記事作成日:

【派遣社員】のメリット・デメリットとは?正社員との違いも解説!

派遣社員という存在がすっかり根付いています。しかし派遣社員とは何かと聞かれると、ハッキリと明言しにくいものではないでしょうか。そこでここでは、派遣社員についての基本情報や仕事内容、給料など、分かりやすく情報をまとめてみました。

もちろんメリットやデメリットについても解説していますので、派遣社員で働きたい方や気になる方は、ぜひこちらを参考にしてみて下さい。実際に働く前に、派遣社員について知りましょう。

派遣社員と正社員の違いとは?

アルバイト、パート、派遣社員、正社員など、現在の働くスタイルの種類は大きく増えました。しかし派遣社員と正社員ではどのように違うのでしょうか。様々な観点からお互いの存在を比較することによって、その違いをチェックしてみましょう。

派遣社員と正社員の雇用形態の違い

まず派遣社員と正社員は雇用期間がまったく違います。正社員は企業で契約を結ぶため、基本は定年まで働けるシステムになっています。そこにプラスされるように、昇給制度、ボーナス支給、退職金支給、福利厚生といった体制がしっかりしているので、安定していると言えるでしょう。

その代わりに時間に自由がきくとは言いずらい部分もあって、急な転勤や部署移動、拘束時間が長いなど、デメリットな部分も確かにあります。最近は育休制度も充実している企業は増えてはいるものの、子育てと仕事の両立両立はなかなか難しいという現実問題が残っています。

派遣社員と正社員の仕事の違い

仕事のベースとしては正社員、派遣社員共に同じなのですが、責任感のある仕事は正社員に振られることがほとんどです。更に雑務や周りのサポート、会議への出席など、仕事の量が多いのが正社員です。

一方派遣社員は決められた仕事を時間内にこなすことが基本で、雑用などは滅多に頼まれることはありません。仕事内容にもよりますが1つの仕事に集中することができるので、完成度の高い仕事を目指せます。

派遣社員と正社員の給料の違い

ご存知の通り正社員は月給制、派遣社員は時給で給料が発生します。働けば働く分だけ給料が出るのが大きなメリットですが、休むとその分給料が出なくなるというのがデメリットでしょう。

ちなみにしっかりと残業代が発生しているのは派遣社員の方なので、働き方によっては派遣社員の方が給料が良いなんていうこともあるかもしれません。働き方次第でたくさんのメリットが生まれます。

派遣社員のメリットとデメリット

ここからは更に派遣社員について深く掘り下げていきたいと思います。派遣社員であることのメリットやデメリットを知ることで、今後の働き方も見つかるのではないでしょうか。

派遣社員のメリット

派遣社員は正社員とは違ってご自身が希望する仕事内容、職種、時間で働くことができるので、比較的自由に働けるというのが最大のメリットです。プライベートや子育てを優先したい方にもおすすめな働き方で、基本的に縛られるようなことはありません。

また契約期間が終了すれば他の職種に転職することも可能なので、知識と経験をつむことでご自身のスキルアップに繋がるでしょう。もちろん未経験から仕事をスタートさせることも可能なので、そこは企業と相談をしてみるべきです。

仮に職場で何かトラブルがあったり、悩みが発生したとしても、派遣会社に相談をすることで解決することがあります。上司と直接話せなくても派遣会社となら話しやすいので、ストレスを溜めずにすむはずです。

正社員だとその悩みが解消されないまま月日が経過してしまって、仕事を続けたくても続けられない状況になる可能性もあります。ある意味派遣社員の方が、働きやすい環境が整っているのかもしれません。

派遣社員のデメリット

派遣社員最大のデメリットは、毎月の収入が安定しないというところではないでしょうか。企業によっては福利厚生がしっかりしていないところもあって、更に不安になります。契約更新することで働き続けることができるシステムである以上、まずは契約更新されないと働くことすら叶いません。

急に体調が悪くなったり、休まなければいけなくなるともちろん給料は出ないので、更に金銭面が不安定になります。また仕事の出来次第では給料が上がらないなんていうことも当たり前なので、将来が不安になるという意見も実際にあります。

