×H4.7cm・内径: 25.7cm

お手頃価格でまず、試しに使ってみたいという方におすすめなのが、LODGEのスキレット ディアーロゴです。鹿のデザインが裏面に入って可愛らしさがあり、サイズのバリエーションもありますがどれも1万円しない物ばかりでお手頃価格になっています。

10-1/4インチというサイズは深さ4.7cm、内径25.7cm厚み5mmで3~4人用サイズで、パスタやパエリアなどの料理にも使いやすいでしょう。直火やIHクッキングヒーター、ハロゲンヒーターにオーブン、食器洗浄機も使用可能なので、電子レンジ以外は使えるという優れものです。こちらも大豆油で慣らし済みなのですぐに使用出来ます。

おすすめ⑤Cuisinart ステンレス オープンスキレット

Cuisinart ステンレス オープンスキレット
Cuisinart ステンレス オープンスキレット

ステンレススチールは、食器洗い機のお手入れも簡単です。

続いては、Cuisinartのステンレス オープンスキレットです。Cuisinart(クイジナート)は、アメリカのトータルキッチン家電ブランドで、コードレスブレンダーが人気を集めています。ステンレス オープンスキレットはノンスティック加工が施されており、低脂肪調理が可能です。

サイズは長さ35.6x幅21.6 x高さ7cmとなっています。頑丈なステンレススチール製リベットスティックハンドルで、熱くなりにくく柄も長いので持ちやすく、シンプルで使いやすいデザインでおすすめです。

おすすめ⑥KitchenAid 焦げ付き防止 スキレット

KitchenAid 焦げ付き防止 スキレット
KitchenAid 焦げ付き防止 スキレット

お手入れ簡単: フライパンとガラスの蓋は食器洗い機対応で簡単に洗えます。

こちらは、KitchenAidの焦げ付き防止 スキレットです。KitchenAid(キッチンエイド)はアメリカで有名なキッチン用品のブランドで、スタンドミキサーが有名です。焦げ付き防止 スキレットは内部が3層のPFOA不使用のノンスティック加工になっていて、安全性もありながら丈夫で耐久性があります。

蓋がセットになっている商品で、フライパンとガラスの蓋は食器洗い機対応なのでお手入れも簡単です。長さ50.5x幅31.1 x高さ14.6cmで柄も長く、大人数のキャンプにも使いやすいサイズです。オーブンの使用も可能で、様々な料理に使えます。

おすすめ⑦Jeetee ノンスティックフライパン スキレット

Jeetee ノンスティックフライパン スキレット
Jeetee ノンスティックフライパン スキレット

商品直径 10 インチ
商品寸法 (長さx幅x高さ)

Jeeteeのノンスティックフライパン スキレットです。ベークライトハンドルは、人間工学に基づいているので握りやすく、木製なので火傷の心配もありません。ノンスティック加工が施されているのでお手入れも簡単で、油を使う量も少なくて済みます。

医療用石層をコーティングしており、PFOAフリーなので安全性も高いです。IHやガス、セラミック、電気&赤外線調理器に使用可能で、サイズは10インチで寸法は長さ40.6x幅25.4 x高さ12.7 cmです。取っ手を取りつけるためのリベットがスキレットの内側にないので、衛生面にも優れた商品と言えます。

おすすめ⑧LODGE スキレット 深型

LODGE スキレット 深型
LODGE スキレット 深型

対応調理器具: 直火、IHクッキングヒーター、ハロゲンヒーター、オーブン、食器洗浄機
サイズ: L約47.3×W約30.8×H約10cm

LODGEの商品をご紹介するのは3つ目になりますが、スキレット 深型はパンを焼いたり煮込み料理を作るのに使いやすいタイプです。サイズは長さ47.2x幅30.8 x高さ9.9cm、容量が4.7ℓと多いので、パスタを茹でたりするのにも使いやすいです。

直火やIHクッキングヒーター、ハロゲンヒーター、オーブン、食器洗浄機に対応していて、大豆油で慣らし済みの商品です。片手用の柄と直接つかむ持ち手の2つが付いているので、重くて持ち運べるか自信がない方でも安心です。

おすすめ⑨Petromax ファイアスキレット

Petromax ファイアスキレット
Petromax ファイアスキレット

寸法: 外径14インチ 上部エッジx 外径11.8インチ 底部x 奥行1.8インチ。

スキレットごと食卓に出したい方や、両手で持つ持ち手のタイプをお探しの方におすすめなのが、Petromaxのファイアスキレットです。外径は14インチで約36cmとかなり大きめで、重さは約4kgほどで、容量は最大で3.5ℓとなっています。

ガスや直火、オーブンで使用出来、熱をよく保存するのでスキレットごと直接食卓に並べても温かいまま食べてもらえるので便利な上、見栄えもいいのでパエリアなどの料理も映えます。オーブンが使えるので、キッシュやシチューなどの調理にも使いやすいので、おすすめです。

