トロ舟オススメ5選 | 左官だけじゃない?!人気のサイズや使い道をご紹介!

引用:pixabay
トロ舟という道具をご存知でしょうか?セメントやコンクリートを練るときに使うプラスチックの容器のことです。左官業ではセメントと砂に水を加えて練ったものを「トロ」と呼びます。最近ではホームセンターでも売られていますね。プラ舟、タフ舟などとも呼び、サイズもいろいろあります。本日は人気のサイズとトロ舟の使い道をご紹介しましょう!

大和技研 タフブネEX 20型

引用:Amazon
まずは小さいサイズから。こちらは20型の家庭的なサイズです。丈夫で使い勝手が良いので評判は上々です。

大和技研 タフブネEX 20型 グリーン プラスチック強靭舟
大和技研 タフブネEX 20型 グリーン プラスチック強靭舟

材質:ポリプロピレン
重量:1.06Kg
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

『砂利3リットル、モルタル3リットルの計6リットルくらいまでの量を混ぜるのにちょうどよかったです。』
『車に轢かれてしまいましたが傷がついたくらいで破損はしませんでした。』
出典:Amazon

リス プラ舟 40

引用:Amazon
一番人気があるサイズはこの40型ではないでしょうか。特にこの製品を作っているリス産業はプラスチック製品のパイオニアで、左官に用いる資材は耐衝撃素材を用いた、プロユースにも耐える製品を開発しています。

リス プラ舟 40
リス プラ舟 40

内寸:幅560×奥行418×高さ174mm
外寸:幅610×奥行468×高さ185mm
底寸(内側):幅505×奥行352mm
重量:1.9kg
材質:PP(耐衝撃)
容量:36L
カラー:グリーン
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

『頑丈でいと思います。メダカを入れてますが問題ないです。』
『流行のベランダ・ビオトープを、自分でもやりたい!って思っている人にはこれがお奨めのプラ舟。』
出典:Amazon

シンワ ブル・コンテナ FP-110

引用:Amazon
ショップによっては「トロ舟」と明記していない店舗もあります。こちらはサイズ展開が40L~110Lまであり、色はグリーンとブルーがあります。

シンワ ブル・コンテナ FP-110 グリーン FP-110-G 角槽
シンワ ブル・コンテナ FP-110 グリーン FP-110-G 角槽

原産国:日本
外形寸法(mm)間口×奥行×高さ:1020×700×220
色:グリーン
有効内寸(mm)間口×奥行×高さ:940×627×206
容量(L):110
本体、ポリプロピレン(PP)
目盛り彫刻付
ポリプロピレン(PP)
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

『ホームセンターで同サイズはお値段倍以上。こちらは安価だけど物はしっかりしててサイズもバッチリ砂は40リットルでちょうどいいです。』
『孫の砂場遊びに購入しました。大きく、しっかりした作りでそれでいて軽いのがいいですね。』
出典:Amazon

プラ箱 40型 黒

引用:Amazon
黒のカラーも人気があります。特にビオトープに使用している方が多い点にも注目です。シックでオシャレなビオトープに仕上がるでしょう♪

プラ箱 40型 黒 いろいろ使える便利なプラブネ
プラ箱 40型 黒 いろいろ使える便利なプラブネ

プラ箱 40型 黒 
約600横 約455縦 190高
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

『バケツじゃセメントは、練らないね!これは、使えます!自転車などのパンク修理などのにも使えます!』
『これは、メダカが喜んで自由自在に泳げるので、メダカのストレスにもならなく最高です。』
出典:Amazon

赤長 DIYトロ舟 ブラック 60L

引用:Amazon
こちらはコンクリートなどの練り作業の他、野菜洗いやビオトープ、中にはネコ用のトイレとして使用されている方も。なるほど!な使い方ですね。

赤長 DIYトロ舟 ブラック 60L 約410×715×207mm
赤長 DIYトロ舟 ブラック 60L 約410×715×207mm

底面寸法(外寸):約715mm×410mm×高さ207mm
上部寸法(外寸):約820mm×511mm
色:ブラック
材質:PE(ポリプロピレン)
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

『屋外のランチュウ飼育に購入しました。金魚の色が更に鮮やかに観えます。』
『安くて大きさもよく、連休で使用しました。又多目的に使います。』
出典:Amazon

使い道は人それぞれ

本来の使い方は左官の時に材料を練るという使い方をしますが、Amazonのレビューでも多くの口コミがあるように、最近では全く違った使い方もされています。なので一例をご紹介しますね。

オイル交換のオイルパンとして

家庭で車やバイクのオイル交換をする時に、古いオイルを受けるオイルパンとして代用。

ビオトープの材料に

近年人気のビオトープでは、水生生物(金魚やメダカなど)をトロ舟で飼育している人が増えてきました。池の代わりに使用する人も。

箱庭作りに

自宅に本格的な庭は作れなくても箱庭なら小スペースでOK。中に砂利や石を置いたり、枯山水をイメージして作ったりしても楽しいですね。

ガーデニングの土作りに

ガーデニングでは赤土や鹿沼土など、いろいろな種類の土と腐葉土などを混ぜて土を作ります。その混ぜるときに丁度良い大きさです。

アイデア次第で色んな使い方ができます

トロ舟は手頃な大きさのプラスチック容器なのでアイデア次第でさまざまな使い方ができます。倉庫の整理に使うも良し、車のトランクで使ったり、アウトドアにも活躍します。女性の方なら塗装で可愛くデコっちゃうのはいかがですか?

★★トロ舟を購入したら次はコレを試してみて!★★

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事