月イチファーマーでも野菜が作れる!自然農法とは

引用:aglinLIFE

自然栽培って普通の農業と何が違うの?畑を耕さず、肥料もやらず、水やりもしない。ほとんどほったらかしでもオッケーな自然の栽培の特徴や簡単な実践方法についてご紹介します。

自然栽培の畑は草ボーボーだけど落ち着く風景

引用:aglinLIFE

「自然栽培」とは自然の力をいかんなく引きだす永続的かつ体系的な農業方式の呼称です。肥料・農薬には頼らず植物と土の本来持つ力を引き出す農業です。

自然栽培は、一切の肥料・農薬を使用しません。
「自然栽培」の定義は自然界を教師にして、自然から学び、自然を尊びながら自然に添っていく。そして大自然の法則を田畑に応用するという農法です。
引用:自然栽培全国普及会

自然栽培は自然農法という考え方から生まれた栽培方法の一つです。自然農法は、不耕起(耕さない)、不除草(除草しない)、不施肥(肥料を与えない)、無農薬(農薬を使用しない)を特徴とする農法で、提唱者によって多少の違いがありますが、なるべく自然に近い環境作りを行って野菜を育てるという農法です。

自然農法 わら一本の革命

自然農法で著名な木村さんと川口さん

自然栽培で有名なのは、奇跡のりんごの木村秋則さんです。映画化もされましたね。リンゴ栽培には農薬が多く使用され、それは不可欠であるという長年の常識に打ち克ち、前代未聞の無農薬リンゴ栽培に成功した人です。この人も、とにかく自然の様子を観察することで自分の農法を編み出しました。

他には、自然農の川口由一さんは、「耕さず、肥料・農薬を用いず、草や虫を敵としない」という原則を掲げ、実践した人です。山に生えている自生の野菜や樹木は、誰も管理していないがきちんと実をつけます。自然はそのままで循環しており、土を耕すなど人間が余計な手を入れることでその植物が育つ循環を壊してしまうので、なるべく手を入れないという考え方です。

土の学校 (幻冬舎文庫)

自然農・栽培の手引き

自然栽培は雑草を抜かない

おさかなさん(@osakana2017)がシェアした投稿

雑草と言えば、どこにでも生え、簡単に増え、強くて枯れないというイメージです。畑に生えれば、作物へあげている肥料の養分を取られたり、害虫を呼ぶといって除草するのが普通です。しかし、自然栽培では、自然に生えてくる雑草にも意味があると考えます。雑草は、栽培をする野菜と同様に(植物にもともと区別はありませんよね)光合成をおこない、土に養分を与えます。また、葉によって日差しを遮り適度な湿度を保ちます。強く根を張ることで土を耕しもします。ですので、雑草を抜くことはしません。これから育てる作物と共生させていくのです。育てる作物が幼苗である場合には、どうしても雑草に負けてしまうのでそういった場合には、周りの雑草を刈ることはしますが、根っこは残します。刈った草は捨てずに畝の横や作物の周りにかけておきます。これを緑肥や草マルチというのですが、ゆっくりと分解され養分になるとともに、保湿と通気性、苗の保護の役割を果たすのです。

また、雑草をすべてなくしてしまうと、虫は作物の葉を食べに来ますが、ある程度雑草が残っていると虫はそちらを食べるのです。実は雑草に多いイネ科の植物を多くの虫は好むのですね。ということで害虫対策にもなります。まあ、後述しますが自然栽培では虫との共生も目指すので作物もある程度は虫に食べてもらうということをします。

雑草は土壌のバロメーター

Aiさん(@aica8333)がシェアした投稿

その土地にどのような種類の雑草が生えてくるかによって、その土地の状態がわかります。例えば、酸性でやけた土地にはスギナが生えます。スギナは肥料の主要成分であるリンやカリウムを放出するので土地が少しずつ豊になるのです。また、ススキやセイカアワダチソウなどもやせた土地に生え、その根っこで土地を耕します。そうして柔らかい土壌になってくると、カラスノエンドウやヨモギ、メヒシバ、ねこじゃらしなどが生えて来ます。その後、ハコベ、オオイヌフグリ、スベリヒユなどが生えてくるようになれば、作物が育つ土壌になってきたということ。もっと進むと、草は生えてこなくなるそうです。やはり土を改良するという意味を持って生えてくるのですね。このように、生えている草の種類を見ることで、その土地が酸性かそうでないか。肥沃かそうでないかなどが見てとれるのです。

畑にほとんどかける手間無し。なのに、他より美味しい!

引用:pixabay

自然栽培は、土作りもしない。肥料もやらない。もちろん農薬もまかない。なので、ほったらかし農法とも言われます。作物量を確保する必要がある、農家さんが自然栽培を行うのは難しいことです。しかし、家庭菜園で気軽に野菜作りをしたい人にとっては非常に取っつきやすいと思いませんか?初期投資はほとんど無しに近いです。一番始めは、土地に残った肥料や粘土質の層があることが多く、それを人為的に崩してやるほうが早いので天地を返したり畝つくりを行うこともありますが、その後は月一回畑に行くのでも野菜作りが可能です。水やりもしません。水やりをせず、厳しく育てることによって作物が自分で必死に根を伸ばすのです。そうすると、水ぶくれも肥料ぶくれも無い、野菜本来の味となるのです。その味・・・食べてみると驚きますよ。

ちなみに、プランターでも自然栽培を実践することが出来ます。プランターで自然に近い環境というのは矛盾していますが、畑が無いのであれば仕方がないですよね。プチトマトというのは非常に強い野菜ですのでプチトマトの苗を買って来ます。プランターに植える際、先端の葉だけを残してあとは葉っぱをとってしまいます。そして、先端だけが土から出るようにほとんどの根っこを土の中に埋めてしまいます。そうすると、トマトは埋められた茎からも根っこを出し、強く成長するのです。そして、トマトが少し成長したら大豆の種を撒きます。これは、大豆の根につく根粒菌の働きを借りて、土中にチッソを供給するために行うのです。そうすると、非常に美味しいプチトマトが収穫できますよ。栽培時、水はギリギリまであげないように栽培します。これが、プチトマトの木村式栽培法です。

(参考:HAPPY BIRTH CAFE プランターでできる木村式「自然栽培」トマト編 http://happybirthcafe.naganoblog.jp/e1502777.html)

自然栽培の理念を知れば、どこでも畑となる

引用:pixabay

自然栽培のお手本とするのが、自然の野山です。自然の精妙な仕組みを学び、その仲間に入れてもらうことで自然の恵みを分けてもらう自然栽培。こんなに気楽な農法ないですよ。それなのに、味はとびきり美味しいし、皮も根っこもまるごと食べることが出来ます。草を刈ったり、様子をみたりする必要はあるけど、今までの栽培方法に比べたら格段に楽です。自分で畑ごと、育ててみませんか

■関連したおすすめ記事はこちら

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事