正社員のメリットとデメリット

正社員で働いた場合、どのようなことが待っているのでしょうか。ここでは正社員のメリット・デメリットを確認して、今後の働き方を見つめなおしましょう。

正社員のメリット

正社員はマジメに働いている分には、クビにされることはなく、定年まで安定して働けます。働くほど昇格していくチャンスも増えるので、給料面も年々アップしていく傾向にあります。更にボーナスや退職金が用意されているため、生活が安定するはずです。

もちろん福利厚生が充実しているというところも魅力で、充実した仕事になるのではないでしょうか。派遣社員と比べてみても、給料面、福利厚生、昇格チャンスなどはあると言えます。

正社員のデメリット

正社員は派遣社員とは違って、1日フルタイムで働き続けなければなりません。有給などはありますが実際は休みづらいケースもあって、決まった休日以外は休めないという方もいるでしょう。また正規の仕事だけではなく雑務も多いので、スムーズな仕事運びができないこともありえるでしょう。

時には休日出勤や残業が強いられることもあって、プライベートの時間を削る日もあります。しかしホワイト企業はフレックスタイムを導入しているところもあるので、解決できる部分もあります。

派遣社員に向いてる人の特徴

正社員で働くのか、派遣社員として働くのか悩んでいる時は、まずご自身がどのような形態で働きたいのかについてじっくり考えてみるべきです。ここでは派遣社員向きの方の特徴をまとめていますので、参考までにチェックしてみましょう。

特徴①仕事とプライベートを両立させたい

派遣社員だと働く前から契約で仕事内容が決められているので、早出になったり、残業をしたり、休日出勤したりと、予想外の仕事を入れられるようなことがありません。ご自身の希望する時間帯だけで働くことができるので、その分プライベートを優先することができます。

空いた時間で旅行に行ってみたり、出かけてみたり、子育てに力を入れたりと、時間の使い方は自由です。仕事とプライベートを充実させたい方は、派遣社員を検討してみてはいかがでしょうか。

特徴②スキルアップしたい

もし資格を持っているのであれば、派遣社員として働くことで知識や経験をより高めることができるので、自然とスキルアップしていくようになります。同じ企業で働き続けるのも良いのですが、別の企業で働くことで、更に別の経験を得られるでしょう。

それを繰り返していくことによって、将来は誰にも劣らないスペシャリストになっているかもしれません。スキルを身につけることは今後の給料にも大きく影響しますので、必ずプラスになるはずです。

特徴③副業として仕事したい

副業を始めたいという方にも、派遣社員はおすすめできます。ベースで働いている職場があっても更に稼ぎたい時に凄く便利で、空き時間を利用して別の仕事で稼ぐことができます。正社員のように副業禁止といったルールがないので、自由な働き方ができます。

自分なりの働き方のベースができあがることで、より充実した仕事を毎日送れるようになるでしょう。副業と主な仕事を両立して、スキルも給料もアップさせましょう。

派遣社員から正社員になるには?

派遣社員で働くことによって、その企業の良いところが見つかることもあるでしょう。もしこのまま派遣社員としてではなく正社員として働きたい時は、紹介予定派遣として働き始めてみましょう。

企業に入った時は派遣社員ですが、6か月間働き続けることで、正社員へチェンジできるチャンスが訪れます。もちろん普段の仕事の内容や出来次第ではありますが、企業側が承諾してくれれば、晴れて正社員の仲間入りとなります。

または思いきって派遣社員であることを辞めて、1から正社員として入社できるように面接を受けてみましょう。大企業や人気企業になるほどハードルが高くなってしまいますが、そのまま正社員になれるケースも十分にあります。

これまでの派遣社員の経験と知識、スキルを活かしながら、正社員になって長く安定した職を獲得するのも良い選択肢です。派遣社員でいると、未来の可能性がどんどん切り開けます。

自分に合った働き方を見つけよう

今の時代は必ずしも正社員で働く必要はありません。派遣社員として働くことによって時間の使い方も自由になることもあるので、うまく利用しながら、仕事もプライベートも大事にしましょう。またスキルアップを目指すこともできるので、派遣社員の方がご自身の成長に繋がることもあるはずです。

その他関連記事はこちら


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。