フロアジャッキ人気5選|おすすめ種類・選び方・使い方パーフェクトガイド

引用:Amazon

「フロアジャッキ」は、自分で車の整備や、タイヤ交換をするときに必要なアイテムです。別名「ガレージジャッキ」とも呼ばれ、レバーを上下させることで、楽に車を持ち上げられます。けれども、いろいろなメーカーから、数多くの製品が登場しているので「何を基準にして選べばいいの?」と、迷いがちです。そこで、ここではフロアジャッキの種類や、選び方、使い方などとともに、人気のある製品をご紹介します。ぜひ参考にしてください!

フロアジャッキの使い方

フロアジャッキは、どのように使うのでしょうか?正しい使い方をご説明しましょう。

初心者でも簡単に使えるのが魅力!

フロアジャッキが1台あれば、重い車をさほど力をかけずに持ち上げることができます。フロアジャッキの使い方は実にシンプル!本体のハンドル部分を上下に運動することで、先端がどんどんジャッキアップして車を持ち上げていきます。使い方は難しくはないので、初心者でもすぐに使うことができるでしょう。また、特にメンテナンスの必要もないので、気軽にガンガン使用できるのもメリットです。

ガレージに保管して必要に応じて取り出す

フロアジャッキと似たようなものとして「シザーズジャッキ」がありますが、フロアジャッキはそれよりも耐久性に優れ、より楽に車体を持ち上げることができます。ただし、頑丈な分だけ本体は重く、軽いものでも10㎏ほどあるので、携帯には不向きです。自宅のガレージなどに保管して、整備やタイヤ交換の時に引っ張りだす……という使い方が適しています。

次の項からは、人気のあるフロアジャッキをご紹介しましょう!

アルカン ハイブリッドフロアジャッキ

アルカン3t ハイブリッドジャッキHJ3000JP
アルカン3t ハイブリッドジャッキHJ3000JP
揚上能力:3t
商品重量:28.2kg

「アルカン」のジャッキは、値段は高めになりますが、通販サイトで数多くの人が購入し、レビューの評価も高い製品です。アルミとスチールを組み合わせた堅牢なボディで、3tの揚上能力を誇ります。最低位102mm〜最高位470mmで、ローダウン車から大型車まで作業が可能です。「100系ハイエースワゴンが軽々持ち上がる!」「操作性も機動力もいい」「重量車でも軽々上がってくれる」などの評価(出典:アマゾン)も寄せられています。

メルテック ローダウンフロアジャッキ

メルテック ローダウンフロアジャッキF-70
メルテック ローダウンフロアジャッキF-70
揚上能力:2t
商品重量:11kg

アマゾンのユーザーレビューが、280件近く寄せられている人気のフロアジャッキが、「メルテック ローダウンフロアジャッキF-70」です。最低位80mm〜最高位330mmで、純正ローダウン車のジャッキアップに最適!付属のアタッチメントを使用すれば30cmプラスされ、最高位が360mmになります(車両サイド上げ用のアタッチメントも付属)。油圧の力で最大2tの重い車もグイグイと力強く上げてくれる製品です。

エマーソン フロアジャッキ3.0t

エマーソン フロアジャッキ3.0t EM-514
エマーソン フロアジャッキ3.0t EM-514
揚上能力:3t
商品重量:15kg

15kgと重量はありますが、その分安定感やパワーがアップしているのが「エマーソン フロアジャッキ3.0t EM-514」です。3tまでの揚上能力を誇り、最低位140mm〜最高位435mmなので、車高のある車に対応できるのも特長です。ただし、最低位は140mmまでのため、車高の低い車は難しいでしょう。「タイヤ交換がはかどった」「パワーが強力」「安定感がある」などの声(出典:アマゾン)が多いようです。

TORIN ハイブリッドフロアジャッキ

TORIN 3t ハイブリッドフロアジャッキT830011L
TORIN 3t ハイブリッドフロアジャッキT830011L
揚上能力:3t
商品重量:26.8kg

アメリカやヨーロッパなど世界140か国で愛用されている、ジャッキ・車整備用品ブランド「TORIN」の「3t ハイブリッドフロアジャッキT830011L」です。ダブルピストンを採用しているので、力を入れず、楽に高さを変えることができます。最低位100mm〜最高位465mmで、車高のある車でも対応可能です。受け皿の部分は保護用のゴムパット付きで、滑り止め防止の効果や、車に傷がつくのを防止する効果もあります。

