バリ取り人気5点!手作業におすすめのアイテムまとめ

引用:アマゾン
材料を加工すると、角に出っ張り(バリ)が出ることがありますよね。このバリを取り除く作業をバリ取りと言います。バリがあると製品が正しく固定できなかったり怪我の原因となるので注意が必要です。ヤスリで削り取る方法もありますが、バリ取り工具を使うとよりスムーズに作業をすることができます。今回は、手作業のバリ取りにおすすめの人気のある手持ち工具をまとめて5つご紹介します。

バリ取り工具の世界的メーカー・ノガ

Lynton Rさん(@lynton.r)がシェアした投稿


ノガ・エンジニアリング社と言えば、イスラエル切削工具業界の創業者とも言われているグスタフ・ヒルシュ氏と彼の二人の息子によって1980年に設立されたバリ取り工具の世界的な有名メーカーです。ノガ社の製品は、信頼できるバリ取り工具として世界的な信用を獲得しています。

ノガ・エンジニアリング社の日本法人であるノガ・ジャパン株式会社は、1996年に設立されました。高品質なノガ社の製品を日本に紹介しています。

おすすめ①NOGA ノガバー3 NG1003

NOGA ノガバー3 NG1003
NOGA ノガバー3 NG1003

ハンドル:NG1000
素材:金属・プラスチックに使用可能
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

こちらのアイテムは金属やプラスチック素材の、直線部・曲線部・ドリル穴のバリ取りに使うことができる工具です。一度使うとその良さを実感できます。バリ取りの専用工具なので、手を怪我する心配もなく簡単にバリ取り作業ができて便利です。汎用性が高いにも関わらずリーズナブルな価格帯でありコストパフォーマンスに優れています。ハンドルに使われているNG1000は、手のひらにピッタリフィットする使用感のあるアイテムです。全てのSブレードを装着することが可能となっています。

おすすめ②NOGA ラピッドバー RB1000

NOGA ラピッドバー RB1000
NOGA ラピッドバー RB1000

ハンドル:対辺12mmの六角アルミハンドル
素材:金属・プラスチックなどに使用可能
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

ペンシル型のバリ取り工具です。ブレードを保持するハウジング部は鋼鉄製。頑丈であり、半永久的に使用することができる頼もしいアイテムです。ハウジング部のスリーブを押すと、ブレードを交換することができます。全てのSブレードが装着可能です。金属・プラスチックなどの直線部や曲線部、ドリル穴等のバリ取りに適しています。

機能性が良くコストパフォーマンスに優れた嬉しいアイテムです。使い勝手がよく切れ味も申し分ないので安心して使用することができます。コンパクトな見た目と比べる適度な重さがありますが、使いやすいのでそれほど気にならないでしょう。簡単に、消耗品であるブレードが交換できることも高評価ポイントです。

おすすめ③NOGA テディーバー TB1000

NOGA テディーバー TB1000
NOGA テディーバー TB1000

ハンドル:対辺8mmのアルミハンドル
商品重量:13.6 g
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

ハンドルが細く、狭い場所での作業に適したバリ取りアイテムです。ポケットクリップが付属しており、ポケットに収納できます。複数持つこともおすすめです。切れ味も鋭く、仕上がりもキレイで使い勝手が良いと言えます。

お値段もお手頃でコストパフォーマンスも良いです。ブレードの交換が簡単にできるので、ブレードが消耗してきても困ることはありません。使いやすいバリ取りアイテムを探している方は持っておいて損はないです。

おすすめ④NOGA ミディースクレーパー SC8000

NOGA ミディースクレーパー SC8000
NOGA ミディースクレーパー SC8000

ハンドル:SC1300
商品重量:31.8 g
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

バリ取りだけでなくキサゲ・トリム加工にも適したアイテムです。アルミボディーなので軽量。使いやすく作業効率がアップするアイテムです。精密な加工もバッチリ行うことができます。

おすすめ⑤NOGA エッジオフ EO1000

NOGA エッジオフ EO1000
NOGA エッジオフ EO1000

ハンドル:対辺8mmのアルミハンドル
商品重量:22.7 g
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

金属・プラスチックなどの直線部、ドリル穴等のバリ取りに適したアイテムです。ハンドルが細いため、狭い場所でも快適に作業することができます。ポケットクリップが標準で装備されている点も嬉しいポイントです。持っていると何かと使いやすいアイテムと言えます。

バリ取りの注意点と効果

Merfol Kft.さん(@merfol.kft)がシェアした投稿

手作業でバリ取りをする時は、作業時に出たバリが飛び散る場合があるので注意しましょう。バリ取りをすることで、品質を向上させることができます。また、怪我の予防にも効果的です。なお、大量にバリ取りをする必要がある工場などは大型の機械を導入していることが多いですが、バリ取りが必須の自動車工場では工具を使って手作業で行っているところもあります。

使いやすいバリ取り工具を用意しよう!


手作業でバリ取りをするなら、世界的に高い評価得ているノガ製のアイテムがおすすめです。自分にとって使いやすいバリ取りアイテムが見つかると、作業がさらに楽しくなります。専用工具を使うことで、仕上がりが格段に良くなる場合が多いです。まだバリ取り工具を持っていない方はこの機会に入手してみてはいかがでしょうか。使う毎に良さを実感できますよ。

こちらもオススメ

細かい作業は定盤を使いましょう。


仕上げと言えばサンドペーパーが欠かせません。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事