記事作成日:

【占い師】になるには?仕事内容や活躍するのに役立つ資格などを解説!

現在の仕事に不満があって転職する方は大勢いますが、その転職先に占い師を望む場合、どうすれば良いのでしょうか。近年自分自身の在り方や世の中に不安を感じている方は多く、占い師に対する需要も急増しています。そんな中であまり情報が表には出ない占い師についてスポットをあててみました。占い師の仕事内容や年収、必要な資格や占い師になる為には?などの情報をチェックしてみましょう。

占い師になるにはどうすればいいのか?

そもそも占い師になるためにはどういったことをすれば良いのでしょうか。まずは占いに関することを学ぶ必要があり、占いの学校に通う、独学で勉強することがメインになります。

ある程度の基礎を学んだあとはSNSを活用して無料で占い、その後オーディションなどでプロの占い師として活躍する方法が一般的です。占い師になるには霊感が必要、と考える方も少なくありませんが、実は霊感はほとんど必要ありません

むしろ霊感よりも人に対する思いやりや優しさ、我慢強さ、コミュニケーションスキルのほうが重要になってきます。

占い師の仕事内容を詳しく知ろう!

占い師の仕事内容と聞いて、まず思い浮かぶのがどんな悩みや相談でもピタッと当てる、どこか怪しげなイメージを持っている方も少なくありません。

しかし近年の占い師の多くは相談者の悩みを聞いて解決策を導くことにあります。まずは占い師の仕事内容を詳しく把握しておきましょう。

占い師の仕事①相談者にアドバイスをする

占い師を訪れる多くの人は、悩みを解決するために相談することがほとんどです。そのため占い師の仕事内容は相談者から話を聞いて、解決策となるアドバイスをすることにあります。

結果だけを伝えるのではなく、解決するためにはどうすれば良いのか、相談者が納得できるアドバイスを与え、心を軽くすることが目的となります。

相談者の話をしっかり聞くことができ、今後どのように行動すべきか会話し、言葉を選びアドバイスできる占い師はリピーターも増える傾向にあります。占いの基本だけでなく話を聞くスキルが高いほど占い師として成功できるようになります。

占い師の仕事②占いをする

話を聞いてアドバイスするだけでは占い師というよりもアドバイザーになってしまうので、占いも行います。

占いには四柱推命や九星気学、タロット、手相、風水など様々な方法があり、占いの方法によっては対面ではなく電話やメール、ネットなどで占いの結果を伝えることもありますが、相談者の顔が見えないと占うことができない場合には、対面や顔写真が必要になることも少なくありません。

占いによって出た結果は良い・悪いに関わらず、正しいことを伝えますが、ここでも言葉選びは重要になるので注意してください。

占い師の仕事③相談者の不安を取り除く

占い師を頼る人はなんらかの不安を抱えていることがほとんどなので、占いの結果やアドバイスによって相談者の不安を取り除くことも仕事内容の一つです。

占いの結果を出し、アドバイスだけを与えても不安を取り除くことができなければ意味がありません。現状を改善したい、悩みを聞いて欲しい、手助けして欲しい人の多くが占い師に頼るので、良い結果になるように導くことも必要です。

決して説教にならないように言葉選びを慎重にし、相手が不快にならないよう寄り添い、思いやりを持って不安を取り除いてあげましょう。

占い師の年収はどれぐらい?

占い師になる場合、年収はどれくらいになるのでしょうか。もちろん利用者の人数や占いをする場所、占いの種類、知名度などによって差はあります。

テレビに出演するようなプロの場合は年収も多くなり、デビューしたての占い師とは雲泥の差になるでしょう。

占い師の種類別年収

占い師の種類別の年収目安は以下の通りです。

種類 年収
タロット 200万~360万円
占星術 220万~380万円
電話占い 210万~420万円
手相占い 240万~330万円

占い師の一般的な年収平均は約340万円、知名度や人気、所属会社によって年収は大きく異なり、副業で占い師をする方も少なくありません。

会社に所属して固定給の占い師もいれば完全歩合制の場合もあり、それこそピンきりになりますが、一般的なサラリーマン年収と比較すれば若干低くなる傾向にあります。

また、占い師として働く拠点によっても違いがあり、やはり東京などの都心部では年収は高く、地方は低くなっています。

占い師になるにはどんな働き方があるのか?

占い師はタロットや占星術、手相など色々な種類がありますが、働き方も様々です。イベントやショッピングセンター、カフェ、占いの館など対面で行う場合もあれば、電話やメール、ネット、チャットなど直接顔を合わせずに行う占いもあり、その場合は自宅で個人事業主として占い師をしている方もいます。

近年では占い師本人の元に行かなくても、Webカメラなどを用いて遠方の相談者でも対面で占いをすることも増えました。また、占い師として正社員で働く方よりもパート・アルバイトや派遣など副業で働く場合も少なくありません。