おすすめ⑩Weber ダッチオーブン スキレット

Weber ダッチオーブン スキレット
Weber ダッチオーブン スキレット

商品寸法 (長さx幅x高さ) 51.3 x 19.3 x 52.8 cm

続いてはアメリカでバーベキューグリルのNO1シェアを誇るブランド、Weberのダッチオーブン スキレットをご紹介していきます。こちらも両手で持つタイプの取っ手が付いており、中華鍋のような底が丸い形状をしているので、炒め物が作りやすく、量が多くてもも混ぜやすいので様々な料理に使えます。

寸法は長さ51.3x幅19.3 x高さ52.8cmとかなり大きいので、大人数の炒め物でも水分と旨味を閉じ込めるので、初心者にも使いやすいです。

おすすめ⑪Westinghouse ノンスティック スキレット

Westinghouse ノンスティック スキレット
Westinghouse ノンスティック スキレット

耐久性のあるノンスティック大理石コーティング仕上げ。
手洗いまたは食器洗い機で簡単に洗えます。

Westinghouseのノンスティック スキレットは、3層のノンスティック大理石コーティング仕上げで耐久性がありながら、オイルやバターを引かずに炒め物をしても焦げ付かないので、ヘルシーな炒め料理も作れます。片手の持ち手はシリコンハンドルになっているので、持っても熱くなりませんん。

IHや直火、ガス、食器洗い機、ホットプレートにも対応しており、PFOA毒素フリーで安全性もあります。サイズは9.5インチで約24cm程、容量はkgで2.3人用にちょうど良いサイズです。

おすすめ⑫LODGE スキレット 鋳鉄製 シーズニング 強化ガラス製ふた付き

LODGE スキレット 鋳鉄製 シーズニング 慣らし済み
LODGE スキレット 鋳鉄製 シーズニング 慣らし済み

鋳鉄製と言えば、やはりLODGE製のものでおすすめ商品が多いのですが、スキレット 鋳鉄製 シーズニング 強化ガラス製ふた付きは、プロが厨房でも使う調理器具です。強化ガラス製の蓋なので高温や長時間の料理にも安心で、ガラス製なので中も確認出来るので料理がしやすいです。

食器洗い機やオーブンも使用可能で、サイズは12インチで約30cm程となっています。こちらの商品ももちろんシーズニング済みなので、すぐに使えて便利です。

おすすめ⑬Le Creuset エナメル鋳鉄製ハンドルスキレット

Le Creuset エナメル鋳鉄製ハンドルスキレット
Le Creuset エナメル鋳鉄製ハンドルスキレット

ホーロー鋳鉄構造で保温性に優れています。 食器洗い機使用可で素早く便利に洗えます。

ホーロー鍋やココットでもお馴染み、Le Creusetのエナメル鋳鉄製ハンドルスキレットです。ホーロー鋳鉄構造で保温性も高く、油もほぼ引かずに調理が出来ます。ル・クルーゼの商品らしく、色合いが落ち着いた色合いながら可愛さもある商品なので、プレゼントにもおすすめです。

カラーは暗い青と白の2色があります。取っ手は両手で持てるように2つ付いていて、柄の方はオーブンミットを付けていも持ち上げやすい形状になっています。サイズは10.25インチで約26cmほどで、食卓にそのまま出しても映えます。

おすすめ⑭KOCH SYSTEME CS スキレット

KOCH SYSTEME CS スキレット
KOCH SYSTEME CS スキレット

12インチのフライパンの底面は、IH、電気、ガス、セラミックストーブトップを含むほとんどのストーブにフィットするよう3層構造になっています

KOCH SYSTEME CSのスキレットは、ノンスティック加工が施されて、100% PFOA &APEOフリーなので安全性が高い商品です。鍛造アルミニウム合金製で3層構造になっているので、高速熱伝達と均一な熱伝導で温度から低温での調理で料理が出来ます。

IHや電気、ガス、セラミックストーブトップ、オーブンにも対応しており、ガラス蓋もセットになっているので揚げ物や炒め物、蒸し料理や煮沸にも使えるので多目的に使えます。サイズは12インチで約30cm程で、ハンドルは人間工学に基づいて設計されているので持ちやすいです。

おすすめ⑮Fortune Candy 蓋付き 3層スキレット

Fortune Candy 蓋付き 3層スキレット
Fortune Candy 蓋付き 3層スキレット

三層接着構造は、全体を均等に加熱するためのアルミニウムコアを密閉したダブルステンレススチールで構成されています。 LFGB認証。

Fortune Candyの蓋付き 3層スキレットは、ノンスティック加工が施されていて3層構造のスキレットです。欧州及び米国における食器や調理器具に関す安全性の基準を定めたLFGBの認証を得ているので安全性も高い商品です。

