[DIY]大掛かりな工事は不要!自宅で安く簡易防音室を自作する方法

引用:pixabay.com
何かと肩身の狭い現代の居住環境。これだけ賃貸物件が溢れている世の中なのに、未だに静粛性よりも低コストで沢山の部屋を作るために防音性が犠牲にされている現実があります。

昔ステータスだったラック式のコンポや大きなスピーカーはもはやスペースというより、音量の問題で現代のライフスタイルに合いません。それどころか、大きな声で歌を歌うのでさえ、近隣に気を使わないといけないような環境に私たちは住んでいます。

他人を気にせず大きな声で歌いたい、楽器を弾きたい、オーディオルームで良い音楽を気兼ねなく聴きたいetc…

そんな風に思ったことはありませんか?

今回は、DIYで簡易防音室を作るための色々なアイディアやグッズ、お部屋の改造法をご紹介します。賃貸でもできる、大掛かりな工事が必要なく安くつくれる、お手軽DIY防音ルームを一緒に作りませんか?

お部屋に組立てて設置できる本格派防音ルーム!?

引用:yamaha.com
まずは、既存の製品から紹介していきます。「防音室」というと、大掛かりなリフォームや、一からの住宅設計が必要になってくるイメージがありますが、近年ではお部屋の中にお部屋を組み立てる防音室が製品化されています。

複数の企業が開発・販売を行っていますが、その中でも最もポピュラーで手に入りやすいのがヤマハの「アビテックス」。

賃貸でも設置可能で、組立式の防音ルームとしてはかなり本格派の防音性能を持っています。ギター、オーディオはもちろんのこと、グランドピアノやドラムの演奏も、グレードによっては可能となる高い防音性を持っています。

お値段は新品で50万円台〜と、かなり高価ではありますが、建直しやフルリフォームから比べればリーズナブルで、しかも賃貸でも設置が可能です。

アビテックス防音室のメリット

 

【防音性が本格派】

ヤマハのアビテックスでは、日本工業規格により定められた遮音性能である「Dr等級」にて、Dr35〜Dr40程度の遮音性能を持っています。

本格的な防音スタジオのような高度な防音性能はありませんが、グランドピアノの音が、防音室の外では、日常会話や生活音と変わらないくらいの音量にまで小さくなります。アビテックスの外に、さらにお部屋の壁があるので、近隣へ伝わる音はほぼ気にならなくなります。

【賃貸でも設置可能】

賃貸のお部屋自体に穴を開けたり、壁を壊したりといった、特殊な工事が必要なく、組立て設置するだけなので許可を取る必要がありません。

本来的に、賃貸では許可なく改築や工事をおこなうことができませんが、これならばどこでも設置が可能です。

アビテックス防音室のデメリット

 

【値段がお高い】

どこでも設置可能なアビテックスですが、値段が張るのが考えどころ。50万円台から上位グレードは200万円台となります。

【簡単に組立や撤去ができない】

アビテックスを組み立てるのには、専門の業者さんに来てもらわなければいけません。自分で説明書を見ながら手軽に、というわけにはいかないのも考えどころです。

したがって、組立はもとより、移動や引越しによる撤去も、簡単にはできません。

組立カンタン!ダンボール防音室!?

さて、先ほど紹介した「アビテックス」を基準に、もっとお手軽な組立防音室を紹介していきます。

組立式 簡易防音室 だんぼっち
組立式 簡易防音室 だんぼっち

「だんぼっち」は、その名の通りダンボールでできた簡易防音室です。本格的な防音性は持ち合わせていませんが、もともとボーカルの練習用に開発されたものであり、上記アビテックスと比べると、価格ははるかにリーズナブル。素人でも説明書を見ながら自分で組立ができる手軽さや、処分のしやすさ、さらに、吸音材など、いろいろなオプションが発売されているので後からカスタムしていく楽しさもあります。デメリットは、防音性能がやや劣ることでしょうか。アビテックスと比べること自体、間違いですが、サイズ的にも遮音性的にも、アップライトピアノを賃貸で演奏できるほどの遮音性はありません。

遮音パネル

ワンタッチ防音壁
ワンタッチ防音壁

壁に敷き詰めていくだけで、防音ができる製品も発売されています。これなら賃貸でも工事不要で設置できますし、凹凸がないので家具やインテリアの邪魔をしにくいでしょう。

そもそも防音ってどんなもの?