先程も記述したように、会社に所属する場合には固定給になることもありますが、多くの占い師は完全歩合給がほとんどではないでしょうか。

占い師に必要な資格や素質

先程占い師になるために霊感は不要、とありましたが、占い師には必要な資格や素質というものは少なからずあります。

もちろん絶対に必要、というわけではありませんが、占い師として成功させるためには最低限必要な資格や素質が存在します。

占い師になるには必要な資格はあるのか

占い師になるために資格が必要かといえば、結論から申し上げると必要ありません。他の職業のように、「この資格がなければ占い師になれません」ということはなく、無資格であっても占い師としてやっていくことは可能です。

しかしあれば良い、という資格として『心理カウンセラー』『セラピスト』『ファイナンシャルプランナー』が挙げられるでしょう。占い師の仕事として相談者の話を聞き、不安を取り除くことがありますが、これがまさにカウンセラーのような仕事であります。

また、お金に関する相談も多いので、生活設計や資金計画などを行うファイナンシャルプランナーはお金に関する問題解決能力を高めるためにもおすすめの資格です。

占い師になるには適正はあるのか

資格ではなく、占い師になるための適正はどうでしょうか。もちろん誰かの役に立ちたい、という想いは必要ですが、それ以外で占い師に向いている方にはいくつかの特徴があります。

コミュニケーションスキルが高い

占い師は他人の話を聞いて相談に乗ることがメインとなるため、情報の共有や意思疎通ができる方でないと上手くいきません。

一対一で会話する場合には自分と相手で4:6程度の会話時間にできる方はコミュニケーション能力が高いと言えるでしょう。会話があまり得意ではない、内向的な性格だから向いていない、ということはなく、むしろ相談者の気持ちを察して会話ができればOKです。

相手の言葉を聞き、こちらの言いたいことを的確に伝える力や感情を読み取る力はカウンセラーやセラピストに通じるものがあります。

カンが鋭い

直感やインスピレーションなどの第六感に優れた人や霊感の強い人は占い師に向いています。

コミュニケーションスキルはある程度鍛えることができますが、カンの鋭さはある意味生まれ持った感性であり、「なんとなく」や「ピンときた」などで的中率がアップする傾向にあります。

神秘的な世界観に興味がある

占いはタロットカードや占星術など、不確かなものから未来を見据えるものであり、そういった神秘的、スピリチュアルな部分に興味がなければ占い師という仕事自体を受け入れることが難しくなります。

分析能力や考える力

相談者がどんな言葉を望むのか、どういった内容を相談したいのかといった分析能力も必要になります。

辛辣な結果だけを述べても相談者が納得できなければリピーターは減りますが、その結果に基づいてどうすれば良いのか、なぜそうなるのかを納得できるようにアドバイスすることが最適なので、分析能力、深く考えることができる人のほうが占い師には向いています。

誰にでも答えることができる、教科書に載っているようなことしか伝えることができないと、中身の薄い占いと言われてしまいます。

人生経験が豊富

占いに来る人は様々な悩みを抱えてやってきます。そのときに人生経験が豊富な人は自身の経験から的確なアドバイスができるので、占い師向きと言えるでしょう。

占い師になるにはどのように学べばいいのか?

占い師になるためには実際にはどのようにすれば良いのでしょうか。資格は不要、と記述しましたが、やはり安定した収入を得るためには学校に通うなど、ある程度占いのことを学ぶ必要があります。

占術をの学び方①占いの学校

近年増加しているのが占いの学校である専門のスクール、セミナーなどです。学校では実際に占い師として活躍している方の講義も多く、基本的な知識を得るには適しています。

しかし団体が開校する比較的大規模な学校から、個人的に行っている小規模なセミナーなど、受講内容は様々です。さらに卒業後は学歴として扱われないことがほとんどであり、学校に通ったからといって成功するわけでもありません。

しかし大きな団体が運営している場合には卒業後の繋がりを通じてデビューしやすい傾向にあります。

占術をの学び方②弟子入り

学校やセミナーがなかった時代、一般的にはすでにプロとして活躍する方に弟子入りすることが占い師になる第一歩となっていました。

弟子入りの場合は学校とは異なり、学び方も師となる方によって違いが出てしまいます。しかし実際に占い師の仕事を間近で見る機会も多く、コツや技術を見れるだけでなく、相談者との対話方法など多方面で学べることにメリットがあります。

弟子入りするのであれば学びたい流派や占いの種類をしっかりと確認して、弟子入りを頼む際もマナーはしっかりと守りましょう。

占術をの学び方③独学

学校に通ったり弟子入りをせずに独学で占い師になる方も存在します。独学の場合は語学学習に近いものがあり、まず占いの基本、基礎知識を得るための専門書を購入したり、図書館などで占いに関する書籍を求めましょう。

勉強のための本は自分が望む占術に適したものや読みやすい本を選択しなければ長続きしません。

複数の書籍から学んだことは、分かりやすいようにノートにまとめておくと、読み返したり復習するときに便利です。ある程度の知識を得たら家族や友人など身近な人で占いをしてみましょう。

占いに興味があれば占い師に転職もいいですね

占い師には必要な資格やスキルがなく、学歴も不要です。極端なことを言えばある程度のコミュニケーション能力や学ぶ意欲さえあれば誰でも挑戦できる職業です。もし、占いに興味があれば占い師という転職もアリかもしれません。

その他関連記事はこちら



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。