色はシルバーで美しく、サイズは8インチと10インチがあってどちらも使い勝手が良いサイズになっています。テンレススチールの蓋がセットになっているので、蒸し料理や油跳ねの防止に使えます。IHやガス、電気と食器洗い機に対応、鋳造ステンレス鋼の輪郭ハンドルは誰でも持ちやすくフィットする形状になっています。

おすすめ⑯Caannasweis ノンスティックスキレット

Caannasweis ノンスティックスキレット
Caannasweis ノンスティックスキレット

高品質のアルミ合金素材と磁石付きのベースを組み合わせることで、素早く熱伝達し、長時間の使用が可能です。

Caannasweisのノンスティックスキレットは、100%PFOA、PTFE、鉛、カドミウムフリーのノンスティックコーティングが施されており、安全性を重視したい方におすすめのスキレットです。大理石のような模様と、人間工学に基づいた木目ハンドルが暖かみのある風合いになっています。

IHやガス、セラミック、電気、ハロゲン、固形燃料調理器などの調理器具が使用可能で、流線型のデザインで快適な調理を実現します。様々なサイズのバリエーションがあって、自分が使いやすいものを選びやすいです。価格もお手頃です。

おすすめ⑰LODGE スクエアスキレット 鋳鉄

LODGE スクエアスキレット 鋳鉄
LODGE スクエアスキレット 鋳鉄

対応可能調理器:コンロ,グリル,IH調理器,キャンプ・お手入れ方法 : 手洗い,乾燥,クッキングオイル塗布

角型のスキレットをお探しの方におすすめなのが、LODGEのスクエアスキレット 鋳鉄です。サイズは長さ26.4x幅38.9 x高さ8.9cmで、角型を生かした料理を作るのに最適です。スイーツや卵料理作りにもおすすめで、カットも四角く綺麗に取り分けられます。

深さもあるので揚げ物にも使いやすく、食パンも入るサイズなのでフレンチトーストを作るのにもピッタリです。別売りの強化ガラスの蓋を購入すればダッチオーブンとしても使用出来ます。コンロやグリル,IH調理器にも使用出来るので、キャンプだけでなく日常使いにもおすすめです。こちらの商品もシーズニング済みです。

おすすめ⑱DeBuyer スチールスキレット

DeBuyer スチールスキレット
DeBuyer スチールスキレット

12.6 インチ

最後はDeBuyerのスチールスキレットです。DeBuyer(デバイヤー)はフランスの老舗調理器具メーカーで、シンプルなデザインでシルバーグレーの色合いが、持っているだけで料理人になったような気分にさせてくれる輝きがあります。

サイズは12.6インチで直径32cm、高さは4.3cmで容量が2.7ℓ入ります。持ち手が2つあり、柄のみで持てなくてももう一か所を使えば簡単に運べるので便利です。価格も1万円しないので、試しに使いたいという方にもおすすめです。

スキレットを使う前にシーズニングしよう

商品紹介のところでも、何点かこの商品はシーズニング済み、というものをご紹介しましたが、スキレットは使用する前にシーズニングをする必要があります。シーズニングは、英語で調味料や乾燥という意味がある言葉で、新品のスキレットには錆止め剤が塗ってあることが多いため、それを落とす必要があります。

ワックスを落とさずに調理してしまうと料理にワックスの臭いが付いてしまい、台無しになります。シーズニングの一般的な方法は、まずスキレット全体を洗剤で洗い、コンロの火にかけて水分を飛ばします。火を消したら、サイドや裏面なども薄く油を塗っていきます。

その後はコンロで中火にかけ、煙が出るまで空焚きを行います。煙が出たら火を弱め、煙がなくなるまで焼いたら火を止めます。スキレットが熱いうちに再度油を塗ったら完了です。商品によってシーズニングの方法が取扱書に載っていることもあるので、指示がある場合はそちらを参考にしてみてください。

シーズニングをすることによって、錆を防いだり焦げ付きを防いでくれる効果があります。油を薄く塗って空焼きするを何度かしておくと、油のなじみが良くなって使いやすくなります。熱いうちに油を塗るのは、トングを使ってキッチンペーパーで油を塗っていくと火傷も防げるのでおすすめです。

スキレットで料理の幅を広げよう

おすすめのスキレットをご紹介してまいりましたが、種類も多くて余計に迷ってしまったという方もいるかもしれせん。IHでも使用可能なものや蓋が付いている物、深さがあるためダッチオーブンとしても利用出来るものなど、魅力的なスキレットがたくさんあるので、選び方を参考に自分が使いやすいものを選んでみてください。

スキレットがあると、旨味を閉じ込めた料理が作れるので、美味しさも上がってさらに料理にのめり込めるはずです。おうち時間が増えて料理に目覚めた方や、ソロキャンプで美味しい料理を作りたい方も、ぜひスキレットを手に入れて、料理の幅を広げてください。

その他関連記事はこちら



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。