引用:pixabay.com
さて、ひとまず既製品の組立防音ルームをいくつかご紹介したところで、「防音の仕組み」についてお話しします。

まず、音は空気やモノを伝って人の耳に届きます。真空状態では音を伝達するものがないため、音が聞こえません。お部屋で音を出すと、それが空気を伝わり、壁や床を伝わって近隣の部屋へ伝わります。

特に、ものは宙に浮きませんから、音が出る装置を置いている床や壁に振動が伝わり、近隣へ伝わります。

つまり、防音とは、この音の振動をどれだけ防ぐことができるか。正確には、振動が不要な床や壁に共振しないようにする事を意味します。

そのために、まず基本となるのは、振動する物体を床や壁から隔離すること。そして、空気による伝達を防ぐために、密閉状態を作り出すことです。

実際には完全なる密閉状態は作れないので、極力隙間が空かない空間を作ることになります。また、スピーカーなど、音の発生源(振動)をいかに床や壁に伝わらないように防振するかが重要になります。

基本的には、密度が高くて質量のあるものほど、防音・防振効果が高いです。例えば「石膏ボード」などです。

防音に効果的なもの

自作DIYで防音ルームを作るにあたって、まずは防音の肝となる「素材」を見ていきましょう。「一般的に手に入るもの」で、費用対効果順にご紹介していきます。

ダンボール

ボックスバンク 板ダンボール 工作 A4ワイド
ボックスバンク 板ダンボール 工作 A4ワイド

「だんぼっち」でもわかるように、ダンボールとは、中空構造になっています。この間の空気層が内と外の空気を隔離する役目を果たし、防音に効果的です。しかし、軽くて密度が低いのは否めず、さほど大きな防音性はありません。防音ルームの壁にダンボールを貼るなど、組み合わせると効果が期待できます。

遮音シート

大建工業 遮音シート
大建工業 遮音シート

薄くて比較的安価ですが、「遮音」と名がつく通り、防音性がそこそこあります。加工もしやすく、うまくDIY施工すれば、隙間を限りなく少なくすることもできるのでおすすめです。しかし、やはり薄い材質なので、見た目の割に遮音性はありますが、高い防音効果は期待できません。薄い割には重いです。他の防音材や既存の防音ルームと組み合わせて使うことで効果が期待できます。

吸音材

エッグクレートアコースティックタイルフォーム
エッグクレートアコースティックタイルフォーム

すごくオーソドックスな防音材です。吸音性の高いウレタン系の素材を使用し、特殊な形状とあいまって吸音性が高く、音響の世界では、音の回りや響き方を調節するのにも使われます。部屋一面を覆うには、コストが高めになるのと、厚みがあるため、遮音シートのようにスマートにはいかず、壁に貼り付けたとして、外観や広さを損なうデメリットがあります。

防音マット

防音マットZS
防音マットZS

ゴムのような素材でできている床に敷く防音材です。主に振動が伝わるのを防ぐ防振材で、置いて音を出す楽器やスピーカーなどには大きな防音効果が得られます。敷くだけなので施工も容易ですが、価格が高めなのと、これ単体では、肝心の空気の防振ができないので組み合わせて使用する必要があります。

石膏ボード

吉野石膏 プラスターボード9.5mm
吉野石膏 プラスターボード9.5mm

ホームセンターにも必ず売っている、一般住宅用建材の基本です。ほぼ全ての住宅に壁材として使われています。密度が高く、質量があるので、防音性に優れています。厚みや枚数を増やせばかなりの防音性も期待できます。また、カッターで傷をつけて簡単に割ることができるので、加工性も高いです。デメリットとしては、重さがけっこうあるので、取り扱いが大変なのと、住宅並みのかなりしっかりとした骨組みを作らなければ倒れてきて下敷きになり大怪我にもつながり兼ねません。加工は容易ですが、石膏の粉塵が出ます。

自作防音ルームのポイント

引用:pixabay.com
さて、防音の仕組みや、防音に効果的な素材を色々とご紹介してきました。それを踏まえて、自分だけのDIY防音ルームを作るには、これらの素材を組み合わせていくのがポイントです。

据置型の防音ルームを作るのであれば、壁材は石膏ボードの2枚重ねが良いでしょう。ボード同士の隙間を互い違いにすることで防音効果を高められます。それに、ダンボールや遮音シートなどを組み合わせ、床には防音マットをしく等。

こうした基本的な材質に立ち返ることで、十分な防音効果を得られます。お部屋にそのまま防音を施す場合は、今ある壁に吸音材や遮音シートを貼り、音の発生源の床には、防音マットをしくなどで、一定の効果が得られます。

レコーディングスタジオのような、ほぼ無音に近いような高い防音効果を得ることは、「アビテックス」ですら不可能です。まずはDIYの限度を知り、防音効果を高める工夫を基本に立ち返って作り上げていくのがポイントです。

まずは、予算やDIY作業の程度を踏まえ、自分にできるところから防音を進めていってみてはいかがでしょうか?

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事