【防音室の自作】DIYで安く簡易防音室を作ろう!だんぼっちなど登場

オーディオ機器

何かと肩身の狭い現代の居住環境。これだけ賃貸物件が溢れている世の中なのに、未だに静粛性よりも低コストで沢山の部屋を作るために防音性が犠牲にされている現実があります。

昔ステータスだったラック式のコンポや大きなスピーカーはもはやスペースというより、音量の問題で現代のライフスタイルに合いません。それどころか、大きな声で歌を歌うのでさえ、近隣に気を使わないといけないような環境に私たちは住んでいます。
防音室を作りたい
他人を気にせず大きな声で歌いたい、楽器を弾きたい、オーディオルームで良い音楽を気兼ねなく聴きたいetc…

そんな風に思ったことはありませんか?

今回は、DIYで簡易防音室を作るための色々なアイディアやグッズ、お部屋の改造法をご紹介します。賃貸でもできる、大掛かりな工事が必要なく安くつくれる、お手軽DIY防音ルームを一緒に作りませんか?

お部屋に組立てて設置できる本格派防音ルーム!?

引用:yamaha.comヤマハの防音室とは アビテックス
まずは、既存の製品から紹介していきます。「防音室」というと、大掛かりなリフォームや、一からの住宅設計が必要になってくるイメージがありますが、近年ではお部屋の中にお部屋を組み立てる防音室が製品化されています。

複数の企業が開発・販売を行っていますが、その中でも最もポピュラーで手に入りやすいのがヤマハの「アビテックス」。

賃貸でも設置可能で、組立式の防音ルームとしてはかなり本格派の防音性能を持っています。ギター、オーディオはもちろんのこと、グランドピアノやドラムの演奏も、グレードによっては可能となる高い防音性を持っています。

お値段は新品で50万円台〜と、かなり高価ではありますが、建直しやフルリフォームから比べればリーズナブルで、しかも賃貸でも設置が可能です。

アビテックス防音室のメリット

【防音性が本格派】

ヤマハのアビテックスでは、日本工業規格により定められた遮音性能である「Dr等級」にて、Dr35〜Dr40程度の遮音性能を持っています。

本格的な防音スタジオのような高度な防音性能はありませんが、グランドピアノの音が、防音室の外では、日常会話や生活音と変わらないくらいの音量にまで小さくなります。アビテックスの外に、さらにお部屋の壁があるので、近隣へ伝わる音はほぼ気にならなくなります。

【賃貸でも設置可能】

賃貸のお部屋自体に穴を開けたり、壁を壊したりといった、特殊な工事が必要なく、組立て設置するだけなので許可を取る必要がありません。

本来的に、賃貸では許可なく改築や工事をおこなうことができませんが、これならばどこでも設置が可能です。

アビテックス防音室のデメリット

【値段がお高い】

どこでも設置可能なアビテックスですが、値段が張るのが考えどころ。50万円台から上位グレードは200万円台となります。

【簡単に組立や撤去ができない】

アビテックスを組み立てるのには、専門の業者さんに来てもらわなければいけません。自分で説明書を見ながら手軽に、というわけにはいかないのも考えどころです。

したがって、組立はもとより、移動や引越しによる撤去も、簡単にはできません。

組立カンタン!ダンボール防音室!?

さて、先ほど紹介した「アビテックス」を基準に、もっとお手軽な組立防音室を紹介していきます。

組立式 簡易防音室 だんぼっち
組立式 簡易防音室 だんぼっち

1.ボーカルに特化した、たしかな防音性能!
2.簡単に組み立て&分解が可能!
3.防音室として今までにない価格を実現!

防音パネル

スーパーダッシュ 新しい24ピース 250 x 250 x 50 mm ピラミッド 吸音材 防音 吸音材質ポリウレタン SD1034 (黒と赤)
スーパーダッシュ 新しい24ピース 250 x 250 x 50 mm ピラミッド 吸音材 防音 吸音材質ポリウレタン SD1034 (黒と赤)
材質:ポリウレタン
生産国:香港
サイズ:24個 – 250 x 250 x 50 mm

そもそも防音ってどんなもの?