グレー低床 3tフロアジャッキ

グレー低床 3tフロアジャッキ
グレー低床 3tフロアジャッキ
揚上能力:3t
商品重量:33kg

最低位75mm〜最高位495mmまで対応するので、ローダウン車に最適なのが「グレー低床 3tフロアジャッキ」です。デュアルポンプ式(ダブルピストン式)のため、パワフルでスムーズな作業ができます。ハンドルの長さは約1150mmあり、力をかけずにジャッキアップが可能です。ハンドル部やサドルには、保護用ゴムパッドが付いているので車を傷つける恐れもありません。簡単に分解可能で、使用後はコンパクトに収納できます。

作業中の事故防止に必要なジャッキスタンド

ジャッキアップは、安全かつ平らな場所で行う必要があります。そして、万が一の時に車体を支えてくれるジャッキスタンドを使い、事故を未然に防止することも大切です。人気のあるジャッキスタンドをご紹介しましょう。

メルテックジャッキスタンドF-23

メルテックジャッキスタンドF-23
メルテックジャッキスタンドF-23
最大耐荷重:4t(2台使用時)
サイズ:幅208×高さ260×奥行き190mm

2重ロック式(ロックピン)なので、車体整備などを安心して行えます。作業に合わせて6段階に高さを調節できるのもメリットでしょう。サドル用のラバーパットが2個付属しています。「高さの調節がとても便利!」「安定感があり高さ調節が簡単」などの感想が寄せられています。(出典:アマゾンレビュー)

BAL ジャッキキーパーマン2T920

BAL ジャッキキーパーマン2T920
BAL ジャッキキーパーマン2T920
最大耐荷重:2t
サイズ:幅190×高さ275×奥行き190mm

車のタイヤ交換やオイル交換などの作業中、車体をがっちりとキープし、作業者の安全を確保します。また、別売りのNo.1350ジャッキアダプターを使えば、サイドのジャッキポイントで車体を保持することも可能で、便利です!

フロアジャッキで有名なメーカーとは

フロアジャッキで有名なブランドとしては、「メルテック」の名前が挙げられるでしょう。どのようなブランドなのでしょうか。

車関連製品で知られる大自工業株式会社

メルテックは、車両電源部製品の製造販売などを行う大自工業株式会社のブランドです。会社設立は昭和37年、以来バッテリー関連や洗車関連・タイヤ交換関連など、さまざまなアイテムを展開しています。同社のプライベートブランド「メルテック」は、リーズナブルで便利な製品が多く、たくさんの人が愛用していることでも有名です。

メルテックのジャッキ関連製品

メルテックでは、油圧式フロアジャッキ・ガレージジャッキ・パンタジャッキ・ボトルジャッキ・ローダウンジャッキなどを幅広く展開しています。また、車整備には必須のジャッキスタンドやアタッチメント、ジャッキサポートなども揃っています。アマゾンでもメルテックのフロアジャッキは、いずれも高評価を得ているようです。

フロアジャッキの選び方

フロアジャッキを選ぶときのポイントをご紹介しましょう!

最低位と最高位をチェック!

まずは、フロアジャッキの最低位と最高位を確認しましょう。両方ともジャッキの「高さ」を表すもので、最低位が低ければ車高の低い車に対応でき、最高位が高ければ車高の高い車に対応可能です。

耐荷重をチェック!

耐荷重とは、フロアジャッキが持ち上げることのできる車両の重さです。一般的には1〜2tのジャッキが多いのですが、愛車が大型の場合はそれ以上に対応する製品を選ぶ必要があります。

耐久性をチェック!

安物のフロアジャッキの場合、「1度でジャッキのアームが曲がった」などのトラブルが起こりがちです。不慮の事故を防ぐためにも、安すぎる粗悪品には手を出さないようにしましょう。

修理が可能かをチェック!

基本的にフロアジャッキは頑丈なのが売り物ですが、何度も使用していると、車輪などの部本を交換する必要も出てきます。最初は高くても、修理して使い続けられる製品なら、十分に元は取れるので結果的にお得です。

フロアジャッキはよく確認してから購入を!

いかがでしたでしょうか。フロアジャッキの使い方・人気製品・有名ブランド・選び方など、さまざまな情報をご紹介しました。フロアジャッキを選ぶ時は、値段の安さだけではなく「フロアジャッキの選び方」で挙げた項目をよく確認してください。また、車と自分の体を守るためにも、ジャッキスタンドは必須アイテムです。製品の構造や機能、サイズなどをきちんと確認して、信頼できるメーカーのものを選んでくださいね。

【その他】

ジャッキおすすめ記事はこちら!

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事