培養土おすすめ5選|植物の種類別に人気の高いタイプをピックアップ

引用:pixabay
配合の手間もなく、袋を開ければすぐ使える培養土。土壌改良材や肥料など、植物の種類に合った適切な原料が予め土にブレンドされているため、栽培初心者でも手軽に安心して栽培を始めることができます。今回の記事では、人気の高い培養土を5つ、植物の種類別にご紹介します。

花・野菜用

引用:Amazon
ベランダ菜園やプランターを使った園芸にぴったりの培養土です。花、野菜全般に使えるので、いろいろなものを育ててみたい方にはぜひおすすめです。元肥が入っているので、肥料を混合する手間もありません。ここで紹介するのは25L入りですが、ほかに12L・14Lもあり必要な量に合わせて購入できます。

アイリスオーヤマ 培養土 花・野菜の培養土 ゴールデン粒状培養土配合
アイリスオーヤマ 培養土 花・野菜の培養土 ゴールデン粒状培養土配合

生産国:日本
素材:バーク堆肥、粒状培養土、パーライト、他
仕様:ゴールデン粒状培養土配合

「ビオラやパンジーの鉢植えに使っています。大きく育っています。」
「元肥が入っていて、このまますぐ使えて便利です。」
出典:Amazon

メーカー:アイリスオーヤマ
適合:花・野菜用
容量:25L

観葉植物用

引用:Amazon
上で紹介した花・野菜用と同じく、ゴールデン粒状培養土を使用したアイリスオーヤマの製品です。こちらはパーライトや軽石を配合して一層通気性を高めているほか、粒状の土で根腐れのリスクを抑えているのもポイントです。土の粒が飛散しにくく扱いやすい点でも好評です。

アイリスオーヤマ 培養土 ゴールデン粒状培養土 観葉植物用
アイリスオーヤマ 培養土 ゴールデン粒状培養土 観葉植物用

生産国:中国(大連)
素材:粒土、軽石、バーミキュライト、パーライト、緩効性肥料
仕様:団粒構造、加熱処理済、軽石配合による通気性、観葉植物用
適応植物 : ドラセナ(幸福の木)、ポトス、アイビー、ベンジャミン、ホンコンカポックなど

「こちらの土に総入れ替えしたら、観葉植物がとても元気になりました!」
「エバーフレッシュとパキラの植え替えに使用したところ、葉色がとても良くなりました。」
出典:Amazon

メーカー:アイリスオーヤマ
適合:観葉植物用
容量 : 14L

バラ・ミニバラ用

引用:Amazon
バラ・ミニバラの栽培にこだわった専用の培養土です。ふかふかした軽い感触の土で、バラの弱い根を保護し根張りを良くします。カニ殻の成分が土壌微生物のエサとなることで病原菌の増殖を抑える効果もあります。シリーズでバラ用の堆肥・マルチング材・肥料・菌根菌もあるので、合わせて試してみると良いでしょう。

自然応用科学 薔薇のこだわり培養土 5L
自然応用科学 薔薇のこだわり培養土 5L

原産国:日本(岐阜)
バラの専用土

「まるで花束のようにたくさんの花が咲きました。」
「バラ初心者ですが、この培養土を使ったところたくさん咲かせることができました。」
出典:Amazon

メーカー:自然応用科学
適合:バラ・ミニバラ
充填時容量:5L

果樹・庭木用

引用:Amazon
保水性と排水性を高め、果樹や庭木の苗木をしっかりとささえる培養土です。リン酸分の効果により、庭木の色を鮮やかに、果樹の実をおいしく育ててくれます。

瀬戸ヶ原花苑 果樹や庭木の培養土
瀬戸ヶ原花苑 果樹や庭木の培養土

PH:5.5〜6.5
EC:1.0±0.5
成分 ココピート、焼土、バーク堆肥、そば殻堆肥、鹿沼土、くん炭等

「水はけが他の土よりも良く、ブドウや柑橘の鉢にぴったりです。」
「秋〜冬にかけてこちらの培養土を庭木の根本に使用したところ、春にはいつもよりも大きな花が咲きました。」
出典:Amazon

メーカー:瀬戸ヶ原花苑
適合:果樹・庭木全般
充填時容量:25L

サボテン・多肉植物用

引用:Amazon
軽石や鹿沼土をメインに配合した、サラサラした白っぽい色の土です。水はけが良く、サボテンや多肉植物に最適です。見た目にも綺麗ですし、乾いた時に色の変化で分かりやすく、水やりのタイミングを管理しやすいという点でも優れています。最近人気の高い、多肉植物の寄せ植え用としてもおすすめです。

平和 サボテンの培養土 5リットル
平和 サボテンの培養土 5リットル

主原料:鹿沼土、軽石、ゼオライト、パーライト等
適用容器:プラ鉢、テラコッタ、駄温鉢、木製鉢

「粒が非常に均一で、他のサボテン用・多肉用の土よりも使い勝手が良いです。」
「サボテンをこれ単独で育てていますが、とても元気です。」
出典:Amazon

メーカー:刀川平和農園
適合:各種サボテン、多肉植物類
充填時容量:25L

育てたい植物に合った培養土を選ぼう

どんな植物を育てる場合でも、土作りは大切な第一歩。植物によって、最適な水はけ・水もち加減や必要な肥料は異なります。初心者の方は、どんな基本用土や改良用土が使用されているかを確認し、自分で土作りを行う際の参考にするのも良いですね。

★★土を作るなら道具にもこだわってみませんか?★★

★★ガーデニングは個性が活かせますね。アイデア勝負!★★

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事