引用:pixabay.com防音室 マイクと歌う少年
さて、ひとまず既製品の組立防音ルームをいくつかご紹介したところで、「防音の仕組み」についてお話しします。

まず、音は空気やモノを伝って人の耳に届きます。真空状態では音を伝達するものがないため、音が聞こえません。お部屋で音を出すと、それが空気を伝わり、壁や床を伝わって近隣の部屋へ伝わります。

特に、ものは宙に浮きませんから、音が出る装置を置いている床や壁に振動が伝わり、近隣へ伝わります。

つまり、防音とは、この音の振動をどれだけ防ぐことができるか。正確には、振動が不要な床や壁に共振しないようにする事を意味します。

そのために、まず基本となるのは、振動する物体を床や壁から隔離すること。そして、空気による伝達を防ぐために、密閉状態を作り出すことです。

実際には完全なる密閉状態は作れないので、極力隙間が空かない空間を作ることになります。また、スピーカーなど、音の発生源(振動)をいかに床や壁に伝わらないように防振するかが重要になります。

基本的には、密度が高くて質量のあるものほど、防音・防振効果が高いです。例えば「石膏ボード」などです。
音の伝わるしくみ

防音に効果的なもの

自作DIYで防音ルームを作るにあたって、まずは防音の肝となる「素材」を見ていきましょう。「一般的に手に入るもの」で、費用対効果順にご紹介していきます。

ダンボール

ボックスバンク 板ダンボール 工作 A4ワイド
ボックスバンク 板ダンボール 工作 A4ワイド
形状:板(シート)
サイズ:(流れ)304 × (幅)216 mm(A4ワイドサイズ)
材質:Bフルート 3mm K5×K5(日本製)
色:クラフト
セット枚数:50枚

遮音シート

大建工業 遮音シート
大建工業 遮音シート
サイズ・重量:厚さ1.2mm×幅940mm×長さ10m/19kg/1巻(面密度2.0kg/㎡)
梱包・入数:紙管・クラフト巻き・1本入り
基材・表面・裏面:高比重物質配合リサイクル塩ビ樹脂シート/不織布張り/エンボス加工

吸音材

エッグクレートアコースティックタイルフォーム
エッグクレートアコースティックタイルフォーム
カラー:ブルゴーニュ
材質:ポリウレタン
生産国:香港
サイズ:48個 – 250 x 250 x 30 mm

防音マット

防音マットZS
防音マットZS

商品の重量:16 Kg
梱包サイズ:91 x 91 x 2 cm

吸音ボード

吸音ボード 硬質吸音フェルトボード 吸音パネル 吸音カラー 断熱 防潮 壁と床兼用 縦60cm×横60cm×厚さ0.9cm
吸音ボード 硬質吸音フェルトボード 吸音パネル 吸音カラー 断熱 防潮 壁と床兼用 縦60cm×横60cm×厚さ0.9cm
商品規格:高密度のポリエステル繊維制
密度:118KG/m³
重量:420g/枚
虫ピン100本付き

こちらの記事では「防音シート」について解説しています。詳しく知りたい方は、ぜひご覧ください。

自作防音ルームのポイント

引用:pixabay.com防音室 スタジオの風景
さて、防音の仕組みや、防音に効果的な素材を色々とご紹介してきました。それを踏まえて、自分だけのDIY防音ルームを作るには、これらの素材を組み合わせていくのがポイントです。

据置型の防音ルームを作るのであれば、壁材は石膏ボードの2枚重ねが良いでしょう。ボード同士の隙間を互い違いにすることで防音効果を高められます。それに、ダンボールや遮音シートなどを組み合わせ、床には防音マットをしく等。

こうした基本的な材質に立ち返ることで、十分な防音効果を得られます。お部屋にそのまま防音を施す場合は、今ある壁に吸音材や遮音シートを貼り、音の発生源の床には、防音マットをしくなどで、一定の効果が得られます。

レコーディングスタジオのような、ほぼ無音に近いような高い防音効果を得ることは、「アビテックス」ですら不可能です。まずはDIYの限度を知り、防音効果を高める工夫を基本に立ち返って作り上げていくのがポイントです。

まずは、予算やDIY作業の程度を踏まえ、自分にできるところから防音を進めていってみてはいかがでしょうか?工具男子新聞を運営する工具男子ではDIYなどで活用するインパクトドライバーの買取を行なっております。合わせてご活用ください。


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。